web広告1


ソニーストア
ソニーストア

金曜日, 12月 28, 2012

【サンワダイレクト】本革製のiPad mini用ケース

サンワダイレクトから、本革製のiPad mini専用ケース「200-PDA108シリーズ」が発表されています。表面を本革で覆われているので、ビジネス用途のために使用するのには全く問題はありません。下手な装飾があると客先で驚かれますし、保護しないのはちょっと怖いですから。本体側ケースには内側にポリカーボネートの層があり、本革で失われがちな強度を補っています。フラップ側は3カ所で折り曲げる事ができ、スタンド代わりに使う事も可能な構造になっています。もちろん、フラップを閉じればスリープに入りますので、電力を心配する必要はありません。ディスプレイ側には起毛素材が使用されており、ディスプレイを傷つける事はありません。まだ、iPad mini用のケースは少ない上に、ビジネス用途で使おうと思うとさらに数が減りますから、これを機会に入手しておいた方がいいかも知れません。オンラインでの販売価格は2980円(税込み)です。

参照:本革iPad miniケース(フラップ付き)「200-PDA108シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

【Bedupdown】これは…わんだばすたいる…なの…か?

イタリアのBedupdown社が販売しているシングルベッドなのですが、上下動する事ができる仕組みになっています。下側にはバスタブ等を配置して、寝るときにだけベッドを降ろすという状況を想定しているようで、部屋の構造を根本的に考え直す必要がある気がするのですが、効率的っちゃ効率的、合理的っちゃ合理的なシステムに思えます。もちろん、単純に使用しないベッドを天井に収納するという風に考えると、日本の布団等と通じるものもあり、納得しない訳でもありませんが。ただ、天井と床の補強が必要になるので、相当の費用がかかると思われます。ただ、四方に配置された支柱は余りにも細く、ちょっと頼り無さげです。サンダーバード2号の伸縮脚を見習えって思うんですが。
個人的には、壁にベッドを収納するスタイルの方が、未来を感じさせてくれるような気がして好みなのですが。

参照:Bed Up Down system
参照:Bed Up Down system(Google翻訳で日本語に翻訳)

【Cool Invent】質実剛健なiPad mini用スタンド



Cool Invent社が販売するiPad用のスタンド「Versi Single」にiPad mini用の製品が追加されています。この製品シリーズはシンプルなスタンドで、大型の基台部にスタンド脚が取り付けられています。スタンドの先にはサイズに合わせたアダプタが用意され、ここに各機種を装着して固定します。このアダプタの接触部分には軟質ポリウレタンが使用されているので、傷がつく様な事はありません。ただし、iPad mini用の製品ではスタンド基台部が小型サイズになっており、占有床サイズは20.32 cm (H) x 12.7 cm (V)。スタンド脚は航空機に使用するアルミ合金製なので、かなり丈夫というよりは頑丈です。基台部には黒御影石が使用され、底部にはゴム足があるので、置いた際にも安定しています。素材が素材なため、本体価格もそれなりにありまして、オンラインでの販売価格は$189.00。出荷は$15追加になります。
参照:SINGLE VERSI

【deglon】和包丁ではあり得ないスタイルのナイフ



フランスのdeglon社で販売している、調理用の包丁というよりはナイフ的な「MEETING KNIVES」ですが、収納するのには良さそうなデザインです。4種類のナイフとケースのセットになりますが、それを一つのケースに収めています。うち2本は内側がくりぬかれた様なデザインになっており、ナイフの内側に別のナイフを収納するという、逆「親亀子亀」状態で収納します。残り1本はエッジ部分になり、これは用途と形状を考慮した結果でしょう。収納時には4本のナイフをほぼ1本分のスペースにおさめる事ができるので、持ち出すとき等は便利かもしれません。ちょっと、和包丁では考えられないデザインですねぇ。
参照:MEETING KNIVES' SET BY DEGLON - FRANCE

【BladeHQ】ごつさナンバーワンのミニナイフ?

かなりごついナイフがBladeHQで販売されています。TOPS社の「TBT-DAM4」はダマスカススタイルのブレードが美しいナイフで、かなりごつい印象の製品です。峰の切っ先近くには大型の鋸刃状のドローブレードがあり、ランボーナイフのようにも見えます。折りたたみは不能なので、所持しているのを見つかると、もれなく警察にご招待です。画像だけで見ると、かなり大型のサバイバルナイフであるかのように見えますが、仕様を見ると全長が168mm程度、ブレード長はわずかに86mm程度と、見かけよりもかなり小さなサイズのようです。グリップ部はかなり細身で、G10と呼ばれる素材のブルーとブラックが積層化されており、こちらもダマスカススタイルのブレードになぞらえているのかもしれません。オンラインでの販売価格は$189.00です。
参照:TOPS Mini Tom Brown Tracker #4 Knife (3.38" Damascus) TBT-DAM4

木曜日, 12月 27, 2012

【サンワダイレクト】カーボン樹脂風のスキンシール

サンワダイレクトから、カーボン樹脂をイメージしたスキンシール「200-LCD012シリーズ」が発表されています。外装はカーボン樹脂にありがちな模様ですが、実際にはそういう訳ではなく、単なる保護シールという感じです。正面および背面、側面それぞれのシートが用意されており、ユーザーが自分で貼付ける事になります。ただし、液晶面は保護されていないので、ここだけは別に液晶保護シールが必要になります。背面や側面も、カメラレンズ等の主要な部分は開いており、基本的な機能を邪魔する事はありません。色はホワイトとブラックの2色が用意されますが、これはiPhone5をイメージする色です。オンラインでの販売価格は980円(税込み)です。何かの注文をするのと同時に、これも注文しておくといいでしょう。
参照:iPhone5用カーボンスキンシール「200-LCD012シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

見た目のインパクトは大きいのですが…



イヤフォンのドライバユニットにワンポイントで何かアクセントのあるものをつけるという商品はいくつかありますが、これはちょっとどころか、かなり嫌な部類に入る商品です。ワンポイントのアクセントというにはかなり大きな虫がついています。装着すると、両耳からかなり多きな虫が顔を出す形状になります。もっともデザインがかなりデフォルメされているので、あまりキモいという感覚はないのですが。それでも、そのサイズには驚かされます。つか、これ、大きすぎて耳から外れやすくないか?子供には受けそうな気がしますけど。オンラインでの販売価格は$12.95ですので、かなりジョークグッズ的な感覚で買った方がいいかと思います。
参照:Ear Worms Ear Buds

拷問用具ではありません

画像の製品は何かの拷問用具という訳ではなく、肉の繊維を断ち切って、柔らかくするための器具です。一般的にもよくある製品ですが、ここまで刃を目立たせる様なものは少なく、リング状の半周に小さな包丁を束ねた様な形状です。忍者の武具と言っても、信じるんじゃないでしょうか?下半分を占める刃には、通常は透明なカバーが装着されていますが、使用時にはそれを外して反対側に取り付け、グリップ代わりにします。使用方法としては刃の部分を肉に叩き付けるようにして繊維を立ち切るしかないんですが、拷問に使うには少々サイズが小さい感じがします。画像からはサイズの比較はできませんが、人が握るくらいのサイズな訳で、別に刃の上に人を乗せて攻め上げるとか、水桶に通して攻めるとか言う事はできません。ただ、刃はそれなりに鋭く、取り扱いを間違えれば思わぬけがの元になりますので、注意してください。オンラインでの販売価格は$19.95。意外と安価な感じです。
参照:Microplane Easy Prep Meat Tenderizer

水曜日, 12月 26, 2012

【トランセンド】生活防水仕様のフラッシュメモリ

トランセンド社から、キーリングに取り付けられそうなフラッシュメモリ「JetFlash®520S/520G」が発表されています。本体のコネクタとは反対側に大きなリング状の穴があり、通常ならばここに付属のハンドストラップ等をつけておく訳ですが、あまりにも巨大なので、キーリングにも取り付けられそうです。また、この製品は生活防水仕様となっており、防滴/防埃/耐衝撃等の特性を持っています。具体的な仕様は不明ですが、本体の軽量さと相まって、床に落としたくらいでは問題はなさそうです。本体色はシルバーとゴールドの2色が用意されますが、ゴールドモデルは24金メッキ仕様となっていますので、別の意味で床に落とす訳にはいきません。もったいない。接続はUSB2.0で、対応OSはWindows XP/Vista/7/8,MacOS9.x/MacOSX,Linux 2.4.2以降。それぞれのカラーに、8GB/16GB/32GBの容量のモデルが用意されます。発売は来年1月の予定です。
参照:JetFlash®520S/520G

【storagebedsdirect】テレビが競り上がるベッド

storagebedsdirect.co.ukで販売されているベッド「Atlantis Leather Ottoman TV Bed」なのですが、足側のボードにテレビを内蔵することができます。収納できるテレビは最大32インチまでの画面サイズで、ケーブル/コネクタを含めた厚みが6cmまでの製品になりますから、結構サイズ制限は厳しいです。テレビの上げ/下げは電動で行われますが、本体には付属しませんので、別途入手する必要があります。ここまでしてみたいテレビがあるのかは別にして、電動で競り上がってくるのは見物です、サンダーバードの発進テーマをかけたくなる程に!また、マットレスも含まれていませんので、好みのものを別に入手するか、セット商品をお買い求めになるとよいのではないかと。オンラインでの販売価格は本体のみが£999.00、マットレスとのセット商品で£1,313.10からとなっています。
参照:Atlantis Leather Ottoman TV Bed - White

【BladeHQ】レスキューナイフとは?

BladeHQでSpyderco社のレスキューナイフ「Spyderco Rescue 3 93mm Black FRN Knife」が販売されています。外見上の特徴として、鋸刃状のブレードがあげられます。この形状には意味があり、シートベルト等をカットするのに引っ掛けやすくなるため、自動車事故等でのレスキュー作業を容易にしてくれます。また、峰にあたる部分の大きな突出部と円形の穴は、レスキュー用のグローブをつけた状態でもブレードを取り出しやすくしてくれます。ブレードを収納した状態で握り込むと、グリップ先端にグラスブレーカーが突出し、そのまま車のウィンドウを割る事ができるのもレスキューナイフならではの機能と言えます。なお、グリップ部にはベルトクリップがついており、未使用時でもしっかりと固定する事ができるようになっています。やはり、一般向けというよりはレスキュー等の特殊用途向けと言った方がいいんでしょうが、レスキューチームの車のダッシュボードに入れておくと便利かもしれません。オンラインでの販売価格は$80.95です。
参照:Spyderco Rescue 3 93mm Black FRN Knife (3.63" Satin Plain) C14SBK3

火曜日, 12月 25, 2012

【サンワダイレクト】スマホとPCのデータ転送を簡単に

サンワダイレクトで、PC/Macとスマホで相互に使用できるフラッシュメモリ「600-GUSDシリーズ」を販売しています。このシリーズはフラッシュメモリの両端に通常のUSBコネクタとmicroUSBコネクタを持ち、どちらか一方に装着する事ができるフラッシュメモリです。PCカらスマホ、あるいはその逆のデータ転送が楽になります。用意される容量は4GB/8GBの2モデルですが、標準USBコネクタ側にはmicroSDHCメモリカードスロットが用意されており、最大で32GBまでのフラッシュメモリを追加できます。ただし、この追加分のメモリカードをスマホで使える機種は制限され、現状ではGalaxyシリーズ以外では使えません。接続規格はいずれもUSB2.0で、オンラインでの販売価格はそれぞれ1980円/2480円(税込み)です。スマホを使う前提での商品で、PCだけ使っているのならば、必要はありません。
参照:パソコンでもAndroidスマートフォンでも使えるUSBメモリ(4GB)
参照:パソコンでもAndroidスマートフォンでも使えるUSBメモリ(8GB)
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

【エレコム】マルチジェスチャ対応のタッチパッド

エレコム社からWindows 8/RTで採用されたマルチタッチジェスチャに対応したトラックパッド「M-TP01DSシリーズ」が発表されています。アップル社のMagcTrackpadやロジクール社のt650と同様の大型タッチパッドで、サイズは137mm(H) x 127mm(V) x 22.7mm(D)とほぼ同じくらいのサイズです。ただし、前二者と違って、天板全体がパッド面になっているのではなく、四方を一段高い縁で囲んだ形状になっています。そのため、実質的な操作面積はこちらの方がわずかに狭いかと。それと、天板に何もない前二者に比べると、凹凸がある分だけスマートさには欠けます。とはいえ、Windows 8/RTで標準的に用意されている5本指スワイプまでの18種類のジェスチャに対応しているので、質実剛健的な感じで使うのはありでしょう。接続は2.4GHz帯を使用するワイヤレス方式で、超小型のレシーバが付属します。対応OSはWindows 8/8Pro/RTで、電源は単三アルカリ/マンガン乾電池、単三ニッケル水素バッテリのいずれか2本が必要になります。販売時期は2013年1月下旬頃と発表されています。他のOS上でも使用できるのかもしれませんが、公式には非対応となっています。
参照:Windows 8/RTでのタッチ操作ができるワイヤレスタイプのタッチパッド

タービンの音に燃える漢たちのためのアクセサリ

先日公開されたPacific Rimの予告編の燃え部分はいくつもありますが、なかでもJaegarが起動するあたりで流れ始める、タービンの回転数が上がっていくサウンドはかなり重要な要素です。そういう音に燃える事ができる漢の中の漢には、RogueDZN社が製造したDaisycutterはマストアイテムと言えます。まず、外見がレトロなロケット、あるいは爆弾型のデザインで、内部には実際に動作するマイクロタービンの羽根が4基。噴射口にあたる部分から空気を入れれば、最速で10000rpm以上というとてつもない回転数にまで達します。そして回転数が上がっていくときのサウンドが燃えポイントな訳ですよ。何かこう、気分が高揚するというか、盛り上がる感じが半端ないです。実際に回す様な事はないんでしょうが、メカメカしいデザインと稼働するタービン羽根というものには魅かれるものがあります。わずか20個しか生産されず、入手はほぼ不可能ですが、同社のVx-Turbineはこれに近いものがあります。

参照:RogueDZN

赤いリップスティックは化粧道具ではありません

 USB.Brandoで、リップスティック型のフラッシュメモリが販売されています。リップスティックの形状を忠実に再現しており、妙にメタリックな光沢になっているのが美しい製品です。ただし、赤いルージュの部分は固定ですし、この上からケースをかぶせる訳ではないのが残念なところです。使い勝手とコストを考えれば、やむを得ないところかもしれませんが。本体中央部の色にゴールドとシルバーを採用した2製品が用意され、用意される容量は2GB/4GB/8GB/16GB/32GBの5サイズ。接続はUSB2.0で、コネクタは黒いキャップの内部に隠されています。オンラインでの販売価格は$15/$16/$18/$24/$35です。こうなると、ケースにも凝りたい気分がします。
参照:USB Metallic Lipstick Flash Drive

月曜日, 12月 24, 2012

【サンコー】探検隊、謎の怪生物を追え!

サンコーレアモノショップで、怪しい赤外線カメラ「MPSC-12」が販売されています。このカメラはかなり異様な形状で、外部も迷彩塗装になっていますが、探検隊が怪生物を追うのにぴったりな仕様になっています。まず、このカメラは木に固定して撮影を行ないますが、赤外線LEDを24個も内蔵しているので、夜間でも問題なく撮影ができます。次に、動き検出をする事ができるので、画面上に何らかの動きが起きた場合にのみ動画撮影を行う事ができます。怪生物がカメラ前を横切れば、自動的にそれを撮影できる訳です。また、事実上の間欠撮影になるため、バッテリが長持ちします。本体に内蔵する単三乾電池4本と、外部バッテリパックの4本の合わせて8本で、3〜6ヶ月の使用が可能という事なので、長期にわたる観測が可能になります。さらに長期にわたる観測のために、オプションでソーラー発電パネルセキュリティボックスが用意されています。ただし、本体そのものは防水しようではありませんので、配置する場所は尼にぬれない様な場所である必要があります。オンラインでの販売価格は、カメラ本体だけで19800円(税込み)。ソーラチャージャとセキュリティボックスは各5280円/3980円(各税込み)となっています。謎の怪生物を追いたい方は、今すぐ購入に走ってください。

参照:自動録画監視カメラ「MPSC-12」

メリークトゥルフマス!?

1925年3月23日にあった事を我々は忘れない。そして今、再び星辰が正しい位置につき、クトゥルフが目覚め、ルルイエーが地上に姿を現す時ぞ!っていうか、まぁ、ぶっちゃけ、ファンのお遊びなんですが、ネーミングが気に入りました。クトゥルフマスって言うのは、クリスマスとは半分も合ってないので無理矢理感がものすごいんですが、許される範囲ではないかと。ThinkGeek他でも、クトゥルフのクリスマスデコレーションみたいな商品は販売されていますし。強いてあげるのならば、最近販売されたUSB接続の触手を使って、うねうねと動いている様な動画があげられていればよかったんじゃないかと。なお、賛美歌代わりには、以下の「carol of the old ones」でお楽しみください。

参照:Cthulhumas II

【Kickstarter】iPhoneのゲームは任せろ?!

Kickstarterで資金集めを開始したのが、iGrill/iShower等を開発/販売した実績のあるJustice Frangipane氏のiDevicesで、今回発表したのはiPhone用のケース兼ゲームコントローラです。このゲームコントローラには3つの特徴があります。第一が接続インターフェースにBluetooth4.0 BLEを採用した事で、これに伴って、消費電力がかなり下がっています。第二に透明な薄膜太陽電池の採用。これをディスプレイ表面に貼る事でディスプレイの保護を図ると同時に、消費電力をまかなう事ができるとしています。第三がバンパーの開閉メカニズム。ゲームコントローラとしてみた場合、直方体のiPhoneは握りにくい傾向があります。そのため、バンパーフレームそのものがへの字型に曲がるようにできており、使用時には瞬間で変化します。未だプロトタイプレベルですが、なかなか面白そうな製品に仕上がる気がします。

参照:The Iphone Game Controller Case *(with BLE and Solar!)

【CLEAN BOTTLE. 】四角柱型の水筒

水筒が円筒形や円形でなければならないってことはないと思うんですが、最近よく使われているのは円筒形のものばかりです。強度的に円筒形が強いのはわかるのですが、まぁ、そればかりというのもなんだなぁとは思うのです。CLEAN BOTTLE. 社が販売する「The Square」は角が丸くなってはいますが、四角柱型の水筒になります。もっとも内部は円筒形なのですが。材質は食器に使用するレベルのステンレスで、ボトルの両端は取り外す事ができますから、クリーニングも楽です。一方には大型のハンドルがついており、脱着は非常に楽になっており、使い勝手はかなりよいです。この部分は複数のカラーモデルが用意されており、オンラインでの販売価格は$44.95。残念ながら、日本には代理店等はなさそうです。それにしても、12月発売予定で予約受付中はいいのですが、間もなく12月も終わりますよ?

参照:The Square

日曜日, 12月 23, 2012

ヴェルヌじゃなくてウェルズだろう?

トライポッドと言ったら「宇宙戦争」、「宇宙戦争」と言えばH.G.ウェルズの小説な訳ですよ。でも、コレはそういった戦闘機械ではなく、cbindustries.chが販売するエスプレッソマシン「Jules」です。球体下にある砲塔の様なものは、エスプレッソ抽出の蒸気を調整するためのレバーです。決して、謎の怪光線を発するものではありません。球体には1.4リットルの水タンクが用意され、かなり多めのエスプレッソ/コーヒーの抽出が可能です。個人向けというよりは、喫茶店向きです。ただし、230V/1035Wの電力が必要ですから、そのままの仕様では日本では使いにくいです。オンラインでの販売価格は1300スイスフランなので、おおよそ12万円に少し満たないくらいの金額になります。
こういうトライポッドの製品だったら、日米ならば間違いなく小説の原作者にちなんで「ウェルズ」と命名したのでしょう。どうして、トライポッドと関係のない「ジュール・ヴェルヌ」にちなんだ命名にしたのか訳がわからないです。確かに、ともにSFの開祖とされていますし、熱量の単位を利用しただけなのかもしれませんが。
参照:Jules

出力50kwの高エネルギーレーザー兵器実験成功

Rheinmetall社から、出力50kwの地上発射型レーザー兵器の発射実験が成功したと発表がありました。実験は11月末に実施され、ターゲットの検出から追跡、捕捉して射撃するまでの一連のシーケンスが実施されたそうです。ある意味、シーケンスのスタートからエンドまでオートで実施できる事を示した様なもので、今後の兵器化への道筋を示す実験でした。また、実験は晴天と雨天という別々の環境下で行われ、後者は特に空中での減衰が激しいため、光学兵器にとっては鬼門なのですが、その環境下でも正常に動作する事が確認できたようです。今すぐに兵器化できるという訳ではありませんし、最終的には最大出力20kwのレーザー兵器を束ねての出力50kwですから、技術的に超えなければならない点も少なくありません。「技術試験」としては成功というところですかね。
いつか、戦車にも搭載されるようになるんでしょうか?でも、半島からのミサイルを迎撃する最後の手段として、地上発射型の高射レーザー兵器って言うのは現実的かもしれません。
参照:Flying colours: Rheinmetall successfully tests 50kW high-energy laser weapon

チタンのカードだからできる事

チタン合金製のプレート状のツールが増えていますが、コレもそういう製品の一つです。ただし、ちょっと目的が違うツールで、悪用はしないようにしていただきたいのですが。この商品は開錠するためのツールを一つのプレート状にまとめたもので、ピッキング等に使用する事もできてしまいますので。厚みはわずかに0.8mmですが、チタン合金製のために強度はかなり強く、作業はよほどの事がない限りは可能と思われます。各ツールを取り外すのは、まるでプラモのパーツをランナーから外すようにして行います。およそクレジットカードサイズの製品なので、携帯するのも容易で、鞄の中どころか、手帳に挟んでおく事も可能です。オンラインでの販売価格は$49.99です。
参照:ITS Titanium Entry Card

死霊も祝うウェディングパーティ?!

いやはや、相互の趣味志向を理解している身内だけのパーティならば、こういうのも許されるんでしょうか?なんと、映画「Evil Dead(邦題:死霊のはらわた)」シリーズをモチーフにしたウェディングケーキです。一番上にいる男性の片手がチェーンソーになっているところからは、シリーズのIIIである「キャプテンスーパーマーケット」がメインモチーフになるんでしょうか?いや、確かに来年にはリメイクが予定されているので、今スプラッター界では話題沸騰かとは思うんですが、あまりにもウェディングケーキとしては似合わないのではないかと。ただ、すごく良い出来なので、作った職人さんの気合いの入り方には脱帽します。日本の普通の披露宴等で使ったら、コレは100%の確率で親族の方からクレームが入るでしょう。
よく考えたら、「死霊のはらわたII」は「死霊のはらわた」のリメイクな訳で、2回目のリメイクですかねぇ、来年のは。
参照:The Evil Dead Halloween Wedding Cake

【BladeHQ】プレート状のマルチツール

BladeHQで、プレート状のマルチツール「Vargo Titanium Keychain Tool 1.2」が販売されています。アウトドアを志向するバックパッカー向けに作られたというマルチツールは、六角レンチやマイナスドライバ等の多数の機能を持ちながらも、63.5mm(w) x 35.6mm(L) x 2mm(D)という小型サイズのプレートで、わずか14gという軽量なツールです。いわゆるクレジットカードサイズよりもさらに一回り以上は小さい訳で、携帯しやすいサイズと言えます。このツールのいいところはブレード部分がないので、携帯していても銃刀法や軽犯罪法に触れないという点です。素材はチタン合金なので、逆にブレード等を構成しにくいって言うのはありますが。え?もちろん、お約束の栓抜きの機能もありますので、ご安心ください。強いて難を挙げるとすれば、かなり凹凸が激しいので、ネックチェーン等で下げる以外の携帯方法がとりにくいって言う事でしょう。オンラインでの販売価格は$15.95です。
参照:Vargo Titanium Keychain Tool 1.2

土曜日, 12月 22, 2012

【Leatherman】レスキューツールとして車に常備したい

BladeHQ
マルチツールのメーカーとして知らぬもののないLeatherman社から、レスキューツール「Z-REX」が販売されています。この商品は自動車事故等の際にシートベルトを切りはずしたり、ガラスを割ったりするためのツールです。リング状の部分は、小指を入れてしっかりと握り込み、先端にあるガラスブレイカーでガラスを割るためのもののようです。レスキューチームが使用する場合には、レスキュー用の保護グローブをつけている可能性が高いため、リングは大きめになっています。ブレード部にはお馴染みの440C鋼を使用し、柄の部分はアルミ合金製。ブレード部はブレードと酸素タンク用のレンチが二組用意され、入れ替える事で切れ味を保てます。それでいて、BladeHQ等での販売価格は$25程との事ですし、25年保証というとてつもない長期保証がありますから、かなりお得な商品と言えます。

参照:Z-Rex Anodized Aluminum Rescue Tool

手首にバッテリを配置するあったかグローブ

USB.Brandoで、充電バッテリ式のヒーティンググローブが販売されています。サンコーレアモノショップ等でも類似の商品が販売されているのですが、こちらの商品との違いはバッテリの配置です。こちらではリストバンドとしてバッテリが用意され、左右それぞれが2体構造になっています。サンコーの商品ではグローブが長めになっていて、そこにバッテリを内蔵する形式をとりますので、どちらがよいかは個人の好みかも?バッテリの固定という事では、こちらの形式の方がいいと思います。ともにグローブ内にヒーターが内蔵されており、わずか5分で40〜45℃程度まで温度が上昇します。寒い冬の季節の部屋ではありがたいところです。オンラインでの販売価格は$44.00です。
参照:USB Rechargeable Heating Gloves

【サンワダイレクト】iPhone5専用使い捨て防水ケース

サンワダイレクトから、iPhone用の使い捨て防水ケース「200-LCD011」が販売されています。実はiPhone4/4S用にも販売されており、iPhone5用にサイズを変更したモデルという事になります。この商品の特徴はiPhoneを入れるスキンケースと、開いた隙間を埋めるために防水テープを使うところがミソで、最小限の大きさで防水規格IPX8に対応している事です。テープでとめるために、充電等のためにはコレを切り開く必要があるので、使い捨てにせざるを得ない訳です。そのため、1セットの商品には3個分のスキンケースと6枚の封入テープのセットになっており、3回分の使用が可能になります。まぁ、今日は雨が降りそうだなとか、海等に行く事がわかっている場合等に使用するのがベターではないかと思います。1セット3回分の商品構成となり、オンラインでの販売価格は980円(税込み)です。
参照:iPhone5用ワンタイム防水スキンフィルム「200-LCD011」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

バルカン人の花嫁向けの耳飾り?!

絶対にコレはトレンドではないと思うのですが、trendhunter.comで紹介しているのがスタートレックのバルカン人であるMr.スポックの耳をイメージした耳飾り。言われてみれば、「そうだよね、Mr.スポックだね。」としか言えないのがこのデザインの特徴です。我々はパターンで物事を認識している訳ですが、この耳に関する限りは、1)一回り大きな耳、2)上側が尖っているとあれば、バルカン人として認識してしまうのかもしれません。事実、この耳飾りは両方の特徴を有していますしね。あるいはあ、スターフリーとのシンボルマークにも近いです。デザイナーはRaja Gondkar氏らしく、驚くのは彼がインドで立ち上げたデザイン会社で発表されたという事でしょう。あまりスタートレックとの関連性はないようにも思えますけど。あるいは、インド神話にこういうものがありましたっけ?
参照:Spock Ear Jewelry

エスプレッソとタバコはいかが?

嗜好品という意味に於いては、タバコとコーヒーの人気は今でもかなり上位にランキングされる類いのもので、両方を楽しんでいるという方も少なくないのではないかと思います。そういう方にぴったりの商品がコレ。エスプレッソと一服のタバコを同時に提供できるカップです。とはいっても、タバコが刺さったままではエスプレッソが飲みにくいし、タバコを外しても置く場所がないし、一歩間違えばエスプレッソにタバコの灰が落ちるという、ちょっと悩ましい商品です。材質がセラミックなこともありますし、全体のフォルムが何となく便器に見えない事もないのですが。オンラインでの販売価格は$59.99。安いんだか、高いんだかよくわかりません。
参照:Solo e Sola

【killspencer】iPhoneに貼付けるカードポケット

iPhone系に足りない機能としてよく挙げられる機能の一つにおサイフケータイって言うのがあります。代替え案として、SUICA/PASMO等のカードを入れられる様なカードポケットを擁するケースを使用している方も多いと思いますが、この商品もカードポケット付きのケースになります。最小限のサイズで最大4枚のカードを装着できるようにしたタイプの製品で、ポケット部の外装はなめし革になっています。ただし、装着には跡がつかない様な工業用接着剤を使用しますので、簡単に外れる様な事はないのでしょうが、保護用ケースという風には言い切れません。オンラインでの販売価格は$69.00です。複数のカードを使用している方で、なるべくシンプルに使いたい方にはいいかもしれません
参照:NATURAL OIL-TANNED LEATHER & MACASSAR EBONY : CARD CARRIER 2.0 for iPhone5

iPad向け全面タッチパネル式ワイヤレスキーボード

USB.Brandoで、全面タッチパネル式のBluetoothキーボードが販売になっています。オンラインストアの上海問屋でも販売されており、最近では秋葉原のパーツショップでも同様の商品が販売されていますが、この商品は何方かと言えばiPadよりの商品になっています。キーが全面タッチパネル式になったために、キートップが外れたりする事故はなくなりましたが、そのかわりにキータッチの感覚もなくなっていますので、入力にあたっては慣れが必要になります。接続はBluetooth3.0で、最大到達距離は10m。iPadよりというのはサイズ的な問題で、iPad本体よりわずかに大きい程度の246mm(W) x 190mm(H) x 8mm(D)というサイズに、移動中にiPad本体を固定するためのゴムバンドが装備されている事によります。もちろん、iPad用のスタンドが付属している事も大きいのですが。もちろん、10"クラスのタブレット端末でも利用は可能ですが、iPad mini等では大きすぎる感じです。対応OSはWindows XP/Vista/7/8,MacOS/MacOSX,Android3.0以降、iOS4以降等となっています。オンラインでの販売価格は$45.00。
参照:Touch Bluetooth Slim Keyboard

金曜日, 12月 21, 2012

【BladeHQ】レスキューチームに一本は欲しいところです

アックスといえばあまりデザイン的に変わるものはないような気がしていたんですが、このアックスはちょっとだけ違ったイメージです。それも道理で、このアックスは木を切り倒すために開発されたのではなく、軍のレスキューチーム用に開発されたからです。木だけではなく、金属物も切断対象として考えられているため、このような特異な形状になっているようです。本体素材は5160鋼で、柄の部分はラバーコーティングされています。柄を含めた長さは約39cm。意外と小さい感じですが、レスキュー用と考えれば携帯性も要求されるので、こんなもんじゃないかと。オンラインでの販売価格は$700です。
参照:Winkler Knives WKII Rescue/Breaching Axe w/ Rubber Handle (6" Head)

【BladeHQ】ずんぐりむっくりなフォールディングナイフ

ずいぶんとずんぐりとしたフォールディングナイフは、BladeHQで販売されている「Boker Plus Nano Folding Knife」です。伸張時の全長121mmに対して、刃長は48mm。銃刀法による規制の範囲からは、わずかに外れます。だからといって、持ち歩いてもいいという訳ではありませんが。材質はフォールディングナイフ用としては一般的な440C鋼で、刃厚も2.8mmありますから、一般的な用途では問題なく使用できます。峰側の親指があたる部分には滑り止めがついており、力を加える場合でも危険がないようになっています。裏側にはクリップがついているので、持ち歩く際にはポケットやベルト等に挟んでおき、すぐに取り出して使用する事ができます。クィックドロー用って訳ですね。オンラインでの販売価格は$40.95と意外な価格です。
参照:Boker Plus Nano Folding Knife Frame Lock (1.89" Satin Plain) 01BO597

100円ライターじゃありません

monkeybusiness.co.ilで販売されているのは100円ライターではなく、れっきとした文房具の鉛筆削りです。その証拠に、オンラインでの販売価格は100円ではなく、$5.5程になっています。ただ、ガスを出すためのレバー等も備わっているので、ぱっと見では100円ライターと区別がつきません。とは言うものの、ライターとしての機能は全くなく、内部にはブタンガスも注入されてはいませんので、火事になる心配は皆無です。鉛筆は、ライターならば炎が出るはずの部分に入れて、回転させる事で削る訳で、その点は一般的な鉛筆削りとかわりありません。最近は鉛筆を削るという行為そのものを見かけませんから、アクセサリとしておいておくという感じになるのでしょうか?
参照:Sharpener Lite

iPhone用のカメラグリップ型コントローラ

KickStarterで資金集めをしているのが、iPhone5用のカメラグリップ「snappgrip」です。iPhone5に取り付ける専用ケースと、そこにスライド装着するグリップ本体の2ピース構成になっており、メインとなるのはグリップ部。底面側には3脚に取り付けるためのネジ穴と電源ボタンが用意され、上面にはシャッターボタンとモード切り替えダイアルが用意され、装着すると単なるデジカメにしか見えなくなります。確かに、カメラ撮影に限定すれば、現在の携帯は持ちやすさの点でコンデジにさえ劣ります。主たる用途が違うので、やむを得ない部分はあるのですが、そこを補うために作られたグリップです。モード切り替えによる遠景/近景/ポートレート等の切り替えや、シャッター半押しでオートフォーカス作動と、これを使えばコンデジ並みの使いやすさにはなります。ケースも何でもいいという訳ではなく、装着と固定をしやすいようにガイドが用意されています。まだまだ先は長そうですが、こういう商品は市場に出てきてほしい気がします。

参照:snappgrip: full control of your phone's camera with one hand