web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 5月 07, 2016

【Veloschmitt】メッサーシュミット三輪車の再現…だと?

メッサーシュミット社の三輪車KR200を覚えている方も未だ未だ少なくないかと思います。あるいは、TV版初代シリーズの第二話「魔術師と呼ばれた男」の白乾児の愛車として覚えている方も多いかと思います。元の車は1964年に業績悪化の為に生産を終了しましたが、それから52年を経た現代に、それを復活させようと言う動きがあります。もちろんというか、残念ながらと言うか、自動車としてと言う意味では無く、電動アシストチャリとしての様ですけれど。元々が三輪車で、後輪はチェーン駆動だった事もあり、さほど違和感もないんじゃないかと思います。Veloschmitt社が現代に復元させようとしているのはKR200をベースにした三輪車「KR e-250」で、現在は単座式のみ。将来的には複座式を目指す様です。多分、元の車がそうであった様に、複座式の場合にはホイールベースを伸ばして、前後にシートを並べたタンデム二座式になるんじゃないかと。F-1の様に上から乗るのでは無く、サイドドアを上に跳ね上げる方式。それで、初めてKR200の再現と言える訳です。モーター出力は250Wで、36V/10Ahのリチウムリン酸鉄系のバッテリを搭載します。最大速度は30km/hとの事で、あまり高速とは言えませんが、コミューターとしては受分でしょう。今の時代に、今の技術で再現した、過去のデザイン。時代の用途にもあった、何ともいい感じの車です。

参照:Veloschmitt

【OTOTO Design】ネッシーの茶こし?!

OTOTO DESIGN社で、ネッシーの形をした茶こし「BABY NESSIE Tea Infuser」が販売されています。以前から、ネッシーのおたま等が販売されていたのですが、その震源地はOTOTO DESIGN社だった様です。紅茶葉はネッシーの背中から内部に入れておき、カップに入れてからお湯を注げば簡単に紅茶ができると言う訳です。当然、お湯の温度は高い訳ですが、ネッシーの首をつまめば、やけどの心配なく出し入れが可能です。ちょっととぼけたネッシーの表情が何ともいい味をだして、紅茶にもひと味追加してくれそうです。本体はシリコン樹脂製で、サイズは55mmx48mmx150mm。小振りのティーカップよりも、大型のマグカップやポットに入れておいた方がいいサイズです。ガラス製のカップならば、抽出の程度や進み具合もわかるので、モァベターかも知れません。本体色はTurquoise/Green/Purpleの三色が用意されます。なお、以前には親子2代だったネッシーのおたまも、ついに三代目ができた様で、3個1セットで販売される様です。
一方、沼津深海水族館では、ダイオウグソクムシの茶こしを販売しています。まさか、対抗していると言う訳じゃないでしょうが。こちらはオンラインストアはありません。
参照:BABY NESSIE Tea Infuser

【Otterbox】華やかさと高耐久性の両立したiPhone6/6s専用ケース

Otterbox社からiPhone6/6s用のSymmetryシリーズケースに、スワロフスキーのクリスタルガラスをちりばめたCrystalEditionが追加されています。背面にちりばめられたスワロフスキー社のクリスタルガラスが華やかで、気分を盛り上げてくれる事は間違いないのですが、その裏には別の顔が隠れている様です。Symmetryシリーズと言えば、Otterbox社認定のDrop+ Protectionに対応しており、下手に落としてもiPhoneを保護してくれると言う商品です。このCrystalEditionも同様にDrop+ Protection対応で、華やかなだけではなく、その内側には強力な耐性を隠している様です。また、タッチパネル面保護用にはアルファガラスで強化された プロテクタが同梱され、擦り傷等から保護してくれます。華やかな女性だと思って近づいたら、武芸百般の猛者だったと言う感じに似ています。本体色にはMystic Crystal/Gold Sand Crystal/Midnight Crystalの三種類が用意され、それぞれのオンラインでの販売価格は$139.95です。もっと暗めな感じの配色で、Dark Crystalと言うのが欲しかった気がします。誰かがクリスタルの欠片を持って来るとか…。
参照:iPhone 6/6s Symmetry Series Crystal Edition

【BladeHQ】チタン合金製のタクティカルペン

BladeHQで、WE Knife社のタクティカルペン「TP01 Titanium Tactical Pen」が販売されています。やはり、チタン合金製と言うのは、厨二病患者にはものすごく魅力的なキーワードとして響きます。なに、そんな事はないだと?だぁっとれいっ!チタン合金製のタクティカルペンなのですが、独特の形状のねじ込み式ペンキャップが付いています。このキャップにはデザイン上なのか、側面に穴が開いており、内側の様子が分かる様になっています。いや、実用上はほとんど関係ないとは思うんですが。現在収納されているのがペン先なのか、反対側のガラスブレイカーなのか、ポケットに入れたままでも判別できると言う、よくわからない機能を持つ訳です。ポケットクリップ部も、一般的な薄板状のものでは無く、かなり厚めのものが取り付けられています。ペンキャップの端は平ですが、これはガラスブレイカーとして使用する際に、親指等で支える為でもあります。ただ、替芯に付いては不明でした。ペン軸は演習に沿った形で細かな筋が入っており、握り易く、滑りにくくなっています。逆に、大きな凹凸はあまりないので、タクティカルペンとは一瞬ではわからない様にもなっています。本体色は複数が用意されますが、オンラインでの販売価格は$75.00です。従来のアルミ合金製のタクティカルペンに飽き足らない方にお薦めしておきます。
参照:WE Knife Co. TP01 Titanium Tactical Pen (Satin)

【GMYLO】iPod touch専用ケースとは?

GMYLO社からは、現行のiPod touchユーザーの為のウォレットケースが販売されています。販売の絶対数ではiPhoneよりも少なく、サイズ的にも一回り小さい為に、専用ケースと言うのをあまり見かけない訳ですが、逆にユーザー需要もあると推測されます。ケースそのものは手帳型で、横置きスタンドにもなるタイプです。ディスプレイに当たる面にはカードポケットが1基。この辺りはiPhoneSEよりもさらに小型の筐体の為、やむを得ない部分もあります。日本では、SICA/PASMO等の電子マネーカードを入れておくと、かなり便利かなと思います。コネクタ/スピーカー/ヘッドフォンジャック等は開口しており、ケースを付けたままで各種ケーブルの取り付けが可能です。もちろん、背面カメラ部も開いていますので、撮影に支障は来しません。表面は汚れ等に強い処理が施され、本体色はミント+アルミグレイ/デニムブルー+メテオライトブルーの2セットが用意されます。ちょっと、前者の方が華やかな感じですかね?オンラインでの販売価格は$19.98です。
参照:Wallet Case Slim for Apple iPod touch 6

【上海問屋】磁石の力でネジやビットを固定するベルト

上海問屋で、「部品吸着ブレスレット」が販売されています。ぶっちゃけ、腕時計のムーブメントの代わりに磁石を取り付けた製品で、磁石に付く様なネジやビットをつけておく事ができます。工具箱には同じ目的で磁石を内蔵しているものもありますが、腕につけておけるので、必要な時にすぐに付けたり外したりが可能です。例えばケース内でのネジ止めや、ビットを頻繁に付け替える際には便利です。特に、ビットの付け替えが可能なドライバの場合、元の箱に戻したりすると作業を中断してしまいますので、こういうのを使うと便利じゃないかと。手首につけておけば、割りと使い勝手もいいかと思います。所謂バラシを行なう方には、必須のベルトじゃないでしょうか。ベルトの長さも、最長220mmまでの手首回りにつけられますので、たいていの方には合うんじゃないかと。ただ、機械式腕時計と一緒につけておいたり、ハードディスクの周囲での作業は、なるべくならば避けた方がよいかと思います。この辺りは、一般論としてと言う意味ですけど。オンラインでの販売価格は599円(税込み)です。
参照:部品吸着ブレスレット

金曜日, 5月 06, 2016

【サンワダイレクト】低価格な静音型有線マウス

サンワダイレクトで、有線式静音マウス「400-MA070」シリーズが販売されています。ワイヤレスマウスの方が手軽に使える分だけ、モバイルマウスとしてはいいと言う話もありますが、やはりバッテリ残量を気にして使用するのもイヤな方向けなのがこのシリーズです。有線マウス故に、バッテリの心配はほぼ無用。さらにクリック音とスクロール音の双方を静音化しており、図書館等の演習室で使用するのには何ら問題なさそうです。こういうところでは、クリック音ですらイヤな顔をされる事がありますので。動き検出には高精度のブルーLEDセンサを用いており、分解能は天板の専用ボタンで800cpi/1200cpi/1600cpiを切り替えられます。サムズレストとフィンガーレストにはラバーグリップが採用され、握り易く、滑りにくい構造になります。本体色にはダークシルバーとレッドが用意され、オンラインでの販売価格は1480円(税込み)とかなり安価です。図書館等にノートPCを持ち込む際だけではなく、図書館備え付けのPCに採用していただく方がいいかも知れません。
参照:サイレントブルーLEDマウス(静音・カウント切り替え・5ボタンラバーグリップ・ダークシルバー)「400-MA070DS」
サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます

【ColdSteel】短刀と言うよりは匕首サイズのナイフ

ColdSteel社で、TANTOスタイルの固定ナイフ「3V RECON TANTO」が販売されています。ブレード形状はTANTOスタイルではあるのですが、全体は短刀と言うよりも、もっと短い匕首クラス。それでもブレード長は178mm、全体も299mmあるんですが、思いのほか、柄の部分が短く、片手で握った場合にはちょうど全部隠れてしまう感じになります。固定ブレード式のナイフとしても、若干短めの様な気がします。ブレード厚は最大5mm程で、かなりごつい感じですが、全長がそれなりにあるので、すっきりとして見えます。本体材質はU.S. CPM 3V高炭素鋼が用いられ、硬いと言うよりは、日本刀の様にしなやかな感じになっています。この辺りは、動画の最後の辺りを見ていただけると、お分かりただけるかと。とはいえ、グリップを握ってぶら下がった人を支えられるくらいには強力です。グリップ部分にはKray-Ex樹脂が用いられており、非常に滑りにくくなっています。う〜ん、こういうない腐敗なぁ。オンラインでの販売価格は$264.99です。

参照:3V RECON TANTO

【ThinkGeek】パッと見で時間がわからない腕時計

ちょっと、久しぶりになりますかね、時間のわかりにくい腕時計の紹介です。ThinkGeekで販売されている腕時計「Zub Zirc」ですが、文字盤に相当する部分には12個の円と、横バーがあります。誰でも、円の方が現在時を、横バーが現在分を表示しているのはわかると思うのですが、実際にパッと見で何時何分かと言われると躊躇してしまいます。かろうじて、午前/午後はそれぞれのインジケータがあるのですぐにわかりますが。本体色はBlack 20/Blue Glow-In-The-Darkの2種類が用意され、後者は暗闇でも青く光るのがなかなかよい感じです。文字盤そのものはLCD表示ですが、ELでバックライティングされるので、表示そのものは暗いところでもわかりますけど。アラーム表示も可能で、操作そのものは左右2個ずつのサイドボタンで行ないます。本体はステンレス製のケースに入り、これをポリウレタン製のベルトでカバーします。オンラインでの販売価格は$128.99です。
参照:Zub Zirc

木曜日, 5月 05, 2016

【Kickstarter】でっかい水蜘蛛か?円形ゴムボート?

Kickstarterで、個人用のゴムボート「GoBoat」が資金調達に当たっています。簡単に組み立てられるゴムボートで、浮力は周囲に取り付けられる浮き輪状のゴムから得ます。ここは空気を入れる必要がありますが、どの方向からぶつかっても衝撃吸収の役目も果たすので、比較的安全と言う訳です。万が一の事態でひっくり返ったとしても、ゴムの浮き袋として利用し、救助を待つ事が可能です。空気の注入は付属の専用ポンプを使用しますが、多分、動力式のポンプを使う方が良さそうな感じです。形状が形状だけに、浮き輪と言うよりは、忍者が使ったと言われる水蜘蛛のおおきなものの様な感じがします。中央部分は下まで筒抜けで、ここに別売のモーターを突っ込んで動力とする様です。多分、小型のオールを使って、マニュアルで移動する事は可能です。こうなると、浮力を増した盥舟みたいですな。小型で、組み立て式な為、多くの自動車に搭載する事が可能です。募集期間を4週間程残した時点で、目標金額の1/4程度なので、商品かについてはちょっと微妙なライン上です。

参照:The GoBoat. Personal, Portable Watercraft

【GMYLE】バックライト付きスリムキーボード

GMYLEで、厚みがわずかに5mmと言うスリムサイズのBluetoothキーボード「Ultra Slim Blue Backlit Bluetooth Keyboard」が販売されています。タブレット端末用のスリムサイズのキーボードは珍しくはないのですが、流石に最厚部が5mm程度である事と、キーボードバックライト装備と言うのは珍しいかと。キー配列はUS/UK/DEの3種類が用意され、サポートOSもiOS/Android/Windosとなっています。サポートと入っても、単純に接続するだけならば問題はないのですが、ファンクションキーやfnキーと組み合わせるショートカットキーの動作が多少変わってきます。キーボードバックライトは青色単色で、4段階の明るさ調整は可能ですが、他の色は選択できません。他社製品では7色からの切り替えができるモデルがあるのですが、この辺りは薄さから来る制約なのか、バッテリ容量の制限かも知れません。バッテリは内蔵式のリチウムポリマーバッテリで、充電はUSBバスパワーで行ないます。平面サイズは240mm x 120mmで、長辺側はiPad Air/9.7" iPad Proと同じ。短辺側はそれらよりも短くなります。オンラインでの販売価格は$24.98です。
参照:Ultra Slim Blue Backlit Bluetooth Keyboard

【ThinkGeek】StarCraftIIのパイロンが電源に?!

ThinkGeekで、Starcraft IIに登場するプロトスのパイロンを模したUSBバスパワー電源が販売されています。ちなみに、公式ライセンス商品です。まぁ、確かに今のUSBバスパワー電源は小型化されているので、うまく配線してやれば様々なものに組み込めるとは思うのですが。パイロン自身がパワーサプライの役目を果たすものですから、丁度いいのかも知れません。しかも、使用時には内部からイルミネートされるので、画面上に近い印象を与え、かなり幻想的になります。内蔵するUSBバスパワーポートは2ポートで、出力は合計2.1A。スマフォならば2台同時、タブレット端末でも1台ならば余裕で充電できます。ケーブルはmicroUSBケーブルが付属しますが、他は用意する必要があります。できれば、光るケーブルがあるとより幻想的になるんじゃないかと。オンラインでの販売価格は$39.99です。こうなると、かなり様々なアイテムを模したパワーアダプタが販売される様な気がします。個人的には、ダーククリスタルが欲しいところです。
参照:Starcraft Protoss Pylon USB Charger

水曜日, 5月 04, 2016

【サンワダイレクト】海外旅行の多い方向けの電源とバッテリ

サンワダイレクトで、海外旅行にはうってつけのUSBバスパワー電源「DN-SW-01」と小型バッテリ「DN-SW-02」を販売しています。海外旅行をしている場合に困るのは、コンセントの形状が国毎に違うこと。今時、バスパワー電源ですらユニバーサル対応なんですが、コンセントの形状が違うので、それぞれ用のコンセントアダプタを持ち歩かないと行けないと言う。しかも、複数国を渡り歩こうもんなら、アダプタの付け替えもめんどくさいと言う訳です。そう言う時に便利なのが、DN-SW-01で、これは各国のコンセントの端子を内蔵しており、レバー操作で出し入れが可能と言うバスパワー電源です。出力ポートは2ポートで、出力電流は両ポート合わせて2.1Aまで。スマフォならば2台同時、タブレット端末でも1台ずつならば対応ができます。バッテリDN-SW-02はこれと組み合わせる前提の商品で、充電用のUSBポートは180度展開が可能です。ただし、バッテリ容量は1200mAhと少なく、スマフォのフル充電まではできませんが、一時しのぎ程度にはなります。バッテリ側出力は最大2.1Aなので、タブレット端末にも対応できますが、非常用以上のものではなさそうです。オンラインでの販売価格は単独で5800円/3980円(各税込)、セットで8980円(税込み)とちょっとお得です。海外へ行く機械の多い方は、お使いになると便利かと。
参照:海外旅行用変換プラグ 緊急用充電器付 USB充電ポート付 SKROSS WORLD ADAPTER「DN-SW-01PACK」

【ThinkGeek】ゼルダの伝説のスチームパンク風腕時計

ThinkGeekで、ゼルダの伝説をモチーフとした腕時計が販売されています。文字盤に大きくゼルダの紋章がはいり、全体が如何にもなスチームパンク風デザインとなっています。腕時計だから、「時のオカリナ」がモチーフなのかな?これ、文字盤がゼルダの紋章でなくても、普通にスチームパンク風な腕時計と言ってもいい様な感じもありますけど。文字盤回りはステンレス製で、ベルトは本革製。ムーブメントは安心の日本製となっています。そして、何よりもゼルダの伝説の公式ライセンス商品です。パチモンじゃありませんし、時計としてもいい感じになっています。日本の場合、公式ライセンスを受けている商品であっても、大人が使える様なものは少ないですから、これくらいの商品を企画して欲しいところではあります。オンラインでの販売価格は$59.99で、ちょうど手頃な感じです。
参照:Legend of Zelda Leather Watch - Exclusive

【 [Fuse]Chicken】チェーンソーでも切れないケーブルの小型版

チェーンソーでも切れないLightningケーブルを販売している [Fuse]Chicken社では、より実用的なケーブル「Titan Loop」も販売しています。Titanと同様に、チェーンソーでも切れないケーブル外装はそのままで、長さが25cmに短くなっています。これによってデスクトップでの取り回しが容易になり、バッテリ等の接続が楽になります。また、USBコネクタ側に円筒状のパーツが用意され、Lightningコネクタを取り付ける事が可能になっています。これによって、例えばバックのベルトにつけておく事も可能になりますし、収納時もコンパクトにまとめる事ができます。キーチェーン代わりに使う事もできますが、流石にそれは実用的じゃない、と。これでチェーンソー殺人鬼に対抗するのは無理がありますが、編み組のケーブル以上に丈夫なのはありがたい事です。もちろん、安心のMFi認証済み。オンラインでの販売価格は$30です。チェーンソー殺人鬼がいる様な地方に旅行する際には、こういうケーブルは必須ではないかと思います。

参照:TITAN LOOP :: IPHONE

【アーキサイト】Lightning接続のキーボード

アーキサイト社から、Lightning接続の有線キーボード「i-ProgresTouch」が販売されています。かつて、アップル社のキーボードには銘キーボードと呼ばれたものがいくつかありましたが、その内の一つであるGSキーボードに近いキートップを持つのが特徴です。このキートップには高低差が付いており、密集した形式でありながら、アイソレーション並みの入力のし易さが得られます。残念ながらGSキーボードの様な機械式キースイッチとまでは行きませんが、パンタグラフ式の支持架を持つので、ノートPC用のキーボード並みのタッチ感が得られます。接続はLightningケーブルで、Bluetooth接続にありがちなペアリングの煩わしさはありません。ケーブルを接続するだけで、すぐに入力が可能です。もちろん、MFi認証済み商品の為、iOSのバージョンアップに関係なく使用する事ができます。キートップの色は白のみで、筐体はホワイトとシルバーの2色が用意されます。既に秋葉原の販売店で、販売が始まっています。
参照:i-ProgresTouch

火曜日, 5月 03, 2016

【LockheedMartin】対艦ミサイルのプロモビデオ公開

Lockheed Martin社のYouTubeチャンネルで、現在開発中の対艦ミサイル「LRASM」のプロモビデオがアップされています。ミサイルと言うイメージよりも、誘導爆弾と言った方が近い感じがしますけど。LRASMは長距離亜音速飛行を目指した対艦ミサイルで、射程距離は800kmと計画されています。対艦番長と呼ばれている空自のF-2に搭載されているASM-2(93式空対艦誘導弾)は短射程/超音速なので、かなり違ったコンセプトを目指している様です。発射形態はB-1B及びFA-18E/F等の航空機搭載型と、艦船に多く用いられているMk.41 VLSからの垂直発射型が予定され、前者は2018〜2019頃になる予定です。FA-18E/Fに搭載可能とは言っても、かなり大型のミサイルになるので、せいぜい2発程度しか搭載できません。ただし、即応性はかなり高く取れます。一方、B-1Bをミサイルランチャーの本命にするならば、量的な問題は解決しますが、今度は即応性には欠けますから。やはり、Mk.41 VLS発射型が本命かと。

参照:LRASM

【GMYLE】Bluetooth接続のオールインワンキーボード

GMYLE社から、ちょっとユニークなオールインワンキーボード「Docking Bluetooth Keyboard」が販売されています。キーボード奥側には溝が掘られており、ここにスマートフォンやタブレット端末をセットする事ができます。溝の内部にはシリコンラバーが貼られており、セットした端末を傷つける様な事はありません。溝のサイズからすると、9.7" iPad Pro/iPad Air2クラスならば問題は無く、12.9"クラスのiPad Proははいるかどうかと言ったくらいです。その程度であればエレコム社やロジクール社にも製品がある訳ですが、このキーボードがユニークなのは、テンキーとタッチパッドも内包している点です。タッチパッドも、テンキー側のキートップも小型になっているので、無理矢理納めている感は否めませんが、それでもオールインワンのキーボードと言うのは魅力です。接続はBluetooth3.0で、iOS/Android4.0以降の他、Windowsでも利用は可能です。MacOSXが対応に入っていませんが、画像からも当たり前の様に使えると思われます。ただ、MacOSXのタブレット端末がないと言う事じゃないかと。ただ、残念なのは1台にしかペアリングできない事で、同時にペアリングして、切り替えて使用する事ができない点でしょうか?キー配列はWindows型のQWERTY配列で、バッテリは内蔵式のみで、交換はできません。オンラインでの販売価格は$59.98です。
参照:Docking Bluetooth Keyboard

【[FUSE]Chicken】チェーンソーでも切れないLightningケーブルとは?

もし貴方がLightningケーブルしか持っていない時に、テキサスチェーンソー殺人鬼に襲われたらどうするだろう? [FUSE]Chicken社から販売されているLightningケーブル「Titan」があれば、そんな時にも安心です。ケーブル外装には2層のスティールが採用され、高強度かつ柔軟性に優れた特性を持ちます。動画を見ていただくとわかりますが、殺人鬼の持つチェーンソーをまともに受け止める事ができますし、そうそう簡単には切れません。大型だと危ないかも知れませんが。外装は金属製ですが、何重にも結べる程にフレキシブルで、一般的なケーブルと大差ありません。しかも、安心のMFi認証済みなので、iOSのバージョンに関わらず、充電/同期が可能になっています。チェーンソーで襲われたとき以外にも、通常使用のケーブルとしても問題はありません。布製の外装を持つケーブルも頑丈ですが、やはりここまで来ると様々な面でTitanに軍配を上げざるを得ないでしょう。ケーブル長は約1mで、オンラインでの販売価格は$35.00です。チェーンソーで襲われた時の護身用にも、一本は備えておきたい製品です。

参照:TITAN :: IPHONE THE TOUGHEST CABLE ON EARTH

【サンコー】USBバスパワー駆動可能な鉛筆削り?!

サンコーレアモノショップで、USBバスパワー駆動可能な電動鉛筆削り機「iSharpner」が直販限定で販売されます。今時、鉛筆削り機?なんて言う言葉も聞こえてきそうですが、やはり、その柔らかなタッチと独特な書き心地は、そうそう簡単に捨てられるものでもありません。個人的には、三菱鉛筆のハイユニかステッドラーの鉛筆をお薦めしたいところです。とは言うものの、鉛筆で面倒なのは芯を削ること。鉛筆全盛期であれば電動鉛筆削り機なんて掃いて捨てるほどありましたが、流石に最近はその頃程に入手性はよくない様です。かといって、カッター等を使うのは不格好だし、指先を切る可能性もあります。特に最近の小学生辺りだと、カッターすら使えない子も多い様なので。そこで、このiSharnerですよ。簡単に使えますし、USBバスパワー駆動も可能なので、パソコンの横でいつでも使う事ができます。あ、単三乾電池4本で、バスパワーでなくても使えますけど。お父さん方にはちょと下ノスタルジー、現役のお子様には実用的な文具として、これと鉛筆1ダースをセットでプレゼントすると喜ばれるんじゃないかと。オンラインでの販売価格は1980円(税込み)です。「未だに鉛筆」な方よりも、「今でも鉛筆」な方にお薦めします。

参照:【直販限定品】iSharpner(USB鉛筆削)

月曜日, 5月 02, 2016

【ストラップヤ】ディズニーキャラのシルエットがケースに

ストラップヤで、ディズニー様のキャラクタをモチーフにしたiPhone6/6s用のケースが販売されています。透明なケースの内側に金属の薄板を入れたかの様なデザインで、一体、どこにディズニー様のキャラクタがと思ってしまいます。実際には、キャラクターのシルエットが組み込まれていて、一見するとわからないのですが、実際にはディズニーキャラを身近に感じられると言う商品です。これならば、男性でも利用が可能かと。透明なケースと言うのもミソで、逆にiPhoneのケースカラーがキャラクタのバックに来る為、かなり印象が変わります。ケースそのものは丈夫なポリカーボネート製なので、実用上も問題はなさそうです。組み込まれたキャラクタはミッキー&ミニー/ドナルド&デイジー/ティンカーベル/アリスの4パターンで、オンラインでの販売価格は2680円(税抜き)です。ディズニー様のケースを付けておけば、TDL/TDRに行くのには最適かと。
参照:[iPhone6s/6専用]ディズニー バロックスタイルコレクション iPhoneケース

【JetBeam】4灯クラスタ式大型フラッシュライト

JetBeam社から、4灯クラスタ式のフラッシュライト「EYE40」が販売されています。多灯クラスタ式のフラッシュライトは他社からも販売されていますが、これもそれらと同様で、4個のLEDとリフレクタを搭載しています。光源にはCree社のXM-L2 T6を採用し、4灯同時の最大出力は3150lm。最大照射距離は420mにも達します。ハンドルは大型のネジで固定され、その他に3脚への取り付けネジ穴もあります。電源ボタンはサイドボタン式で、点灯モードは強弱の4モードのみ。点えmつやSOS等の発光モードはありません。電源には18650を4本搭載し、付属のカーチャージャかオプションのACアダプタから直接の充電を可能にしています。充電するのに、いちいちバッテリを取り外す必要はないって言うのは便利です。本体は航空機にも愛用されるグレードのアルミ合金製で、Type-IIIの酸化処理が施されているため、見た目以上に頑丈な様です。こんなデカ物でも、IPX8相当の防水性能を持ち、水深2mに沈めても問題は無し。また、軍仕様の落下耐性も持ち、1.5mからの落下に耐えます。でかい分だけ取り回しは大変ですが、意外とこういうのは便利です。  国内販売代理店での販売価格aは37880円(税込み)です。ただし、バッテリは別売との事。
参照:EYE40

【バッファロー】超大型&超高速の無線LANルータ

バッファロー社から最大通信速度1733Mbps+800Mbpsの無線LANルータ「WXR-2533DHP2」が発表されています。IEEE802.11ac対応で、上面から聳り立つ4本のアンテナが力強いです。このアンテナのおかげで、11ac時には433Mbps x4、11n時には200Mbps x4の通信速度が実現できています。つか、200Mbps x4と言うのはPCの無線LANモジュールでもほとんどないので、専用中有景気等との通信でしか使えないでしょう。アンテナは基台部から稼働式になっており、向きを変える事で感度の調整が可能になっています。アンテナ間隔の最適化と高感度化により、最大通信可能エリアが23%向上したとされていますが、この辺りは環境によって変わって来るので、微妙な感じがします。1.4GHzのデュアルコアCPUの搭載による処理の高速化により、3台同時の接続処理が可能になっています。この種のルータはUSBポートを内蔵して、NASがわりやプリンタ共有等にも使えるのですが、珍しくUSB3.0ポートが搭載されているので、そちらも高速化が期待できます。有線LANポートはWAN側1ポート、LAN側4ポートと標準的。また、スマフォ等に対応したビームフォーミング、既存の同社製ルータからの引っ越し機能等も持ちます。ただし、サイズ的には316mm(W) x 161mm(H) x 57mm(D)とかなり大型。置くスペースの確保の方が大変そうです。オンラインでの販売価格は27700円(税抜き)です。既存のバッファロー社製品の乗り換え、または高速化を望む方には向いているかと。
参照:WXR-2533DHP2

日曜日, 5月 01, 2016

【Kickstarter】撮影機材を大量に取り付けられるケース

Kickstarterで、ユニークなiPhone用ケース「Helium Core」が資金調達に当たっています。何事かにはまった時に、必ずと言っていい程欲しいと願うのが「何でもできる機械」です。このHelium CoreはiPhone用のケースではありますが、周囲に三脚等を取り付けるネジ穴を大量に用意する事で、その需要に応えようと言うものです。iPhoneにも使われた6061-T6アルミ合金製のケースは分厚く、如何にもごつい感じです。ケース四辺には、iPhone6s用では16個、iPhone6sPlus用では17個の取り付け用ネジ穴が用意され、様々な撮影機材の取り付けが可能になっています。ビデオカメラから、マイクから、三脚、グリップ等々、およそネジ穴の合うマウンタを持つ機材ならば、取り付けし放題です。また、背面カメラ部には37mmφのレンズを取り付ける事が可能なので、これに合う望遠/広角等のレンズも取り付けられます。その代わりに犠牲になるのはサイズでして、明らかにiPhoneの数倍の厚みと、二回りどころか三回り程も大きくなる筐体サイズは、携帯性をかなり落としそうです。ただし、Lightningコネクタ等は大きく空いているので、そのまま接続も可能になっています。アイデアはユニークなんですが、需要がどれくらいあるかが不安ですね。実際、募集期間の残りが4週間を切ったところで、目標金額の6割程と言ったところなので、商品化に付いては微妙なところです。

参照:Helium Core - The Basic Building Block for iPhoneography

【ThinkGeek】スチームパンク風ガンブレード

ThinkGeekで、スチームパンク風のガンブレードのレプリカが販売されています。FFで有名になりましたが、昔から銃とナイフを組み合わせたガンブレードと言うジャンルの武器はありまして、単発式銃の頃はそれなりに便利であったかも知れませんが、現在では実用的ではなくなってしまいました。とは言うものの、見た目はかなりカッチョイイ感じです。この商品では、銃とブレードのそれぞれにスチームパンク風のレリーフを施してあり、如何にもと言う感じを醸し出しています。全長は660mmほどで、ブレード長は521mm。ブレード部分は耐錆加工が施されたステンレス製で、ブレードを収納する為の長いシースが付属します。何しろ、小刀と言うよりは小太刀くらいの長さですから、収納するのも大変そうです。銃部分はリボルバー式の様に見えますが、弾丸の発射機能のないレプリカです。ただし、シリンダーは回転する様なので、かなりそれっぽい感じになっています。「それっぽい」って言うのは重要です、試験にでます。ブレード/銃部分は共に金属製なので、重量がそれなりにありますので、取り扱いには注意してください。オンラインでの販売価格は$49.99です。コスプレの小道具には、ちょっと過ぎたものですかね?
参照:Otherworld Steampunk Gun Knife

【はぴキャラ】誰でも忍者になれるタオルとは?

はぴキャラ楽天市場店で、誰でも忍者になれる頭巻きタオルが販売されています。このお店、パーティグッズ等を手がけているお店なのですが、この忍者タオルにはぐっときました。いやぁ、安全帽ならまだしも、まさか忍者があるとは。タオルの長辺中央に鉢金の様な模様が印刷されており、頭に巻く時にこれが正面に来る様にします。頭巻きタオルなので、後頭部で結ぶ様にしますが、間違っても鼻の下で結ばない様にしてください。後頭部で結んでいればナイスガイです。なお、素材としては綿ですが、ビロードの様な手触りのシャーリング生地が採用されています。吸水性は、ちょっとわからないですね。オンラインでの販売価格は950円(税込み)と比較的安価なので、パーティグッズとして人数分を集めるのも容易になります。その他に、安全帽や侍、バーコード等の種類もありますので、景品としてはそれらと混在させるのもいいでしょう。コスプレ衣装として使うのは、ちょっと疑問が残るところですけど。
参照:【頭巻きタオル】バラエティタオル 忍者

【act2】おしゃれ系の部屋にも似合う渋めのスタンド

act2社のオンラインストアで、ユニークなチャージングスタンド「elago D stand charging station」が販売されています。ユニークなのはその構造で、天板と底面は厚手のシリコンラバー、ボディ本体はアルミ合金製となっています。割りと渋めの感じで、おしゃれ系の部屋にも似合いそうです。Lightningケーブルは別売で、底面から天板中央に開いた穴に通します。コネクタ部分をシリコンラバーで固定する形式ですので、安定性が心配になりますが、そこは天板側に採用された厚手のシリコンラバーが効いてきます。この部分が厚めの為、コネクタの保持力が高く、自立させる事が可能と言う訳です。底面側のシリコンラバーも厚でなので、滑り止め効果も高くなります。とは言っても、あまり重量のあるものは厳しいので、iPhone辺りが上限となるでしょうが。サンプル画像には、アップル純正のワイヤレスキーボードを付けているのもありましたけど。このキーボードが230g程なので、その程度までは載せられると言う事でしょう。本体色はブラックとホワイトが用意され、オンラインストアでの販売価格は各3000円(税抜き)です。別の見方をすると、コネクタが合っていればmicroUSB等のケーブルでもいいんじゃね?とか思ってしまいますけど。
参照:elago D stand charging station (Dスタンド・チャージングステーション)ブラック
参照:elago D stand charging station (Dスタンド・チャージングステーション)ホワイト