web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 8月 25, 2007

USB接続のカセットデッキ!?

ION社から販売されているのが、USB接続のカセットデッキのTAPE2PCです。利用目的は非常に簡単で、既存のカセットテープをMP3等のオーディオデータに変換するためです。カセットデッキとしてはテープセレクタでメタルテープとCrO2テープを切り替えて使用する事も出来、相互にダビング可能なデュアルデッキ構成になっています。
接続そのものはUSB1.1相当で行なわれるため、最大転送速度は12Mbpsに限定されますが、これでもCDの8倍速に相当しますので、問題はないでしょう。また、サポートしているシステムはWindowsXP/Vistaと、OS9以降のシステムとなっています。
逆に言えば、これを有効に利用するのは限定された用途でしかありません。豊富なテープ素材を、手軽にデータ化したい場合にのみ、有効なデバイスと言う事になります。デバイスとしては面白そうなんですけどね。
参照:USB Cassette Archiver

ウサギ型はさみ

バックスバニーを思い起こさせる様なデザインですが、ウサギを模したはさみです。ちょうど耳がはさみの刃の部分に相当しておりまして、持ち手のところに足があるため、机の上に立たせておく事も出来ます。実際に使った時には、足が邪魔になるかもしれませんが、そんな文句を言う程の商品ではないでしょう。どちらかと言えば、デザイン重視の商品ですから。ちなみに、オンラインの販売価格は$8.95-ですから、一本当たりは1000円前後と言うところでしょうか。国内でも販売されていそうな気がするんですが、確認できませんでした。
参照:Rabbit Scissors

時計付き貯金箱、ですが…

人の形をした時計付き貯金箱ですが、実用性に付いては???です。顔が時計になっていて、これ自身は普通のアナログ時計なのですから、こちらを正面に向ける様に置くのが正しいはずです。ところが、問題は貯金箱の方。コインはお尻のところから入れる形なので、いちいち向きを変えないとコインが入れられないと言う。お尻にコイン投入口がある事自体がアレですが、向きを変えないと入れられないと言うのがアレ過ぎです。妙にかわいいお尻の貯金箱は、期間限定のオンライン価格で$21.95-と大変お買い得になっています。カラーは、画像のブルーとオレンジの他にグリーンが用意されています。冗談の解る人向けのプレゼントには最適でしょう。
参照:Olio Coin Bank with Clock

金曜日, 8月 24, 2007

世界最小クラスのBLUETOOTHアダプタ

プリンストンテクノロジーズ社から、おそらくは世界最小クラスのBlueToothアダプタが発売されます。画像からお分かりの通り、USBコネクタに毛が生えた程度の大きさしかなく、ノートPCに接続してもほとんど違和感がありません。外部にでて来るのはアンテナのプラスティック部だけで、本体はコネクタと共に内部にはいっています。BlueTooth2.0+EDRに対応しており、BlueTooth関連で通信距離以外の不満はまずでないでしょう。対応OSはWindows2000/XP/Vistaと、OSX10.4.7以降になっており、Macユーザも安心して使えます。とは言え、BlueToothの機能はほとんどのMacに付属しており、BlueTooth1.1対応機を使用しているユーザと、BlueTooth非搭載の機種にのみ、メリットがある事になります。
強いて言えば、プラスティック部がひっかかり易い構造になっているので、万が一の際にはコネクタごと吹っ飛ばす可能性があります。
参照:PTM-UBT3S

iPod装着可能なサンバイザー

iXoundWear社では、iPodを装着してかぶるサンバイザーや、野球帽の様なキャップの販売を行なっています。iPod nano / Shuffle(2G)をサンバイザー等に設けられた専用のポケットに入れて、ヘッドフォンを最小の長さで耳に繋ぐ事になります。iPod nano/Shuffle(2G)ならばシリコンプレイーヤですから、軽量ですし、耐衝撃性も高くなります。ですから、頭部に取り付けるのも問題はありません。画像はサンバイザータイプのピンクで、色は他に黒/白等計10色が用意されています。キャップタイプは3色、ニットキャップタイプは5色用意され、それぞれの価格は$22.95-となっています。個人的にお勧めは、このサンバイザータイプですね。
構造上、LCD面は見られませんが、聞いている間はあまり見ないので問題はありません。iPodのように、動画再生できれば話は違って来ますが、その機能はnano/Shuffle(2G)にはありませんから。
参照:ixoundwear

木曜日, 8月 23, 2007

IO・DATA社からBlu-Ray/HD DVD対応ドライブ

I−O・データ機器社から発売されるのは、HD DVD読み込み及びBlu-Ray読み込み&書き込みに対応したドライブBRD-UXH6で、インターフェースはUSB2.0とeSATAです。それぞれのメディアに対する書き込み速度の最大値は、それぞれ以下の様になっています。
BD-R x6 , -R DL x4 , -RE x2 , -RE DL x2
DVD+R x16 , +R DL x4 , +RW x8
DVD-R x16 , -R DL x4 , -RW x6
CD-R x40 , -RW x24
HD DVDは読み込みのみの対応になっています。対応システムはWindows Vista(32bit),XP,2000 に加えて、OSX10.2.8以降。OSXのサポートはUSB2.0接続のみで、対応ソフトは添付されせん。ただし、SimpleDiscと言う特殊なモードに切り替える事で、Blu-Rayメディアを擬似的にUSBフラッシュメモリと等価に扱う事が出来る様になります。このモードの場合には、Mac側にソフトクェアは必要ありません。おそらくはDVD系まではPatchBurnで利用できますが、iLife"06とToast8が推奨されています。
Macユーザでも、手軽に次世代メディアを体感できる訳で、ワリト使い勝手もいいんじゃないかと思いいます
参照:「Blu-ray Disc」「HD DVD」の両規格対応マルチドライブ

バッファロー社からポータブルスーパーマルチDVDドライブ2機種

バッファロー社からスーパーマルチDVDドライブのポータブル版が2機種発表されています。両機種とも、基本的な機能は同一で、相違はトレーローディング方式か、スロットローディング方式なのかだけです。インターフェースはUSB2.0で、縦横自在の配置が可能です。最大書き込み速度は、以下の様になっています。
DVD-RAM x5
DVD-R x8 , -R DL x4 , -RW x6
DVD+R x8 , +R DL x4 , +RW x8
CD-R x24 , -RW x24
また、レーベル面に印字するLabelFlash機能にも対応しています。対応OSはWindows2000/XP/Vistaですが、これは付属ソフトの対応と言う事になります。USBバスパワーでも動作しますが、電力供給が不足する場合のために、ACアダプタが同梱されています。
いずれもMacへの対応が唱われていませんが、基本的な機能はpatchBurnを使用する事で解決します。PowerPC搭載機では、USB接続のデバイスからはブートできませんが、Intelベースのマシンならばブートも可能ではないでしょうか。
参照:DVSM-PL58U2
参照:DVSM-PL58U2/S

iPod搭載可能なアラームクロック

非常にユニークなデザインのアラームクロックです。正面にiPodを搭載して、任意のサウンドをアラームとして利用する事が出来ます。対応しているiPodは第一及び第二世代のnanoのみで、おそらくは厚みの問題で、これ以上のiPodの装着が出来なくなっていると思われます。装着している間はクロック側から充電されるため、iPodが電源落ちになる事はありませんが、PCとの接続は出来ない様です。アラーム音として設定したサウンドは、クロック側のスピーカで再生されるため、かなり大きな音になる様です。なお、本体色は、画像のBlackの他、Blue/Pink/Silver/Greenがありますから、iPodにあわせて選択する事が可能です。なお、お値段は通常価格が£30.00のところ、£29.99で販売されている様です。って、ほとんど変わらないですね。
ちなみに、正面の文字盤には、ほとんど意味はありません。実際の時刻の表示は、装着したiPod側のディスプレイに表示されます。
参照:Cygnett Groovetoons iPod Alarm Clock (Black)

32GBSDHC&8GBmicroSD

東芝から、大容量のSD系メモリカードが発表されています。ひとつはSDHCカードのClass4対応品で、32/16GBのカードが発表されています。それぞれ、2008/01,2007/10より販売が開始される予定で、価格はオープンプライスとなっています。Class4対応品ですから、4MB/Secの転送速度が保証されており、上限は6MB/Secとなっています。もう一つは、microSDHCカードの8GBモデルで、転送速度等は前出のSDHCカードと同様です。こちらの販売時期は2008/01となっており、価格がオープンプライスである事もSDHCカードと同様です。
デジタル一眼レフカメラだけではなく、デジタルカメラ一般でも大容量の製品が要求され、ムービーカム等にもSD系メディアの採用が進んでいるため、コンパクトフラッシュをしのぐメディアとして期待されてはいるのです。ただ、気になるのが販売価格。オープンプライスと言うのは聞こえがいいのですが、実際にいくらになるのかは、店頭でないと確認できない事になります。また、生産数が32GBで5000個/月と言うのは少ない様な気がするのですが。SDHC16GB,microSDHC8GBがそれぞれ5万個/3万個が月に生産されるのを考えると、そう言う気がしてしまいます。
参照:大容量32GB SDHCメモリカードなどの発売

水曜日, 8月 22, 2007

握手しようぜ!

シェイクハンドスタイルのドアノブなんですが、まだデザインコンセプトの段階です。おそらくは、手を握り合うスタイルをとる事で握り易く、また握手と言う友好の象徴である行為を示す事をコンセプトにしてるんじゃないかなぁと思う訳ですが、一つだけ気になる事が。これとほぼ同じものが、「ジョジョの奇妙な冒険」第二部でデザインされているんですね。実際にデザインされたのはかなり毒々しいもので、実はドアノブではなく、吸血鬼の手だったと言うオチでしたが。確か、鋼線のベックだったかな?かなり前の作品ではありますし、デザインした方が見ているはずもないと思うのですが、よく似たものが時間と距離を隔ててでて来るものだと、感心してしまいました。
参照:"Hand-le"

7"ワイド液晶搭載年賀状&写真印刷機

カシオから発表されていたのが、PCP-1000という年賀状兼写真印刷用のマシンです。従来は小さな画面しかなかったので、プレビューも思うに任せなかったんですが、今回は7”ワイド液晶を搭載する事で見易さと操作性の向上が図られています。写真プリンタとしては、メモリスロット4カ所で計9系統のメディアに対応しています。最大印刷サイズは2L版までで、もちろん、はがき印刷も可能です。アウトラインフォントの利用や、メモリカードの画像を利用したはがき印刷も可能で、一部の用途に特化した日本語ワープロとしては十二分に使い物になります。デジカメの画像印刷に関しても、これ1台でたいていの用途には合います。
カシオ製とは言っても、この種の一連の製品のプリントエンジンにはヒューレットパッカード社の製品が採用されており、この商品も同様にインクカートリッジが互換性を持っている旨の記載がありました。9月より発売を開始して、市場予想価格は59000円(税無し)です。
参照:7型ワイド画面を搭載したデジタル写真プリンター

iPod Shuffle(2G)専用リストバンド

iPod Shuffle(2G)を腕時計の様にして使うためのリストバンドです。ベルトのカラーはBlue ,Black,Green,Frost White,Pink,Purpleの6色になります。指定ない場合には、画像のBlueになるそうです。iPod Shuffle(2G)の形状等を考慮して設計されているため、非常にコンパクトで、軽量に出来上がっているそうです。バンド一つ当たりの価格は$9.99-なので、1000円ちょっとと言う計算になります。惜しむらくは、ヘッドフォンの取り付けが一般的な有線式である事で、これでは自由度が低くなってしまいます。手首から耳まで線を延ばす事を考えると、胸ポケットに入れた方がいいんじゃないかと思えるんですが、どうなんでしょう?
参照:iPod Shuffle 2 Watch Style (Wristband) Case

SATAでも、IDEでも内蔵できるHDDケース

novac社から、3.5"HDDケースが発表されています。これは、内蔵HDとして、SATA/IDEいずれのインターフェースのHDでも選択可能なケースで、外部とのインターフェースはUSB2.0になります。ちょっと厚めのケースですが、これは8cmの大型静穏ファンを内蔵しているためで、側面のメッシュ部が吸排気口になります。ここはスピーカーじゃないので、念のため。当然ですが、HDは別売ですから、大容量の製品を新規購入するか、手元の余ったモノを放り込んだ方がコストパフォーマンスがいいんじゃないかと思います。サポートされるOSはWindows2000/XP/Vistaに加えて、MacOS9.2.2,OSX10.2.8,10.3.9,10.4.xとなっており、Macユーザも安心して使う事が出来る様になっています。
オンラインショップ価格は¥4980-ですから、中容量のHDを新規に購入する事を考えると、ちょっと躊躇してしまいますね。
参照:3.5"HDDはい〜るKIT IDE-SATA USB

火曜日, 8月 21, 2007

最大容量&最速の2.5"径HDD、東芝から

2.5"径としては、最大容量の320GBを実現した、SATAII接続のハードディスクが東芝から発表されている。これは、磁気ヘッドと記録密度の向上によって実現された容量で、従来製品とプラッター数が変わらないため、ドライブの高さも9.5mmと従来製品と同様に出来た。ドライブの高さが変わらないため、従来製品のほとんどをリプレースする事が出来ます。リリース時期は11月のため、今冬モデルか、来春モデル以降のハイエンドとして搭載されて来るでしょう。回転数は5400rpm、キャッシュメモリは8MBになっています。
また、同時に発表されたのが最大容量200GBのモデルシリーズですが、こちらは回転数が7200rpm、キャッシュメモリが16MBとなっています。従来の200GBクラスの製品は5400rpmであったため、この容量では最速モデルと言う事になります。
いずれも、従来製品をそのままリプレースできるため、来年発売されるモデルに搭載される事が予想されます。ただし、インターフェースに付いては3GbpsのSATAのみとなっており、従来のU-ATA系は用意されません。したがって、U-ATA系を搭載したノートPCをお使いの方は、指をくわえているしかないって事です。
参照:320GBを実現した2.5型磁気ディスク装置

磁石付きリストバンド

仕事柄、こういうのはかなり欲しいと思ってしまうのですが、簡単に書けば、小型の金属トレーに強力な磁石をくっつけて、それをリストバンドに取り付けたものです。小さなネジの類いから、うまくすれば小型のドライバ等も磁石にくっつけておける訳でして、ちょっとした工作や作業の際にいろいろと便利に使える訳です。ネジをチラバ競る事もないし、ドライバもまとめておけるのなら作業効率も上がります。実際、ほとんどのPC用のネジは鉄あるいは鉄をベースにした合金でして、磁石にくっつくんですな。弱い磁力であれば、ハードディスク等にも影響はありませんから。お値段は$18.00-ですから、かなりお安い金額だと思います。
ただし、磁石が付いているからと言っても、手のこりや血行が良くなる等の効果があるかは解りません。
参照:MAGWEAR MAGNETIC WRISTBAND

月曜日, 8月 20, 2007

腕時計型のマルチメディアツール

USBBrandoで販売開始したMP4ウォッチIIは、非常に多機能なマルチメディアツールだと言えます。単純に機能だけで言えば、MP4ムービー再生、MP3/WMAオーディオ再生、FMラジオ、ボイスレコーダ、静止画表示、e-Bookリーダ等々を腕時計型のデバイスにぶち込んだ訳ですから。もちろんUSBフラッシュメモリとしての機能もあり、製品には2GBモデルと4GBモデルがあります。お値段も、2GBモデルで$92.00-、4GBモデルで$118.00-ですから、それほど高額と言う訳でもなさそうです。LCD画面は1.8"で、解像度は160x128と、一般的な解像度比にはなっていません。また、解像度から解る通り、日本語等の表示には少々難がありそうです。一応サポートしているのはWindows98/98SE/ME/XPとなっており、これは各フォーマットのファイルを独自形式であるAMVに変換するために必要な環境と思われます。価格から解る通り、これは中国製と考えられるため、実際に再生可能な動画はAMVと呼ばれる中国独自の形式になるはずです。従って、変換アプリケーションのないMac上での利用は、ストレージとしての役割くらいと言う事になります。デザイン的には割りとましなデザインになっており、ちょっと未来を垣間見せてくれそうな感があります。残念ながら、オーディオに関しては有線のヘッドフォンを装着する形式のため、取り扱いには苦労しそうですが。
参照:MP4 Watch II (1.8 inches LCD + Speaker)

カッチョイイ腕時計

この秋にFOSSILから発売されるらしい、Phillipe Starck氏のデザインによる腕時計です。普通の時計に見えるかもしれませんが、実際には文字板の3辺が固定されておらず、一辺のみで枠に固定される形になっているので、隙間から肌が見える形になります。時間は時分針と秒針による3針式で表示されますが、それぞれが非常に細いのと、文字盤には実際に文字が記されていないため、時間を正確に表示しているのかどうかが分からないと言う時計になっています。一応、角形の男性用と、丸形の女性用の2種類のデザインがある様です。デザイン的にはいいんですが、やはり価格が気になるところです。
針の細さは、デザインとしてみた場合にはかなり鋭いイメージを醸し出すのですが、いかんせん、文字盤に数字がはいっていないので、今何時何分頃と言うくらいの大まかな時間しか知る事が出来ません。ま、この時計を付けて行く先で、そんな細かい事を気にしてもしょうがないと言えばそうなんですけれども。
参照:phillipe starckユs latest fossil watches

ルアーフィッシングには使えません?!

マウスの基本的な機能はほぼ決まっているので、後はどのようなデザインにするかと言うだけなのですが、デザインを重視するとこのような形状にもなります。見ての通り、フィッシング用のルアーによく似た形状ですが、立派にマウスとして利用できます。3ボタン+スクロールホイールと言う基本的なものですが、左右幅に対して高さのある独特の形状になっています。デザインはfiretiger fishing lure. Approx. 5と言うものを参照したそうで、ルアーフィッシングをやる方にはなじみ深いのかもしれません。接続はUSBのため、ほとんどのマシン環境で利用が可能になっています。PS/2用の変換アダプタも付属しているので、古い機種でも一部は利用可能でしょう。ちなみに、オンラインの価格は$24.99-で、割りとお安いと思います。
以前にも砲弾型のマウスがありましたが、デザインだけを重視したマウスがでて来るのかもしれませんね。
参照:Fishing Lure Optical Computer Mouse

かえる君のカンクラッシャー

都内でも資源ゴミは分別して出さなければいけない訳で、缶ジュース等の空き缶もつぶしておかないと場所ばかり食ってしまいます。そこでカンクラッシャーなる商品がでている訳ですが、従来のものはデザインは後回し、実用一点張りの商品ばかりでした。それも悪くはないんですが、いかんせん、面白みも何もないので、子供にはやらせられないと言う状況だった訳です。カタロガーから販売されている、このかえる君(ストレートすぎるネーミングだ)は、デザインがユニークなだけではなく、上から押さえつける力も90Kgまでは大丈夫と、意外な程に強力。何よりも、前脚が前後方向、後脚が左右方向に開く動きがユニークです。エコな貴方には、このかえる君で空き缶をクラッシュしていただきたい。
参照:缶クラッシャー かえる君