web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 7月 05, 2014

【サンコー】ドキッ!夏だ、海だ、水中撮影だ?!

サンコーレアモノショップで、水中撮影ができるゴーグル型のフルHDカムコーダが販売されています。従来からも類似の商品はあったのですが、海外製品と言う事もあってか、手軽に使うと言うにはあまりにも大きく、分厚く、重く、そして大雑把すぎた。この商品では小型化したカメラを右の弦に移動させ、全体の形状の見直しによって軽くする事で、水中での操作性を向上させています。カメラ撮影してますって程の大きさでもなく、レンズがわかりやすいけれども目立たないのが特徴です。水中撮影にはもってこいですw。録画等の動作状況はバイブレーションと、LEDの点灯を弦の内側から防水のための半透明シリコン樹脂を通して知らせるため、装着者にわかりやすくなっています。防水は3mで、本体そのものはIP68相当の防水防塵特性をクリアしています。動画撮影は720p/1080pに対応し、静止画は2048x1536。記録媒体は32GBまでのmicroSD/SDHCメモリカード。この先の季節、マリンスポーツや川遊び等の機会も増えるでしょうが、そう言う時に有効な商品です。ああ、そこ!妙な事に悪用しない様に。装着してのプール入場は避けた方がいいと思います。オンラインでの販売価格は21800円(税込)です。

参照:スイミングゴーグルフルHDカメラ

【上海問屋】汎用で使えるところが魅力です

上海問屋で、スマフォで汎用的に使える12倍望遠レンズの三脚付きモデルが販売されています。望遠レンズになると流石にその部分だけでも大きくなるので、一般的にはケースに固定する事で安定を図っています。これに対して、上下から挟み込むアダプタとアームの組み合わせで、汎用的に使える様にしたレンズアダプタを販売していた訳です。今回、それと三脚を組み合わせる事で、さらに安定した撮影を行える様にしたのが本製品になります。挟み込むアダプタのサイズの関係で全機種対応とはいきませんが、現行の売れ筋商品の多くに取り付けができるでしょう。安定させた状態の高倍率レンズで何を撮影するかは個人の嗜好によるでしょうが、間違っても悪用はしないでいただきたいと思う次第。オンラインでの販売価格は1999円(税込)で、割りと安価ですね。
参照:スマホ汎用 12倍望遠レンズ(三脚付)

【Deal eXtreme】固定用スロットが2基あるキーボード?!



Deal eXtremeでiPad Air用のディスプレイカバー兼用キーボードが販売されています。スマートカバー互換で、マグネットによる容易に脱着が可能な製品です。持ち運び時にはディスプレイカバーとして機能させ、移動先ですぐにキーボード付きにする事ができます。パームレストがほとんどない形状ですが、なぜかiPad Airを装着するスロットが2基用意されています。多分、角度が違っていて、好みの角度に固定して使うのだとは思うのですが、あまり意味がある様には?!スロットに2基固定できると言う見方もできますが、それに何の意味があるのかさっぱりw。キーボードはBluetooth3.0接続の64キーで、キートップ間にスペースのあるアイソレーションスタイル。本体色は赤みの強い金と言うか、銅と言うか、そう言う感じの色です。オンラインでの販売価格は2950円です。安いんですが、ちょっと疑問がある製品ですね。
参照:Ultra-Thin Aluminum Alloy Wireless Bluetooth V3.0 64-Key Keyboard for IPAD AIR - Golden

【ThinkGeek】ホラーな夏の演出のために?!

昔は夏になるとホラー映画特集や、怪談話が特集されたりしたものですが、すっかりとそう言う番組が無くなりました。ThinkGeekで販売されているのは、ホラー映画を見る場合には最適なボトルスタンドで、地面から生えたゾンビの腕がモチーフになっています。ホラー映画を見るには最適なスタンドと言えましょう。映画でスプラッターなシーンが表示される度に、このスタンドで支えられた赤ワインの色が思い起こされて…さらにおいしく感じるではないですか!ああ、もちろん、ワインは含まれていませんので、お好みでどうぞ。できれば、血を思わせる様な若干濃いめの色がいいかも知れません。本体はポリストーン樹脂なので、あまり熱を伝えにくいものですから、簡単に暖かくなる事はないはずです。オンラインでの販売価格は$29.99。バーなんかに置いておくのもいいと思うですわよ。
参照:Zombie Hand Wine Bottle Stand

【HAMMACHER SCHLEMMER】いつでも栓を抜ける紳士になりた…くはないか?

HAMMACHER SCHLEMMER社で、割りと良いデザインのカフスが販売されています。とは言っても、当然普通のカフスではなく、これ、実は栓抜きになっているのです。紳士たる者、いつ如何なる場所でもビールの栓を抜く等と言う要望には応じなければなりません。たとえ、それが見知らぬ人からの要求であっても、一日24時間、週7日、一年365日のどの時点でも、たとえ、それが自宅のキッチンでなくても、紳士である以上はそう言う要望に応えなければならないのです。それが紳士たる者の役割なのですっ!その点、このカフスならば、いつ如何なる場合でもそう言う要望に応じられます。服を着ている限りは。紳士とは言ってもちょっと変態紳士も知れませんが。そう言う紳士になりたいと思う男性諸氏は、オンラインの販売価格$49.95で販売されていますので、今すぐお買い求めを。
参照:The French Cuff Bottle Openers

【ヤマハ】三輪バイクの国内販売決定

ヤマハ社から三輪バイクのトリシティの国内販売がアナウンスされています。いままで、コンセプトモデルとして紹介される事が多ク、欧州等では販売もされていた様ですが、ようやく国内での販売体勢が整った様です。トリシティはそのものは前二輪、後一輪の三輪バイクで、排気量125ccの水冷エンジンを搭載します。サイズから比べると、ちょっとエンジン排気量が低い様な気もしますが、今のところはやむを得ないと。重心近くに燃料タンクを配置して、車体重量配分は50:50と言うバランスのとれた車両になります。前輪は旋回時に連動して動作しますので、三輪車とは言ってもそれ程違和感を感じないで済みます。発売日は9月10日で、オンラインでの販売価格は33万円(税抜)です。

参照:LMW(リーニングマルチホイール)「トリシティ」のスペシャルサイト

【アスク】充電もワイヤレスなBluetoothスピーカー

アスク社から、Bluetooth接続のワイヤレススピーカー「LUXA2 Groovy W」が発表されています。スピーカー部はNFCに対応したBluetooth接続で、かざすだけペアリングが可能です。最大出力は7Wで、イコライジング等の調節は専用のAndroid/iOS用アプリで行います。2200mAhのバッテリを内蔵し、USBで充電する事ができますから、スピーカー部単体で使用する事ができます。と、ここまでならば普通のスピーカーですが、よく見ると2体に分離可能?下側のユニットは4000mAhのバッテリを内蔵した、Qi方式のワイヤレス充電パッドです。この上に載せたQi方式のワイヤレスチャージング対応デバイスであれば充電を行う事が可能で、もちろん、スピーカーユニットもQi対応です。バッテリ内蔵のスピーカーは当たり前にありましたが、ワイヤレスチャージ可能な製品と言うのは珍しいです。7月下旬からの販売が予定されています。

参照:LUXA2 Groovy W

【上海問屋】USB DAC機能付きヘッドフォンアンプ

上海問屋で、USB DAC機能付きのヘッドフォンアンプ「Topping D3」が販売されています。サイズから比べると入出力が豊富なのが特徴で、アナログライン入力が1系統、デジタルが光/同軸/RCA各1系統とUSBで、合計5系統をもちます。出力はアナログライン出力と前面のヘッドフォンジャックが各1系統と小型アンプとは思えない豊富さ。サンプリングレートもUSBで96KHzサンプリング/24bit、デジタル系で192KHzサンプリング/24bitに対応しているので、ハイレゾ対応と言う事になります。USBとその他のデジタルデータの入力に関しては、別々のDACが使用されているため、両者での対応が変わる訳で、手軽に使うにはUSB、もうちょっと高音質にしたければデジタルでつなげよってことです。実用的には、接続するヘッドフォンの能力次第でしょう。電源はACアダプタ形式で、USBケーブルとヘッドフォンジャックのミニジャックへの変換アダプタが付属します。オンラインでの販売価格は19999円(税込)です。USB DAC内蔵アンプのステップアップ用として如何かと。
参照:USB DAC機能付き ヘッドホンアンプ Topping D3

金曜日, 7月 04, 2014

【ストラップヤ】Lightningケーブルとの組み合わせでドックになります

ストラップヤから、純正のLightningケーブルに対応した「キーロLightningケーブルウエイト」が販売されています。単独ではスタンドでもなく、ドックでもなく、単なるウェイトと言うのがミソです。構造はすこぶる単純で。元になっているのはアルミ合金のブロック。背面から真ん中に向けて深く溝を掘り、底面には浅く左右方向の溝がきられています。Lightningケーブルは背面から中央にセットし、底面で左右に振り分けます。実に単純な事なのですが、このケーブルとの組み合わせで、このアルミ合金の塊がドックとして使える様になる訳です。ある程度の重量があるので、しっかりと置いておく事ができます。ただし、iPhoneを取り付けた場合はかなり重心が上に行くので、倒れやすくなっていますからご注意を。オンラインでの販売価格は2500円(税抜き)です。
参照:キーロLightningケーブルウエイト

【ThinkGeek】行こう、間もなくここも腐海にのま…れる?!



普通、鉛筆と言うと筆記具であって、線を引き、字を書き、アイデアを書きなぐる事に使います。っていうか、それにしか使いません。ThinkGeekで販売している「Sprout Growing Pencils」は、その中に花やハーブの種を隠し持っており、土に埋めればそのまま植物が生えて来ると言う商品です。もちろん、湿度が比較的高いところに放置しても、芽が出てきますけどw。ああ、鉛筆の芽は出ないっすよ。鉛筆から芽が出るだけですから。まさに「風の谷のナウシカ」を思い起こさせる様な商品で、腐海の様になったプログラマーの机の上も浄化されるのではないかと。もっとも、植物を扱うために、アメリカ国外への輸出はできないそうですけど。花セットとハーブセットが選択でき、オンラインでの販売価格は$24.99です。
参照:Sprout Growing Pencils

【duffy London】円卓の騎士を招集…?!



かつて、アーサー王は円卓の騎士を組織したと言いますが、現代の円卓の騎士はいるのでしょうか?少なくとも、円卓は販売されている様です。duffy Londonで販売されている円卓は、テーブルそのものは周囲4カ所の柱で固定されていますが、椅子はブランコ式に上からつり下げられています。まぁ、重量制限がありそうですし、あまり座り心地もいいとは言えないかも知れません。実際に騎士が集う円卓はこういうモノではないんでしょうが、なんだか映画の1シーンを見ている様な気にさせます。8人がけと12人がけの2種類のサイズが用意され、カスタマイズもある程度できる様です。ちょっと面白いんですが、自宅には置けないっすね。
参照:THE KING ARTHUR, ROUND SWING TABLE

【PARCO】外人さんの日本土産に?!

PARCOのオンラインショップで、変わった柄のスーツケースカバーの予約が始めっています。一目見ればすぐにわかりますが、これは寿司を模したケースカバーになります。販売が予定されているのは、画像のサーモンの他にマグロ、エビ、卵焼きの計4種類。70リッタークラスのスーツケースに対応します。まぁ、あまり似ていないと言うのはやむを得ない事として、基本的なケースカバーとしての役割は果たしてくれそうです。とは言え、あくまでもケースカバーなので、完全防水とまではいきませんが。本体材質はポリエステルなので、汚れやちょっとした水には強くなります。いや、こういうカバーをしたスーツケースが、カーゴスペースに積み重なっていたり、荷物待ちのスペースでくるくる回っているのを想像すると、ちょっとおかしな感じがしますけど。それはそれで、真に日本らしい光景かも知れません。7月8日からの発送が予定されており、オンラインでの販売価格は3024円(税抜き)です。夏コミで外国の友人が来日すると言う方、こういうのをお土産に持たせては如何で?
参照:回転寿司カバー「サーモン」[トランク・スーツケースカバー]

【ロジテック】急速充電対応のUSBバスパワー電源

ロジテック社からすべてのスマートフォン/タブレット端末に対応したという2.4A出力が可能なUSBバスパワー電源「LA-W5U」シリーズが発表されています。シリーズはUSBポートの数の違いで分けられ、1/2/4ポート搭載の製品がリリースされます。ポートごとに5V/2.4A出力が可能ですから、iPad Airの様な大型タブレット端末にも電力供給が可能になります。2/4ポートの製品なら、複数のタブレット端末に同時給電が可能です。コンセントの電極は折り畳み式で、鞄等に入れてもかさばったり、何かに引っかかったりする様な事はありません。ちょっと大きいのは事実ですが、アップルの製品の様なシンプルさがあります。タブレット端末単体に充電するだけなら1ポートでも十分ですが、急速充電に対応したバッテリや、複数のデバイスに同時に給電する必要がある場合には2/4ポートの方がお薦めです。一般的なテーブルタップに取り付けても、それ程でっぱったりしなさそうなのもうれしいところです。オンラインストアでの販売価格は1370円/1833円/2759円(各税抜き)と安価なのもいいですね。
参照:2.4A出力のUSB ACアダプタ「LA-W5U」シリーズ

木曜日, 7月 03, 2014

【サンワサプライ】今年こそ電力を計ろう?!



サンワサプライ社から接続した機器の電力等を計測するワットチェッカーの新製品「TAP-TST11」が発表されています。従来製品との違いは計測項目に消費電力とは関係ない温度/湿度が追加された事とディスプレイ部分が分離可能になった事、さらにそのデータをパソコンで管理できる様になった点です。接続はUSBで、専用ソフトでデータの管理を行う形式です。ディスプレイ部分はコンセント部分と最大1.5m離す事ができ、コンセントの直上の机等の台に置く事ができます。可視化と言う点では優れた方式です。ただし、コンセントはひつとのみ。複数の機器の電力計測はテーブルタップを使えば可能ですが、全体での計測になります。オンラインストアでの販売価格は10080円(税込)です。今年の夏こそ電力計測をとお考えの方や、社員にそう言う意識を持ってもらいたい上司は、これを付けるといいかも知れません。でも、何故に温度と湿度?
参照:ワットモニターUSB PRO「TAP-TST11」
ご購入はこちらから iconお願いします。

【Deal eXtreme】iPad Air用ヒンジ付きキーボード(バックライト付き)



Deal eXtremeで、iPad Air用のキーボードが販売されています。あまり上等とは言えない金色の筐体で、ヒンジ付きのキーボードになります。iPad Airはディスプレイカバー側にセットして、ノートPCの様に使う事ができる製品です。キートップは7色のバックライトを切り替えて使用できるので、多少の暗い場所でも利用が可能。ただし、パームレストはほとんど余裕がないので、他の製品と比べると違和感があるかも知れません。本体素材はアルミ合金なので、強度そのものは十分にあります。キーボードそのものはBluetooth3.0接続のワイヤレスで、バッテリはUSBバスパワーで充電されます。充電時間は3時間で、連続8時間の使用が可能です。オンラインでの販売価格は5310円程。キー入力が多い方にはお薦めしておきます。
参照:M-6123 Ultrathin Aluminum Alloy Wireless Bluetooth V3.0 78-Key Keyboard for IPAD AIR - Golden

【サンコー】外部に給電可能な冷却ファン

サンコーレアモノショップでバッテリを内蔵したファンが販売されています。間もなく暑い夏になりますが、世界でもっとも過酷な戦場と呼ばれる有明でも、これがあればなんとか持つかも知れません。ちょっと、デザインはなんですが、実用上は何ら問題ありませんから。2200mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵し、USBバスパワーで充電できます。ファンとして動作させた場合には、最大8時間の連続使用が可能としています。このバッテリの電力でファンを回転させ、風を送るため、屋外であっても問題なく使用できるのが特徴です。また、排他使用にはなりますが、外部にバッテリ電力を供給する事が可能なので、緊急避難的にスマフォ等に充電する事が可能です。オンラインの販売価格は2980円(税込)です。夏の戦場に赴く前に、入手しておいた方が良さそうです。

参照:持って歩けるクーリングファン付モバイルバッテリー

【ストラップヤ】最強の魔法の天使?!がiPhoneケースに降臨

ストラップヤで、魔法の天使クリィミーマミとハローキティのiPhone5/5s専用コラボケースが予約販売されています。魔法の天使クリィミーマミと言えば今年は本放送終了から30周年な訳で、あちこちで関連商品が販売されていますが、これもその一つと言う事になります。まぁ、世代的にはどストライクな訳ですよ。まぁ、歳も食うはずですが。そこに、世界でもっとも親孝行な猫とも呼ばれるハローキティがコラボしたら、最強としか言えないと思うのです。絵柄は計5種類で、個人的にはタイプEと呼ばれるムーンが良い様な気がします。まぁ、ケースとしてはポリカーボネート製の強靭なモデルで、普通に使えるケースになります。入荷予定が8月中旬と言う事で、夏コミに間に合うかどうかと言うところです。オンラインでの販売価格は2000円(税別)で、価格的にはだいぶ安価だと思います。
参照:クリィミーマミ×ハローキティシェルジャケット

水曜日, 7月 02, 2014

【Armed Forces Update】X49の事を忘れないでくださいね

YoutubeのArmedForcesUpdate公式チャンネルで、 X49の飛行の様子がアップされています。高速ヘリと言えば、現在開発が進んでいるシコルスキー社のX2ユーロコプター社のX3が双璧ですが、実は米陸軍とバイアセッキ社が共同開発している機体もあります。形式名をX49といい、日本でもお馴染みのSH-60シーホークをベースにした機体です。機体上部の4翔の大型ローターに固定翼を持ち、何よりも尾部のテールローター代わりの大型ダクテッドファンが眼を引きます。一般的なヘリはテールロータで機体の回転を打ち消す訳ですが、これをダクテッドファンとその後部の制御翼で代用し、大型のダクテッドファンは推進用にも用いられています。ファンの配置はX2に近く、機構的にはX3に近い感じでしょうか?これで、メインロータが左右固定翼の先にダクテッドファンとして装備されればマットジャイロと言える訳ですが。ただ、最高速度を単純に比較すると、先行する2社に比べて大幅に低いのは事実です。X2の水平飛行時460km/hや、X3の公式記録430km/hに比べて大幅に低く、現在の目標が360km/h。現時点でかろうじてオリジナルのシーホークの速度並みは出せる様です。それにしても、開発当初の飛行の様子を見ると限りなく危なっかしい感じがしますねぇ。多分テールのダクトは、飛行訓練途中でだいぶぶつけたんじゃないでしょうか?

参照:SUPER FAST Piasecki X 49A Helicopter for US Military

【アイオーデータ】2.4GHz/5GHz両対応の無線LANルータ

ポケットタイプで11ac対応の無線LANルータは以前にもありましたが、2.4GHz/5GHz同時使用可能なルータは、少なくともコンシューマ向けとしては初めてでしょう。アイオーデータ社から販売されるWN-AC583TRKは、5GHz/433Mbpsの11acと2.4GHz/150Mbpsの11nを同時に使用できる製品です。従来はどちらか一方しか使えない切り替え式の製品だけだったため、例えば、ノートPCやスマフォとゲーム機を同時に使うには通信速度が遅めの2.4GHz帯を使用するしかありませんでした。この製品を使えば、ノートPCやスマフォは高速通信が可能な5GHz帯を、ゲーム機は2.4GHz帯と言う風に使い分けが可能です。また、有線LANポートも100BASE-TX対応のLAN/WAN各1ポートずつが用意されているので、より確実な接続も可能になります。クライアントの対応はWindows XP/Vista/7/8/8.1,Windows RT,MacOSX 10.5〜10.9、iOA,Android等となっており、その他のゲーム機に関しては情報が公開されていますので、それを参照してください。オンラインでの販売価格は5900円(税別)です。なお、電源はUSBバスパワーで、バッテリは内蔵していませんし、AC電源アダプタもありませんので、必要ならば別途入手する必要があります。
参照:11ac 5GHz+2.4GHz同時接続可能 無線LANホテル用ルーター「WN-AC583TRK」

【BladeHQ】ちょっとメカニカルなナイフ

BladeHQでGrant & Gavin Hawk社のBeetle Flipper Knifeのカーボンファイバーグリップ仕様が販売されています。ブレード素材がCTS-XHP、フレームがチタン、グリップがカーボンファイバーと言う恐ろしい仕様の製品です。折り畳む際には、ブレードは完全にグリップ内部に収納される訳ではなく、不足分をブレードカバーで覆う形式をとっています。伸張時にカバーはグリップの一部となって、人差し指あたりが握りやすくなっています。このメカニズムを考えたのは、かなり優秀なエンジニアだったんでしょう。ただ、素材等は金かかってますから、オンラインでの販売価格は$320とかなりお高め。

参照:G&G Hawk Beetle Flipper Knife Carbon Fiber

【IndieGoGo】熱発電式のBluetoothスピーカー…だと?!

IndieGoGoで資金調達に当たっているのが、BluetoothスピーカーのPeltyです。外装には美しいイタリアンガラスとセラミックを使用してモノラルのスピーカーを上面に向けて配置しています。接続はBluetoothで、ここまでは普通のワイヤレススピーカー。問題は動力源。普通はバッテリを使用するのですが、これの動力源はろうそくです。はっ?と驚かれるのも無理はありませんが、これ、実は中央にあるろうそくから出る熱を、その上部にある熱電対で電力に変換して駆動すると言う、スピーカーと言うよりはインテリアと言う感じの製品なのです。火を灯しても、周囲のイタリアンガラスで防ぐため、火事の可能性は低いです。確かに外部電力に頼らない分だけエコと呼べるのかも知れませんが、毎回時間制限のあるろうそくを灯すのはコスト的にどうかと思ってしまいます。彼女といいムードになりたいとき、お店等の雰囲気を良くするため等、ここぞと言うところで使いたいものですが、常時使用には向きそうにありません。IndieGoGoでも、$100,000目標のところ、まだまだそこにいくには遠そうな感じです。発想自体は面白いですし、如何にもイタリアンな感じがしますけどね。

参照:Pelty - The Bluetooth Speaker Powered BY FIRE

【ストラップヤ】アナと雪の女王モチーフのマグネット固定式ケース

ストラップヤで「アナと雪の女王」モチーフのiPhone5/5s用ケースの予約が始まっています。縦横自在に置く事ができるモデルで、横に置いた時にはスタンドの様に置く事ができます。ふたはマグネット式で、ぴったりと固定できる代わりに、各種のカードを入れておく事ができません。この辺りは、実用上は今一つかなと感じますが、機能とのトレードオフと言う事でしょう。ケース本体は比較的厚めのPU/PC素材が使用されているため、事実上はクレードルとの併用はできません。オンラインでの予約価格は2800円(税別)なので、だいぶお安い価格かと思います。
9月入荷予定と言う事で、だいぶ先になりそうですが、それを念頭に置いてご予約ください。個人的には、どちらかと言えばエルザ女王推しです。使用される画像は最終決定ではない様ですが、アナの方がイメージ的に映画に近い気がします。
参照:ディズニーフリップケース マグネットタイプ(アナと雪の女王)

【エレコム】持ち味に対応したミニマウスとは?

エレコム社から、接続形態の違うミニサイズのマウスが発表されています。ミニサイズのマウスの場合、掌が大きければ指先でつまむ様にして持ちますし、小さければ全体を握る様にして持つ形式になってしまいますが、それぞれに適した形状を採用しています。頂点部は割りと高めで、そこから急角度で落ちている様な感じです。全体は湾曲していまして、側面には直線的なサイドボタンが配されています。掌が小さな方向けと言う感じでしょうか。接続形態は有線/無線/Bluetoothの3種類の製品が用意されています。センサには分解能1600cpiの光学センサが採用され、ボタン数は5個。無線/Bluetooth接続のシリーズは有効到達距離は10m、単4乾電池またはニッケル水素バッテリ2本で動作します。 対応システムはWindows XP/Vista/7/8/8.1,Windows RT8.1,MacOSX 10.6〜10.9となっています。それぞれに天板カラーがブラック/レッド/シルバーの3種類が用意され、オンラインでの販売価格は3170円/4770円/4950円(税別)となっています。
参照:「握り心地」を極めた“EX-Gマウス”にミニサイズ登場

【ラトック】欲張った設計の無線LANルータ



ラトックシステム社から、外部バッテリにもなるカードリーダ付き無線LANルータ「REX-WIFIMSD1-26/52」が発表されています。無線LANルータにmicroSDメモリカードリーダ/ライタがついて、内蔵したバッテリで駆動できるだけではなく、外部に給電まで可能と言う、実に欲張った設計になっています。無線LANルータとしては2.4GHz帯を用いる150Mbps対応の製品で、同時に5台までの接続が可能。専用ソフトで、最大128GBまでのmicroSD/SDHC/SDXCメモリカードまたはUSBポートに接続した2TBまでのストレージにアクセスが可能です。内蔵バッテリは2600mAh/5200mAhの2製品が用意されます。クライアントとしてはWindows XP/Vista/7/8/8.1,MacOSX 10.6以降、iOS4.0以降、Android2.3以降、KindleFire,PSP/PSP Go/PS Vita,3DS LL/3DS DSi LL/DSi等となっています。7月末頃の販売が予定されており、オンラインストアでの販売価格はそれぞれ5980円/7980円(税込)です。移動先での拠点として使うのに適していそうです。
参照:バッテリー搭載ポケットルーター(WiFiカードリーダー付) 「REX-WIFIMSD1-52」
参照:バッテリー搭載ポケットルーター(WiFiカードリーダー付) 「REX-WIFIMSD1-26」

火曜日, 7月 01, 2014

【アップル】iPadのSIMフリー版がアップルストアに並んでます

最近、アップルはこっそりと商品追加しているケースがあるのが困ったちゃんなんですが、今回もこっそりとiPadの商品を追加しています。iPad Air/iPad mini Retinaの各モデルに、SIMフリー版が追加されています。従来はWi-Fiモデルのみで、セルラーモデルはオンラインでの扱いはありませんでした。今回のSIMフリー版の提供は、昨秋のiPhone5sに続く提供になります。ただし、携帯電話回線を使用してデータ通信を行うためには、それぞれの携帯電話会社との契約とnano-SIMが別途必要になります。フラッシュメモリの容量は16GB/32GB/64GB/128GBで、これはiPad Air/iPad mini retinaのいずれも同じです。オンラインでの販売価格はiPad Airモデルで61800円/71800円/81800円/91800円、iPad mini Retinaモデルで51800円/61800円/71800円/81800円(各税別)です。これに、回線の契約料がかかる訳ですから、費用的にはそこそこいきます。あとはMVMO業者がどこまでサポートしてくれるかが見物です。そうすれば、従来よりも安価に使える様になるでしょうから。これで、大手3社と契約したら、明らかに最初からそれら3社で契約した方が面倒がありません。
参照:iPad mini Retinaディスプレイモデルを選択
参照:iPad Airを選択

【Fleshlight】日本にはTeng○があります【18禁】

あまりにもナニですし、実用的とは言い難いのかも知れませんが、何かとんでもないiPad用ケースが海の向こうで販売されています。ILF社が販売するFleshlight LaunchPADは、なんといいますか、”成人男性向け”のケースです。すっごく簡単に言えば、日本で言うTeng○を装着できる様にしたケースといましょうか。周囲にはシリコンラバーで滑りにくくなったグリップが配され、裏側に同社製のFleshlightを装着します。あとはまぁ、ご自由に動画や各種静止画を表示させて、ご自慢の大怒張を突っ込んでください。Fleshlightはベルクロで固定するため、脱着そのものは容易になっています。ただ、ケースそのものが防水になっている訳でもなく、ナニしている間は画面がよく見えない等の問題点を抱えている様な気もしますが。iPad2からiPad4までの対応となり、オンラインでの販売価格は単独で$24.95、Fleshlightとのセット商品も用意されています。
いやはや、確かに新ジャンルの商品を引っ張るのは、常にエロだった訳ですよ。ビデオしかり、パソコンしかり。ただ、ここまであからさまなものはなかったですし、タブレット端末は既に成熟商品になりつつあるとは思うのですが。つか、これってタブレット端末用である意味は?
参照先は18禁ですからね、良い子はリンクを踏まない様にねっ!
参照:Fleshlight LaunchPAD

【上海問屋】コンパクトで300Mbps対応の無線LANルータ

上海問屋から掌サイズで300Mbpsに対応した無線LANルータが販売されています。とは言っても、2.4GHz帯を使用するIEEE802.11b/g/n対応製品なので、仕様通りにはいかない可能性もありますが。残念ながら5GHz帯を使用するIEEE802.11a/n/acは未対応です。有線LANポートは10BASE-T/100BASE-TX対応で、WAN/LAN各1ポートが用意されます。電源はUSBバスパワー形式で与えられ、使用時には付属のケーブルでノートPCのUSBポートに接続するか、別売のUSBバスパワー電源を使用します。本体にはバッテリ非搭載です。ああ、もちろん、技適証明/認証は受けていますので、国内で問題なく使用できます。無線LANルータとして、またはアクセスポイントとして、オンラインでの販売価格は2999円(税込)です。300Mbps対応の小型無線LANルータがなかった訳ではありませんが、この低価格はかなり魅力です。
参照:11n/g/b 300Mbps対応 コンパクト 無線LAN ルーター

【トランセンド】大容量外付けSSDの新シリーズ

トランセンド社から、USB3.0接続のポータブルSSD「ESD400」シリーズが発表されています。このシリーズはシーケンシャルリードで410MB/Sec、同ライトで380MB/Secの高速性と、最大容量1TBの大容量を兼ね備えたシリーズになります。外付けと言ってもSSDなので、HDDに比べると5倍の衝撃/振動に耐えられるとされています。もっとも、5mの高さから落として試したかどうかはわかりませんが。サイズは92mm(L)x62mm(W)x10.5mm(D)と比較的小型で、持ち運びもしやすくなっています。接続はUSB3.0ですが、2.0以前とも互換性を持ちます。電源はバスパワーのみ。シリーズの容量は128GB/256GB/512GB/1TBの4製品が用意され、販売は7月初旬から。店頭予想価格は、それぞれ12800円/21800円/39800円/69800円程とされています。販売価格は別にしても、1TBの外付けSSDが販売される時代になりましたか。
参照:最大容量1TBのポータブルSSD「ESD400」

【Kanex】Thunderbolt接続の汎用インターフェース



Kanex社から、Thunderbolt接続のインターフェースアダプタが販売されています。元々、ThunderboltはPCIExpressバスを外部に出すと言う側面もあり、PCIExpressバスに接続可能なインターフェースは比較的容易に利用が可能なはずです。Kanex社から販売されるのはUSB3.0+eSATAとUSB3.0+Gigabit Ethernetの2製品で、オンラインでの販売価格が$79.95と低価格なのも特徴です。ただし、デイジーチェーン接続用のポートは用意されていないので、終端にしか接続できませんが。有線LANはMacBook Pro/Airには装備されていませんし、iMac(Mid 2011)にはUSB3.0が装備されていませんから、機種によってはだいぶ有効な製品になります。多分、実際に販売されれば、秋葉原辺りにも入荷する事が予想されますので、それを待ってみては如何かと。
参照:Thunderbolt to Gigabit Ethernet + USB 3.0 Adapter
参照:Thunderbolt to eSATA + USB 3.0 Adapter

月曜日, 6月 30, 2014

【fu-bi】ちょっと変わったインナーケース

fu-bi社から8ビットゲームから飛び出した様なデザインのインナーケース「8-BIT SLEEVE ケース」シリーズが販売されています。今回のシリーズは封筒がモチーフですが、輪郭線が粗いドット状になっているのがデザイン上の特徴です。ちなみに、外装には撥水加工がされた高級クラフト紙、内側は柔らかなベルベット状の素材を使用して、傷がつかない様に配慮されています。ふたの固定はベルクロで、そうそう簡単に外れない様になっています。通常ならば、iPad Air/iPad mini用が用意されるのが常なんですが、今回はMacBook Air/11"及びMacBook Pro/Air 13"用も用意され計4シリーズとなっています。オンラインでの販売価格は、それぞれ3280円/2780円/3980円/4480円(各税込)となっています。
なお、iPad mini用のみ、現行商品の表面素材がPUレザーで、クラフト紙モデルは近日中に発売される予定です。
参照:8-BIT SLEEVE ケース for iPad
参照:8-BIT SLEEVE ケース for MacBook Air 11"
参照:8-BIT SLEEVE ケース for MBA and MBP Retina 13"
参照:8-BIT SLEEVE ケース for iPad mini
(fu-bi様、いつも情報提供ありがとうございます)

【BladeHQ】重いアックスヘッドをカバーするには?



BladeHQでGerber社の「Freescape Hatchet Outdoor Axe w/ Sheath」が販売されています。刃が小型の割りに全長440mmもあるアックスで、使う場所を選びそうです。最大の特徴はブレードのシースで、ナイロン製のシースが2種類付属します。一つは画像の様なブレード全体を覆い、後方のレバーで固定するタイプ。これには取っ手がついているので、ここを盛って移動したり、フックに引っ掛けておく事もできます。もう一つは簡易型のブレードだけを覆うタイプで、こちらの固定はゴムです。一般的にはKydex製のシースが使われていますが、アックスヘッド自体はかなりの重量がありますので、こちらの方が安全です。なお、両者の併用はできません。少なくとも、安全に持ち運びができると言うのは、アウトドア用の刃物の必須条件です。オンラインでの販売価格は$44.95です。
参照:Gerber Freescape Hatchet Outdoor Axe w/ Sheath

【Deal eXtreme】プレゼンテーションには最適なワイヤレスキーボード

Deal eXtremeで、ワイヤレスのキーボードが販売されています。過去に何度か紹介したことがある様な製品ですが、基本となる機能はキーボードと超小型のトラックパッドで、これに赤色レーザポインタの機能が付加されているので、どちらかと言えばプレゼンテーション用と言う事になりますか。2.4GHz帯を使用するレシーバは、この種の製品としては意外な程に大型ですが、このキーボード本体に内蔵する事ができます。キートップはマトリックス状に配置され、親指でプチプチと入力するタイプ。間違っても机の上に置いて使う製品じゃありません。それにしては、トラックパッドが右側にあるので、ちょっと入力しにくいと言う、困ったチャンなキーボードになります。キーボードとトラックパッドはLEDで内部からバックライティング可能で、暗い場所での操作にも支障を来しません。また、赤色レーザポインタは、場所を問わずにポイントを指し示す事ができるます。オンラインでの販売価格は2242円程。

参照:Rii RT-MWK01 Handheld Rechargeable 2.4G Mini Wireless Keyboard with TrackPad and Red Laser

日曜日, 6月 29, 2014

【ThinkGeek】バットモービルは呼べませんが



ThinkGeekでバットマンの腕時計が販売されています。もちろん、DCComic社の公式ライセンス商品です。文字盤全体が黒のところに、大きく黄金のコウモリが描かれ、目立つ事この上なしな腕時計です。元々、黒と金は相性の良い組み合わせですからね。時計部分の外装はステンレス製ですが、ベルトはシリコンラバー。ムーブメントは、信頼性のある日本製クォーツ式。龍頭が三つついていますが、二つはダミーの様で、押してもバットモービルを呼ぶ事はできません。オンラインでの販売価格は$29.99。お子様から、大きなお友達まで、プレゼントに適していると思います。
まぁ、金のコウモリとか、腕時計で乗り物を呼ぶとか、日本では別のモノがイメージされてしまう訳ですが。
参照:The Batman Golden Shield Watch

【ソニー】スマフォと持ち歩くならこのくらいの容量で

ソニーからスマフォ用のポータブルバッテリ「CP-V5」が発表されています。このバッテリは容量5000mAhのリチウムポリマーバッテリを内蔵しており、出力は1ポートのみ。5V/1.5Aまで可能なので、単機のスマフォ等と併用する使い方があっています。タブレット端末は、大型のものはちょっと厳しいっすかね。容量的にも、単機のスマフォ向けです。サイズは72mm(W)×12.2mm(D)×127mm(L)なので、iPhone5系と重ねると幅があり、XperiaZ2と重ねると長さがわずかに足りないと言う、どちらかと言えば後者用のサイズでしょう。本体は傷つきにくい表面加工にはなっていますが、他製品で採用されているアルミ合金製ではなさそうで、ブラックブルー/クリームグリーン/クリームピンク/ホワイト/ブラックの5色のカラーバリエーションが存在します。7月20日頃の販売が予定され、オンラインストアでの予約価格は3750円(税抜き)です。
参照:USBポータブル電源(5,000mAh)「CP-V5」
ご予約はこちら iconからお願いします。

【キングジム】デジタルで名刺を管理したい!

キングジム社からデジタル名刺ホルダー「メックル」が販売されます。名刺をスリットに入れて、画像として読み込み、画面上に簡単に表示できると言う形式の商品です。とは言え、あくまでも画像としての名刺ホルダーで、文字認識等はしていない様です。基本的に、デジタル画像を取り扱うローロデックスと言うところでしょうか。画像をお気に入りに入れたり、全体から検索する事もできますから、目的の名刺を検索するのに時間はそれ程かからないでしょ。画像の検索等は本体右側の大型ダイアルで行い、名刺をめくる感じが小気味よいです。何か、こう、手に馴染むと言うか、ダイアルをまわすタイミングについて来ると言うか。もちろん、PCと接続して、データのバックアップをとる事もできますし、編集等も可能になっています。オンラインでの販売価格は27000円(税抜)です。

参照:デジタル名刺ホルダー「メックル」

【フォーカルポイント】その鈍い金属光沢!チタン合金かっ!!

フォーカルポイント社から、ATOMIC FLOYD社のハイエンドモデル「ATOMIC FLOYD SuperDarts Titanium +Remote」の出荷が開始された事がアナウンスされています。このイヤフォンの特徴はハウジングにチタン合金が採用されている事で、軽量化と高強度の両立が図られています。鈍い金属光沢は、やはりイメージ的にかっこいいですね。ただし、プラグ部分は24金メッキで、ケーブルはOFC。ケーブル外装は防弾チョッキにも使われるケブラー繊維で覆われ、無駄に強度が高い仕様になっています。ドライバユニットは低音域と中高音域が別になったハイブリッド式で、再生可能周波数帯もイヤフォンとは思えな5Hz〜25KHz。イヤーカップはコンプライ1組、アイソレーション3組が付属しますので、外界のノイズを気にせずに音楽に集中する事ができます。リモコンはMac/iOS/Android端末共用で使用できます。オンラインでの販売価格は46000円(税抜)です。
参照:ATOMIC FLOYD SuperDarts Titanium +Remote