web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 12月 08, 2012

全てを統べる一つのリングのレプリカ?

ThiunkGeekで、「指輪」を販売しています。指輪と言っても、そんじょそこらにある様な指輪ではなく、Wikipediaでも「全てを統べる一つの指輪」として紹介されている、アレのレプリカです。リングの内外には、古代から伝わるルーン文字が刻まれ、さすがは神秘的な感じがします。本体事態の材質を再現するのは困難なので、材質は超硬合金として知られるタングステンカーバイドが使用され、それに18kの金メッキが施されています。サイズもUSサイズで7〜11まで。映画シリーズで使用されたのは11号だそうですが、発注時には自分のサイズに合わせてください。オンラインでの販売価格は$99.99。コスプレアイテムで使用するには少々高価ですが、かなりそれっぽく作られているので、ワンポイントのアクセサリにはなると思います。
参照:Gold-Plated Tungsten Carbide One Ring

【GoPano】iPhone5でパノラマ撮影したい方!!

GoPanoブランドで、大変に怪しいレンズアダプタ「GoPano micro for iPhone 5」が販売されます。煙突の様に飛び出た部分を介して、360度のパノラマ撮影を可能にするもので、以前にもiPhone4/4S用「GoPano Micro」が販売されていました。そのiPhone5版という訳です。原理としてはそれほど難しいものではなく、ミラー処理された円錐の側面に映った周囲の画像を、専用ソフトで処理して、パノラマ画像を得る仕組みです。ただ、方式上、ある程度は大型になってしまいますし、何よりも見た目がちょっとすごすぎます。黙って道ばたに立っていたら、明らかに怪しい機材で撮影している不審者として通報されかねませんので、使用にあたっては十分にご注意ください。12月25日の出荷が予定されており、オンラインでの予約価格は€69、別途送料がかかります。
参照:GoPano micro for iPhone 5

【Mojo】iPhone5「にも」使える外部バッテリ

Mojoブランドで、iPhone5用の外付けバッテリ「Mojo Hi5」が発表されています。外付けバッテリと言っても、iPhone5に取り付けるケースとバッテリの2体構造の製品で、注意しなければならないのはバッテリ部分が単なるUSBバスパワー供給が可能なバッテリでしかない事です。実際の充電には別にLightningケーブルが必要になるので、その点がiPhone4S以前とは違っています。出力がUSBバスパワーなので、別にiPhone5でなくてもいい様な気がしますが、サイズはiPhone5専用という事です。ケース部分は一般的なものよりもわずかに厚い程度で、3カ所にバッテリを固定するための穴があります。バッテリは、この穴に固定部を差し込んで、スライドさせて固定しますから、割りと厚めになります。とはいえ、装着した時にはほとんど凹凸がないので、引っかかりはないはずです。バッテリ容量は2500mAhで、充電はUSBバスパワーで約5時間かかります。オンラインでの販売価格はおよそ$80程との事です。
参照:Mojo Hi5

Pizza Hut Canadaの香り…だと…?

Pizza Hut CanadaのFacebookにおいてある画像なのですが、なんですか、これは!どうやら、Pizza Hutの香りの香水の様です。公式ホームページ上では見当たりませんが、プレスリリースによれば、FaceBookのFanが10万人を超えた記念商品だそうで、110本限定の商品だそうです。いや、どんな香りがするのか興味ありますが、ちょっと、一般的な香水のイメージとは違っていそうな気がします。まさか、ピザの香ばしい香りが漂うって訳でもないと思うのですが。香水は体臭を隠すためとはよくいわれますが、そういう点では間違いなく適切な香りになっているのではないかと思います、別の意味で、おいしそうな香りなのかもしれませんが。さすがに、カナダまで行く事はできませんし、デリバリーも無理だと思いますが、日本でもこういうサービスをやってくれないかなぁ。
参照:Pizza Hut Canada ( Facebook )

ヘリ2機による空中戦をお楽しみください?

ThinkGeekで販売されているラジコンヘリの中には、ちょっとかわったものもあります。前回紹介したコントローラが特殊なヘリもそうですが、こちらのヘリは小形の水タンクとウォーターキャノンを装備しています。別に、これで火事の初期消火を行うという訳ではなく、ちょっとしたいたずらで相手の顔に水をかけたり、2機で空中戦やシューティング等のゲームをしたりできます。水タンクの容量はそれほど大きいものではありませんが、これを吊り下げた状態で飛行できるというのは、この機体がそれなりに強化された動力系を持っている事になります。バッテリには240mAhのリチウムバッテリが搭載され、充電はUSBバスパワーで約1時間かかります。コントロール範囲は約9mですから、まぁ、室内限定ですかね?オンラインでの販売価格は$39.99です。
参照:R/C Water Cannon Helicopter

【サンワダイレクト】セミハードケースタイプのバックパック



サンワダイレクトから、セミハードタイプのバックパック「200-BAG068シリーズ」が販売されています。セミハードタイプというのは、ポリプロピレンで製の部分が一部に限られているためで、その他の部分はナイロン製の様に思います。まぁ、その分だけ柔軟性があって、使いやすい訳ですが。前面プラスティック製のハードケースは柔軟性がないので、ちょっと使いにくいんですよね。ポリプロピレン素材は丈夫で、耐久性も高く、このこの綿に対する衝撃にはかなり強いと思われます。ただし、ナイロン面はそれほどではないので、横からの衝撃等にはちょっと弱めなのが残念です。この辺りは、使い勝手と耐衝撃性のバランスなので、判断が難しいのですが。ただ、割とカッコ良さげなデザインですし、飲料を入れる事ができるペットボトルホルダーや、DAP等を入れておく背面ポケットも用意されており、使い勝手はかなり良さそうです。内側はと見れば、ノートPC及びタブレット端末用のコンパートメントが独立で用意され、内部には傷がつきにくい様に起毛素材が採用されています。オンラインでの販売価格は4480円(税込み)なので、かなりお買い得ではないかと。
参照:ハードシェルリュック(ハードシェルバックパック)「200-BAG068シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

金曜日, 12月 07, 2012

片手でコントロールするラジコンヘリ

ThinkGeekで、かわったコントローラを使用するラジコンヘリコプターが販売されています。一般的には両手を使うコントローラで制御しますが、このヘリコプタのコントローラは片手に装着するグローブ型をしています。片手になる分だけ慣れが必要になりますが、かなり楽しいんじゃないかと。コントロールは親指で操作するスティックタイプのコントローラもありますが、その他にグローブ部分にセンサが内蔵されている様で、こちらでも操作を行う様です。そのため。コントロールは4チャンネル。滞空時間は8〜10分程度で、ヘリ側バッテリへの充電時間は約20分。充電はUSBバスパワーで行います。形状からお分かりの通り、屋外での飛行はまず無理です。オンラインでの販売価格は$39.99。うまくコントロールすれば、手のひらに着地させる事もできますね。
参照:Force Flyer Glove Controlled R/C Copter

【LaCie】USB/THUNDERBOLT両対応のハードディスク

LaCie社から、USB3.0+Thunderboltのデュアルインターフェース装備のハードディスク「LaCie d2 USB 3」が発表されています。LaCie社の昔からあるデザインのモデルで、厚めのアルミ合金製ボディに表面積を増やすためのフィンが多数あります。これによって、ハードディスクの放熱を効率よく行います。最大の特徴はUSB3.0とThunderboltのデュアルインターフェース装備と言う点で、汎用性の高いUSB3.0と高速性のThunderboltのいずれかのインターフェースを選択する事ができます。なお、Thunderboltポートは1基しかありませんので、末端につけるしかありませんが。用意される容量は3TB/4TBの2モデルで、3.5"径のハードディスクを1台内蔵するモデルですので、インターフェースの方が余裕がありそうです。オンラインでの販売価格は$299.95/$399.99となっています。
参照:LaCie d2 USB 3

木曜日, 12月 06, 2012

【CASIO】Bluetooth対応G-SHOCK

カシオからBluetooth4.0に対応したG-SHOCKシリーズの腕時計「GB5600AA」「GB6900AA」とそのカラーバリエーションモデルが発表されています。省電力特性に優れたBluetooth4.0に対応する事で、モバイルリンク機能を使用する事ができます。この機能には電話/メールの着信やリンク切れ、携帯電話探索等の機能が実現されており、時刻調整もこれを介して行う事ができます。対応スマホはiPhone4S/5の他は、主としてカシオ/シャープの製品に限られています。元々、省電力特性に優れたBluetooth4.0のため、多用しなければ割りと電池も持つのではないかと。電池寿命は2年間になっていますが、太陽電池等の機能はついていません。モバイルリンクを使用すれば当然短くはなる訳で、それでも3.0以前を使用するよりは遥かに長いかと。G-SHOCKの名に恥じない20気圧防水等の仕様は健在です。オンラインでの販売価格は18900円(税込み)。

参照:BLUETOOTH WATCH G-SHOCK

【BladeHQ】蟷螂の斧か鷹の嘴か

BladeHQでMantis社のVuja De Balisong Karambit Crossover Bali-Bit Knife (2" Plain) MK-4が販売されています。まるで蟷螂の斧という感じの形状で、フォールディングナイフというよりもバタフライナイフに近い形状になっています。多分、バタフライナイフをくるくると回す様にして取り出す様な事は、このナイフではバランスが違うので、しない方がいいです。刃の形状はHawkbillと呼ばれる鷹の頭部を模した形状で、精悍なスタイルになっています。刃長は約50mmなので、一応、国内では銃刀法には引っかからないと思うのですが、軽犯罪法には引っかかると思います。刃の部分の素材はM-VX鋼、グリップ部分はG-10ステンレス鋼になっていますから、簡単にさびる様な事はないでしょうが、機内持ち込みは不可です。グリップにはポケットに入れても取り出しやすい様に、クリップが付いています。グリップの先にはリングが付いているので、ここにロープ等を巻き付けて利用する事も可能です。オンラインでの販売価格は$79.95。
参照:Mantis Vuja De Balisong Karambit Crossover Bali-Bit Knife (2" Plain) MK-4

恥ずかしくて、使えるかい!

来ました、久々なバカグッズ!FireBoxで販売されている傘なのですが、水中眼鏡の様に透明な部分が用意されています。よく言えば、ここから外が見られる訳で、使用時に風等を避けるために深くさす場合には便利かもしれませんが、端から見れば単なる怪しい傘です。かなり深い傘なので、外が見えないのは事実ですけれど。そこまでしなくても、日本ならばビニール傘もある訳で、存在意義がよくわからないって言うのが正直なところです。もう一つ突っ込めば、潜望鏡という訳ではないのにSubmarineというのもいかがなものかと。やりたい事はわからんでもないですし、目的は同意もしますが、これはないでしょうって言う感じの商品です。傘の色は黄色とグレーが用意され、オンラインでの販売価格は£24.99です。怪しい人と思われてもかまわない方のみ、購入してみてください。
参照:Submarine Umbrella

【NASA】Voyager1のが新しい領域に入っています

NASAから、現在人類史上もっとも遠いところにあって、「生きた」デバイスであるVoyager1号の、最近の観測結果が発表されています。Voyager1号は、現在、HelioSeathと呼ばれる太陽系と星間空間の境界領域に到達していると考えられ、太陽からの荷電粒子の流れが大幅に減速した事が確認されています。太陽圏の磁場と星間空間の磁場がせめぎあう領域では、荷電粒子の流れが乱れたり、一定方向への流れになったりする事が予想され、それが現実に観測できている様です。磁場の方向から、Voyager1号はまだ太陽圏内にあると考えられ、恒星間空間へは達していないとされています。voyager1号は既に太陽圏脱出速度に達しているので、星間空間に達するのは時間の問題でしょう。内蔵している原子力電池は2020年頃までは稼動すると思われ、星間空間のデータも得られるのではないかと期待されています。

参照:NASA Voyager 1 Encounters New Region in Deep Space

単純だけど実用的に使えるツール

ThinkGeekで、ユニークなツールが販売されています。メインの機能はお約束の栓抜きなのですが、そこから伸びる柄の部分はビット交換式のドライバになっています。標準ではプラスとマイナスのドライバビットが付属しますが、市販のものに交換する事もできます。この部分はマグネット式なので、簡単にはずれる事はありません。リング部分は普通に栓抜きとして使えますが、逆にこの部分をキーリングとして使ったり、別のキーリングに取り付ける事もできますので、携帯するのも苦にはなりません。ただし、ビットそのものが外れないとは言いきれないので、その辺りに注意する必要がありますが。オンラインでの販売価格は$4.99。かなりお買い得じゃないかと思います。
参照:ScrewPop Magnetic Screwdriver & Bottle Opener

ニーハイに萌えるのは日本だけじゃなかった!

そういう訳で、ThinkGeekで販売されている、スターウォーズをモチーフにした女性向けニーハイソックスです。ニーハイに萌えるのは、日本人だけではなかったという事で、ある意味一安心、別の意味で大丈夫か、こいつ等?なアイテムになります。ニーハイへのこだわりはそれぞれ深いかもしれませんが、メジャー映画の「スターウォーズ」がモチーフなので、特に変な目で見られる事もないでしょう。 これがエヴァとか、ガンダム系だと言い逃れができなくなりますが。用意される模様は、画像のR2の他にRebel/Empire/SkullTrooperの計4種類で、オンラインでの販売価格は各$6.99です。
個人的にはこのR2が一番好みのデザインダッタリします。まぁ、履かせる相手はいませんけどね。
参照:Ladies Knee High Star Wars Socks

水曜日, 12月 05, 2012

【SoundMatters】かわった高音質技術を持ったワイヤレススピーカー

SoundMatters社からaptXに対応したBluetooth接続のサウンドデバイス「foxLv2」が発表されています。Bluetooth2.0以降に対応したデバイスで、大きな特徴として、次世代の高音質エンコード技術であるaptXに対応しています。A2DPプロファイルにはいくつかのオーディオCODECが利用可能ですが、標準のSBCの他にAACが主流となっており、次世代ではより高音質のaptXになる予定です。最近のサウンドデバイスの多くがaptXに対応しており、この商品も対抗上かもしれませんが、対応したという事です。手のひらサイズの製品ですが、独自開発の25mmφのLinear Magnetic Drive Twooferによる高音質を実現しているとしています。Twooferって、ツィータとウーファの造語だと思うんですが、それってフルレンジスピーカなのでは?まぁ、パッシブラジエータも装備しているので、見た目よりも高音質だとは思います。リチウムイオンバッテリを内蔵して、連続再生時間は12時間。オンラインでの販売価格は$199です。
参照:Soundmatters' foxLv2

【キングジム】手軽にワイヤレスでデータ共有

ここ数年、デジタルガジェットに注力しているキングジム社から、ワイヤレス共有メモリと称される無線LAN対応NAS「パケッタ」が発表されています。2.4GHz帯を使用するIEEE802.11b/g/n対応の無線LANデバイスで、最大通信速度は150Mbps。1台のパケッタには同時に最大32人のアクセスが可能だったり、パケッタ同士でデータ転送が可能だったりと、ファイル共有に特化した様な製品になっています。ただし、アクセスには専用ソフトが必要になりますが、無線LANの知識を持たない方でも利用可能になっています。この辺りが、汎用性を持たせるためにブラウザ経由だったり、無線LANの再設定が必要だったりした従来製品との違いになります。対応OSはWindows XP(SP3)/Vista/7/8ですが、MacOSXには2013年3月に、iOSには12月19日から対応します。内蔵するフラッシュメモリは8GB/16GBの2機種が用意され、それぞれの本体色はホワイトとブラックで区別されます。電源はUSBバスパワー駆動で、有線LAN機能はありません。オンラインでの販売価格は9870円/14700円です。

参照:ワイヤレス共有メモリ「パケッタ」

【AntLucia】萌えとは違った良さもあります


こういうデザインは割りと好きなんですが、ちょっと好き嫌いが激しいかもしれません。Ant Lucia氏の手によるデザイン群ですが、 如何にもアメリカ的なキャラクターなんですが、かわいらしさと色っぽさが混在している様な感じにも見えます。日本の萌えなんかとは違うんですが、アメコミの感じとも違っていて、いわば両者の中間くらいの位置にいるのではないかと。私が好きな古めの映画がモチーフになったデザインも多く、機会があれば買いたいとは思いますね。一応、通販もされてはいるんですが、こういうのは現物も見たいじゃないですか。Comiconとかには出展してるみたいですが、コミケとかSF大会で召還してくれないかなぁ。
参照:Ant Lucia

【ネスレ日本】スターウォーズとのコラボモデル

PR Timesで、ネスレ日本社が販売する家庭用インスタントコーヒーメーカー「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」に、数量限定でスターウォーズとのコラボレーションモデルが販売されると報じています。ネスレ通販での限定モデルとなり、本体にC-3POをあしらった白いパネル装備のライトサイドモデルと、黒いパネルにダースヴェーダ卿のダークサイドモデルの2種類が販売され、ライトセーバー型マドラー、それぞれ用のマグカップ、交換用のパネル2枚がセットになります。販売予定数は、ダークサイドモデルが3000台、ライトサイドモデルが2000台で、ダースヴェーダ卿を用いた段階でダークサイドモデルの方が売れ行きがいいのは目に見えているため、台数比率は妥当なものと。オンラインストアでの販売価格は9800円(税込み)です。なお、12月7日より特設サイトも用意される様です。やはり実用品というよりも、記念品的に保管されるのだとは思いますが、ちょっと欲しいですね。え?もちろん、買うのならばダークサイドモデルでしょう。
参照:ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」×「スター・ウォーズ」 数量限定のコラボレーションモデル 2タイプが登場!

火曜日, 12月 04, 2012

【SUBARU】名前からしてSFプラモですか!?

ロサンジェルスでオートショーが開催されているのですが、そのデザインチャレンジにSUBARUが提出した「SHARC」がすごいです。ネーミングからして往年のSFプラモ臭がしてきますが、 想像の斜め45度程上のところでデザインされた様な感じのデザインです。元々人が乗る様なコンセプトではなく、ロボット的なものが目指されてはいるんですが。F-1の様な配置なのに貧弱なタイヤだと思ったら、車体中央に内蔵されたファンとタイヤで宙を飛び、操縦は腕につける円形のホログラフィック端末という笑える構成。どこの鉄人か、ジャイアントロボかと思いました。もちろん、4輪で地上を走らせる事も可能です。ある意味、ものすごいコンセプトで、それ自身は昭和の中頃の感覚ですが、デザインそのものは出来映えも良く、かっこいいと言えます。しかし、こんなのが地を駆け、空を飛ぶ様な時代になったら、笑いすぎて腹筋がおかしくなるんじゃないかと心配になる今日この頃。
参照:DESIGN CHALLENGE - Subaru "SHARC"

小さすぎて使いづらくなってしまったマウス

USB.Brandoで、幅がわずかに23mmの超小型ワイヤレスマウス「USB Super Tiny Wireless Mouse」が販売されています。製品名にUSBと入っていますが、実際にはワイヤレスのマウスです。残念ながらBluetooth接続ではなく、USB接続の専用レシーバが付属し、最大到達距離は10m。この種のマウスではレシーバをマウス本体に内蔵する事で未使用時の紛失を防いでいる事が多いのですが、このマウスでは小さすぎてそれができないため、後ろ側に専用の取り付け口が用意されています。内蔵ではなく、合体させている訳ですな。しかもバッテリは内蔵式で、合体させた状態でUSBポートに接続して充電します。とは言え、マウスそのものの機能もまともじゃなければなりませんので、動き検出には1200dpiの分解能を持つ光学センサを持ち、スクロールホイール付きの3ボタンマウスとして機能する様になっています。基本的な構成のため、対応OSはWindows XP/Vista/7/8,MacOSX,Linux等と幅広いです。本体色としてはBlack/Deep Champagne/Blueの3色が用意されており、オンラインでの販売価格は$20です。
参照:USB Super Tiny Wireless Mouse

【BladeHQ】コンパクトなトマホーク

BladeHQでSOG社の「Voodoo Hawk Tactical Axe w/ Nylon Sheath F18-N」が販売されています。ハンドアックスというよりも、トマホークと言った方がイメージとしては近い感じがします。全長320mm程度の取り扱いしやすいサイズのトマホークで、刃長は89mm。全体としてはコンパクトで、取り扱いしやすいサイズと言えます。アックス部分は幅広のブレードとナイフ状のエッジの2形式で、トマホークとしては珍しいものではありませんが、両刃のバランスもよく、かなり取り扱いしやすそうです。柄の部分はガラス強化ナイロン製で、グリップ部には滑り止めを兼ねた凹凸が入っています。柄尻は金属製なので、この部分で殴りつける事も可能です。オンラインでの販売価格は今だけ特価の$48.95です。対ゾンビ戦向けとは言いませんが、汎用性が高く、普通にアウトドアで仕えそうな感じです。
参照:SOG Voodoo Hawk Tactical Axe w/ Nylon Sheath F18-N

月曜日, 12月 03, 2012

【TwelveSouth】iPhone5用の古書籍型ケース

TwelveSouth社から、iPhone5用の書籍型ケース「BookBook for iPhone 5」の出荷が開始されている様です。従来から、古びた書籍風のケースを販売してきた同社ですが、iPhone5用ケースもラインナップされた事になります。従来製品と同様に、かなりそれっぽい古びた外装ですが、各種カード等を入れる事もでき、見た目よりも使いやすそうです。入れられるカードは最大4枚で、そのウラには紙幣を入れる事ができます。背面にはカメラレンズ用の開口部がありますが、これは実用と外観とのバーターになりますが、個人的にはない方がいいと思いますね。ある方が実用的かもしれませんが、撮影が多くない私の使い方ではあまり出番があるとは思えませんし、外観が今ひとつになってしまう気がします。せっかくの古書籍型なので、デザインを優先すべきだと思うのですが。オンラインでの販売価格は$59.99です。
参照:BookBook for iPhone 5

【TrekDesk】デスクワークだけでは身体が鈍ります

まぁ、確かにデスクワークばかりでは運動不足になりがちで、割りとスポーツジムなんかに通っている方も多い様です。そこで、TrekDesk社の「Treadmill Desk」ですよ。これはパソコンデスクとルームランナーを合体させられる製品で、椅子はありません。ユーザは仕事中はずっと立っているか、設置したルームランナーで歩き続けなければならないと言う、仕事してるんだか、身体を鍛えてるんだかよくわからん状態になります。多分、仕事が終わる頃にはランナーズハイの状態になって、仕事にも集中できる…訳ないじゃないですか。天板の幅は一般的な机よりも広い72"、これは中央部分が人の身体が入る様に狭まっているためで、天板の奥行きは両サイドが34"、中央部分が18"になっています。天板の高さは46.5"〜56.5"で調整可能で、脚間は48"で固定です。天板の外周に沿う形式で複数のアクセサリスロットがあり、カップホルダー/ペーパーホルダー/書類入れ等を取り付け可能です。オンラインでの販売価格は$479。ただし、これとは別にルームランナーが必要になりますので、かなり高額になるのではないかと。つか、それだったらスポーツジムに行った方がよくね?

参照:TrekDesk Treadmill Desk

レゴブロック型のテープディスペンサ

Gadget.Brandoで販売されているテープディスペンサですが、まるでレゴブロックの様な形状をしています。実物のレゴブロックとは互換性は無いのですが、相互に取り付けておく事はできますので、まとめて保管するのには便利です。使用する際に外せばいいのですが、それ自体はテープディスペンサという機能とは逆の方向性じゃないかと、小一時間…。ディスペンサ自体は分割式のボディで、普通の小さい方のテープを挟み込んで使用します。本体色はパステル調のRed/Yellow/Green/Blueの4色が用意され、オンラインでの販売価格は$8.90です。ここまで販売価格が安価だと、4色まとめて買った方が後悔しなくて済むかもしれません。しょうがないとは思うんですが、こういうのって物理互換性に欠けている事が多いので、その辺りをなんとかして欲しいところです。
参照:Color Brick Tape Dispenser

日曜日, 12月 02, 2012

【Oooms】4本脚の椅子ならばロッキングチェアにできます

Oooms社で販売しているのが、4脚の椅子であればロッキングチェアにする事ができると言う「Rocker」です。下側に弓の様に湾曲したスレッド部分に、椅子の脚部の固定具を取り付けるため、ほとんどの4脚タイプの椅子をロッキングチェアにする事ができます。さすがに折り畳み椅子はそのままでは無理っぽそうですけれど、固定具のカスタマイズができれば不可能という訳ではないでしょう。ロッキングチェアと言えばパイプをくゆらせたおっさんが座る木製の大型の商品がイメージされますが、これを使えば安価にロッキングチェアができますので、イメージが変わるかもしれません。
参照:Rocker

14k仕様のレゴブロック…だと…?

レゴブロックと言えば世界中で愛されているトーイの一つですが、BrickEnvyで販売されているのは日常使う様な代物ではなく、記念品的な製品になります。この商品は、一般的なレゴブロックの2x4と物理互換性を持つため、そのまま既存のレゴブロックに混ぜて使える事が特徴です。ただし、このブロック自体が14金製のために、オンラインでの販売価格が$14449.99もすると知れば、まずそういう使い方はしないでしょうが。ブロック自体はドイツの工場の勤続25周年記念品として作られたものの様で、それをオリジナルの化粧箱に入れての販売となっています。いくらレアアイテムとは言っても、あまりの高額差加減には、目玉が飛び出そうです。一番怖いのは、これが既に売れてしまっている事でしょうか?お金持ちのマニアが買ったのか、買い戻されたのかまではわかりませんが。
参照:14k Solid Gold LEGO Employee Brick 2x4 Brick in Display Box