web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 8月 17, 2019

【Logitech】薄型キースイッチ採用のハイエンドゲーミングキーボード

Logitech社から、ゲーミングキーボード「G815」「G915」が発表されています。キースイッチにLowProfileタイプのGLスイッチを採用し、本体厚がわずかに22mmしかないのが外観上の特徴です。従来のRoomer-G採用機に比べて、おおよそ2/3程度しかないことになります。GLスイッチにはClicky/Tactile/Linearの3種類が用意されています。薄型キースイッチを採用したとはいえ、天板がキーキャップよりも下に来るデザインなので、キーバックライトが映える設計になっています。キーバックライトはLIGHTSYNC RGB技術により、1677万色からの選択が可能で、発光パターンも選択できるようです。右奥側にはマルチメディアキーが配されていますが、特に目を引くのは幅広のホイール。音量調整などに用いるのですが、それにしてもでかい。本体左端には、マクロ用のGキーが5個並んでいます。対応OSはWindows7以降、macOS10.11以降となっています。「G815」「G915」の違いは接続形態で、前者がUSBによる有線接続のみ、後者はそれに加えてLightSpeed/Bluetoothの無線接続が可能になっています。オンラインでの販売価格は$199.99,$249.99です。
参照:G815 LIGHTSYNC RGB MECHANICAL GAMING KEYBOARD
参照:G915 LIGHTSPEED WIRELESS RGB MECHANICAL GAMING KEYBOARD

金曜日, 8月 16, 2019

【上海問屋】有線接続のテンキーレスミニキーボード

上海問屋から、有線接続のテンキーレスミニキーボードが販売されています。以前から販売されているテンキーレス&ファンクションキーレスのミニキーボードのバリエーションモデルで、キースイッチにはGateron社製の青軸、キーバックライトのカラーがアンバーになっているのが主たる変更点です。いースイッチが赤軸から青軸に変わることで、打鍵圧がわずかに軽く、動作音が大きめになりま。底面側にDIPスイッチがあり、このスイッチによってキーの入れ替えを行うことができます。標準ではWindows式のキー配列ですが、Mac式のキー配列に近づけることお可能です。また、別売でMac用のキーキャップの販売も行われているので、これを装着すればさらにらしくなります。ファンクションキーなどはFnキーとの同時押しで実現しています。オンラインでの販売価格は4780円(税別)です。
参照:日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード Gateron青軸 DN-915850 [かな刻印なし・ゲーミング・DIPスイッチ付き]

【GameSir】iPhone専用ゲームコントローラー

GameSirブランドから、iPhone用のゲーミングパッド「G6 Mobile Gaming Touchroller for iPhone」が販売されています。一般的に、スマフォ用のゲームコントローラーは左右に1基ずつのアナログジョイスティックを配して、ボタンとゲームパッドをいずれかに配置するという、通常のゲームパッドにうん虚したスタイルをとっていましたが、この製品では違います。アナログジョイスティックは左側に1基のみで、各種ボタンも左側に配置されています。右側は空いていますが、こちらは画面上に配置された本来のコントロール系を用いるようです。この右側の部分は伸縮自在で、最大でiPhoneXsMaxにまで対応できます。また、充電しながらでも使えるように、Lightning端子側が空いており、その両サイドにはケーブル保護のためのガードが用意されています。奥側にL12/R12の4ボタンが配置されていますが、スマフォ用としては高耐久性のスイッチが採用されており、打鍵耐久回数は300万回。接続はBluetooth5.0で、iOS9.0以降に対応します。内蔵バッテリによる連続動作時間は80時間で、PUBG,Fortniteなどのアプリが対応しています。オンラインでの販売価格は$42.99です。ジョイスティックが使えるのはゲーム内だけですが、ちょっとiOS13での動作が気になります。
参照:GameSir G6 Mobile Gaming Touchroller for iPhone

木曜日, 8月 15, 2019

【Riitek】プレゼンテーション向けデバイス

Riitek.社から、プレゼン用に最適の操作デバイス「MX9」が販売されています。片面にミニキーボード備え、文字入力はこちらから行います。もちろん、シリコンラバー系なので、あまり入力デバイスとしては良いとは言いませんが、プレゼンの場などでちょっと入力する分にはいいんじゃないかと。反対面には数字キーの他に、各種のコントロール系のボタンが並んでいます。こちらはAV機器などの赤外線リモコンとして使うことが可能です。専用のリモコンがなくても音量の増減などが可能なので、便利といえば便利です。また、エアマウスとしての利用も可能ですが、残念ながらレーザーポインタは備わっていません。ホストとの接続は、ケーブルを気にする必要のない2.4GHz帯のワイヤレスで、超小型のレシーバーが付属します。レシーバーはUSB-A型ですが、対応OSがWindows7以降の他にAndroid/iOSなどとなっていますので、変換アダプタなどで対応するようです。オンラインでの販売価格は$36.99です。レーザーポインタが必要かどうかが決めてでしょう。
参照:MX9

水曜日, 8月 14, 2019

【プリンストン】iPad Air3用耐衝撃性ケース

プリンストン社から、UAG社のiPad Air3用耐衝撃ケース「PLYOケース」が販売されます。本体ケースはポリカーボネートで、これに耐衝撃用のTPU素材のプロテクターを組み合わせることで、米軍の用達仕様であるMIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV認定の落下試験をクリアしています。そのため、落下耐性は約1.2m。ケース本体にはディスプレイカバー兼用のスタンド脚がついており、横向きに立てておくことができます。ApplePencilが使えるiPadAir3用ということで、このスタンド脚には専用のペンシルホルダーが用意されています。ApplePencilは無線充電に対応していませんので、その分、本体から放しても問題ないため、こういう配置になったのかもしれません。残念ながら、スマートキーボードとの併用はできなそうです。また、保護フィルムによっては、干渉する可能性があるということなので、すでに装着されている方はお気をつけください。8月23日からの販売が予定され、オンラインストアでの販売価格は7538円(税込)です。
参照:UAG iPad Air(第3世代)用 PLYOケース アイス(クリア) 耐衝撃 UAG-IPDA19Y-IC

火曜日, 8月 13, 2019

【mophie】3-in-1の無線充電システム

mophie社の無線充電パッド「3-in-1 wireless charging pad」が、アップルストアで販売されています。平面状のパッドに、iPhone用の無線充電パッドと、AirPodsのワイヤレスチャージングボックス用の充電パッドを備え、奥側にAppleWatch用の充電スタンドを配置しています。iPhone用の充電パッドは7.5W充電に対応しています。ワイヤレスチャージングボックス用の充電パッドは一段下がったところにあり、ワイヤレスチャージングボックスがずれないようになっています。AppleWatch用の充電スタンドは下側に支える部分があるので、ずれないのはありがたいのですが、横置きにしかできません。なお、3台のデバイスは同時充電が可能です。充電用の電源アダプタは付属しますので、購入と同時に使用することができます。無線充電を一箇所にまとめることができるので、バラバラに用意するよりも楽になります。オンラインでの販売価格は、メーカーサイトでは$139.95で、アップルストア価格は15800円(税別)です。

参照:3-in-1 wireless charging pad

日曜日, 8月 11, 2019

【上海問屋】ペルチェ素子を使用したスマフォ冷却クーラーRev.2

上海問屋から、今年販売されたばかりのペルチェ素子を使用したスマフォ用クーラーのRev.2が販売されます。Rev.2とは言っても、大きな違いは電源とLEDの点灯スイッチのみで、これらはタッチスイッチから物理スイッチに変更されています。これにより、誤動作に危険性が減り、信頼性は向上したものと思います。コストダウンというのもあるかもしれませんが。冷却部などはそのままで、ペルチェ素子による強制冷却で、極度に温度を下げることができるのは同様です。季節柄、湿度が高いこともあって、内部の結露なども心配ですから、ヘビーゲーマーくらいにしか薦められません。スマフォ本体を挟むようにして取り付けることもあって、4.7"〜6.5”クラスのスマフォに対応します。オンラインでの販売価格は2780円(税別)です。
参照:結露注意!極冷モバイルペルチェクーラー Rev2 DN-915902