web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 11月 24, 2012

【TAXAN】SIRIさん、召還!!

加賀電子のTAXANブランドで、Bluetooth接続のスピーカーシステム「MeoSound」が発表されています。Bluetooth3.0のA2DPプロファイルに対応していますので、各種OSからサウンドの出力先として設定する事ができます。もちろん、HFP/HSPにも対応しているので、そのままハンドフリーな通話が可能です。このデバイス固有の機能として、iPhoneとペアリングしている場合、ワンボタンでSIRIさんを召還…じゃなくて、呼び出す事ができます。ハンドフリー通話なままSIRIさんを利用できますので、思いついた時に便利に利用する事ができます。なお、iPhone以外では動作しませんので、あしからず。内蔵するバッテリは充電式で、連続使用時間は最大4時間。充電時間は急速充電に対応しているのか、わずかに2時間で完了します。本体色はブラック/ホワイトの2色が用意されます。iPhone以外では普通に使える、普通のワイヤレススピーカーですので、iPhoneユーザーのみが恩恵を受ける感じですかね。
参照:MeoSound SR

ボッチのお前等に最適なディナーや!俺も食うか…

クリスマスを一人で過ごすボッチなお前等に、優しい○本さんからプレゼントや!って言うのではないんですが、FireBoxで予約開始されているのが「Christmas Dinner in a Can」です。せっかくのクリスマスに、一人でディナーなしで働く方のために、やさしい松○さんが用意してくれたものと思います。要するに、この缶は二重構造になっており、内部には七面鳥や冬野菜が入ったスープが煮こごり状で入っており、外装には発熱体が封入されている訳です。蓋代わりの赤いプラスティックパックを取り外して、外側に穴を開けると空気が入り、内部で発熱する事によってスープを暖めて食べられる様になる、と。ちなみに、暖めるのには12分程かかるそうなので、カップラーメンの様にはいきません。せっかくなので、クリスマスくらいはゆっくりと食事をしてください。ただし、発熱体はかなり暖かくなるので、開封後の取り扱いには注意してください。オンラインでの予約価格は£5.99 です。
参照:Christmas Dinner in a Can

【マッドキャッツ】分離合体式キーボードが日本でも販売に!

マッドキャッツ社から分離合体式のゲーミングキーボード「S.T.R.I.K.E.R.シリーズ」の国内販売がアナウンスされています。既に秋葉原のPCショップでの販売が始まっており、上位モデルのS.T.R.I.K.E.R.7の実売価格は約3万円、エントリーモデルのS.T.R.I.K.E.R.5は約2万円の実売価格です。キー配列は英語版のままですが、無理に日本語化されておかしな動作になっても困りますから。対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、キーボードとしての使用は他のOSでも可能かもしれませんが、それ以外の機能は制限が多そうです。できれば、MacOSX等でも使えるといいんですけれど。こういうメカメカしいキーボードが好きなユーザーって、ゲームユーザ以外にも多いと思うんですよねぇ。
参照:ハイエンド ゲーミングキーボード「S.T.R.I.K.E.」シリーズ2機種を発売

HEPAフィルター付き小形空気清浄機

USB.Brandoで、HEPAフィルター付き空気清浄機が販売されています。内蔵するHEPAフィルターによって、99%の塵を吸収できるのが特徴です。魔窟ちゃん状態の部屋は多いと思いますが、これを使用しておけば、少なくとも空気に関する限りは改善するのではないかと。もう少し経つと、次の花粉飛散の季節に入りますので、花粉症で魔窟ちゃんな部屋に住んでいるメンツは持っている方が無難かと。 電源はUSBバスパワーで動作しますが、ACアダプタが付属しますので、PC等に接続する必要はありません。上面に電源ボタンが用意され、通電すると内部のブルーの光でライティングされるのがきれいです。本体色はブラックとホワイトの2色が用意され、オンラインでの販売価格は$50.00です。
参照:USB Mini HEPA Air Purifier

戦う男のフライパン!

KickStarterで資金集めをしている商品の中には、このような家庭用の製品も含まれています。よく、映画等で倒れ込んできた悪役を厨房にいた女性がフライパンで殴って気絶させるというシーンがありますが、これでそのシーンを再現したらとんでもない事になりそうです。むしろ、マッチョなヒロイックファンタジーの主人公に持たせたり、モンハンの様なゲームで登場させる方が似合っています。つか、先にそっち方面に売り込んだ方がよかったのでは?モンハンの「上手に焼けました」も、このフライパンならできるんじゃないかと思うんですが。まぁ、無意味にでかい柄と、無用な程に大きな鍔は、実用とはほど遠い感じがしますが、これほどかっちょいいフライパンはないでしょう。もっとも、既に目標金額の2倍の金額が集められているので、商品化は間近でしょう。できればCMでは、マッチョなシュワちゃん風なコナンをイメージキャラクタで使って欲しいところです。

参照:Combat Kitchenware

超小型のラジコンヘリコプター

ThinkGeekで、超小型のラジコンヘリコプタが販売されています。サイズとして3"(L)x1"(W)x2"(H)が出ているので、手のひらに乗るって言うレベルじゃないサイズになります。多分、やろうと思えば、握りつぶす事もできるでしょう。同軸二重反転型のローターを装備しているので、テールローターは必要ないんですが、これは浮上用として装備されている様です。とは言え、小形のカメラを搭載して飛ばす様な事ができるサイズではなく、むしろ飛べなくなる可能性の方が高いと思います。飛ばせれば、別の使い方もできると思うのですが。コントローラは操縦桿型ですが、傾けて操縦するのではなく、先端部に用意されたジョイスティックでの操縦になります。いわゆる3チャンネルのプロポで、左側が自在方向にジョイスティックを動かす事ができ、右側は水平方向への動きになる様です。電源としては単三乾電池が6本必要という事ですが、これは別売になります。オンラインでの販売価格は$34.99です。
参照:R/C Micro Copter

へ、兵馬俑?型のフラッシュメモリ

既にフラッシュメモリのデザインというのは、訳がわからない領域に入っているのかもしれませんが、今度は兵馬俑様式のフラッシュメモリがUSB.Brandoで販売されています。こうなると、日本でも大魔神型のフラッシュメモリというのはありかもしれません。もちろん、その際には大館左馬之助を握った状態のデザインにして欲しいものですが、それはさておき。メモリ自体は腰の部分で上下に二分割され、下半身がコネクタキャップ、上半身にメモリ本体が収納されています。足の部分が大きいので、実際に立たせる事も可能な構造になっているので、大量に購入して、実際の兵馬俑の様に多数を並べるという光景を再現する事も可能です。つか、ディスプレイ用としては、悪くないんじゃ?用意される本体色はLight Brown/Gray/Mud Brownの3色で、容量は2GB/4GB/8GB/16GB/32GBの5モデル。容量によって色分けされているという事はありません。オンラインでの販売価格は容量に依存し、それぞれ$15/$16/$18/$24$35となっています。海洋堂さんあたりで、大魔神版を作成してくれないかなぁ。
参照:USB Terracotta Army Flash Drive

【Vinderpants】ワインにパンツをはかせてどうしれと?

世の中にはどうしてこうなったという商品がいくつもありますが、これもそういった類いの商品に分類されるのではないかと思います。なぜならば、この商品はワインボトルにはかせるパンツだからです。もう少し言えば、ブリーフ型のボトルカバーという事になりますが、どうしてブリーフ型にしてしまったのかよくわかりません。そもそも、どうしてボトルにパンツをはかせるという発想になったのか、理解に苦しみます。とは言うものの、ボトルを女性の身体に見立てた水着型のカバーではなく、そのままのパンツ型という発想には非凡な才能が伺えます。そして、何よりも怪しげな感じ丸出しのCM動画!ノリだけでこちらにも伝わる様な動画は、あまりにもすごすぎます。 まぁ、ワインボトルの場合には温度管理が必需になるので、温度変化を避けるためにカバーをつけるという言い訳はあるかと思います。が、どのような素材であっても、ゲストの前にパンツを履かせた状態のボトルを出すというのはいかがなものかと…。オンラインでの販売価格は$9なので、ジョークグッズ的な商品とわかっている方に販売されるのではないかと。

参照:Vinderpants

金曜日, 11月 23, 2012

ごつめのナイフは大好物です

BladeHQで、Boker社の折り畳みナイフ「Boker Plus Kalashnikov KAL12 Tanto Knife」が販売されています。割りとごつめのデザインですが、収納時の長さが117mm、展開時の長さは197mm。刃長は約80mmですから、携帯すれば軽犯罪法どころか、銃刀法に引っかかります。素材はナイフ用としては割りと一般的な440C鋼ですから、強度的な問題はなさそうです。ただし、グリップの方はアルミ合金製です。ナイフ刃はのこぎり状の刃元とストレートな刃先で構成され、ロープ等はのこぎり状の部分で切る事になります。ブレードには振り出し用のバーが付いているのは、ナイフ刃を素早く引き出すため。この種のナイフのグリップにはよくあるベルトクリップはなく、その代わりにナイロン製のベルトケースが付属します。オンラインでの販売価格は、今だけ特価の$31.95。名称にあるKalashnikovは「あの」カラシニコフでしょう、
参照:Boker Plus Kalashnikov KAL12 Tanto Knife (3.13" Black Serr) 01KAL12T

【TAXAN】スマホ対応の無線LAN対応カードリーダ/ライタ

加賀電子のTAXANブランドから、無線LAN対応のメモリカードリーダライタ「MeoBankSD」が発表されています。実際には有線LAN/無線LANに対応したメモリカードリーダ/ライタで、無線LANは2.4GHz帯に対応したIEEE802.11b/g/nに対応しています。有線LANは仕様が未掲載ですが、いわゆるWAN側のみの様で、MeoBankSDを無線LANルータとして使用する事もできる様です。本体に装備されているのは最大容量64GBに対応したSD/SDHC/SDXCメモリカードスロットが1基と、汎用のUSBポートが1基です。iOS用には専用アクセスソフトが用意されていますが、Android端末やPC/Macからはブラウザ経由での接続になります。感覚としては、WEBアルバムと同じ様な感覚で利用できるのではないかと。内蔵バッテリにはUSBバスパワ−で充電されますが、PC/Macに接続すると通常のメモリカードリーダ/ライタとしても機能します。なんだか、思いつく様々な機能を放り込んだ様な気がします。気になるのは、全体を覆うプラスティッキーな感覚のデザインですね。
参照:MeoBankSD

【Razer】ゲーミングマウスの2013年モデル?!

RazerZoneで、ゲーミングマウスの新モデル「RAZER DEATHADDER 2013」が発表されています。今年発表ですが、来年モデルですかね?従来の製品との大きな違いは動き検出のセンサで、第四世代の光学センサが搭載され、分解能は実に6400dpi!諸設定は専用ドライバソフトのSynapse2.0で可能になっており、これはMac/Windowsそれぞれに対応版が用意されています。しかも、クラウドベースのソフトなので、マウスボタン等の設定はネット上のサーバに自動保存され、ネットに接続されれば自動的にセッティングを呼び出す事ができます。外装デザインは従来製品のそれを踏襲しており、グラマラスな感じのデザインです。ついでに、センサの補正も自動で実行されます。オンラインでの販売価格は$69.99です。
参照:RAZER DEATHADDER 2013

木曜日, 11月 22, 2012

【Victorinox】米国アップルストアでも販売しているぞ!

本家Victorinox社のサイトがIPアドレスから各国の販売会社のサイトに飛ばして、変更できないというクソ仕様なので、米国AppleStoreで並んだのを着に紹介する事ができる様になった「Victorinox Swiss Army Jetsetter Flash Drive」です。この商品の特徴は、Victorinox社の製品には珍しい、ナイフ刃のないマルチツールであるという事です。それに近いツールは含まれていますが、これならば携帯していても改正銃刀法では引っかからない可能性があります。加えるならば、航空機内への持ち込みも桶です。もっとも大きな容積を有するのはフラッシュメモリで、アップルストアでは8GB/16GB/32GBの3種類の製品が用意されます。その他にはさみやヤスリ等が用意されます。オンラインでの販売価格は$39.95/$49.95/$99.95ですが、国内のアップルストアでは取り扱いがありません。もちろん、Victorinox社の日本法人も取り扱ってません。さっさと取り扱ってくれないかなぁ?
参照:Victorinox Swiss Army 8GB Jetsetter Flash Drive

ちょっとかわいいセキュリティ?

ThinkGeekで、ちょっとかわったキャラクターグッズを販売しています。Portal2に登場するSentry Turretのフィギュアかと思いきや、実際にはUSBバスパワーで動作するセキュリティ商品(?)になります。背面にあるUSBケーブルを本体に接続して電源を入れると起動して、モーションセンサで近くを人が通れば警告を発して、本体左右のセントリーガンユニットを開放。攻撃モードに入ります。まぁ、実際には攻撃される事はありませんが、LEDとサウンドエフェクトで他人に接近を知らせますから、ちょっと席を外したい時等にはセキュリティ代わりのおもちゃとして使えます。Portal/Portal2のサウンドエフェクトを切り替えができる様ですので、ゲームを楽しんでいる方にとってはちょっとにやっとする様な商品です。オンラインでの販売価格は$39.99。強いて言えば、重心が高そうなデザインなので、あまり不安定な場所には置かない方がよろしいかと。個人的には、成原博士のバーサーカー(狂戦士)モデルが欲しいです。

参照:Portal 2 Sentry Turret USB Desk Defender

【フリーコム】Mac用Thunderbolt&USB3.0ハードディスク

フリーコム社からUSB3.0+Thunderbolt接続のハードディスク「モバイルドライブMg」が発表されています。接続インターフェースとしてUSB3.0&Thunderboltが用意された高速転送モデルで、用意される容量は1TB。マグネシュームを用いたボディのデザインはシンプルで、装飾はほぼなし。鈍い金属光沢が渋い感じですが、放熱等もボディから行う様になっています。従来製品のUSB3.0&FireWireモデルの320GB/500GBの両モデルよりも厚みがある15mmの製品なので、厚みのある大容量ドライブに対応できる様にしているのかもしれません。そうすると、次は1.5TBのモデルがリリースされるのかも?対応OSはMacOSX 10.4以降とWindows 2000/XP/Vista/7。ただし、HFS+で初期化されていますので、Macではそのまま使えますが、Windowsシステムでは再初期化が必要かと。USB2.0接続のドライブとしても問題なく使えますので、かなり広範囲のシステムで利用可能かと。オンラインでの販売価格は28480円です。
参照:モバイルドライブMg

水曜日, 11月 21, 2012

【アイオーデータ】無線LAN経由でアクセスできるカードリーダ/ライタ

I−O・データ機器社から、iPhone等からも簡単にアクセスできる、挑戦者ブランドの無線LAN経由メモリカードリーダ/ライタ「NUBES」が発表されています。デザインはちょっとアレですけれど、SD/SDHC/SDXCの各メモリカードに対応したスロットが用意されており、スマホの外部メモリ媒体として使用する事ができます。無線LANは2.4GHz帯を使用するIEEE802.11b/g/nに対応しており、最大通信速度は150Mbpsで、同時接続数は最大3台となっています。同時接続数が少ないのが難点ですが、単純に1対1で接続するのならば使用するのに差し支えはないでしょう。あくまでも外部ストレージであって、内蔵ストレージを増やす様な製品ではありません。対応OSはiOS4.3.3以降で、専用のユーティリティが必要です。各種音声/動画/静止画のフォーマットに対応していますので、割りと幅広く使う事ができます。オンラインでの販売価格は4180円(税込み)ですが、ADATA社製品かUSB4ポート充電器のいずれかとの同時購入が必要です。
参照:iPhoneを簡単に容量UPできる!スマホ用Wi-Fiカードリーダー

8個のスピーカーを内蔵したiPad用ケース

KickStarterでiPad用のスピーカーシステム「ORA」が資金調達を行っています。iPad用の究極のスピーカーシステムと銘打つシステムで、iPadをORAの内部に組み込む様な形式をとります。従って、スピーカーシステムというよりも大型のケースと言った形状に近く、スピーカーはiPadの周囲のメッシュ状の枠に合計8個が収められています。そのため、見かけ上のサイズはかなり大型になり、9.7"サイズのiPadが12"クラスの様に見えます。このサイズになると標準のディスプレイカバーが使用できなくなるため、ORA専用のディスプレイカバーも用意される様です。専用ディスプレイカバーは二つ折れタイプで、背面でスタンド脚代わりになります。対応機はiPad2/iPad3となっていますので、iPadオリジナルとiPad miniには対応していません。デザインは割りとよく、あまり持ち出さないというのならば、これをケース代わりとして使用するのは蟻だと思います。年末までの資金調達が予定されていますが、調達できるかは微妙です。

参照:ORA: Ultimate Sound System for iPad

【上海問屋】動画再生できるキッチンスケール?!

上海問屋で動画再生が可能なキッチンスケール「マルチメディアプレーヤー付 スーパーキッチンスケール」が販売されています。天板に対角4.3"で、480x272のLCDが用意され、ここに動画を再生する事ができます。計量する時間は短いので、それ以外の時間は男子ごはんでも見ていろという事でしょう。スケールは透明ガラスの計量スペースが用意されており、重量は専用のLCDに表示されます。キッチンスケールなので、それほど重いものへの対応はしていない様ですが、上下限に付いては未記載です。問題のビデオプレーヤですが、ちょっと癖がありそうです。まず、動画のファイル形式はモーションJPEGエンコードのavi,MPEG1/2/4,DivX,xvid等ですが、このプレーヤにはサムネを作る機能がありませんので、自分で作ってやらなければならないのが面倒です。作成したサムネはJPEG形式で保存し、動画ファイルと同じ名前にして、同階層に置く事になります。かなり面倒です。メディアはmicroSD/SDHCメモリカードで、最大容量32GBに対応します。内蔵バッテリはUSBバスパワーで充電され、容量は650mAh。スケールには、これとは別にCR2032が一個必要です。オンラインでの販売価格は4999円(税込み)です。かなり癖が強そうですが、なんとかできる方は購入してみてください。
参照:マルチメディアプレーヤー スーパー キッチンスケール

【Solidoodle】冬のワンフェスを乗り切るために!

3DプリンタメーカーのSolidoodle社から、第3世代の3Dプリンタ「Solidoodle 3D Printer, 3rd Generation」が発表され、予約が開始されています。つか、そのまんますぎるネーミングはどうにかならんかったんですか?それはさておき、比較的低価格になった3Dプリンタは、その分だけ作成できるサイズの上限が厳しい訳ですが、この商品では8"x8"x8"のサイズにまで対応し低るので、従来製品よりも大型のプリントアウトが得られます。基本的な構造は従来通りで、プラスティックをプリントヘッドで溶かして、台座となるアルミ板の上に積層していくタイプになります。プリントヘッドの精度0.35mmですが、位置決め精度は2次元方向で0.011mm。高さ方向には0.1mm単位で積層されます。ソフトウェアはMac/Windows/Linuxに対応するので、ほとんどのシステム状で動作すると考えていいのではないかと思います。オンラインでの予約価格は$799です。なお、素材となるプラスティックは1.75mmφの製品が用意されており、各色ともに$43で販売されます。
参照:Solidoodle 3D Printer, 3rd Generation

ヘビメタファン御用達のBluetoothスピーカー

ThinkGeekで、かなりごついギターアンプ型のワイヤレススピーカ「Road Rocker」を販売しています。Bluetooth接続のスピーカーは、エレキギターのギターアンプの様な外観で、スピーカーはツィータとウーファーの2Wayシステム。ただし、ステレオスピーカーではなく、モノラルという事になります。ギターアンプならば、上面には持ち運びがしやすい様に取っ手が付いている事が多いのですが、この商品では取っ手の代わりにタブレットを固定するためのスタンド状の部品が付いています。使用中はiOSデバイスをここに置いておけばいい訳です。内蔵バッテリ単体でも50時間程の利用が可能とされてはいますが、バッテリ容量については記載なしです。オンラインでの販売価格は$99.99です。やはり、こういうシステムから流される音楽には、ロックやヘビメタの様なエレキギターを多用する様な音楽がいいでしょうね、深紫伝説とか。 なお、iPhone等から使用できますが、iPhone5/iPad3/iPad mini等とは非互換の様なので、購入時にはご注意ください。それ以外の多くのシステムからは利用が可能です。
参照:Road Rocker

火曜日, 11月 20, 2012

【サンワダイレクト】デスクトップが整理できない方のために!

デスクトップとは言っても、パソコンの画面の事ではなく、それを置いてあるリアルな机という事です。サンワダイレクトから販売されている「100-MR056シリーズ」は、乱雑になりがちなデスクトップを整理するために、天板側に小物入れやペンたてのスペースを大きく取ったデスクトップ用のラックで、文房具や小型ドライバを入れておく事もできます。向かって右側面には4ポートのバスパワーUSBハブ、正面右端にはメモリカードリーダ/ライタが装備されているので、実際には様々な用途に使用できます。リーダ/ライタの上には、傾斜の付いた幅広のトレーが用意され、ここにスマホ等を置く事が可能です。正面側は滑り落ちるのを避けるために凹型になっており、中央のくぼみからケーブルを前にまわす事ができます。スマホとは言っても、基本的にはiPhoneがメインターゲットみたいです。特にモニタ一体型を使用している方には便利かもしれません。オンラインでの販売価格は5280円(税込み)です。
参照:机上ラック(USBハブ・カードリーダー機能・10種類の機能付きマルチラック)「100-MR056シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

愛すべきおヴァカな最強トラクター

ぶははは、笑わずにはいられない動画が見つかりました。愛すべきおヴァカな二人が、古めかしいトラクターにVolvo社のターボエンジンを搭載しました。いや、農業用のトラクターにターボエンジンなんか搭載してどうするんだというのは愚問にすぎません。ターボエンジンを搭載してどうこうではなく、ターボエンジンを搭載したかったという事だと思います。結果、農業用トラクターとは思えない軽快な運動性能と、加速性能を得る事ができました。動画を見る限り、旋回中の前輪はきしんでますし、ターボエンジンはむき出しの状態なので不格好ですし、それほど持たないんじゃないかという危惧はありますが、こういうおヴァカな事に挑戦する姿勢がすばらしいと思います。別の見方をすれば、ずいぶんと背の高いバギーなのかも知れません。砂丘等は走れないでしょうが、農道/林道を駆け抜けるという表現が似合いそうです。

参照:traktor racing volvo terror

【ShotFlask】気持ちはわかるが、運転中はやめれ!

お酒を入れるフラスクというのは一つだけ暗黙の了解事項がありまして、それは一人だけしか口を付けられないという事です。飲み口が一つしかないためですが、時節柄、他人が口を付けたものに何もなしで自分も口を付けるというのは、ある意味、生命の危機にもつながりかねません。もちろん、単純に気分的な問題かもしれませんが。そんな時でも、このShotFlaskがあれば安心。本体の中央に伸縮式のコップが用意されているので、もう一人、安全に(そして間接キスの恐怖もなしに)お酒を楽しむ事ができます。コップの方は伸縮式なので、薄いフラスク本体側面にも取り付ける事が可能です。オンラインでの販売価格は$25.00。具体的な使用方法は動画を見ていただくとわかりますが、キャラ的にはかなり怪しいので、そちら呑めんでも楽しめるかと。
とりあえず、一言だけ動画に付け加えるのならば、「運転中の飲酒はやめれ!」です。

参照:Shot Flask

月曜日, 11月 19, 2012

【ヴィクトリノックス】限定品のダマスカス・ナイフ

どうしても限定品と付くと気になってしょうがないのですが、ヴィクトリノックス社からビッグブレードにダマスカス鋼を用いた、限定品の「ダマスカス・ナイフ2012」が販売されています。全世界で5000本、日本国内では100本と言う超限定品ですが、その分だけ金額は上に向いており、オンラインでの販売価格は31500円(税込)みです。のこぎり/カン切り/マイナスドライバー(大小)/プラスドライバー/リーマー(穴あけ)/パンチ/キーリング/せん抜き/ワイヤーストリッパー等の機能が充実したツールですが、特に目を引くのはラージブレードとして採用されたダマスカス鋼のナイフ刃。2種類の組成のステンレスを席そうしたブレードで、ヴィクトリノックス社の従来製品よりも硬度が高いのが特徴です。グリップはスイス製のウォルナット材が用いられていますが、ブレードの木目との対比が美しい感じです。形状からは、ベースになったのはレスキューシリーズでしょうか?いいなぁとは思いつつ、やはり金額で躊躇してしまうのは貧乏人の性という奴でしょうか?
参照:ダマスカス・ナイフ2012

ギーガー風のマウスに改造しますた!?

H.R.ギーガーと言えばエイリアンのデザイナーとして知られる超有名な方なんですが、かなりグロいデザインが多くて、ファンだというのがはばかられる様な方です。いや、私は好きなんですがね。そのギーガー風のデザインに、CMStormのゲーミングマウスを改造した方がいる様です。改造の仕方は古典的で、元となるマウスの外装をひっぺがして、パテをモリモリした上で、それっぽく削るを繰り返しています。出来上がったものを見ると、ギーガー風ではあるんですが、妙にかっちょいい感じに仕上がっています。ゲーミングマウスの網目状のケーブル表面が妙にデザインにマッチしているとか、形状が割りと適合しているとか、いろいろと言えると思いますが、かなりそれっぽいと思います。これでホラー系のゲームでもやった日にゃ、私はどうしたらいいのかと。宇宙人(エイリアン、スピーシーズ)から怪生物(キラーコンドーム)までデザインしているギーガー先生の事なので、どこかのメーカーがマウスのデザインを発注してくれれば、面白いデザインを考えてくれるんじゃないかと思ってしまうんですけれど。出してくれないかなぁ?
参照:CM Storm Egérmodding

Portal2のゲームグッズはちょっと変かも?



ThinkGeekで、「Portal 2」関連のグッズが販売されていますが、これはその中でも珍しいキッチン用品のヘラと言っていいのでしょうか、そんな商品です。日本のゲームグッズも抱き枕などのようなおかしな進化を遂げていますが、これもゲームそのものには全く関係がなく、使用するにはゲームを本格的に中断しなければならないと言う本末転倒気味のグッズになります。いや、マジに誰得商品ですね。平面部分にはAperture Scienceのロゴであるファンガードが入っているため、この穴より小さなものは抜けてしまう事に注意してください。ショートケーキのとりわけ程度ならば問題はありませんが。オンラインでの販売価格は$14.99です。
参照:Portal 2 Aperture Laboratories Logo Spatula

指紋センサはダミーです

Gadget.Brandoで、赤外線センサとパスワードによって高いセキュリティを実現した貯金箱「My Own Safe Advance - Infrared Sensor + Password Protection」が販売されています。正面中央には指紋センサらしきものがありますが、実はセンサでもなんでもなく、単なるダミー。ユーザーがここに指を当てる事で、周辺に配置された赤外線センサが反応し、警告を発する様になります。ユーザが上面にある隠しふたを開けて、内部にある数字キーで4桁のパスワードを入力すると、扉が開く様になります。貯金箱として使う場合には、パスワード入力部にコイン投入口があるので、ここから直接コインを入れます。如何にもな感じの指紋センサがダミーだったり、作りそのものが甘かったりと、突っ込みどころは満載ですが、トーイと考えるといいかもしれません。オンラインでの販売価格は、いまだけ特価の$33.90です。
参照:My Own Safe Advance - Infrared Sensor + Password Protection

日曜日, 11月 18, 2012

007私が愛したボンド・カー?!!

DailyCars.usで、リアルボンド・カーとでも言うべき、潜水可能に改造されたロータス・エクセルが紹介されています。実際にボンドカーとして使われたのは同社製のエスプリでしたが、おそらくは似た形状で車体内部に余裕があるという事で、エクセルが選択されたものと思われます。もちろん、映画内で活躍した様なタイヤ収納や、水中航行用のスクリューの出し入等のギミックは実現されてはいませんし、対空ミサイルも発射できませんが、それっぽい仕上がり具合になっています。何よりも、動画内でのドライバーのうれしそうな事!水中用のソナーも装備され、雰囲気を盛り上げてくれます。途中で水が漏れてくるのは、映画を意図した演出だったのかと、疑わざるを得ません。ちなみに、ロータスエスプリは、ボンド・カートして2回搭乗していますが、潜水艦に変形するのは「私を愛したスパイ」の方です。その時のカーチェイスの様子等はこちらからどうぞ。

参照:Hammond’s budget Bond submarine car at Beaulieu’s World of Top Gear

極限までそぎ落としたデザインは美しい!

lin-morris.comで紹介しているテープディスペンサ「Filo ECAL-Marie Schenker」ですが、機能に特化するために、無駄と思われる部分を極限まで削り取った非常にシンプルなデザインになっています。テープ中央に取り付ける回転軸に、そこから伸びるアームの先にテープカッターが備え付けられていますが、台となるべきスタンド部分はありません。回転部分とカッターアームもシンプルですが、メタリックな光沢のおかげで、何もないなんて言う喪失感はないと思います。まぁ、置いたままにして、紛失する可能性の方が高い様な気がしますけど。こういうモデルだったら、大事に使われるかもしれません。
参照:Filo ECAL-Marie Schenker, Photo ECAL-Julien Chavaillaz

この本はケースではないですよ?

monkeybusiness社で、面白いしおり「Zipmark」が販売されています。機能としては、どこかを押したら光るとか、伸びたり縮んだりとかする訳ではないです。本に挟む部分も、それほど変わった形状ではないのですが、本の外側に出ている部分はまるでジッパーの様になっています。本に差し込むと、ぱっと見では本型のケースの様に見えるって訳です。最近は本型のガジェットケースも少なくはないので、相手をええ?と驚かせる事ができる…岳の製品ですが、着眼点がユニークだと思います。オンラインでの販売価格も$9と安価なので、複数を購入する事もできます。日本でも販売してないですかねぇ。
参照:Zipmark