web広告1


ソニーストア
ソニーストア

日曜日, 12月 29, 2013

【ThinkGeek】スマフォやタブレット端末用のゲームコントローラ

以前に紹介した事があったんですが、世界最小のワイヤレスゲームコントローラiMpulseが販売されています。非常に小さなコントローラで、キーリングのサイズからもそれが予想できようと言うものです。コントロールするにはぎりぎりのサイズですね。接続はBluetooth2.1で、ボタン数は6個。4個が上面で、2個が裏面にあります。4方向のD-Padは、左右どちらの側にする事も可能です。内蔵バッテリはUSBバスパワーで充電され、3時間充電で最大9時間の使用を可能にしています。ただ、アプリ側に対応を依存しているので、使えないゲームもあると思います。最大到達距離は30m。iPhone/iPadだけではなく、Android端末等でも利用は可能とされています。オンラインでの販売価格は$39.99。ドラクエとか対応してくれないかなぁ。
参照:iMpulse - World's Smallest Gaming & Media Controller

【BladeHQ】ギーク向けノートPC収納バッグ

ギーク向けのバッグとは言っても、現代はノートPCごときを入れられるのは当たり前の有様です。BladeHQで販売されているMaxpedition社のCenturion Patrol Bagは内部の収納室を仕切り板で分ける事で、それに対応した商品です。カメラバッグに近い形式ですが、そこまで仕切りにクッション性は持たせてはいません。幅は457mmもあるので、15"クラスならばまったく問題なく収納できます。外部には3個の大型ポケットと2個のボトル入れが用意され、蓋の裏側にもちょっとしたポケットがあるので、収容力は確保されていると言えます。オンラインでの販売価格は$210.59と高額なのが珠に傷ですが。
参照:Maxpedition Centurion Patrol Bag Black 0615B

【Deal eXtreme】リモコンないけど、プレゼン用に



最近では、プレゼン用にスマフォやタブレット端末が使われる事が多くなってきた訳ですが、そう言う時に最適な4-in-1の汎用ペンがDeal eXtremeで販売されています。本体にはフラッシュライトと赤色レーザーポインタが内蔵されており、ペン軸の二つのボタンで操作します。ペンキャップの先には導電ゴムによるタッチペン機能が用意され、iPhone等で使用できます。ペンキャップを外せば、内部にはボールペンが用意されている訳で、ちょっとしたメモを取る事も可能です。残念ながら、プレゼンソフトのコントロール機能はありませんが。オンラインでの販売価格は563円程です。何かと一緒には注するのなら、簡単に購入できる金額ですね。日本だと、これだけ機能が入っていると結構な金額になりますし。
参照:4-in-1 Ballpoint Pen + Laser Pen + Capacitive Touch Screen Stylus

土曜日, 12月 28, 2013

【BladeHQ】何でもはいるギーク向けバッグ



ギーク向けのバッグと言うのは、実は国内ではあまり見かけません。カメラバッグとか、パソコン用バッグで代用は可能なんですが、使いやすい訳ではないのです。この種のバッグとしてはMaxpedition社の製品が有名なのですが、BladeHQで販売していました。ギーク向けバッグの条件は小さな氏入りが多い事、ポケットが多い事、物が大量に入れられる事等がありますが、Aggresorはその条件を満たしています。外側に大量のポケットを有し、内側は細かくしきりで分けられているので、大量にモノを詰め込めそうです。まぁ、その分、価格も$176.39と高額な訳ですが。今までのバッグに満足できなかった方はどうでしょう。
参照:Maxpedition Aggressor Tactical Attache Khaki Bag 0612K

【上海問屋】フラッシュライトヘッドだけ?



外部のUSBバスパワーバッテリを使っていると、容量はあるんだけど、使う頻度が下がってしまうバッテリと言うのも出てきます。それらを再利用できないかと言われても、バッテリとしてしか利用はできなかったんですが、上海問屋から販売されているUSBミにLEDライトがあればフラッシュライトとして再利用できます。実際、これはフラッシュライトのヘッド部分だけを分離した商品で、バッテリのUSBポートに接続します。過去にこういう商品がなかった訳ではないのですが、この商品の販売価格は299円(税込)と圧倒的な低価格が魅力です。一個くらいは持っていた方がいいんじゃないかと思います。
参照:【使い方イロイロ】USBミニLEDライト (選べる7色)

【USB,Brando】ドMな方向けのUSBハブか?

なんて言う事はないんですが、なぜかMの字の形状をしたUSBハブが販売されています。接続口は足の裏と両サイドに1ポートずつが用意されます。4ポートのUSB3.0対応ハブで、バスパワーオンリーですが、USB3.0のバスパワー出力自体に若干余裕があるので、ハードディスク2台接続なんて事でもない限りは問題ないでしょう。また、この形状は固定で、ゴムの様に曲げ伸ばしはできません。オンラインでの販売価格は$18.00です。これはもう、合わせたS字型のハブも作ってもらうしかないですね。
参照:USB 3.0 "M" 4-Port Hub

【Uncharted Play】バッテリが足りなくなったら縄跳びしろ?!

外部バッテリと言うのは便利なんですが、使用した後に充電しなければなりません。周りにコンセントがなければどうしようもなくなる訳ですが、そんな時にUncharted Play社のPULSEは考慮してはいかがでしょう?この商品は100個限定で販売される、縄跳びの縄です。何故っと言う顔をされると思うのですが、この縄、持ち手の部分に発電機とバッテリが内蔵され、縄跳びをするだけで充電が可能と言う商品なのです。電気関係は持ち手の部分に集中しており、接続されているのは単なる縄だけなので、衝撃の影響も受けにくいって寸法です。名称にBETAとあるように、多分に量産試作のレベルで、追って正式な販売が行われるんじゃないかと期待しているんですけど。ああ、ダイエットのための運動をしながら、充電を行うって手段も考えられますね。限定版の販売価格は$129です。
参照:PULSE: BETA - LIMITED EDITION

【Spike Aerospace】超獣とは戦いません!

どこかで見た感が強くて、なんだろうかと思ったのがSpike Aerospace社のビジネスジェット機「Spike S-512」。ずいぶんと後ろによった主翼に、背中に搭載された2発のエンジンは四角いエアインテークになっています。尾翼はエンジンの位置もあるため、V字型が採用されていますが、決してステルス性を高めるためのものではないと思います。この位置の画像だとわかりにくいのですが、主翼は先に行くに従って細くなる台形の直線翼が採用されています。ちょっと軍用機に詳しい方ならばF-104の主翼の様な形状と言えばいいんでしょうか。この形状で、マッハ1.6を実現するとされています。ビジネスジェットでこのスピードと言うのは聞かないので、多分最高速ではないかと思います。この速度なら、東京−ロサンジェルス間を5時間で航行できます。
勘のいい方だったらお分かりかも知れませんが、既視感を呼び起こしたのはこのデザイン形状とカラーリングで、多分オリジナルになったのはウルトラマンAのタックファルコン。エンジン位置、主翼形状、青のカラーリングまでよく似ています。ついでにV字型尾翼もです。円谷プロは訴えてもいいレベルだと思います。

参照:Spike S-512

【アミュレット】Thunderboltストレージ構築キット

アミュレット社からDeLock社のThunderboltストレージケースとSSD/HDDのセットが販売されています。Thunderbolt接続のストレージケースだけでも珍しいので、それ単体で販売してくれないかなぁとかも思うんですが、一応ストレージユニットとしてのSSD/HDDとセットになっているので、自分で組み立てて使用すると言う商品になります。組み合わされるのはSSDが240GB、HDDが2TBで、商品画像にはそれぞれIntel、WesternDigital社製品が映り込んでいますので、それらが使用されるのではないかと。まぁ、同等品に変わる可能性がありますけど。別の視点から見ると、WDCの2TBドライブは15mm(H)モデルしかないので、内部はだいぶ余裕がある事になります。それぞれの販売価格は38850円/36750円だそうです。
参照:Thunderbolt™ ストレージセット

【アユート】コンパクトBluetooth3.0ワイヤレススピーカー

アユート社から、円筒形のBluetoothスピーカーが販売されます。Bluetooth3.0で接続される製品で、ステレオ再生こそできませんが、どこにでも置ける手軽なスピーカーと言う感じです。対応プロファイルについては未掲載ですが、69mmφx40mm(H)と言うコンパクトなボディには850mAhのバッテリが内蔵され、最大で6時間の再生が可能です。多分、中空の箱の上に置いた方が音響効果が見込めるので、よろしいのではないかと。機能的には関係ないんですが、内側から青白いLEDでイルミネーションされるのがサイバーな感じですが、外装が木目なのとのギャップが面白いです。オンラインでの販売価格は3980円(税込)です。
参照:コンパクトBluetooth3.0ワイヤレススピーカー

【サンワダイレクト】スマフォ用キーリングで不安解消



サンワダイレクトから、スマフォに貼付けるキーリング「200-PDA017シリーズ」が販売されます。ご覧の通り、スマフォの背面に貼付けるリング状の取っ手でして、これがバカにならないくらいに使い物になる商品なんです。リングに指を入れて固定すると言うだけの代物なんですが、電話として使うときはもちろん、情報端末として操作する場合でも落とす様な事がないのが特徴になります。特に大型スマフォをお使いの方はお分かりの通り、持っている時にそこはかとない不安を感じる訳ですが、これをつけておけばそれも解消されます。もちろん、バンパーや一部のケースを付けていても使用可能なので、大変便利です。リング自体は基台部で360度回転しますし、スタンド代わりに使う事もできなくはありません。オンラインでの販売価格は1890円(税込)です。
参照:バンカーリング(スマートフォン対応・スタンド機能・落下防止)「200-IPP017シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

金曜日, 12月 27, 2013

【上海問屋】何らと、ほれはよっれなんかいないろぉ

やはり、この季節は宴会がつきものと言う訳でして、楽しい時間についついメートルもあがろうと言うもの。普段はおとなしい猫の様な人も、大虎に変身したりする事もある様です。幹事さんも大変でしょう。そう言う方を見分けるためにも、上海問屋で取り扱っているアルコールチェッカーはいかがでしょうか。まぁ、iPhoneに接続するって言うと聞こえはいいのですが、要はLightningコネクタ経由で電源をとっているだけですけど。取り付けた後に電源を入れて、後は検査口に10秒間息を吹きかけるだけ。デバイス側の液晶に血中アルコール濃度と呼気1リットルあたりのアルコール量を表示してくれます。オンラインでの販売価格も1799円(税込)と安価なので、宴会を盛り上げるためにも、一つ持ち込んでは如何でせうか?なんらと、おれはよっれなんかいないろ!
参照:iPhone5S iPad Air mini2対応 簡単アルコールチェッカー

【iFI-Audio.jp】iPhoneでもハイレゾ音源再生できます

iFI-Audio.jpから、現行のあらゆるハイレゾ音源に対応できるとするモバイルヘッドフォンアンプ「nano iDSD」が発表されています。アルミ合金と思われる、鈍い金属光沢が似合っています。旧BURR-BROWN社のDACチップを採用し、PCM/DSD/DXD等のハイレゾ音源に対応できます。コンシューマ市場では、DSD対応の製品まではありますが、DXD対応の製品はほとんど見かけませんので、それだけでもかなり貴重な製品と言えます。また、内蔵されるクリスタルクロックは軍事用の温度補正機能付きで、デジタルなノイズの発生をしにくくします。接続はUSBですが、恐ろしい事にiPhoneでの動作も確認済みの製品です。なんでもONKYOのHFプレーヤやカメラコネクションキット等との組み合わせで、ハイレゾ音源再生が可能になるのだそうです。まぁ、そうでなくてはモバイルと言えないでしょうけど。もちろん、バッテリ内蔵式で、単独ならば10時間の動作が可能としています。出力としてはアナログライン出力が一組と、光デジタル出力が1ポート、ヘッドフォンジャックとなっています。オンラインでの販売価格は26250円(税込)です。
参照:モバイルDSDヘッドフォンアンプの衝撃 ─ nano iDSD

【携帯電話各社】コミケット85への対応

世界最大規模と言われるアマチュアの祭典「コミックマーケット」がこの冬も開催される訳ですが、尋常ではない数の参加者のために、特に携帯電話各社には「もっとも過酷なイベント」と呼ばれています。わずか三日間の開催期間中に、延べ人数で約60万人の人間が有明ビッグサイトに集う訳で、そのほとんどが携帯電話を持っていれば繋がらんのも道理と言う訳です。はぐれたときのために携帯電話を持って行ったのに、実際には繋がらないので連携がとれないと言うのは、極々当たり前の状況でした。現在では、各社が移動基地局を運用し、館内に移動Wi-Fiスポット要員を移動させる事で対応できる様にしていますので、だいぶ楽にはなりましたが。そのコミックマーケットへの対応について各社からプレスが出ていますので、参考にしてください。特にスマフォ等での無線LAN接続のやり方も記載されていますから、なるべくIMやツィッターのDMを使用する様にして、相互の連絡を取ってください。当日までわずかになりましたが、参加される各位は健康に十分に留意されて、楽しんでください。各社担当者様、ご苦労さまです。
参照:docomo
参照:au
参照:ソフトバンクモバイル
参照:UQWiMAX

【ヨネックス】たった650gのフレーム…だと?

ヨネックス社から重量がわずかに650gと言う超々軽量フレーム「カーボネックス」が発表されています。一見すると、単なるスポーツ用のフレームに見えますが、新素材と新技術の集大成になっています。全体に軽量化しても高剛性を保てるX-フラーレンを搭載し、ゴムの様な弾性と復元性に優れたチタン合金「ゴムメタル」の部分的採用、真円/ボックス等のフレーム形状の取り込み等により、フレーム重量650gを実現できたと言う事の様です。報道資料を見る限り、ガッチガチに固いと言うイメージよりも、荷重を分散して、適度にしならせる事で強度を保つ様な柔らかい感じを受けます。2014年4月からの販売が予定され、フレーム単体での価格は40万円。軽量のタイヤ等も必要になるので、トータルではかなりの金額になると予想されます。
ゴムの様な弾性のチタン合金と言うところから、某強化外骨格に用いられている「展性チタン合金」かと思ってしまいました。もちろん、このフレームには三千の英霊が憑いているとか、学生鞄の中に収納されていると言う事はありません。
参照:超軽量カーボンバイクフレーム「カーボネックス/CARBONEX」

【ロジテック】奥行きの短い光学ドライブ



ロジテック社から、インターフェースを内蔵する事で奥行きを短くした「LDR-PMH8U2シリーズ」が発表されています。奥行きが134mmと言う最短の製品で、その分だけ持ち歩きのしやすい製品です。通常、この種の製品ではIDE/SATA接続の光学ドライブにインターフェース基板を介してUSB接続にしているため、奥行きが基板の分だけ伸びていました。それを内蔵したドライブにする事で短くしたと言う事の様です。もっとも、従来製品でも基板を縦にする事で奥行きを短くしていましたので、ミリ単位でのさでしかないのかも知れませんが。天板は傷に強いアルミ合金で、ボトムはプラスティック製ですが、ケーブルを入れるポケット状の空間が空いています。DVD±R DL/R/RW,DVD-RAM等に対応しており、背面には補助電源用のmicroUSB端子も用意されます。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1,MacOSX 10.5〜10.9で、オンラインでの販売価格は4080円/5180円(各税込)です。
なお、LシリーズとVシリーズはハードウェアが同一で、Lシリーズにはバックアップ&ライティングのToalMedia Backup&Record 3が、VシリーズにはDVDの編集/再生/ライティングのTotal Media Extreme 3が添付されます。まぁ、Macユーザーには関係ないので、安価なLシリーズで十分ですが。
参照:LDR-PMH8U2Lシリーズ
参照:LDR-PMH8U2Vシリーズ

【サンワダイレクト】iPad Air用本革採用ケース

サンワダイレクトより、シンプルイズベスト的なiPad Air用のケース「200-PDA137」が販売されています。シンプルなデザインのケースで、閉じてしまえば仏のノートの様に見えるケースで、うっかりと斜めにしても勝手に出てこない様な飛び出し防止ストッパーが装備されています。もちろん、オートスリープスイッチに対応しており、閉じれば自動的にスリープにはいり、開けば解除されると言う純正のディスプレイカバーと同様の機能を有しています。また裏地が滑りにくい加工になっているため、スタンド代わりに使用したときでも角度は無段階にとる事ができますので、もっとも見やすい角度に固定する事もできます。ちょっとうれしいのは、専用の化粧箱に入れてくれる事で、如何にも皮革製品を使っているかの様な贅沢な気分にさせてくれます。はい、ここ重要です。今の様に潤沢にケースが販売されている状況では、差別化のためには必要な措置です。所有する事の喜び手奴がわかってますね。オンラインでの販売価格は5980円(税込)です。冬コミには厳しいかも知れませんが、ちょいといい感じのケースが欲しい方にはお薦めです。
参照:iPad Airレザーケース(本革・フラップ対応)「200-PDA137シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

木曜日, 12月 26, 2013

【BladeHQ】こんなところにも栓抜きが?!

BladeHQで、同社のネーム入りドッグタグが販売されています。普通にキーリングとして使うも良し、ネックストラップを付けて首から下げる事もできます。ただし、流石はBladeHQで、一筋縄ではいかないタグにしています。このタグには、栓抜きの機能がついています。これさえ身につけていれば、いつでも、どこでも栓が抜けると言う訳ですな。日本の様に王冠付きの瓶が少な居場所だと、あまり使う機会がないわけですが。簡単な製品なので、オンラインでの販売価格も $1.95と非常に安価です。
同人用として、こういうグッズがあってもいいのかも知れませんね。レーザー加工でキャラクタ入れたりして。特に、今はガルパンや艦これ等のミリタリー系作品が多いので、割りといけるんじゃないかと。
参照:Blade HQ Dog Tag w/ Bottle Opener Keychain

【FIREBOX】10秒しか録音/再生ができません?!

サウンドレコーダと言えば長時間の録音/再生が機能の目安ですが、FIREBOXで販売されているHI!はわずかに10秒程度しか録音再生ができない仕様です。言ってしまえば、不在時にディスプレイの脇に貼るポストイット的な、あるいはキーボードに挟む不在メモ的な役割を果たすためのものです。10秒しか録音できないから使い物にならないのではなく、10秒しか録音しないところで使うためのものです。全体はシリコンラバー製で、裏側に磁石がついているので、スチールの机やパーティションに貼付ける事ができます。もちろん、家庭の冷蔵庫等にも。オンラインでの販売価格は£12.99で、レッド/ブルーの2色が用意されます。
参照:HI! MAGNETIC VOICE RECORDER

【CFD販売】Gigabyte社のゲーミングキーボード販売

CFD販売から、GIGABYTE社製のゲーミングキーボード「GK-OSMIUM RED/US」の販売がアナウンスされています。巨大なパームレストが眼につきますが、ZF Electronics社(旧Cherry社)のMX赤軸スイッチを採用したキーボードで、5000万回のキー押し下げに対応できると言う高耐久性の製品です。64キーの同時押し下げにまで対応できますので、ゲームの際のキー操作で困る様な事もないでしょう。GHOST™マクロエンジンによって、5セットのマクロセット切り替えが可能です。この種のゲーミングキーボードでは当たり前の機能となったキーボードバックライトも装備しており、ホイール状のコントローラで明度の調整ができます。また、側面にはUSB3.0の端子とサウンド入出力が用意されており、ボリューム調整もボイール状のコントローラで調整が可能です。キー配列はASCII準拠の英語キーボードですが、この辺りはゲーミングキーボードとしては問題にはならないでしょう。対応OSはWindows XP/Vista/7のみ。店頭予想価格は15000円前後との事です。
参照:GK-OSMIUM RED/US

【サンワサプライ】タブレット端末用の袋状のケース



サンワサプライ社からは、タブレット端末用のカバーも販売されています。ジップロックの様なケースで、タブレット端末を中に入れるだけと言う簡単な構造です。とはいうものの、厚みが0.3mmと言う薄い素材を用いており、タッチパネルの操作にも支障を来しませんし、水滴程度では問題がない位の簡易防水性能は持っています。残念ながらワンサイズで、10.1"クラスのタブレット端末が推奨と言う事で、iPad等ならば問題はないけれどiPad miniだとサイズ的に余ってしまうと言う事でしょう。もちろん、表裏ともに使えるので、1枚で2度おいしい製品と言う事にもなります。オンラインでの販売価格は2940円(税込)です。間もなく冬コミなので、簡易カバーが必要と言う方には向いていると思います。
参照:袋型タブレットカバー「FA-PACK3」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワサプライ様、いつも情報提供ありがとうございます)

【サンワサプライ】ジッ○ロックみたいなキーボードカバー

サンワサプライ社から、簡易な汎用キーボードカバーが販売されています。まるでジップ○ックの様な袋状の製品で、キーボードを内部に入れて使用します。厚みが0.3mmと薄い為にごわごわとした感じも無く、水滴が落ちた程度では問題はありません。サイズもフルサイズキーボード用とミニキーボード用の2種類が用意されるので、たいていのキーボードには合います。ただ、巨大なエルゴノミックキーボードやゲーミングキーボード、パームレスト付きのキーボードの一部等の様に、物理的に入らないケースもあり得ますが。もちろん、ワイヤレスキーボードの方が口をきちんと閉められるのでベターなのでしょうが、口からケーブルを出す事で有線キーボードにも対応できます。また、表裏のいずれの面も使用可能なので、1枚で2度使えると言う経済性も見逃せません。オンラインでの販売価格はフルサイズキーボード用のFA-PACK1が3570円(税込)、ミニサイズ用のFA-PACK2が2835円(税込)です。
参照:袋型キーボードカバー「FA-PACK1」
参照:袋型キーボードカバー(小型)「FA-PACK2」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワサプライ様、いつも情報提供ありがとうございます)

水曜日, 12月 25, 2013

【サンワダイレクト】iPhone5系向け保護ガラスフィルム



サンワダイレクトから、iPhone5/5c/5sに対応したタッチパネル保護用強化ガラスフィルム「200-LCD019BK/W」が販売になっています。厚みはわずかに0.6mmにも関わらず、表面高度が8Hなのでナイフやカッターの刃でも傷がつきにくく、たとえ割れても破片が飛び散らないと言う安全設計になっています。ガラス部分は透過率92%と画面を暗くしにくい設計で、気泡も絶対にはいりません。だって、LCD部分は粘着シートがないんですから。枠だけで貼り付いているので、気泡のはいる余地がないっていうか、気泡しかない訳ですよ。枠部分の色がブラックとホワイトの2色が用意され、オンラインでの販売価格は2480円(税込)。新しくiPhoneを買ったけど、保護フィルムはどうしたらいいの?という方にもお薦めできる商品です。
参照:液晶保護ガラスフィルム(Apple iPhone5s/5c/5用)ブラック
参照:液晶保護ガラスフィルム(Apple iPhone5s/5c/5用)ホワイト
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

【上海問屋】見た目からは想像できないヘッドフォン/スピーカアンプ



上海問屋で、ちょっと良さげなヘッドフォン/スピーカーアンプが販売されています。フロントパネルの赤が鮮やかで、見た目はおとなしそうな感じがあります。オーディオコントローラにTripath社TC2000、デジタルアンプにSTMicroelectronics社STA508を採用し、スピーカー出力に至っては左右合計で最大100Wと言う、見かけからは想像ができないくらいの大出力を有しています。ん〜、アンプは見た目で判断できないっすな。電源はACアダプタ式で、比較的大型になっています。入力はアナログライン入力が一組とステレオマイク入力が1基で、出力はヘッドフォンジャックが1基と、左右スピーカー端子が一対です。スピーカー端子にはバナナプラグが同梱されるので、脱着も容易です。オンラインでの販売価格は出力の分だけ高額になったのか、8999円(税込)です。
参照:ヘッドフォン・スピーカー用 デジタルアンプ

【GoingGear】片手持ちライトセー…じゃありませんが

Going GearでSunwayman社の「V20A」が販売されています。見た目は彫りの浅いライトセーバーの様に見えますが、Cree社のXM-L2を光源として持ち、発光寿命が連続50000時間を誇る高輝度の製品です。ただ、全長は150mm程なので、両手持ちする様なライトセーバーサイズではないのが残念ですが。最大光出力は210ルーメンで、2時間の使用が可能です。ちなみに、Lowモードである1ルーメンの明るさでは100時間持つとされています。電源としては単三乾電池あるいは単三ニッケル水素バッテリを2本用いており、IPX-8相当の防水性能を有します。また、軍規格のTypeIII陽極酸化アルミが使用されているので、外装の強度もお墨付きが出ている様なものです。オンラインでの販売価格は$87.00です。
参照:Sunwayman V20A 2 x AA CREE XM-L2 210 Lumen LED Flashlight

【エレコム】キッチンタイマーにもなるタッチペンとは?!

確かに現在のタッチペンは導電ゴムが端についていれば、デザインはどうにでもなるのは事実ですが、まさかキッチンタイマーに組み込まれるとは?!エレコムから販売されるキッチン向けのアクセサリブランドElecookの製品の一つとして販売される「KTG-TPK01シリーズ」は、大型のLCDを内蔵し、マグネットで鉄の面に貼付ける事ができるキッチンタイマーとしても使用できるタッチペンです。つか、いくらなんでもタイマーとタッチペンを合体させようという発想はそうそう簡単には出てこないんじゃないかと。付け加えるならば、キッチンでタブレット端末を使用すると言うシチュエーションがあまり想像できません。そりゃ、レシピアプリを見ながらの操作って言うのはありますが、タブレット端末/スマフォのいずれでも水回りで使用するのには抵抗がありますし。本体色としてグリーン/ピンク/オレンジの3色が用意されますが、オンラインでの販売価格はでてないです。
参照:画面を操作しながら調理時間を確認できるキッチンタイマー付きタッチペン

【RATIO】コーヒーメーカーがこんなに美しいとは…

う=ん、これは美しいデザインのコーヒーメーカーです。RATIOで予約が始まったコーヒーメーカーは非常に美しいデザインで、未来的でもあるし、懐古趣味的でもあると言った感じのデザインです。金属部分にはニッケルメッキ仕上げのダイキャストアルミ材が用いられ、木の部分はくるみ材。ガラス容器は実験室グレードのものが用いられており、朝のコーヒーが楽しみになる様な気がします。ヒーターには1400Wの大出力の製品が使用され、最高200℃のお湯と言うよりは水蒸気を供給します。シャワーヘッドも、単純なものではなく、挽いたコーヒー豆にまんべんなく降り注ぐ様になっていますので、間違いなくおいしいコーヒーが飲める事と思います。ただし、ペーパーフィルターにはChemex社製の円錐型が用いられ、一般的なものとはちょっと違う様なので、入手性には難があるかも知れません。オンラインでの予約価格は$480ですが、12月一杯は$395となっています。TVドラマ等で使われそうな気がしますね。
参照:A new equation for beautiful coffee.

【明和電機】魚コード復活っ!復活っ!!復活っ!!!

あの明和電機からUSBケーブル「魚(ナ)コードUSB」が販売されます。前世紀に販売されたAC延長ケーブルだった魚コードとは違い、USB-microUSBケーブルなので、かなり小さくなってはいますけど。もっとも、魚の骨をイメージしているため、扱いにくいのは確かです。見た目は単なる魚の骨ですから、いろいろと引っかかったりもするでしょうし。全長は32cm程で、本体色にはブラック/ピンク/アイボリーの3色が用意されます。しっぽ側が通常のUSBコネクタ、魚の頭側にmicroUSBコネクタがついているので、スマフォや電池等を接続する事ができます。オンラインでの販売価格は2625円(税込)です。普通の人が持たない様なケーブルが欲しいと思っている方や、明和電機の製品ならばと思う方はぜひとも。
参照:【グッズ】 魚コードUSB発売

火曜日, 12月 24, 2013

【Reddot Design Award】空気清浄機付きの自転車とは?



Reddot Design Award 2014で、コンセプトデザインが公開されているのですが、着眼点がちょっと変です。空気清浄機付きの自転車のコンセプトデザインで、ハンドルの中央に空気清浄機がついています。走行中にここに流入した空気から汚れを取り除いて後方に吐き出すと言う事の様です。当然電源を必要としますが、これはフレームの太い部分にバッテリが収納される様です。ちょっと待ってください、ライダーが吸う息はここからの空気だけじゃないでしょう、って言う突っ込みはコンセプトデザインの名の下に却下します。こういう願望って言うところですね。チャリ用空気清浄機能付きヘルメットの方が実用的だと思います。さらに、グリーンのところからは酸素を出すと言う事で、植物のイメージがある様です。コンセプトと言っても、ちょっと現実離れし過ぎている様な気がしますが。
参照:Air-Purifier Bike

【Deal eXtreme】テンキーとハブ付きマウスパッド

テンキーは使わない時には使わないのですが、ないと困ると言う事もあります。Deal eXtremeで販売しているのは、テンキーユニット付きのマウスパッドです。テンキーユニットの位置はマウスパッドの左側固定で、ミニキーボードやノートPC等と併用する様になっています。テンキーの奥側には3ポートのUSBハブが用意されているので、内部的には4ポートのハブの1ポートにテンキーがつながっている感じでしょうか?接続ケーブルは1mと長いので、デスクサイドのPCに接続しても余裕があります。最近は見かけなくなった製品ですが、意外と便利かも知れません。オンラインでの販売価格は3032円程です。
参照:DISUN 3-in-1 USB 2.0 Numeric Keypad + 3-Port USB 2.0 Port + Mouse Pad - Black (100cm-Cable)