web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 3月 14, 2015

【BladeHQ】レバーアクション式のペン

BladeHQで、Microtechブランドのレバー式のペンが面白いです。比較的短めのペン軸ですが、クリップに当たる部分が非常に大型のレバーになっており、これを開く事で擬似的にペン軸を伸ばす事ができる構造です。ペン先はこのレバーに連動して出し入れしますので、ペン先を痛める事もありません。替芯にはパイロットのゲルインクカートリッジを使用するので、入手性も高いと思います。ディフェンスペンではFischer社等の替芯を使う事が多いのですが、これはそう言うペンではありませんから。とは言うものの、実はペン軸はステンレス、レバーの固定ラッチにはチタン合金が採用されているので、それなりに強度はあります。レバー開かなければペン先はでないので、凶器にはならないっすよ?ただ、お値段は割りと高額で、オンラインでの販売価格は$165.00もします。まぁ、このメカニズムにピピッと来た方以外には購入はお薦めしませんが。
以前にちょっと紹介した事があったんですが、最近ではないので、再度紹介しておきます。

参照:Microtech Marfione Custom Siphon Pen Black SS & Flame Ti

【Kirsten Camara】デジタル化できないメモを永遠に書ける机?

正確に言うとPCですくではないんですが、この机はちょっと欲しいです。消耗品交換が大変そうだけど。Kirsten Camara氏の手によるデザイン「ANALOG MEMORY DESK」は、ロール紙をテーブルクロス代わりに使った机で、ふとした時にいくらでもメモ書きが可能です。そして、書き込むところがなくなれば、ロール紙を巻き取って、新たに書き込むスペースを作り出せると言う訳です。デジタル化されていない情報を記録する為に、アナログメモリーと。しかも、電源はいらないし、ロール紙がある限りいくらでも書き込む事が出来ます。難を言えば、ロール紙が十二分に重いので、脱着が大変そうだと言う事でしょう。実用になるかどうかは別にしても、確かに、作業していてこういうデスクが欲しいと思う事はありますね。どこかのメーカーで、生産/販売してくれないもんすかね?
参照:ANALOG MEMORY DESK

【タカラトミー】お子様向けのスマートウォッチ?!

タカラトミーから、まさかのお子様向けスマートウォッチ「プレイウォッチ」が販売されます。時計画面だけで、アナログ/デジタル各25種類から選択が可能で、子供の手にはちょっと大きめな感じ。各種ボタンも、子供の指には押し易いサイズにセットされています。カメラも内蔵しており、VGA解像度の静止画やQVGA解像度の動画の記録が可能です。ただし、動画は1録画あたり最大で60秒までと言う制限がつきます。内蔵するストレージ量は大きくないと予想されますが、microSDカード等での拡張は出来ません。また、内蔵マイクで録音したり、サウンドエフェクトをかけかける事が出来ます。ただし、この腕時計には麻酔銃は内蔵されていませんので、他人の声色で事件を解決する事は出来そうにありません。う〜ん、少年探偵にはなれませんか。ブルー/ピンク/ホワイト/パープルの4色が用意され、オンラインでの販売価格は7980円(税抜き)です。6月の出荷が予定されています。中身はVTech社のKidizoom Smartwatchと言う商品の日本語ローカライズ版で、お子様向けには面白いかと。

参照:「プレイウォッチ」

【ストラップヤ】トーストがiPhone6にのっている?!

受け狙い以外の何者でもないです。ストラップヤで予約販売が始まっているのが、食品サンプルを使用したiPhoneケースです。この種の商品は割りと多いのですが、これは流石に使えません。何しろ、厚でのトースト、しかも目玉焼き付きですから、こんなんネタ以外で使う事はないでしょう。何しろ、そちらの厚みだけでiPhoneの倍以上なんですから、携帯するのは無理。とは言うものの、精巧に出来た食品サンプルは流石は日本の職人さんが作っただけのことがあるもので、信じられないくらいに出来が良く、今にも切り口から湯気が立ち上りそうです。恐ろしいのは黄身の部分の再現性で、芯までは固くなっておらず、断面が乱れているところまで再現されています。絶対に、外人さんに受けますよ、これは!ちなみに、パンの左右が独立した商品なので、購入時には選択が可能です。iPhone6専用で、3月下旬の販売が予定されています。オンラインの販売価格は3800円(税抜き)です。
参照:[予約][iPhone6専用]食品サンプルカバー(パン)[3月下旬入荷予定]

金曜日, 3月 13, 2015

【サンワダイレクト】USB接続のアナログVGAディスプレイアダプタ

サンワダイレクトから、USB接続のVGAディスプレイアダプタ「500-KC002N」が販売されています。最近はデジタル接続のディスプレイも多いのですが、プロジェクタ等はVGAの製品も多く、かといって、PC側にはDVI/HDMI/DisplayPortしかないので接続できない等と言う話も良く聞きます。そう言う時にはこれですね。USB接続で、出力はVGA形式のアナログ接続。掌サイズの製品なので、持ち運びも楽です。もちろん、ミラーリングと拡張デスクトップの両方に対応し、最大表示分解能は1920 x 1080。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1です。内部チップの構成によっては、今後、Macから使える事があるかもしれません。オンラインでの販売価格は5480円(税込)です。
参照:USB-VGA変換アダプタ(ディスプレイ増設・マルチディスプレイ対応・USB入力・VGA出力)「500-KC002N」
ご購入はこちらから iconお願いします
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

【Belkin】USB Type-C接続のケーブル



先日の新MacBookの直後に発表されたChromeBook Pixel(2015)にもUSB Type-Cのコネクタが採用された事で、今後はこのコネクタとケーブルが主流になるだろうと思われます。で、早速ですが、Belkin社からType-Cのケーブル各種が発表されていますので、新MacBook購入時までにケーブルが見つからなかった際には(そんな事はないだろうけど)、Belkin社のケーブルをお忘れなく。なお、GigabitEthernetアダプタも、夏までには何倍が予定されているそうです。ちょっと心配したんですが、販売までにはある程度の環境が整いそうですね。
参照:CHARGE, SYNC AND TRANSFER WITH BELKIN’S NEW LINE OF USB-C CABLES

【Force Training Institute】銃弾をものともしないバッグの秘密?

最近は、何やら物騒な感じで、待ちを歩いていても、いつテロに巻き込まれるかわかりません。飯テロは別にしても。日本では未だないでしょうが、今後は街中で銃撃戦に遭遇なんて事態にならないとも限らないっすね。で、そ言う時に用意しておきたいのがこのバッグ。Force Training Instituteで販売している「MTS™ MULTI-THREAT SHIELD」なのですが、一見すると単なるメッセンジャーバッグですが、実は何層ものケブラー繊維を重ねた防弾盾になります。ケブラー繊維と言えば、防弾チョッキ等に良く使われている繊維で、防弾効果も十分です。外装には1680デニールのバリスティックナイロンが採用されているので、ちょっとやそっとではケブラー繊維が外に出て来る事はありません。もちろん、このバッグのままでは身を守るには十分でない面積ですので、実際に使用する際には展開して、およそ2倍程度の面積になります。もちろん、こういう形状では、バッグとしての収納容量は少ない訳ですが、それでも拳銃を入れておく様なポケットや、雑誌程度がはいるスリットが用意されています。これさえあれば、街中で銃撃戦に出会っても、なんとか逃げ延びる事が可能ではないかと思います。いや、サバゲに向いているかと言われると???ですけども。オンラインでの販売価格は$899です。身を守る代金としては安価かも知れません。

参照:MTS™ MULTI-THREAT SHIELD

【KickStarter】最小の携帯型水力発電ユニット

KickStarterで、世界最小の水力発電ユニットなるものが資金調達に当たっています。BlueFreedomなのですが、確かに小型サイズの発電ユニットです。実際には画像の外側の黒い部分がメインユニットで、中央にある青いファンが水力を動力にかえるユニットになります。使用する際には、両者をケーブルでつなぎ、ファンを川等の流れに放り込むだけ。中央の開いた部分はどこかの木にでも引っ掛けて、流れに引っ張られない様に固定するために使います。メインユニットにはバッテリが内蔵されており、ここからUSBバスパワーの形で、外部に給電を行います。非常用やアウトドア用には向いていると思うのですが、例えば、彼女とのデート中にスマフォのバッテリが切れて、運良く近くに小川があるなんて言うシチュエーションはまずないでしょう。募集期間を7週間程残した時点で、目標金額の2/3程度を集金しているので、商品化される可能性は高いと思います。ただ、本当に世界最小なのかについては疑問です。以前に、このブログでも紹介したんですが、全没式水中発電ユニットが販売されており、それもだいぶ小型でしたから。もちろん、分離式の為、水中に入るユニットとしては最小になるでしょうけど。

参照:Blue Freedom | The World's Smallest Hydropower Plant

【Smith & Wesson】TANTOスタイルのビッグナイフ

銃器メーカーとして有名なSmith & Wesson社から、大型のナイフ「S&W Bullseye Search & Rescue Black Tanto Blade Knife」が販売されています。ブレード形状がTANTOなので、パッと見では鍔を変えた小刀か匕首の様にも見えてしまいますが。有り体に言ってしまえば、銃剣にも見えますね。そこ、銃剣と書いてバイヨネットと読まない様に。祝福儀礼も施されていませんし、聖水もかかってないと思います、多分。全長は267mmで、ブレード長は152mm。明らかに携帯していたらおまわりさんが飛んできます。レスキュー用とは言ってるんですが、どう見てもベルトカッター等はありませんので、やはり山歩き用のものと考えた方がいいでしょう。山岳救助隊向けと言ってもいいかも知れません。用途としては鉈か、山刀の様な感じでしょう。なお、砥石用ポケット付きのバリスティックナイロン製シースが付属するので、腰に固定しておく事が容易ですし、沢の水があれば研ぎだす事も可能になります。オンラインでの販売価格は$38.95で、意外と安価です。やはり、TANTOスタイルのブレードはいいっすね。
参照:S&W Bullseye Search & Rescue Black Tanto Blade Knife

【フォーカルポイント】バッテリ内蔵型iPhone6系用ケース

フォーカルポイント社から、mophie社のJuice packのiPhone6系対応版が発表されています。このシリーズはiPhone6一体型のバッテリ内蔵ケースで、mophie社からは発表済みの製品です。iPhone6用にはjuice pack Plus/Air、iPhone6Plus用にはjuice Packが用意され、それぞれに内蔵したバッテリは3300mAh/2750mAh/2600mAhになります。バッテリ内蔵したことで厚めにはなってしまいますが、一体型の為に持ち運びにも問題はなさそうです。何よりも安心なのは、この製品がMFi認証済みだと言うこと。iOSのバージョンに依存する事なく、安心して使用できます。また、バッテリ側電源スイッチは別についているので、任意のタイミングで充電開始する事が可能です。なお、Plusのみ内側にバンパーがあり、外部からの衝撃をある程度抑え込んでくれる様です。airモデルとiPhone6Plusモデルはラバー製のサポートパッドのみなので、若干かも知れませんが、衝撃には弱そうです。オンラインストアでの販売価格は15984円/12744円/12744円(各税込)です。iPhone6で長時間使用が必要な方は、分離型よりもいいのではないかと。
参照:mophie juice pack plus for iPhone 6

参照:mophie juice pack air for iPhone 6
参照:mophie juice pack for iPhone 6 Plus

木曜日, 3月 12, 2015

【上海問屋】護身?あんなものは飾りです、エロい人にはそれが…

上海問屋で、長いフラッシュライトが販売されています。全長が27cmにもなると言う長さで、丁度バットを細く短くした様な形状です。本体はお約束通りのアルミ合金製で、重量も電池を入れて220gとかなり軽量です。点灯スイッチはテールにありますが、ここは出っ張ったままで保護されていません。全長が27cmもあると、鞄等には入れにくい訳ですが、そこは軽い金属パイプと思っていただいて…。春先になると、変な輩も増えてきますからね。あ、いえいえ、これはフラッシュライトですから、夜道でも明るく照らし出せますので、女性でも安全に帰宅できると言う訳ですよ。出来れば、肩から下げられる様な、ショルダーベルトを取り付け可能になっていると良かったのですが、その点は残念です。万が一の際には、非常手段としても利用は出来ますがお薦めはしません。もっとも、不慣れな素人が操るのは、相手に奪われる等した時に対応が出来なくなるので、日々の訓練を怠らない様にしていただきたいものです。これで、その訓練をしてください。オンラインでの販売価格は699円(税込)です。
参照:棍棒型 護身用ミニLEDライト

【ThinkGeek】極薄の非常用バッテリ

ThinkGeekで、薄型の外付けバッテリ「LithiumCard - Hypercharger」が販売されています。厚みと言うか、薄さ5.5mmのカード型のバッテリで、Lightningコネクタ直結専用になります。この厚みはiPhone6よりも薄く、手軽に持ち歩けるデザインです。充電用のUSBコネクタは本体内部収納され、必要に応じてフリップアウトして使用します。Lightningコネクタは長辺側に収納され引き出して使用します。ただし、その分だけバッテリ容量は不足気味で、内容量はわずかに1200mAhしかありません。従って、これ一台で完全に充電を行うのではなく、緊急避難的に一時的な充電を行うのが主と考えられます。オンラインでの販売価格は$49.99。なお、microUSBバージョンも用意されます。
参照:LithiumCard - Hypercharger

【ストラップヤ】ふぅじこちゃ〜ん?!

この絵柄は、ちょっと上の世代にとっては懐かしく、今の方には新鮮に見えるのかも知れません。新ルパン三世の頃の絵柄ですからね。用意されているのは3種類で、ルパン三世、次元大介、峰不二子ですが、やはり懐かしく思えるのは峰不二子。これ、オープニングのカットですよね。個人的にはデリンジャーに口紅を装填するシーンとか、立ち姿も捨て難いと思うのですが、これはいい感じがします。次元大介はキャラに合わせた渋い感じ。ルパン三世も確かオープニングのカットでしたか?いい感じがします。まぁ、ビジネスの場に持ち出せる様なケースではありませんが、プライベートで使うのには、あまりにも有名な作品ですので、問題はないかと。そのてのイベントに行く分にはまったく問題無しな感じはあります。本体はポリカーボネート製で、iPhone6専用のケースになります。オンラインでの販売価格は2000円(税抜き)です。
参照:iPhone6専用]ルパン三世キャラクタージャケット[ケース/カバー](峰不二子)

【ストラップヤ】夢の国専用のiPhoneケース?

ストラップヤで、およそ、実用性が高いとは思えないiPhone用ケースが販売されています。デザインの元はミニーちゃんのリボン。夢の国に行く時や、お子さんには受けが宜しいかも知れませんが、街中で使うには大変恥ずかしいです。つか、どう見てもサラリーマンな方が、鞄からこれを取り出して通話するのを見たらどん引きです。素材はTPUなので、比較的柔らかく、装着や取り外しは容易になります。背面カメラの使用も可能ですし、Lightningコネクタ及びヘッドセットジャックも開いているので、各ケーブルの取り付けも問題ありません。ただし、各種ドックの接続は無理!また、周辺機器によっては、接続できない事もあります。何しろ、リボンの形の板がついている様なものですからね。本体デザインは3種類が用意され、それぞれ柄が違っていますが、ミニーちゃんと言えばこの赤地に白の水玉模様でしょう。夢の国専用にしてもいいかも知れません。iPhone6専用になり、オンラインでの販売価格は2480円(税抜き)です。
参照:[iPhone6専用]ディズニー ミニーちゃん でかリボンケース(レッド)

【LaCie】新MacBook用の外付けHDDに如何?

先頃発表された新MacBook及びMacBookAirに共通した問題点と言えば、内蔵ストレージデバイスが貧弱な事。標準128GBと言うのは、ちょっと使い始めると不足に感じます。外付けHDDを使えばいい訳ですが、今ひとつ良いデザインもないとお嘆きの貴兄。LaCie社のPorsche Design Mobile Driveは如何でしょうか?元々がMacBook系との親和性を考慮してデザインされている事もあり、それほどの違和感なく利用できます。容量も500GB/1TB/2TBの3製品が用意されるので、TimeMachineのバックアップ先に使用するのにも十分です。接続インターフェースはUSB3.0で、新MacBookとの接続もケーブル一本で済みます。付属するケーブルはUSB Type-C対応品で、通常のUSBコネクタとの接続用ケーブルも付属します。ケースは3mm厚のアルミ合金製で、内部のドライブからの放熱対策も十分です。つか、こういうケース仕様でないとLaCie社製品らしくない訳ですが。日本国内での販売は未発表ですが、日本代理店の
エレコム社から何らかの発表があると思います。
参照:Porsche Design Mobile Drive

水曜日, 3月 11, 2015

【AWE me】ドラゴン殺しに出会う前の剣…だと?

鍛冶職人達による架空の剣の3D化と考えると、これは当然の有様でしょう。最新作として製作されたのは、「ベルセルク」の主人公ガッツが、ドラゴン殺しの前にふるっていた剣です。無銘とは言え、かなり大型の剣になります。たとえ優秀な職人集団とは言っても、ドラゴン殺しはそうそう簡単に製作できるとは思えませんし。物理的に無理っすね。こちらにしたのは正解です。ドラゴン殺し程ではないにせよ、対人用の剣として、ガッツが初期の鷹の団時代に使用していた剣で、相当なサイズになります。使徒や使徒擬には簡単には通用しませんが、対人用としては相当に有効な武器になります。もちろん、これを自由にふれるのであればと言う前提ですが。多分、これを持てる人等は、現世にはガッツ以外にはいないでしょう。それにしても、そんな剣を作ってしまう等とは…。いつかはドラゴン殺しに挑戦して欲しいところです。次に製作するとすれば斬魄刀なのかなぁ?

参照:Guts' Pre-Dragonslayer Sword (Berserk) - MAN AT ARMS: REFORGED

【ストラップヤ】ミルキーはママの味、ではこのケースは何味?



ストラップヤからiPhone6専用のケースが販売されています。不二家のキャラクターであるペコちゃん/ポコちゃんを採用したケースで、一見するとミルキーの小袋の様に見えます。背面側には大きくキャラクター画が描かれているのですが、やはり、昔見たものとは微妙に違う気がします。背面カメラ部は開いているので、撮影等に支障は来しません。ケースそのものは柔らかいTPU素材で出来ており、装着そのものも容易になっています。もちろん、途中で外れる事はありません。オンラインでの販売価格は2680円(税抜き)です。う〜ん、この辺までキャラクターが行き着いていると、昔の看板等を題材としたものがでてきてもおかしくはないですねぇ。
参照:[iPhone6専用]不二家ミルキー ダイカットキャラクタージャケット[ケース/カバー](ポコちゃん)
参照:[iPhone6専用]不二家ミルキー ダイカットキャラクタージャケット[ケース/カバー](ペコちゃん)

【GriffinTech.】AppleWatch専用充電スタンド

GriffinTech.社からAppleWatch専用の充電スタンドが発表されています。流石です、仕事が早いです。AppleWatchは、ご存知の通りに、充電は電磁誘導式。とは言っても、マグネットで固定するタイプなので、密着性が高く、充電効率もいい様です。ただ、標準の充電器は小型なので、うっかりするとどこかに行ってしまいそうです。と言う訳で、そんな貴方にはGriffinTech.社のWatchStandです。中央に聳り立つタワーの上に充電器をのせてケーブルは内筒の周囲をはわせて底面まで下げ、そこから背面方向に引き出します。つまり、これがあればベルトを汚す事なく充電が行え、その性能は通常の充電器と同等って訳です。つか、標準の充電器を使っているんですから当たり前ですよね。もちろん、マグネット固定式なので、タワーの上からAppleWatchが落ちる事もありません。意外と行けるんじゃね?と思うんですが、この辺りはどうなんでしょう?現在のオンラインでの販売価格は$29.99です。
参照:WatchStand

火曜日, 3月 10, 2015

【Apple】MacBook Airも中身はすごい

Appleからは、MacBook Airのリニューアルが発表されています。第5世代のCore i5デュアルコアプロセッサを内蔵し、最大使用時間は9時間/11"モデル、12時間/13"モデルとなっています。新型MacBookと並び立てるやも知れません。ちょっと厚いけど、MacBook系のキーボードが優秀なのはご存知の通りで、入力には何の問題もありゃしません。h社のキーボードは曲がるわ、フニャフニャだわで、まともに使えないっすよ。トラックパッドは新MacBookと同じ感圧式の4点センサ内蔵型。外部インターフェースには新たにThunderbolt2が採用され、無線LANはIEEE802.11acの3ストリーミングに対応して、理論上の最大通信速度は1300Mbps。残念ながらRetiaディスプレイは非搭載ですが、普通に使うには十分な性能です。CPUは1.6GHz駆動なのは共通で、ストレージが128GB/256GB、サイズの違いで4製品が用意されます。オンラインでの販売価格は102800円/126800円、13"モデルで、112800円/136800円となっています(各税抜き)。10万円を越えましたが、マグセーフ2は残った様ですので、ケーブルを引っ掛ける事で本体破損と言うのは避けられそうです
参照:MacBook Air

【Apple】地味ながらもボアアップしたMacBook Pro

Apple社からは、地味にMacBook Proのアップデートも発表されています。15"モデルはCPUの都合で据え置きですが、クァッドコアCPUがリリースされればマイナーバージョンアップされるかも知れません。13"モデルはCPUが第5世代Core i5デュアルコアになり、GPUもIntel Iris Graphics 6100を内蔵しています。クロックは標準で2.7GHz/2.9GHzで、BTOでCore i7/3.1GHzが選択できます。画面解像度は2560x1600で、トラックパッドに新MacBookと同じ感圧式トラックパッドが採用されています。キーボードはそのままですが、MacBook Pro系のキーボードは元々入力し易いので、劣る様な事はありません。T社のD本なんてすごいんですよ、ひど過ぎて笑うくらいに。外部インターフェースはThunderbolt2が2ポート、USB3.0が2ポート、SDXCメモリカードスロットが1ポートです。この辺りも変わりません。ストレージはPCIeベースのSSDで、128GB/256GB/512GBが標準で用意されますが、BTOでは1TBまで選択できます。オンラインでの販売価格は2.7GHz/128GBモデルが148800円、2.9GHz/512GBモデルが208800円です。内側が大きく変わっていますが、外側は変わっていませんし、カラーモデルもないです。
参照:MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

【サンコー】多くのスマフォで使える俯瞰型スタンド



サンコーレアモノショップで、スマフォ用のアームスタンドが販売されています。スマフォを固定して、上から俯瞰するスキャナとして使用する事が出来ます。同種のスタンドは以前からありましたが、販売価格が2980円(税込)と非常に安価なので、お買いなっています。アームの先にスマフォを取り付ける為、ぶれの方向が上下方向に限定されますので、フォーカスが合わない事があっても、左右方向へのぶれは生じにくいです。その為、雑誌や立体物のスキャンも容易です。出来れば、セルフタイマーを使用した方が確実に撮れるとは思いますが。シャッターを押す方向は、ぶれの方向とほぼ同一ですから、下手すればフォーカスが合わなくなっちゃいます。自画撮り棒として使えない事もないですが、あまり向かないでしょうねぇ。スマフォそのものはがっちりと固定されますが、短辺の幅が82mmまでの製品に限定されます。
参照:立体物も書類もバシッと撮れる!「スマホがっちりアームスタンド」

【ストラップヤ】驚くべき耐衝撃/防水性能がこの薄さで?

ストラップヤで、iPhone6専用の薄型防水/耐衝撃ケースが販売されています。防水はまだしも、耐衝撃性のケースの場合、外装に衝撃吸収材を使用する為に厚くなりがちなのですが、この商品ではわずかに1.1cmしかありません。では、防水/耐衝撃性能の点で他社製品よりも劣るかと言うに、IP68相当の性能を持っています。水深5mに耐え、2mの高さからの落下をものともしないと言う、ある意味、恐るべきケースです。もちろん、TouchIDには対応していますし、背面カメラの使用も問題なさそうです。音量調整ボタンは外部から操作できますが、無音切り替えスイッチはダイアル方式で変更するのが目新しいです。Lightningコネクタ周りがカバーで覆われているのですが、お使いのケーブルのコネクタによっては、取り外しての接続が必要になるかも知れません。これは他社製品でも同様ですが。本体の基本色はブラックですが、背面側にワンポイントでオレンジのラインが入ったモデルと、全体が黒のモデルの2種類が用意されます。オンラインでの販売価格は9500円(税抜き)です。ここまでの耐衝撃性があれば、結構、応用範囲が広がりそうです。
参照:[iPhone6専用]catalyst カタリスト 防水iPhoneケース

【Apple】 女神様,私が落としたのはその金のMacBookです!

まさか、MacBookの名称が復活し、それが金色だとは思いもよりませんでした。実際にはiPhone6系と似たシルバー/ゴールド/スペースグレイの3色ですが。Appleからは新型のMacBookが発表されています。予想通りに12"サイズで、画面解像度は2304x1440のRetinaディスプレイを搭載し、トラックパッドとキーボードが一新された為、極度に薄いモデルになりました。重量はわずかに900g程。トラックパッドはセンサを4基内蔵したガラス製で、薄型化の影響もあってか、クリックは出来ません。タッピングのみです。キートップの支持架はパンタグラフ式ですが、薄型化に合わせて、新設計のものが採用されています。かなり変わった打鍵感を与えるでしょう。また、内部は薄型のバッテリがほとんどを占め、ロジックボードは非常に小型化されています。公称では、Webブラウジングで連続9時間、iTunesによる再生で連続10時間としています。なお、放熱用のファンはなく、表面からの放熱になる様なので、本体にホットスポットが発生する可能性はあります。外部ポートもUSB-Cのみで、これだけで電源から、USBから、ディスプレイまで兼用出来るそうです。と言う事は、何らかの形式で、サードパーティ製のUSBハブ付きのドックがリリースされるものと思います。メモリはオンボードの8GBのみ。CPUにはデュアルコアのCoreMを搭載し、1.1GHzモデルは256GBのSSDを搭載し、1.2GHzモデルは512GBのSSDを搭載します。オンラインストアでの販売価格は148800円/184800円が提示されています。
参照:MacBook

月曜日, 3月 09, 2015

【SureFire】リストライト付き腕時計の使い道とは?

SureFire社から、ライト付きの腕時計「2211® Luminox® WristLight」が販売されています。どうやって使うのかと言えば、拳銃を保持した場合等ですが、一応、汎用的に使えるのは間違いないです。サバゲで使うならレイルに取り付ける方がいいだろうとは思うのですが、そこまで大げさにしなくてもいいかと言うのと、意外にフラッシュライトを使う機会は多いので、このような商品の方が汎用性と言う点ではいいいのではないかと。本体は米軍仕様のアルミ合金製で、リストバンドはラバー製。強度と耐久性を兼ね備えます。フラッシュライトとしては最大光出力300lmで、出力は3段階切り替えが可能です。バッテリは充電式Li-Ionバッテリで、充電はUSBバスパワーで行います。時計部分はLuminox製で、文字盤には自己発光カプセルが内蔵されており、くらい場所でも時間がわかる様になっています。サバゲで見つかっても知りませんが。使い方によっては、ヘッドランプより使い易いと思いますね。国内でも正規販売代理店から販売されている様ですが、オープンプライスでした。
参照:SureFire 2211® Luminox® WristLight

【ストラップヤ】iPhone6専用のアルミ製バンパー

ストラップヤでiPhone6専用の金属製バンパーが販売されています。本体は上下2個のパーツで1セットですが、脱着には工具を必要としません。その為、装着も容易です。また、本体背面保護用のフィルムや、ディスプレイ保護ガラス等も装備可能で、本体をかなり強力に保護する構成をとれます。とは言え、厚みがありますから、各種ボタンはバンパー装着時にも押せる様になっていますし、ヘッドセットジャックやLightningコネクタ部分は開いているので、そのまま接続する事が出来ます。ただし、コネクタ部分が厚くなっているケーブルは、これを外さないと接続できない可能性があります。本体はアルミ合金製で軽量ですが、iPhone6のみの対応です。iPhone6Plus未対応ですのでお気をつけ下さい。本体色としてオールブラック/シャンパンゴールド/スペースグレー/プレーンシルバー/ライトニングブルー/レッド/ネイビーの7色が用意され、本体価格は5000円(税抜き)です。う〜ん、こういうのはレッドやブルーの様な色が目立っていいすね。
参照:[iPhone6専用]クリスタルアーマー メタルバンパー

【Silicon-Power】Mac用耐衝撃性ハードディスク

Silicon Power社から、Mac用の外付けハードディスク「Armor A65M」が発表されています。2.5"のハードディスクを内蔵した製品で、用意される容量は500GB/1TB/2TBの3機種。接続インターフェースはUSB3.0で、HFS+でフォーマットされて出荷されます。もちろん、MacOSX用と言う事で、TimeMachineに対応します。特筆すべきは防塵/防水/耐衝撃性能で、防水と防塵についてはIP67相当。水深1mで30分間放置しても問題はありませんし、粉塵が内部にはいらない耐塵型と言う事になります。耐衝撃に関しても、内蔵ハードディスクは外装と内部の2層のシリコンラバーで保護されている為、衝撃を伝えにくくなっています。そのため、米軍の規格であるMIL-STD-810G 516.6 Procedure IVをクリアしています。自由落下では122cmからの落下に耐えるそうです。日本国内での販売がどうなるかわかりませんが、販売して欲しいところですね。
参照:Armor A65M

日曜日, 3月 08, 2015

【CRKT】日本刀の柄の様なグリップのナイフ

CRKTには、日本かぶれのデザイナーさんが二人いる様で、一人が以前に紹介したJames Williams氏。もう一人が今回紹介のLucas Burnley氏です。方向性が違うんですが。Lucas氏のデザインはグリップ部分が日本刀の様な作りになっているのが特徴です。一応、反りも再現はしていますが、刃そのものの形状は普通です。一瞬、切っ先が小烏丸かとも思ったんですが、諸刃の剣形態ではありませんでした。この形状が出来たのは、フォールディングナイフではないからなのですが、それにしてもよくよく似せてきたものと思います。出来れば、鞘には木を使って欲しかったところですが、残念ながら、ガラス繊維強化型のナイロン製となっています。なお、ブレード素材は鋼ではなく、クロモリ鋼です。硬度は56-58と柔らかめですが、ブレードは窒化チタンコーティングされています。ブレード長は72mmなので、長さだけだと小柄くらいっすか?懐剣には小さい様です。オンラインでの販売価格は$59.99です。

参照:Akari - Designed by Lucas Burnley

【IndiesGoGO】盗まれにくい自転車とは?

自転車と言うのは手軽に扱える乗り物ではありますが、盗難の可能性も極めて大きいと言う現実があります。簡単なロックやチェーンでは切断されてしまいますが、IndiesGoGoで資金調達に当たっているYERKAならばその点は大丈夫かも知れません。一手間かかりますけど。この自転車ですが、タイヤロックや盗難防止チェーンの代わりに、フレームの一部を使用して盗難を防止します。なるほど、この方式ならばチェーンカッターで切断する事が出来ませんし、仮に切断したとしたら使い物にならなくなります。二重の意味で盗難防止になっている訳です。サドル部を固定するのはキーで行いますが、開錠はBluetooth経由で行う事も可能です。これ、例えば10m以上離れたらアラームが鳴る様になっていると、より効果的じゃないか等と思ったりして。募集期間を6週間程残した段階で、目標金額の7割にまで到達していますので、商品化される可能性は高いかと。

参照:YERKA - 'The Unstealable Bike'

【Nylon Journal】ホネホネロックか?!



 Nylon Journalで販売されているニーハイソックスですが、足の骨が絵柄として描かれています。まぁ、印刷なんでしょうが。ニーハイソックスに何らかの絵柄を印刷したり、編み込みのパターンで表現する製品はありましたが、ストレートに骨って言うのは面白いです。やぁ、透け透けじゃないですか。如何にも、ゴスロリ調の衣装に似合いそうな感じがあります。これで、腕の骨を描いたロングの手袋でもあれば面白いのですが。残念ながらワンサイズのみしかなく、オンラインでの販売価格は$16です。
参考までに、タイトルのホネホネロックについては、こちらを参照してください。
参照:Skeleton Over Knee Socks

【上海問屋】カードを入れられるiPhone6Plus専用ケース

上海問屋で、iPone6Plus専用のケースが販売されています。このケース、背面にカードを1枚入れるスペースがあり、そこにSUICA/PASMO等のカードを入れておく事が出来ます。カードを入れられるケースって、iPhone6Plus用だと手帳型がほとんどなので、そう言う意味からも貴重な存在です。ちょっと珍しいのはこのカードの収納カバーで、横にスライドさせる形式になっています。背面側はプラスティックですので、電磁波を遮る様な事はなく、電子マネーカード等を使用するのに問題はありません。ただ、電磁波遮断シート等はなさそうなので、誤動作がちょっと気になりますが、実使用ではあまり大きな問題にはなりにくいと思います。前面側はTPU素材で、カラーはブラックのみ。背面側はブラック/グレイ/シルバー/ゴールドの4色が用意されます。なお、ほおフィルムの類いは内容ですので、別途購入する必要があります。オンラインでの販売価格は999円(税込)です。厚みが14mm程になりますが、カードを同時に持ち運べるのは大きなメリットでしょう。
参照:iPhone6 Plus用 カード収納付ケース