web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 11月 17, 2012

【Belkin】iPad mini用のケース兼用キーボード

Belkin社からiPad mini専用のキーボード「Portable Keyboard Case for iPad mini」が発表されています。このキーボードはiPad miniのサイズに合わせた製品で、従来のiPad用製品より一回り以上小さくなっています。iPad miniとの接続はBluetoothになり、最大使用時間は155時間。内蔵バッテリの充電はUSBバスパワーで行われ、専用のmicroUSBケーブルが同梱されます。背面にあたる部分にはカメラレンズ用の穴はありませんが、半分が折れ曲がる様になっているので、撮影に支障はありません。また、折れ曲がる事で、デスクトップで使用する際には安定したスタンド脚代わりになります。オンラインでの販売価格は$79.99です。まだ、iPad mini用の周辺機器は少ない訳で、そういう意味ではまだ貴重な商品と言えます。
参照:Portable Keyboard Case for iPad mini

【Qugo】立ち乗り電動トライクル

Qugo社から、3輪のセグウェイと言った感じの立ち乗り電動スクーター「Personal Urban Transporter」が発表されています。3輪社なので、セグウェイよりも運転はしやすくなっています。最大速度25km/h、1チャージあたりの最大航続距離は25kmとなっています。ですから、極々近距離移動用の、軽量コミュータという事になります。外観からお分かりの通り、サドルの類いはありませんが、ハンドル部分を後ろ側に倒して、自動車等に積み込む事も可能な様です。チャージ時間は3〜4時間で、9〜12Ahのリチウムイオンバッテリを内蔵しています。ハンドルは上側に向いて直立させるため、ブレーキレバーは上に向かって開いた形状になっています。このハンドルならば、この方が使いやすそうですしね。最大速度の25km/hはあちらではヘルメット等も不要との事ですが、日本ではこのあたりはどうなるかがわかりません。ヘルメット不要でも、3輪車という事で普通運転免許が必要かもしれませんから。日本でも販売されるといいのですが、許認可が大変そうでもあります。

参照:Qugo Personal Urban Transporter

【iKey】モバイル用途とは特殊用途のこと?

iKey社からポインティングデバイス一体型の小型キーボード「SWB-86-TP」が発表されています。あちらでは、パトカー等に検索用のシステムが組み込まれており、操作するキーボードが必要です。まぁ、ターミネータ2のT-1000搭乗のシーンあたりを参考にしていただけければと思うのですが。そういう用途を主に考えられたキーボードの様です。ですから、キーボート自体は防水/防滴/防塵構造になっており、簡単に機能障害を起こす様になってはいません。また、基本機能を損なう事なく小型化するために、全体はホームベースを横に広げた様な形状になっており、各キーはバックライト付き。接続そのものはUSBなので、Windowsキーボードが使用できるシステムから利用が可能です。一般的なモバイル用途という訳ではありませんが、社債システムを組んでいる方にはいいのかもしれません。

参照:SWB-86-TP

【CoExist】空気圧で走るバイク…だと…?

以前に、空気エンジンで走る自動車を紹介した事がありましたが、今度は同じく空気エンジンを用いた、CoExist社のバイク「O2 Pursuit」を紹介します。ヤマハ製のWR250Rをベースとして、それからエンジンとタンクを取っ払って、その代わりにボンベを備え付けた感じです。空気エンジンと書くと如何にもすごそうな感じがありますが、要するに圧縮空気を動力源として、その噴射を機械的な回転に変えている訳です。例えるなら、膨らませた風船の口から噴射した空気を、口の前に置いた風車で機械的な回転に変えているという感じでしょうか。実際にはタイヤに動力伝達して、駆動力に変えている訳ですが。タンク内圧が低下すると出力が下がる事と最大航続距離が短い事が、従来の空気エンジンの問題点でした。このO2 Pursuitで動力源として用いられているのは、ダイビング用の空気タンクです。内圧の低下は避けられませんが、容易に交換する事が可能で、ボンベの充填も比較的簡易に行えるのが特徴です。最大航続距離は100km、最大速度は140km/hと、実用上は十分な仕様になっています。マリンスポーツ等と組み合わせる事ができる土地では、タンクの充填にも事欠かないので、レンタルバイクとして使用する事も可能かもしれません。

参照:A Long-Range Motorcycle, Powered By Nothing But Air

金曜日, 11月 16, 2012

【ダーマポイント】高耐久性のフルサイズキーボード

ダーマポイント社から、ゲーミングキーボード「DRTCKB109UP1」が発表されています。キースライダーにプランジャー構造のアクチュエータを取り付けて、耐久性も2000万回もの打鍵に耐えるのが特徴です。ご存知の通り、特にFPSに於いては特定のキーの耐久性が求められる事が少なくありません。とは言え、これだけの耐久性があれば、ちょっとやそっとの事では文句は出ないでしょう。また、Nキーロールオーバーに対応し、USBフルスピードの転送速度に対応しているので、キーの取りこぼしはまずありません。キー配列は日本語109キーですが、Windowsキーは左右に1個ずつが用意されています。隠れたメリットとして、USBケーブルは左右に振り分ける事ができるので、どちらに本体があっても問題なく接続できます。見た目以上に強力なキーボードとして使い物になるでしょう。オンラインでの販売価格は3980円程。割りと安価な気がします。
参照:ダーマタクティカルキーボード 「DRTCKB109UP1」

【GriffinTech.】豪快にAirPlayに対応しました?!

AirPlayに対応するには様々な方法がありますが、GriffinTech社の「Twenty」では豪快な方法でこれに対応しています。あまりにも目から鱗の方法なので、すごいとしか言えません。特に、先代までのAirMacExpressベースステーションが余っているという方は、必見です。まず、AirPlayへの対応に付いては、基本的にはベースステーションが行っており、これと光デジタルで接続する事でサウンドを出力すると言う、一見すると汎用のアンプです。重要なのはその上面で、天板には大きなボリュームコントロール用のつまみと、AirMacExpressベースステーション用の電源アダプタ部分が付いており、ユーザーはここにベースステーションを取り付けて、Twentyと光デジタル接続すればいい事になります。つまり、無線LANからAirPlayのメインの部分はベースステーションに任せるけれど、見かけ上は一体型にしたと言った感じです。現行のベースステーションは、横に置くなり、上面の空いている部分に置くなりすればいいので、それほど問題にはなりません。アンプ部はデジタルアンプが採用され、サブウーファーを加えた2.1chシステムを組む事ができます。出力は、各チャンネル20Wです。これからAirPlayを使用したいけど、設定がよくわからんという方にはいいのではないかと思います。オンラインでの販売価格は$99.99です。

参照:Twenty

手錠の鍵は外さないで?!

ジェームス・ボンドの秘密兵器の様な感じがしないでもありませんが、鍵穴がデザインされたカフスがsparrowslockpicks.comで予約販売されています。なんとか、クリスマスには間に合わせます的な事が書いてあるので、早めに予約すれば日本でも間に合うかもしれませんが。単に鍵穴がデザインされているというだけではなく、カフスそのものを固定するための留め金の部分が手錠を外す鍵になっています。例えば、悪漢に捕まって、手錠をかけられたとしても、このカフスを使って手錠を外す事ができるかもしれません。ああ、違法な事に使わない方がいいと思いますがね。逃亡によって、罪が増えていきますから。その際の身柄の安全は保障されません。つか、あちらならば射殺されるレベルです。オンラインでの販売価格は、通常は$69ですが、予約特別価格は$59となっています。
参照:Sparrows UNCUFF LINK

クトゥルフ信者向けのピアス

ThinkGeekで、たこの脚形の耳飾りと言うか、ピアスと言うかが販売されています。耳にピアス穴を開けている方用の製品ですが、耳全体に絡み付く様なたこの足がデザインされており、まさに悪魔の魚の異名通りの不思議な感覚になっています。何か、まだ竜の様なものの方が実在しない事がわかっているので、ましな感じがしますけど。このピアスだと、合わせる衣装の方がかなり強烈でなければならないという気になります。まさか、たこの足ではなく、クトゥルフの触腕なんて事はないと思います。まぁ、ルルイエが浮上してきても、精神的ショックを受ける事はないでしょう。全体は金属製で、いぶし銀的な感じに仕上げられているので、かなりいい感じの表面になっています。なお、ニッケルが含まれているので、金属アレルギーのある方は使用を避けるか、確認した方がよろしい様です。オンラインでの販売価格は$34.99です。
ん、つるつるしたものが壁にぶつかる様な音がしてきたぞ?ああ、窓に、窓に!
参照:Tentacle Ear Wrap

乾燥肌が気になってきたらこの一本!

USB.Nrandoで、円筒型のミニ加湿器が販売されています。日本では大分乾燥が進んできた感があり、のどやお肌の具合にはよくない季節が到来しました。せめて机周りだけでも乾燥を防ぎたいところですが、過失気を使う程大げさにはしたくはないという事もあろうかと思います。そんな時に、USBバスパワー電源を使用した小型の加湿器は如何でしょう?花瓶型となっていますが、まぁ、ほぼ円筒形の形状の加湿器で、66mmφ x 166mm(H)とあまり大きなサイズではありません。この商品では、USBバスパワー供給を電源としているので、PCのUSBポートやバスパワー供給のバッテリ/電源アダプタ等で利用可能になっています。本体色はブラウンとグリーンの2色が用意され、オンラインでの販売価格は$22.00です。
参照:USB Vase Mini Humidifier

木曜日, 11月 15, 2012

火星大王の末裔が紅茶を入れてくれます?!

何ともレトロな感じのロボットが、褐色の湯船に浸かっている…訳ではなく、紅茶を入れるためのティーバッグの親戚と言ってもいい商品です。kikkerlandで販売されています。腕は肩の部分を軸に180度程の稼動領域を持ち、手首も回転する位はできるので、たいていの深さのカップ/ポットに対応できます。パンチ穴の開いたロボット本体に茶葉を入れたティーバッグを入れて、それをティーカップなり、ティーポットなりに入れ成分の抽出を行うと言った製品です。多分、コーヒーや緑茶等でも煎れられない事はないと思うのですが、やはり、気分的には紅茶が一番似合いそうです。オンラインでの販売価格は$12.00。kikkerlandは日本向けのサイトがありますが、すべての商品が扱われている訳ではない上、日本語ではないと言う…。
参照:Robot Tea Infuser

【サンワダイレクト】カラフルなiPhone5専用バンパー

サンワダイレクトで、iPhone5専用のバンパーカバー「200-PDA101」が販売されています。iPhone5の側面全体をカバーするアルミ合金製の版バーと、液晶面と背面を保護するフィルムとのセット商品になり、操作性を損なう事なく、全体をカバーできるのが特徴です。装着はスライド式なので簡単にでき、四隅以外にも配置されたクッション材で衝撃を和らげる効果があります。また、液晶面と背面に貼付ける保護フィルムもセットになっており、貼付ける事によって傷等から保護できますが、これによってタッチパネル操作が影響を受ける事はありません。この辺りは、従来品と同様ですね。バンパーは派手な光沢のないタイプが使用され、ブルー/シルバー/ガンメタル/ブラック/レッドの5色が用意されます。オンラインでの販売価格は、各色ともに3480円(税込み)。まだ、裸のままでiPhoneを使用している方は、落下時の衝撃を抑えるためにも、こういうバンパーを使用した方がいいと思いますよ。
参照:iPhone 5バンパーケース(アルミ・カラー・スライド式・ストラップ穴付)「200-PDA101シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

【WDC】MacユーザーもUSB3.0で4TBの環境を!

WesternDigital社から、USB3.0接続の外付けハードディスク「My Book® Studio™」のMac対応と、4TBモデルが追加された事が発表されました。従来からあるMy Book® Studio™ for MacのシリーズはUSB2.0接続の製品で、USB3.0接続のMy Book® Studio™に比べると、仕様上は転送速度が遅く、導入するメリットが低いと言わざるを得ませんでした。ほとんどのユーザが知っている通り、USB3.0接続のMy Book® Studio™を再初期化すればMacintoshでも使える訳ですから、USB3.0搭載のMacintoshならばその方が高速転送が見込める訳です。という訳で、このモデルでもMacがサポートされたのと、このシリーズに4TBのモデルが追加されたと言う点が大きなメリットになります。TimeMachineでのバックアップにも対応し、通常使用する分には問題ない程度の転送速度が得られるので、現在の外付けハードディスクに不満を持っておられるユーザには向くのではないかと。あちらでのオンラインストアでの販売価格は$209.99です。
参照:WD® Offers Mac Users USB 3.0 Connectivity with New My Book® Studio™ External Hard Drive

【mLogic】Thunderbolt接続のハードディスクケース



mLogic社から、Thunderbolt接続の外付けハードディスクケース「mLink」が発表されています。納期が2〜3週間先という事なので、流通の関係上、年内の入手が難しい可能性がありますが。本体はちょっとぽっちゃりとした感じで、アルミ合金製の側板とセンターのプラスティックで構成されています。側面はやや丸みが帯びたデザイン、というよりはアップル社製品のデザインポリシーに近い形状で、割となじみやすいのではないかと。また、簡単に倒れたりしないように、側面に大きくはみ出す形式の補助脚が用意されます。入出力はThunderboltが2ポートあるので、デイジーチェーン接続が可能です。中身はといえば、SATA接続の2.5"径のハードディスクまたは物理互換のSSDが装着可能で、画像からは1台が内蔵できるように思えます。背面パネルを見ると多単一ドライブしか入らないように見えますが、向こう側にもう1台取り付けられそうな感じがあります。このあたり、記載がないんでわかりにくいですけど。製品紹介には内蔵したハードディスクがホットスワッパブルであるかのような記述がありますが、ケースそのものはインターフェース上の仕様で取り外し可能ですが、内蔵したハードディスクはホットスワッパブルではなく、固定運用になります。最大転送能力の700MB/Sec超というのも、2台のSSDでRAID0構成であれば納得いきますし。オンラインの販売価格$399も、ハードウェアRAIDコントローラ付きならば納得いきます。謎が多すぎて、ちょっと様子見をしたい感じの商品ですね。もう少し情報を公開した方がいいような気がします。
参照:mLink

【colette】誰でもあのスマホの形のパンができます

オンラインストアのColletで、あのスマホの形のパンケーキを製作するための型枠が販売されています。鉄製と思われる型枠で、ご丁寧にもスピーカとホームボタン、各アイコンの部分を分離する様な形式になっており、焼き上げた時には、アイコン部分が四角く囲まれた様になります。ここに任意の食用着色料夜食品、調味料等でアイコンを模したデザインにすれば、スマホの形のパンが出来上がるという訳です。オンラインでの販売価格は税込みで1211円。為替レートで多少上下するとは思いますが、意外と安い感じがします。
参照:"Phone" Cake Pan

7ポートのUSB3.0ハブに充電専用ポートが付いています

USB.Brandoで、USB3.0のハブが販売されています。見た目は普通に8ポートのハブですが、実際には7ポートのUSB3.0ハブと1ポートの充電専用ポートという構成になっており、8個のポートがハブとして使えるという事ではなさそうです。なお、充電専用ポートはコネクタが赤くなっており、ハブ用ポートが青くなっているのですぐに判別ができます。付属するACアダプタは5V/4Aと強力なものなので、実用上は問題なく利用が可能でしょう。5V/900mAの電力供給が可能という仕様を考えると、少々不足気味の様ではありますが。多分、動的に供給電力の割当ができるので、構成によってはiPadの充電も可能な様です。対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、その他にMacBookPro(2012)も使用可能という事ですから、MacOSX 10.7/10.8でも利用可能という事と思います。
参照:7-Port USB 3.0 + 1-Port Charging Hub

水曜日, 11月 14, 2012

【エレコム】国内でもThunderbolt接続のeSATAハブが?!

LaCie社の日本総代理店のエレコム社から、LaCie社のThunderbolt接続のeSATAアダプタ「eSATA Hub Thunderbolt™」の販売がアナウンスされています。LaCie社が発表した時にも紹介したのですが、外見は同社の2.5"ハードディスクを2台内蔵するハードディスクケースを流用したかの様です。eSATAハブというよりは、2ポートのeSATAアダプタと言った方がいいんじゃないかと思うくらいで、何かが違うんじゃないかなと思う訳ですよ。ThunderboltそのものはPCI Expressのx1相当のデバイスを外部に接続できると考えてよく、多分、ケース内部にはeSATAボード相当の機能が入っているんじゃないかな、と。この先には2台のeSATA接続のハードディスクが接続できるので、今までの資産がそのままいかせます。さらに、eSATAそのものは規格が3Gbpsまでなので、転送能力としては十分に余裕がある事になります。もちろん、Thunderboltポートは2ポート用意されているので、デイジーチェーン接続も可能です。現在、eSATA接続のハードディスクを使用しているけれど、それがネックで新型機に乗り換えできないという方は、これを使うと幸せになれるかもしれません。
参照:eSATA周辺機器をThunderboltで新型Macに接続可能!“eSATA Hub Thunderbolt™”を発売

【アイオーデータ】無線LANルータが小さいにもほどが…

I−O・データ機器社から超々小型サイズの無線LANルータ「WN-TR2シリーズ」が発表されています。USB接続の有線LANアダプタと言ってもおかしくないサイズで、USBコネクタ収納時には22mm(W)×65mm(D)×15mm(H)となります。このサイズに電源となるUSBコネクタに接続するためのコネクタと有線LANポートが用意されているので、見た目以上に小さく見えます。過去にもUSBバスパワー供給の無線LANルータはありましたが、LAN/WAN別の有線ポートを持たせたために、比較的大きなサイズでした。LAN/WAN兼用とする事で有線LANポートを1ポートとし、これを回避した様です。有線LANポートは100BASE-TX/10BASE-Tに対応し、無線LANは2.4GHz帯を使用するIEEE802.11b/g/nに対応しています。最大通信速度は150Mbpsです。なお、USBポートに接続はしますが、実際にはバスパワーで電力供給を受けるだけで、接続は無線LAN経由となります。そのため、クライアントOSは幅広く、公式にはWindows XP/Vista/7/8,MacOSX 10.4以降となっています。本体色はブラック/ホワイトの2色が用意され、オンラインの販売価格は3400円(税別)です。オフ会等のちょっとしたメーティングには便利かもしれません。
参照:nテクノロジー対応 150Mbps(規格値)ポケットルーター「WN-TR2シリーズ」

【aiptek】ユニバーサルDockコネクタ直結のピコプロジェクト

Aiptek社から、ユニバーサルDockコネクタ経由で接続するタイプのピコプロジェクタ「MobileCinema i20」が販売されています。ユニバーサルDockコネクタ直結のため、現行のLightningコネクタ装備のモデルでの利用には疑問が残りますが。光源はRGBのLEDで、光学エンジンには分解能960 x 540のLCoSが搭載されています。コントラスト比は120:1で、最大で対角127cmの画面が出力可能です。つか、これ以上は暗くなりすぎて見えないってことだとは思いますが。バッテリは容量950mAhのリチウムポリマーバッテリが内蔵されているので、接続したiOSマシンの内蔵バッテリへの負担を減らす事ができます。対応OSはiOS4.0以降で、ムービーの再生等の出力が可能です。ユニバーサルDockコネクタ装備のiOSマシンで、外部モニタへの出力を考慮されている方ならばお薦めしできるのでは?そろそろ、世代交代かもしれませんし。
参照:MobileCinema i20

バスパワー電力供給可能な無線LAN対応NAS

USB.Brandoで、外部バッテリにもなる無線LAN接続のNASの様な製品が販売されています。2.4GHz帯を使用するIEEE802.11b/g/nに対応し、内蔵バッテリは2600mAh。1ポートのUSBポートが用意されており、ここから外部の機器に対して電力供給する事もできますし、ここに接続されたフラッシュメモリ/カードリーダ/HDDに収納されたファイルへのアクセスも可能になっています。残念ながら、外部電力供給とフラッシュメモリ等の同時使用はできない様です。バッテリ容量は、スマホやタブレット端末に使用するには、少々心もとない気がしますけど。クライアントの対応OSはiOS4.0以降、Android2.3以降、MacOSX 10.5/10.6/10.7、Windows XP/Vista/7です。
参照:UNITEK Wi-Fi DAS

【エレコム】マルチタッチジェスチャ対応ワイヤレスキーボード

Windows8に合わせた周辺機器の販売が続いていますが、入力機器としてはタッチパッド関連の商品が多くなっている様です。エレコム社から発表されている「TK-FDP055シリーズ」もそういった商品の一つで、テンキーユニットの代わりにマルチタッチジェスチャ対応のタッチパッドを装備したワイヤレスキーボードです。テンキーユニットがないとは言っても、タッチパッド部から数字入力ができる様に切り替えられるので、それほど不安視する必要はありません。タッチパッド部はWindows8のマルチタッチジェスチャの打、3本指までの操作13種類に対応しており、タッチパネル装備機とほぼ同じ操作が可能です。ただし、実行には専用ドライバのインストールが必要な事と、Windows8以外では使用に制限があるので注意です。キートップはアイソレーション方式が採用されており、支持架にはパンタグラフ式が採用されています。レシーバは超小型の製品が同梱され、移動時にはキーボード内部に収納できますので、なくす事もないでしょう。電源は単3乾電池が2本です。対応OSはWindows Xp/Vista/7/8で、オンラインでの販売価格は8431円(税込み)です。
参照:タッチパッド付きワイヤレスキーボード「TK-FDP055シリーズ」

ハッピー・クトゥルフ・フタグン

今年もこの季節がやって参りました。イア・イア・クトゥルフ・フタグン!クリスマスまで後一月ちょっとですが、そろそろ、商売的にはクリスマスシーズン目当ての商品が各販売店に並ぶ頃です。特にツリーに飾るオーナメントの類いは、クリスマス直前までがシーズンですから、年に一回の販売チャンスという事になります。様々なオーナメントがありますが、ThinkGeekで販売しているのはクトゥルフのオーナメントです。昨年も販売されていた様な気がしますが、クトゥルフファンな方のツリーには必須のものと言えるでしょう。テケリ・リ。オンラインでの販売価格も$7.99と比較的安価なので、購入しやすいと思います。ダゴン秘密教団のミサにすら行けない方は、このオーナメントをツリーに飾り、ツリーの周りを踊り狂う事で忠誠を示してはどうでしょう?フングルイー・ムグルウナフ・クトゥル…。
参照:Cthulhu Ornament

火曜日, 11月 13, 2012

【サンワダイレクト】マウスが小さいにもほどがある!

サンワダイレクトで超小型のマウス「400-MA041シリーズ」が販売されています。持ち運びを主体と考えるマウスの場合、小型軽量である事が一つの条件となっています。如何にして持ち運びの際にかさばらない様にするかと言う点に各社が腐心している訳ですが、特にワイヤードのマウスはケーブルの収納が必要なので、もう一段階の工夫が必要になります。このシリーズでは、厚みがわずか15mmの本体に、一般的な3ボタン+スクロールホイールのマウス機能を盛り込んだ製品で、ケーブルはマウスの周囲をはわせる様に固定します。コネクタはマウス底面に固定するため、マウスにしては珍しいシールドのないタイプ。ケーブル長も53.5cm程が確保されているので、小型のノートPCならば何とかなるでしょう。ただし、利き腕とは反対面にしかコネクタがない場合には、ちょっと使い勝手が悪いかもしれません。カラビナがつけられる様にもなっていますが、これは多分にケーブルの収納のために必要不可欠なサイズを確保するために、余った部分を流用したのではないかと。本体色はブラック/レッド/シルバーの3色が用意され、オンラインでの販売価格は1280円(税込み)。特にWindowsのネットブックを持ち歩く方は、これがベターではないかと思います。
参照:小型巻き取りマウス(トラベルマウス)「400-MA041シリーズ」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます)

【エレコム】小さいっていうにもほどがああるぞ!

エレコム社から、超小型のUSBフラッシュメモリ「MF-KSU2シリーズ」が発表されています。従来も、ノートPCに取り付けたままケースに入れられるサイズのフラッシュメモリ「MF-SU2シリーズ」がありましたが、この商品ではより小型に見えます。多分、外部にはみ出す部分が円筒形になっているので、そう見えるだけかもしれません。二次的なメリットとして、円筒形にした事で取り外しやすくなっています。フラッシュメモリ部分の小型化/大容量化に伴って、このような製品が出てきたのでしょうが、使い勝手は良さそうです。接続はUSB2.0で、用意される容量は16GB/32GBの2機種。個人的には、32GBモデルを推奨します。特にMacBookAir等の薄型ノートPCはSSD容量が少ないので、持ち歩く際に手軽に使えるサブストレージとして使えます。
参照:装着したままでも気にならないスタイリッシュな超小型USBメモリ

【PFU】今度のScanSnapは一味違う!

PFUからスキャンスナップシリーズのドキュメントスキャナ「ix500」が発表されています。大きな特徴として、新開発の画像処理エンジンの搭載により、スキャナ側で高速な画像処理を可能にした点があり、従来よりも25%高速化したスキャニングを可能にしました。それに伴い、機構部系も改良された様です。また、Wi-Fi-対応により、スマホやタブレット端末との親和性を高め、各種クラウドサービスとの連携が可能になった点も見逃せません。従来もEvernote等に対応していましたが、今回の製品ではDropBoxにも対応しました。もちろん、通常の有線接続もサポートしており、USB3.0での接続が可能になっており、高解像度でのスキャンでの待ち時間が減る事が期待されます。対応OSはiOS4.3以降、Android2.2以降。PCでの動作環境はWindows XP/Vista/7/8,MacOSX 10.6/10.7/10.8です。ただし、付属ソフトはWindowsのみのものが多い様です。一時期程ではないのですが、現在も自炊用途はある訳で、それがタブレット端末だけでできるのは便利かもしれません。
参照:ScanSnap iX500

【システックコア】鍵付きってレベルじゃねぇ〜ぞ、こりゃ!

システックコア社から、強固なデータ保護用ハードディスク「誰にも見えない秘密金庫ポータブルハードディスク版」が発表されています。ハードディスク自体は2.5"径のハードディスクで、容量は500GB。AES256bit暗号化にハードウェアレベルで対応し、接続はUSB2.0/3.0で、バスパワーで動作します。対応OSはWindows XP/Vista/7/8。重要なのは、DVR仮想化技術と独自のファイルシステムを採用している事で、通常のWindowsマシンにそのまま接続しても認識されないと言う点です。隠されている領域なので、ここへのアクセスは専用のドライバソフトを使用しなければならず、特殊なファイルシステムと相まって、ウィルスやデータ盗難にきわめて強い構造になっています。ただし、専用のドライバソフトが必要なため、対応OS以外での利用は不可能という事になります。データを秘匿しなければならないけれど、ハードディスク単位で運ばなければならないと言う、きわめて狭い領域の製品と言えます。

参照:誰にも見えない秘密金庫ポータブルハードディスク版

【Lamborghini】来年モデルのAventadorロードスター

スーパーカーと言われると、やはり真っ先に思い浮かべるのはランボルギーニですが、現在の最上位モデルであるAventadorのLP700-4ロードスターに、2013/14年モデルが追加されていました。アヴェンタドール自体はカウンタックの流れを汲む最上位モデルで、全体のフォルムやフロントに向かって跳ね上げる形式のドア等に、その面影を見る事ができます。つや消しブラックの天井は取り外し式ですが、他の部分との色合いが合わなすぎて、これは屋根をつけてはいけない車種なのだ、と。何か、海苔を貼付けたみたいというか、タラちゃんカットに見えると言うか。外した状態では非常に洗練されたモデルで、フロントから見た面構えも割りといい感じです。アメリカに西海岸あたりや、地中海沿岸を高速で走る姿が似合う様に思います。最高速度は350km/h、0-100km/hの加速時間は3秒と、従来からは大きく変わった点はありません。つか、早すぎて変え様がないと思うのですが。販売予定価格は本体のみの価格で€300,000。貧乏人にできるのは、壁紙をこれにするくらいなんでしょう。
参照:AVENTADOR LP 700-4 ROADSTER

月曜日, 11月 12, 2012

【サンワサプライ】ホコリが入りにくい蓋付きのリーダ/ライタ

サンワサプライ社から、ユニークな視点のメモリカードリーダライタ「ADR-3シリーズ」が発表されています。ユニークな視点というの他でもありません。ほとんどのメモリカードリーダ/ライタはメモリスロットの部分は開放されており、よく書けばすぐに使用できる様になっているのですが、悪く書けばホコリや異物が入り放題とも言えます。この製品では、スロット前面にゴム製の蓋を設ける事で、ホコリが入るのを防ぐ事になります。搭載するメモリカードスロットによって、SD/SDHC/SDXCメモリカードスロットを搭載した「ADR-3SDUBK」、CFカードスロット搭載の「ADR-3CFUBK」、両方を兼ね備えた「ADR-3SDCFUBK」の3種類の製品が用意されています。CFスロットはUDMA転送に対応し、SD/SDHC/SDXCスロットはUHS-Iに対応しているので、高速な転送が期待されます。Windows/XP/Vista/7/8、MacOSXに対応し、接続はUSB3.0です。もちろん、USB2.0での接続も可能ですから、旧来のUSB2.0環境でも使えますが。オンラインでの販売価格は、3570円/3045円/3885円(税込み)です。
参照:ゴム製カバー付きで、大切なメディアをホコリから守るマルチカードリーダー

ライトセーバーは手作りの味です?!



ThinkGeekで販売されている、ライトセーバー風のアイスキャンデー作成器です。単体で氷点下まで温度を下げるのは、たとえフォースの力を使っても無理っぽいので、冷蔵庫を使用します。それなりに大型の冷蔵庫は必要です。アイスキャンデーの柄は最利用可能なライトセーバー風で、1セットにはルークのものが2本、ヴェイダー卿のものが2本付属しますので、お子様にはダークサイドに落ちない様に注意してあげてください。他の製品と違うのは、この柄の部分に電池を組み込む事ができ、ライトアップさせる事ができる点です。従って、アイスクリームには向かず、必ずアイスキャンデー、それも半透明のものに限定されます。電池は単4乾電池がそれぞれに2本で、これは作成中には外しておかなければなりません。動作不良の元になりますから。ちょっと面倒ではありますが、お子さんの笑顔は得られると思いますよ。オンラインでの販売価格は$34.99。

参照:Star Wars Glowing Lightsaber Ice Pop Maker

【ZanaDesign】フラッシュメモリにしては高価な理由は?

Zana Design社から、超豪華版のUSBフラッシュメモリ「APOPHIS」が発表されています。小惑星Apophisに基づいて命名された製品は、主として樹齢200年のアフリカンブラックウッドでできています。磨き上げられた木目と、側面から十字に走る18金かシルバーのラインが美しいです。まぁ、これだけでもゴージャス感がありますが、正真正銘の隕石からとられた高純度ダイヤモンドも用いられているそうですから、これがレアアイテムとしての魅力を高めています。そのため、オンラインでの販売価格はゴールドモデルが$1990、シルバーモデルが$1130です。 とは言うものの、基本となるフラッシュメモリ部分がおざなりになっていると言う訳ではなく、USB3.0接続の64GBという仕様です。転送速度も190MB/Secとかなり高速ですから、実際に使用しても何ら問題は無いでしょう、使う事ができればの話ですが。
参照:APOPHIS

日曜日, 11月 11, 2012

主人がオオアリクイに…

有名なスパムメールのタイトルに「主人がオオアリクイに殺されて一年が経ちました」って言うのがありますが、蟻にとってはまさにそういう状況になるのがUncleMiltonで販売されているオオアリクイ型の補虫器「Anteater Bug Vac™」です。要するに真空掃除機と同じ原理で、小型の昆虫を吸い取るというものです。吸い取られた昆虫は、胸部にある透明なケースに入るので、改めて適切なサイズの観察箱に移して観察します。全体のデザインがオオアリクイなので、蟻の様な小型昆虫の捕獲を主として考えられていたのでしょうが、どうしても先のメールタイトルが思い出されてしまいます。まぁ、蟻にとってはそういう事に近い状況だとは思うのですが。動作には単三乾電池が4本必要で、オンラインでの販売価格は$24.99です。
参照:Anteater Bug Vac™

【flatmate】薄型のパソコンデスクは安定するのか?

厚めの板状のパソコンデスク「Flatmate」がなかなかスペースファクターがよくて、日本にも合うんじゃないかと思います。折り畳んだ状態では710mm(w) x 122mm(D) x 1135mm(H)という厚めの板状になり、上側が開いて机の天板になります。天板のサイズは710mm(H) x 420mm(V)と割りに広く、17”クラスのノートPCくらいならば十分に置いて作業ができそうです。天板を開いた壁側にはスリットがあり、ここにサイズの異なる棚状のスペースを配置して、小物を置く事もできますが、空間そのものはあまり大きくはありません。その代わりという訳ではないのですが、本体左右には蓋があり、内部はモノ入れになっていますから、アダプタやこまごまとした書類等も入れておく事ができます。ただし、デザインからもわかる通り、そのままでは非常に不安定です。特に天板を開いた状態で手を載せると、手前に倒れてきそうです。おそらくは壁に固定するのだとは思いますけど。
参照:flatmate

【コレガ】羊の皮をかぶったオオカミ的な無線LANルータ

コレガ社から、2.4GHz帯を使用する無線LANルータ「CG-WLR300GNZシリーズ」が発表されています。WAN側有線LANポートを自動識別する「つながるポート」の採用と、無線LANポートの接続を容易に行うための「つながるCD」の添付により、設定がかなり楽なのが特徴です。もちろん、WPSボタンも装備しており、こちらでの接続設定も可能になっています。初心者でも楽に設定できるかと。ただし、仕様部分はちょっと凶悪で、無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応し、最大通信速度は300Mbps。スループットは最大138Mbps程と高速なので、実用的ではないかと思います。有線LANポートはGigabitEthernet対応で、WAN側1ポート/LAN側4ポートが用意され、最大スループットは856Mbps。通信速度は理論値としても、スループットでこれだけ出れば十分な気がします。5GHz対応版を出して欲しいところですが。なお、シリーズは通常パッケージ版と簡易パッケージ版が用意され、いずれも11月中旬の販売が予定されています。オンラインストアでの販売価格は、通常パッケージ版が5980円(税込み)、簡易パッケージ版が5860円(税込み)です。
参照:11n/g/b 規格&有線ギガ対応 無線LANルータ「CG-WLR300GNZシリーズ」