web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 8月 08, 2015

【センチュリー】外付けハードディスクケースに…HDMI端子…だと?!

センチュリー社から、秋葉館でThunderbolt2/USB3.0接続の外付けケース「AKiTiO Thunder2 Duo Pro」を販売すると発表がありました。2.5"/3.5"径のHDD/SSDを2台内蔵する形式で、それぞれのドライブは独立して認識されます。SSDをソフトウェアRAID0で構成した場合、Thunderbolt2接続のリード時で785MB/Sec、ライト時で645MB/Secが公称値として出ています。USB3.0接続時はそれぞれ354MB/Sec,338MB/Secになります。能力としては十分ではないかと。なお、背面にはHDMI端子がありますが、メディアプレイヤーとして、再生する機能があると言う訳じゃなくて、Thunderbolt接続時にディスプレイを接続する事で、HDMI端子のデュsプレイを接続できると言う事の様です。極論すれば、HDD/SSDを入れなくても利用は可能と。オンラインでの販売価格は49800円(税別)ですが、実際に使用するにはHDD/SSDが別に必要になります。
参照:AKiTiO Thunder2 Duo Pro [T2DP-THU3IAA-AKTU]

【上海問屋】自撮り用クリップ式超広角レンズ

上海問屋でクリップ式の超広角レンズが販売されています。倍率が0.4倍と言う事で、魚眼レンズ並み。レンズ径は30mmφで、ケラレの生じないギリギリの倍率の様です。そのまま付ける分には問題なさそうですが、スマフォを何らかのケースに入れておくと、その厚みでケラレが生じる可能性があります。まぁ、ケラレが発生したら、わずかに拡大すれば済む訳ですが、それだと広角の魅力が半減ですから。縁をカバーするバンパーは、よほど巨大でない限りは、問題なさそうですが。クリップ式のため、表裏いずれのカメラにも対応可能で、多くのスマフォに取り付けで来ます。最近流行の自撮りや、多人数での記念写真の際にはいいのではないかと。また、固定倍率のレンズが一つだけなので、クリップからレンズを取り外す必要もなく、輸送に気を使わなくて済むのがありがたいところです。オンラインでの販売価格は1499円(税込)です。
参照:スーパーワイド自撮りレンズ (大口径30mm/拡大倍率0.4倍)

【サンコー】どこでもグルーガン?!

グルーガンと言うのは、専用の固体ノリを熱で溶かして接着する工具で、最近では専用の固体ノリが100均ショップに並ぶくらいになりました。サンコーレアモノショップで販売するのは、電源としてUSBバスパワーを使用するグルーガンです。発熱を伴うので、とてもUSBバスパワーで使用出来るとは思えなかったのですが、良く考えれば、既に電ドラやハンダゴテが販売されている訳で、それほどの心配はいらなかったのかも知れません。バスパワーバッテリ等も使用出来る訳で、いつでも、どこでもグルーガンを使用して接着が出来る様になります。極端な話、ちょっとした補修であれば、ワンフェスの会場内でも出来る訳で、意外と重宝しそうな気がします。オンラインでの販売価格は1980円(税込)です。
参照:USBグルーガン

【サンワサイレクト】汎用のタブレット端末ホルダーとは?



サンワダイレクトから、ユニークなタブレット端末用ハンドルホルダーが販売されます。このホルダー、ハンドル部に専用のゴムバンドを取り付けて、タブレット端末の対角に引っ掛けると言う形式で、バンドは7"〜8"用と9"〜10"用の2種類が用意されます。バンドを付け替えるだけで両サイズに対応できるのと、カバーを付けたままでも取り付け可能と言う点がうれしいところです。ハンドルはベルクロでサイズ調整が可能なタイプなので、たいていの手のサイズには合います。また、固定も確実に行なえるので、コミケ等の会場でミニタブレットを手に持って移動する事も可能です。いや、まぁ、見本誌を見たりするのには外さなければならないので、ちょっと不便ではありますが。なお、このハンドル部分はスタンド脚としても利用が可能ですし、360°回転するので、思ったよりも便利です。オンラインでの販売価格は1980円(税込)です。
参照:タブレットハンドルホルダー(スタンド機能・iPad Air 2/iPad mini 3対応)「200-TABA001」
サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます

【RazerZone】ゲーム専用キーパッドは他にも使えるのか?

RazerZoneでは、左手専用のゲーミングキーパッド「Orbweaver CHROMA」が発表されています。この種のキーパッドは従来からもありましたが、CHROMAの名の通りに、カラフルなバックライトが特徴的で、これは1677万色から選択が可能になっています。従来はキーバックライトがあっても単色である事が多かった訳ですが、フルカラーからの選択が可能になった事で盛り上がり方が違います。また、発光パターンも複数から選択が出来ます。キー数は30個で、すべてがプログラマブル。マクロの長さは無制限で、多分、ハードディスクの容量に依存するのだと。これはゲームだけではなく、描画用のマクロキーとしても使える事を意味します。コミックスやイラストを描いている方にゲームパッドのユーザが多いのは、決してゲーム好きと言う理由だけではないでしょう。キースイッチには新開発のRazerメカニカルキースイッチが採用されています。親指で操作する8方向のパッドも搭載し、パームレストやパッド部分の位置の微調整も可能です。対応ドライバは同社のSynapseになり、現状はWindowsのみの対応。MacOSXへの対応は検討中だそうです。8月14日からの出荷が予定されており、オンラインストアでの販売価格は$129.99です。夏コミの原稿には間に合いませんが、冬コミの製作には十分に間に合いそうです。
参照:Orbweaver Chroma

【Prometheus】キーの形をしたチタン合金製ツールとは?

Prometheus社からキー型のマルチツール「Epsilon EKO」が販売されています。一般的なキーのサイズとほぼ同じで、キーホルダーにも同時に取り付けておけます。多分、「特殊なキー」と言い切れば、それとはわからないんじゃないでしょうか?全長はわずかに50mm程ですが、厚みは約3mmと分厚くなっています。材質はチタン合金。一応、ナイフブレードは付いていますが、それと言われなければ気づかないサイズです。確かに、キーを使って荷物のテープを切ったり、梱包を開けたりする事もありますので、意外と現実的な装備かも知れません。キーと同サイズと言うのが、携帯性の点でもいい感じです。持ち手の部分には六角レンチが2基。その内の一つを利用して栓抜きも用意されます。オンラインでの販売価格は$60です。

参照:Epsilon EKO (Emergency Key Opener)

金曜日, 8月 07, 2015

【携帯電話各社】コミケット88での各携帯電話会社の動き

夏のコミケットが近づいてきましたが、各携帯電話会社の動きも明らかになってきました。すでに、三大キャリアは話題作とのコラボで、ラッピングカーとなった中継車の大量投入と、アクセスポイントの設置、人間アクセスポイントの投入などを発表しています。各社とも、展示会場内のほぼ全域をカバーしており、会場外の駐車場他についても、カバー範囲が広がっています。ただし、今年は過去にあったバルーン使用アクセスポイントの設置などはない模様で、 現実的な設営になっているようです。とはいえ、開催期間中は、あの狭い領域に延べ人数で60万人近くが集中するわけでして、これでも通じにくいなどの障害がある可能性は残ります。昔に比べればだいぶ良くはなったはずなのですが。参加される各位にあっては、人間アクセスポイントに会ったら「お疲れ様です」くらいの謝意を表してはいかがかと思います。UQコミュニケーションズ社では展示場内でのWiMAX2+が図られており、コミケにかかわらず、高速インターネット接続が可能になったと発表しています。
なお、ドコモのサービスの一つであるdアニメストアは企業ブースで出展もしていますので、お時間のある方はブースに行ってみるといいでしょう。
開催まではまもなくですので、各位におかれましては健康と携帯電話に注意しつつ、楽しんでください。

ただし、徹夜はだめですよ!

参照:dアニメストア(ドコモ)
参照:コミックマーケットでつなぐならやっぱりau
参照:コミックマーケット88で「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」とコラボ、電波対策を実施(ソフトバンクモバイル)
参照:WiMAX 2+サービスの屋内施設エリア拡大について-東京ビッグサイトで快適な高速インターネットが可能に-(UQコミュニケーションズ)

【ロジテック】外付けBDドライブ2シリーズ



ロジテック社から外付けBDドライブ「LBD-PMK6U3V シリーズ」「LBD-PUC6U3V シリーズ」が発表されています。いずれの機種も本体底部にケーブルが収納できるモデルで、バスパワー駆動に対応します。もちろん、外付け電源アダプタの使用も可能なので、バスパワーに余力のない機種での仕様も可能です。BDXL対応で、4層までのメディアに対応しています。最近のドライブとして、長期保存用のM-Discメディアにも対応しています。付属ソフトはWindows対応ですが、再生ソフト以外はだいたいMacOSX標準で付属するソフトで代替えできます。それもあって、対応OSはWindows 7/8/8.1/10,MacOSX10.5〜10.10となっています。両シリーズの違いは本体厚みで、LBD-PMK6U3シリーズが19mm厚、LBD-PUC6U3シリーズが14mm厚となっています。デスクトップで使うにはどちらでもいいのですが、MacBookAir等の薄型ノートPCで使う場合には薄い方がいいんじゃないかと思います。オンラインでの販売価格は10480円/11480円(税抜き)です。
参照:LBD-PMK6U3V シリーズ
参照:LBD-PUC6U3V シリーズ

【Steel Series】魅せてもらおうか、最速のキースイッチの威力とやらを!

Steel Seriesから。ハイエンドクラスのゲーミングキーボード「APEX M800 CUSTOMIZABLE MECHANICAL GAMING KEYBOARD」が発表されています。巨大なスペースキーが目につきますが、このキーボードの最大の特徴はそこではなく、外観からわかりにくいキースイッチにあります。メカニカルキースイッチが採用されるのは当然の有様ですが、このキーに採用されているのは世界最速の「QS1スイッチ」です。キーストロークは3mmですが、1.5mm程押し込めば反応し、押し下げ力も45gと軽量です。軽く押し込める上に、素早く反応するので、長時間のゲームでも疲れにくくなります。また、このキースイッチを活かす為、本体の角度は浅くなり、直線的になっています。全キー同時押しに対応し、マクロの記録/実行も容易になっていますが、全体を支えるのは600APMプロセッサ2基。デュアルプロセッサによる処理と言う訳です。全キーにはキーボードバックライトが用意され、様々なパターンで発光させられるだけではなく、カスタマイズする事も可能です。本体両サイドにも発光部があり、ここもカスタマイズできます。やはり、こういった機能は、気分を盛り上げるのには必要ですから。オンラインストアでの販売価格は27000円です。

参照:APEX M800 CUSTOMIZABLE MECHANICAL GAMING KEYBOARD
Steel Series様、いつも情報提供ありがとうございます

木曜日, 8月 06, 2015

【Battle Blade】鈍い金属光沢と鋭い切っ先のナイフ

Battle Blade社から、ちょっと変わったナイフ&ツールが販売されています。一枚板のナイフ「Liberty EDC」はブレード長45mmに満たないナイフで、ブレード部分は非常にシャープなイメージです。このブレードはいいですね。鋭さのイメージと、鈍く光る金属光沢が良いコントラストになっています。素材はAEB-L鋼で、表面はAcidWashになっています。ロックウェル硬度は59-61。ハンドル部分にはレンチとビットの取り付け孔がありますが、ビットは付属しません。ブレード根元の凹みは人差し指で固定する為ですが、同時に栓抜きにもなっています。峰側の凹凸は親指を置いて、ブレードを固定する為。ブレード厚は3mmに満たないので、こうしないと持ちにくいですから。付属するシースはアメリカ国旗を模したもので、裏側にはベルト等に固定する為のクリップが取り付けられています。オンラインでの販売価格は$49.95です。波形ブレードがあると便利なのかも知れませんが、ブレード長が短過ぎて、設置できないでしょうね。
参照:Liberty EDC ~ from Battle Blades Knives

【RazerZone】カラフルな薄型キートップのキーボード

Razerブランドで、新しいゲーミングキーボード「Deathstalker Chroma」が発表されています。ゲーミングキーボードには珍しい、アイソレーションスタイルの薄型キートップの製品で、より高速な打鍵が可能とされています。ゲーミングモードでは、10キー同時押しにも対応します。また、各キーにはバックライトが装備され、1677万色から選択が可能になっています。もちろん、発光パターンも複数が用意され、通常のキー、テンキー、移動キー部の3ゾーンでの制御も可能になっています。大型のパームレストも用意され、長時間のゲームプレイでも手首が痛まない様に配慮されています。その前に休めって言う話でもありますけど。最近の流行の形状なので、普段使いのキーボードとしても行けると思います。対応OSはWindows XP/Vista/7/8,MacOSX 10.8〜10.10となっていますので、Windows10には公式未対応になります。オンラインでの販売価格は$99.99です
参照:Deathstalker Chroma

【BOLT Mortorbikes】ダサカワな電動チャリ?

BOLT Mortorbikes社からユニークなデザインの電動チャリ「Bolt M-1」が発表されています。洗練されているとは言い難いデザインですし、どちらかと言えばかなり無骨なデザインです。だが、それがいい!実用車って言う感じの電動チャリで、最高速度もエコノミーモードで32km/h、スポーツモードで56km/hです。もちろん、ペダル走行も可能です。また、モーター走行のみで最大80km程度の走行が可能とされています。リチウム鉄系のバッテリを搭載し、容量は1.7KW。最大充電回数は2000回にもなります。また、90分で容量の90%を充電可能ですが、フル充電には約5時間程かかります。盗難防止用にバッテリだけ取り外す事も可能です。サドルは前後に長い感じですが、あまりクッション製は良くはなさそうです。原付バイクの実用車をイメージしていただくと、おおよそ合っているかと。既に初期出荷分は完売しており、次回生産分の予約受付を行なっている段階です。

参照:Introducing the Bolt M-1

【Microsoft】Windows10対応キーボード&マウス

Microsoft社から、同社初のWindows 10対応キーボード&マウスのセット「Wireless Desktop 900」が発表されています。対応OSはWindows 7/8/10,MacOSX 10.4〜10.7で、確かにWindows10対応ではあるんですが、MacOSXが10.7までの対応となんだか納得いかない数字です。また、Windows10対応も専用ソフトが用意され、Cortanaの起動やOneNoteへのアクセスが容易になる暗いと。接続は独自形式のワイヤレスですが、キーボードとレシーバ間の通信はAES128bit暗号化されている為、通信が傍受されても、そこから情報が漏れる心配はありません。最近は、こういうところにも気を使います。キー自体は静音型で、キートップ間に隙間のあるアイソレーションスタイル。マウスは左右対称型の製品で、ベーシックな3ボタンタイプです。電源は、キーボードが単3巻電池2本、マウスが単四乾電池2本で、最長2年の利用が可能です。オンラインでの販売価格は$49.95です。おっつけ、日本語キー配列の製品が発表されると思われます。
参照:Wireless Desktop 900

【センチュリー】4台の2.5"ドライブを内蔵可能なThunderbolt2接続の外付けケース

センチュリー社から、秋葉館でThunderbolt2対応の外付けHDD/SSDケース「Akitio Thunder2 Quad Mini」の販売がアナウンスされています。このケースは2.5"径のHDD/SSDを4台内蔵可能な製品で、4台は独立で認識される様です。本体側にはハードウェアRAIDの機能はありません。ただし、4台のSSDをソフトウェアRAID0でフォーマットした場合の最大転送速度としてリード時1375MB/Sec、ライト時で1284MB/Secと言う速度が出ているので、実用上の問題は少ないかと。接続はThunderbolt2で、デイジーチェーン接続が可能な様に2ポートが用意されます。最近はSSDが値下がりしているので、安価に高速なドライブが構築できるとは思うのですが、それでも予算的にはけっこう行きますね。もちろん、HDD/SSDは別売なので、ケース以外に4台分の予算がかかる事になります。対応OSはMacOSX 10.9以降、Windows 7/8。本体の販売価格は49800円(税抜き)です。
参照:Akitio Thunder2 Quad Mini [TBQM-TIAA-AKTU]

水曜日, 8月 05, 2015

【Coolens】高校生の羽川翼のメガネ?

Coolensで、アニメ「物語シリーズ」の登場人物である羽川翼のメガネを販売します。もちろん、本物と言う訳ではなく、イメージと言う事にはなりますけど。けっこう、それっぽくし上がっていると思います。丸いレンズ部に、上側の枠を切り落とした様な逆ナイロールを採用する事で、羽川のメガネを再現しています。ツルの端には、羽川に憑いた猫の怪異にあわせた猫マークが入っています。もっとも、猫モードではあまりメガネをかけていたと言う記憶はありませんが。フレームカラーは、まじめな羽川のイメージに合わせた黒とシルバー。黒はCoolens社の系列店舗とオンラインストアのヒキダシストア限定。シルバーはアニメイト/プレミアムバンダイ/HMVで販売されます。販売店舗によって、付属するメガネ拭きのカラーが変わります。なお、レンズについては交換が可能で、Coolens各社で購入した場合には加工料は無料になるそうです。もちろん、レンズ代はかかりますが、2500円からとなっています。オンラインでの販売価格は6000円(税抜き)です。野郎が買うのはもってのほかですし、どうせ女性に買ってもらえるのならば全体のイメージも羽川にあわせて欲しいものだと。
参照:羽川翼のメガネ

【NICO GERARD】AppleWatch付きの腕時計?

NICO GERARD社で、AppleWatch付きの腕時計が発表されています。画像は18kのSunrise PINNACLEで、専用のインゴットから作り出されています。時計そのものは自動巻の機械式の様で、普通に高級感溢れる品になります。AppleWatchそのものは38mmモデルになり、これは価格に含まれます。ユニークなのはAppleWatchとのジョイント部で、両側に折り畳み式のジョイントが付けられ、これでベルトに取り付けられています。現在は予約受付中の様で、もっとも安価なNico Gerard PINNACLEで、予約金$200で販売価格が$9300。Skyview PINNACLEで予約金$200で販売価格が$9500。もっとも高価なSunrise PINNACLEに至っては、予約金が$500、販売価格$112000となっています。流石にこの価格を購入するのには躊躇するでしょうが、侠気溢れるチャレンジャーな方はどうぞ。

参照:Sunrise PINNACLE

【DC SHOES】海の上をバイクが走る…だと?

YouTubeのDCShoes公式チャンネルで、ちょっと不思議な動画が投稿されています。画像を見ていただくとわかるのですが、海上をバイクが疾走しているのです。そんなバカなという方は、とにかく動画を見てください。種明かしをすると、前後輪とエンジン下部には波切り板があります。これがフロートと水からの抵抗を受ける訳ですが、そのままでは沈みます。そこで意味をなすのが後輪に取り付けられたフィン付きのタイヤで、これが勢いよく水をかく事で十分な推進力を得ており、その力で水の上にいるわけです。言い換えれば、水の上に浮いている訳ではなく、海上を滑走している様なものです。静止した状態では、多分沈んでいくでしょう。もっと具体的に言えば、スノーモービルの様なモノと考えた方がイメージには近いでしょう。一番近いのはシーダートでしょうけど。このフィン付きの後輪、地上走行も可能になっており、地上から海上までシームレスに移動する事が出来ます。ちょっと予想外の映像でした。ツイッターで「仮面ライダーX」と指摘を受けましたが、確かに、クルーザー的な感じの走りですね。もっとも、あちらは潜水機能までありましたけど。

参照:DC SHOES: ROBBIE MADDISON'S "PIPE DREAM"

【USB.Brando】ペン型マウスの進化系なのか?

ペン型マウスと呼ばれる製品ジャンルがあります。太めのペンを握る様にして使うポインティングデバイスで、狭い領域で使用するのに適しています。ただ、マウス側にクリックボタン等の為に用意されるスペースも狭いので、マウス程の多機能化が図れなかったのも事実です。USB.Brandoで販売される「3-In-1 Wireless Pen Mouse」は、久々に多機能化を実現した製品です。まず、ペン型マウスとしては4ボタン式で、動き検出は分解能800dpi/1200dpi/1600dpi切り替え式の光学センサ。接続は独自の無線方式で、超小型のレシーバがどおうこんされます。ちなみに、このレシーバ、未使用時にはマウス側に内蔵する事が出来ます。ここまでは、従来のペン型マウスと一緒ですが、プレゼン用にレーザーポインタも内蔵しています。さらに、センサと反対側の端にはタッチペンが配置され、静電容量方式のタブレットやスマフォの操作が可能になっています。プレゼンの時にタブレット端末とPCを同時に操作する事は少ないとは思うのですが、そう言う場合にも対応できる製品と言えます。備えあれば患なしと言う奴ですね。電源は単三乾電池が1本で、実に経済的。オンラインでの販売価格は$27.00です。
参照:3-In-1 Wireless Pen Mouse

【ThinkGeek】R2-D2でコーヒーを飲む?!



割りとスターウォーズ関連のグッズの販売を行なっているThinkGeekで、またもや蓋付きのマグカップが販売されています。今度のモデルは、ある意味、マグカップに最適な形状のR2-D2。ブルー一色に塗られた取っ手もそれっぽい感じになっています。内容量は約600mlと比較的大きめで、普通にコーヒー2杯分くらいは余裕で入りそうです。流石に、変な音で話しかけてきたりとか、X-Wingファイターのコントロールを担ったりは出来ないと思いますが、職場にこんなカップがあってもいいんじゃないかと思います。オンラインでの販売価格は$19.99です。おお、ダース・ヴェーダ卿のマグカップと違って、設置面積はそれほど広くはなさそうです。
参照:Star Wars R2-D2 20oz Lidded Mug

【アンカー・ジャパン】10ポートのUSBバスパワー電源

アンカー・ジャパン社から、10ポートのUSBバスパワー電源「Anker PowerPort 10」が販売されています。各ポート最大2.4A、全体で12Aの出力が可能な製品で、iPad Airならば5台まで、iPhoneならば最大10台の同時充電が可能です。お持ちの方はお分かりと思いますが、現在は何かとUSBバスパワが必要とされる事が多く、常時、数ポートの充電を行なっているなんて言う豪の者もいるかと思います。タップと純正アダプタを使えばいいと言う話もありますが、最近は標準でアダプタが付属しないデバイスの方が多い様ですので。そう言う時に、このような多ポートタイプの電源が必要になる訳です。Anker社は元々多ポートタイプの電源を販売していたのですが、日本でも正式な販売が始まったのがありがたいところです。アマゾンでの販売価格は3999円です。
参照:Anker PowerPort 10

火曜日, 8月 04, 2015

【サンワサプライ】USB/microUSB両対応コネクタ搭載マウス



サンワサプライ社からは、コネクタにUSB Type-Aとその内部にmicroUSBコネクタを有したマウスで、一般的なPC/Macだけではなく、Androidタブレット等にも使用出来ると言うのが魅力です。コネクタの上側を跳ね上げると、内部からはmicroUSBコネクタが出て来るギミックは、目からウロコが落ちた感じがしました。ケーブルは巻き取り式ですが、巻き取り機構は本体内部に収納されている為、持ち運び時に感じるケーブルの煩わしさからは解放されますし、使用時でもケーブルをあまり気にする事はありません。ボタン数は3個で、動き検出は高精度のブルーLEDセンサ。本体色ブラック/レッドが用意され、オンラインでの販売価格は4752円(税込)です。
参照:タブレットでもパソコンでも使える変換コネクタ搭載マウス「MA-BLMA10シリーズ」

【サンワサプライ】ケーブル巻き取り式マウス

サンワサプライ社から、ケーブル巻き取り式の5ボタンマウス「MA-BLMA9シリーズ」が発表されています。持ち運びを前提とするならば、マウスのケーブルは煩わしく、バッグの中でごちゃごちゃと絡まったりします。本商品ではケーブルを巻き取り式にする事で、出し入れの度に絡まったケーブルを戻す必要がないのが特徴です。マウス自体のサイズも小型で、そう言う意味では持ち運びし易いと言えます。巻き取り部分が多少煩わしく感じる事もありますが、絡まった時の手間との天秤で、どちらの方がメリットが高いかと考えるといいでしょう。ボタン数は、現行の新標準とも言える5ボタン式で、動き検出には1000cpi/1600cpiのブルーLEDセンサ。エルゴノミック的な形状ですが、本体が小型なので、それほどの使い勝手の向上にはならないでしょう。本体色にブラック/レッド/シルバーが用意され、オンラインでの販売価格は2700円(税込)です。
参照:ケーブル巻き取りタイプで持ち運びも便利な5ボタンブルーLEDマウス「MA-BLMA9シリーズ」

【プラネックス】汎用性の高い有線LANアダプタ

プラネックスコミュニケーションズ社から、USB3.0接続のGigabitEthernet対応有線LANアダプタ「USB-LAN1000R」が発表されています。幅広いOSで動作するアダプタで、対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10,MacOSX10.6〜10.10,Linux等となっています。このうち、Windows10,MacOSXではOSに組み込まれたドライバを使用して動作し、Windows系のOSではアダプタ側に内蔵されたドライバを使用して動作します。その為、いちいちドライバメディアがないと大騒ぎする必要もなく、利用も容易です。接続はUSB3.0で、コネクタ形状はType-A。Type-Cに直接接続は出来ませんが、変換アダプタ等を介して使用する事は可能かと。オンラインストアでの販売価格は2679円で、8月10日からの販売が予定されています。
参照:ドライバ内蔵 ギガビット USB3.0対応 有線LANアダプター「USB-LAN1000R」

【ThinkGeek】ダース・ヴェーダ卿とお茶をする?!



ThinkGeekでダース・ヴェーダ卿のヘルメットを模したマグカップが販売されています。頭頂部にフタが付いているのですが、ちょっと似ている事もあって、インディジョーンズ2で出て来る猿の脳みそ料理のシーンを思い起こさせます。後頭部にマグカップの取っ手があり、内容量は約700cc。一般的なマグカップよりも、だいぶ容量は大きくなっていますが、それ以上に設置面積が広い事にも驚かされます。ヘルメット部分が大きいので、しょうがない部分はあるんですが、見た目では、一般的な円筒形のマグカップの2倍くらいの面積が必要にも見えます。机の縁に近いところに置く場合には、落ちない様に気をつけた方が良さそうです。オンラインでの販売価格は$24.99です。
参照:Star Wars Darth Vader Helmet Mug

【上海問屋】クリップ式マイクロスコープアダプタがこの価格に?

上海問屋で、クリップ式のマイクロスコープが販売されています。クリップ式の為、多くのスマフォやタブレット端末で使える汎用性を持つのが特徴です。光学倍率は最大60倍で、鏡筒を伸縮させる事で倍率を変更する事が出来ます。対物レンズ周りは透明なカバーがついており、周辺光が十分にあればそのまま使う事が出来ます。ただし、暗くなるとノイズが増えたりして、きちんと見えなくなる可能性があります。実は、レンズの横にあるのは白色LEDとUVライトで、暗所で使用する際にはこれを点灯させて使用します。使い分ける事で、本来は見えないものまで見える様になるかも知れません。発光部の電源にはLR1130ボタン電池が3個必要ですが、このセットには含まれませんので、別に購入する必要があります。オンラインでの販売価格は999円(税込)です。この価格なら、お子さんの夏休みの自由研究の為に、オトーさんのお小遣いを減らさずに済むでしょう。
参照:最大60倍率・LED&UVライト付き スマホ対応マイクロスコープ

月曜日, 8月 03, 2015

【バッファロー】エントリーレベルのゲーミングキーボード

バッファロー社から有線のゲーミングキーボード「BSKBC16BK」が発表されています。まぁ、ゲーミングキーボードって定義はないし、この条件をクリアしていれば名乗れると言う事もないので、言ったもん勝ちなところはあるんですが。Windowsキーやアプリケーションキーの無効化はもちろんの事、500万回の打鍵に耐えるキースイッチが使われているたり、エリア限定とは言えども、複数キーの同時押しに対応しているなど、ゲーミングキーボードを名乗るだけのスペックは持っています。ちょっと半端な気がしないでもないんですが、エントリーレベルと考えるとしょうがないかなとも。キーストロークは4mmと長めで、キーピッチは19mmと一般的な範囲。オンラインでの販売価格は5060円(税抜き)です。ゲームを始めて、従来のキーボードでは不足かなと思った方にはいいのではないかと。
参照:USB&PS/2接続 有線ゲーミングキーボード「BSKBC16BK」

【GAZE】クロコダイル革風のAppleWatch専用ベルト

GAZEブランドでAppleWatch用のベルトがリリースされています。牛革製ではありますが、クロコダイル風の模様が型押しされているモデルです。決して、クロコダイル革そのものではない点にご注意ください。フェイクっちゃフェイクですから。とは言え、ベジタブルタンニン鞣しの牛革に、クロコダイル模様の型押しはそこはかとない高級感が得られるので、人に見せびらかして自慢するには十分な外観を持ちます。なお、AppleWatchとの接続部分には専用の交換ラグが用意されており、取り付け/交換が簡単にできる様になっています。サイズに合わせて38mm/42mmそれぞれ用に製品が用意され、本体色にはホログラム/ゴールド/ブラック/ホワイト/コバルトブルー/レッド/ブラウンの7色が用意されます。オンラインでの販売価格は9800円(税別)で、ちょっと簡単に買い揃えると言うわけにはいかなそうです。
参照:【Apple Watch】 バンド 38mm用 Gaze クロコシリーズ アップルウォッチ レザー
参照:【Apple Watch】バンド 42mm用 Gaze クロコシリーズ アップルウォッチ レザー

日曜日, 8月 02, 2015

【サンワダイレクト】スマフォ向けの高輝度プロジェクタ


サンワダイレクトで、バッテリ内蔵の小型プロジェクタ「400-PRJ021」が販売されます。サイズ的には132mm(V) × 82mm(H) × 24mm(D)と従来製品より大型ですが、その分だけ容量の大きな6000mAhのバッテリを内蔵しています。もちろん、外部への給電も可能になっています。ディスプレイとしての接続はHDMI1.3で、スマフォの接続には付属のアダプタが必要になります。iPhone用のアダプタケーブルは付属しませんが、純正のDigitalAV接続アダプタを使用すれば問題はなさそうです。光源は200lmの高輝度白色LEDで、光学エンジンはDLP。物理解像度は1280x720になります。ACアダプタと角度可変の三脚が付属して、オンラインでの販売価格は59800円(税込)です。スマフォと同時にお使いになるといいでしょう。
参照:モバイルプロジェクター(200ルーメン・HDMI搭載・台形補正機能搭載・バッテリー内蔵・コンパクトサイズ)「400-PRJ021」
サンワダイレクト様、いつも情報提供ありがとうございます。

【U.S. Marine Corp】F-35Bの運用トライアル開始です

米海兵隊から、F-35Bの運用トライアルを開始すると発表がありました。米海兵隊ではF-35Bを主力に、F-35Cも導入する予定ですが、今回の運用トライアルはF-35Bのみです。とはいえ、既に5月からUSSワスプで飛行試験そのものは実施されており、これを使用した運用試験の開始と言う事の様です。機体単独の飛行試験は既に開始されているので、それ以外の整備などの運用にまつわる検証が始まる様です。会場での運用はいろいろと大変でしょうし、運用のマニュアル化も必要でしょうからね。
ところで、海兵隊では現行のAV-8BハリアーII及びF/A-18ホーネットを置き換える予定になっていますが、公式発表中にはEA-6Bプラウラーも置き換える事になってます。老朽化しているEA-6Bとはいえ、電子戦用機のリプレースと言うのは初耳でしたが、機外ポッドででも対応させる気でしょうか?少なくとも電子専用の派生型の開発は想定されていませんでしたが。
参照:F-35 PROGRAM EXECUTIVE OFFICE STATEMENT

【SWINCAR】全地形対応型電動カー?!

全地形対応型のSUVはありがちですが、それらのほとんどは頑丈な筐体を持つキャビン型の全輪駆動車です。もっと手軽に乗れる車はないものかって言うのが、この電動車「SWINCAR」です。一応、各タイヤにはモーターが組み込まれた全輪駆動車ではありますが、軽量化の為か、フレーム以外はすべて取り払われてしまっています。ドライバから周囲が完全に見渡せるので、実に見通しがいいと言うか、全地形対応型の車に乗ってるんだって言う実感が楽しめます。4輪を支持するアームの可動範囲は非常に広く、ドライバーズシートは常に水平に保たれます。狭い溝などを走っても、そうそう簡単にバランスを崩す様な事はなさそうです。モーターは定格出力1.5kwを各タイヤに装備可能で、バッテリには2kwh/4kwh/6kwhが用意されます。また、二人乗りあるいはジョイスティックコントローラ型も考慮されているとの事です。ちょっと、楽しそうな感じですね。

参照:SWINCAR

【UD Replicas】俺が、バットマンだっっ!!



山田孝之さんのCMでご存知の方が多いと思いますが、「BATMAN™: Arkham Knight」のゲームがPS4で販売されます。CMで使用したスーツ、けっこういい感じだったので、欲しいと言う方も多いんじゃないかと思います。ご安心ください、以前にDark Knight Rises版のライダースーツを紹介したUD Replicas社から、Arkham Knight版をモデルにしたライダースーツが販売になっています。いや、まぁ、空をブワァーと飛べる様にはなりませんが。それと、ライダースーツなので、マントもありません。ライダースーツと言う事で、素材は丈夫なレザー。ただし、サイズは十分に検討した方が良さそうです。ちなみに、上から下まで揃えたとすると、オンラインでの販売価格で$1829程になります。コスプレ衣装には高額ですが、他を圧倒するクォリティです。
参照:BATMAN™: Arkham Knight - Leather Motorcycle Suit

【CRKT Knives】TANTOブレード付きプライヤ型マルチツール

CRKT Knives社から、Hans Florine氏のデザインによるマルチツール「Bivy」が発表されています。一方の端にナイフブレードと±のドライバ、栓抜き、スパイクを配置し、他方にペンチやワイヤカッターなどが配置されたデザインです。ペンチ部分はレバー操作で飛び出す仕組みで、片手で操作が可能です。まぁ、閉じる時には両手が必要ですけども。ナイフなどは手動で振り出す形式ですが、すべてが開いた状態でロックされ、スライドレバーを押しながらでないと戻せない仕様になっています。ナイフブレードのロックは独立しており、ブレード根元は波形刃、先端はTANTOスタイルです。う〜ん、やはりTANTOスタイルはカッコいいです。ブレード長は74mmなので、携帯したら改正銃刀法で引っかかるレベル。ブレード素材はクロモリ鋼で、ハンドル側はアルミ合金です。ブレード厚は約2.5mmとそれほどではありませんが、全体はかなり厚くなっています。オンラインでの販売価格は$69.99。出荷はもう少し先になりそうです。

参照:Bivy - Designed by Hans Florine