web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 10月 12, 2013

【サンワダイレクト】遠距離でも使用可能な大型ヘッドセット

サンワダイレクトで、Bluetooth接続のヘッドセット「DH-B38」が販売されています。40mmφの大型ドライバを内蔵したヘッドセットで、マイクはイヤーユニット側に内蔵されているので、マイクアームはありません。大型のイヤークッションは、長時間の装着でも耳周りが痛くはならないでしょう。この種のヘッドセットには珍しく、最大到達距離100mのClass1が採用されています。もちろん、接続側もこれに対応している必要がありますが、かなり離れても届くのはありがたいです。単4乾電池2本で連続通話が最大20時間、連続再生が30時間程となっています。多少短い感はありますが、入手しやすい乾電池と機能を考えれば、それほど悪い仕様とは言えないでしょう。接続そのものはBluetooth2.1+EDRで、A2DP/AVRCP/HFP/HSP等のプロファイルに対応します。接続距離を別にすれば、一般的なヘッドセットと同じ仕様なので、iPhone5C/5Sを始めとした多くのシステムからの利用が可能です。この辺りの互換性は、かなり良くとれている様です。オンラインでの販売価格は8980円(税込)です。
参照:Bluetoothヘッドセット(Class1出力対応・A2DP&HFPプロファイル・iPhone5対応)「DH-B38」
商品のご購入はこちらからお願いします。
(サンワダイレクト様、情報提供ありがとうございました)

【BladeHQ】フラッシュライト付き自己防衛ツール



タクティカルペンはいろいろと紹介してきましたが、こういう形状の自己防衛ツールは初めてかも知れません。BladeHQで販売しているSmith$Weeson社のフラッシュライト付きセルフデフェンスツールで、ペンではありません。先端はガラスブレイカーになっているので、車の中に閉じ込められていても、ガラスを割って脱出することができます。反対側にはLEDによるフラッシュライト機能があり、真っ暗な場所でも使用することができます。本体そのものはアルミ合金製で、個rの頑丈さは折り紙付きです。オンラインでの販売価格は$17.50。ペン機能が無いためか、割りと安価な気がしますが、逆に武器として認識される可能性があります。
参照:Smith & Wesson Tactical Penlight Self-Defense Tool Flashlight SWL747PLT

【ThinkGeek】ロック機構付き折り畳みスプーン

本来ならアウトドアには向いている季節のはずですが、妙な天候が続いています。季節にはぴったりなのですが、ThinkGeekでキャンパー向けのツールが販売されています。振り出し式の先割れスプーンとでも言うべきツールですが、珍しいのはスプーンにロック機能がついていることです。フォールディングナイフには当たり前の機能になっていますが、この種のツールでは珍しい部類に入ります。スプーン部分の反対側にはフックがあるんですが、この部分はひも等に確実に取り付けできる様に、固定用のリングがついています。実は、この部分を利用して栓抜きの機能が実現されているので、やはりお約束の通りかと。オンラインでの販売価格は$13.99です。
参照:SporKnife

【ヤマハ】Bluetooth接続のワイヤレススピーカー

ヤマハからBluetooth接続のワイヤレススピーカー「NX-P100」が発表されています。Bluetooth2.1+EDRのA2DP/HFP/HSPプロファイルに対応しているので、スマートフォンを初めとして、多くのPC/Macからの利用が可能になっています。対応CODECはSBC/AAC/aptXです。96KHz/24bit,48KHz/24bitのサンプルレートに対応しています。スピーカーは40mmφフルレンジ+ツインSR-Bass™。本体はIPX4相当の防滴性(防沫性)を持っており、多少の雨程度ならば、基本性能に問題はありません。バッテリは2100mAhを内蔵しており、スマホに給電することもできます。バッテリへのフル充電には5時間、単独での仕様の目安は8時間程です。NFCタグに対応しており、お約束通りにかざすことでペアリングできるのですが、ボイスガイダンスの機能もありますので、さらに確実にペアリングができます。11月からの販売が予定されています。
参照:ヤマハ ポータブルワイヤレススピーカー 『NX-P100』

【イコニガジェ】組み立て式デジカメ?



イコニガジェから組み立て式のデジタルカメラ「Bigshot」が販売されています。いろんな意味で一般的なデジカメと違うのですが、まずこれ自体は組み立てキットになっています。ハンダ付けからやる必要はありませんが、自分の手で組み立てる必要があります。また、デジカメである以上はバッテリが必要になる訳で、それも内蔵はしているのですが、手回し式の発電機も内蔵しています。バッテリを使い切っても、手回しのハンドルを回すことでバッテリに充電し、撮影を継続させることもできます。最後に、レンズはノーマル/パノラマ/3Dに切り替えることができ、様々な撮影を楽しむことができます。光学ズームの機能はなく、メモリもオンボードのみではありますが、大人の科学的なものが感じられます。お子様だけではなく、大人でも楽しめるのではないかと。オンラインの販売価格は,初回入荷分に限り、通常価格が9450円に対して、8400円となっています。
参照:Bigshot カメラ 自分で組み立てるDIYデジタルカメラ

金曜日, 10月 11, 2013

【ThinkGeek】冒険者たちの必須アイテム

まさにドラクエフォンが発表され,年内にはドラクエのスマホ版が出ると言うタイミングで、ThinkGeekから必須なアイテムが販売されました。たいまつ型のLEDフラッシュライトです。地下ダンジョンに入るにせよ、城の地下の牢屋に近づくにせよ、こういうアイテムは必須です。いや、少なくとも、こういうアイテムがすぐ近くにあると、雰囲気が違うってもんですよ。いやいや、形から入るのはアリでしょう。たいていのダンジョン系RPGで使われる共通のアイテムなので、ドラクエがFFになったとしても安心です。何が安心だか、よくわかりませんけど。ゲームをやる前に購入しておいた方がいいんじゃないでしょうか?実際には炎ではなくて、LEDが光源になっており、電源は単三乾電池が2本。電池は別売です。オンラインでの販売価格は$19.99。子供の様にゲームプレイする大きなお友達には、必須なアイテムと言えましょう。
参照:Wall Torch Sconce

【LaCie】ポルシェデザインのフラッシュメモリが一新

LaCie社のフラッシュメモリと言うと、ポルシェデザインの製品が思いつく訳ですが、いままでとは微妙に違う印象を受ける、すっきりとしたデザインの製品が発表されています。突起がほとんどないアルミ合金製のボディを持つフラッシュメモリで、大きく空いた四角いキーリングホールが目につきます。アルミ合金製とは言っても、コネクタ部分はシールドの無い薄型の製品で、全体はかなりすっきりとしたデザインです。デザイナーはいい仕事をしました。インターフェースはUSB3.0で、用意される容量は16GB/32GBの2機種。オンラインでの販売価格は$29.99/$49.99です。クラウドサーバーのWuala用ソフトの利用が可能になります。国内での販売は未定ですけど。

参照:Porsche Designs USB Key

【Toilet Paper Man】こんなトイレットペーパーでふけるか!

Toilet Paper Manで販売しているのは、なんと22Kのトイレットペーパーです。つか、こんなペーパーで尻がふけるか、もったいない!まぁ、普通のトイレットペーパーならば6ロールとか12ロールでもあまり懐は痛まないのですが、これは販売単位が1ロールのみ。なぜならば22Kの金なので、現在の価格は1376900豪ドル。日本円で大まかに直しても1億3千万円と言う、途方もない金額になります。たかがトイレットペーパー1ロールとか言う奴がいたら、これを買わせてみましょう。って、こういうペーパーを使うトイレって、どんだけ豪華なんですか?まったく、金持ちのやることは訳がわからん。と言う訳で、皆様も一緒にご唱和ください、「お金持ちめぇぇええ」。しっかし、こんなのをマジに売っていると言うのもすごいです。
参照:22 Carat Gold Toilet Paper - 1 Roll

【BladeHQ】タッチペン付きボールペン



BladeHQでタッチペンにもなるボールペン「Fisher Space Pen Bullet Grip」が販売されています。デフェンスペンにも使われているFisherSpacePenを替芯に用いたペンなので、逆さまにしても使えるのが特徴です。ペン軸の先は導電ゴムが付けられており、タッチペンとしても使えます。ペン先はデフェンスペンにも使われるくらいなので、強度的な問題はなさそうです。ペン軸そのものはステンレス製で、デフェンスペンとしての利用には向かないかも知れませんが。ペン軸の直径は約10mm程で、割りと太めなので握りやすいかと。タブレットと紙のノートを同時に使用する様な場合に便利です。オンラインでの販売価格は$16.50です。
参照:Fisher Space Pen Bullet Grip (Matte Black) BGS4

【プラネックス】ヘルスケア仕様のBluetooth4.0アダプタ

プラネックス社からヘルスケア コンティニュア HDPに対応した、USB接続のBluetoothアダプタ「BT-Micro4-H」が発表されています。菱洋エレクトロ社との共同開発の製品で、一般的なPC用のBluetooth3.0+EDRアダプタとして使用でき、到達距離は最大25m。Bluetooth4.0の一部プロファイルに対応し、ヘルスケア コンティニュア HDPに対応した製品と接続して使用することができます。もちろん、これ単体ではどうしようもないので、対応したヘルスケアデバイスも必要になりますが。本体サイズも極小で、ノートPCに装着したままで利用ができます。対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、オンラインでの販売価格は1980円(税抜き)です。
参照:ヘルスケア コンティニュア HDP対応 小型USBアダプタ「BT-Micro4-H」

【ロジテック】ACアダプタの付属しないポータブルバッテリ

ロジテック社からポータブルバッテリが2シリーズ各3機種が発表されています。発表されたのは容量7800mAhのLPB-78U2Lシリーズと、容量5200mAhのLPB-52ULシリーズで、それぞれに本体色ピアノブラック/ピュアホワイト/ワインレッドの3色が用意されます。いずれの機種も販売されるのはバッテリ本体のみで、ACアダプタやキャリングポーチ等のアクセサリが付属しません。確かに、言われてみれば充電用にはUSBケーブルがあればいい訳ですし、アダプタもすぐに増えていきますので、そんなについてなくてもいいやって言うのは正直なところです。どうせ、安く手に入る訳ですし。と言う、現実的というか、割り切った構成の製品な訳です。共にUSBバスパワーの形式で電力供給を行いますが、出力は最大2.1A。iPadも充電できます。LPB-52ULシリーズは出力が1ポートですが、LPB-78U2Lシリーズでは2ポート同時給電が可能です。オンラインでの販売価格は7480円/5480円(税込)です。ちょっと、金属光沢のパーツが古くさいと言うか、今一つなデザインに見えますが、内部のバッテリはSANYO製だそうです。
参照:LPB-78U2L
参照:LPB-52UL

木曜日, 10月 10, 2013

【BladeHQ】鳥の化石ですか?いえ…(ryk

BladeHQで、鳥の頭蓋骨を思わせるデザインのBlade-Tech.社製「Riptide Karambit Folding Knife w/ Emerson Wave Opener」が販売されています。ブレード部がかなり特殊なデザインになっており、この部分の湾曲が鳥のくちばしの様に見えます。オープンクローズグリップ近くは大きく穴があいており、これが目に見えることから、ブレード部全体が鳥の頭骨に近いデザインに見えます。同様に大きく湾曲したグリップは、先端がリング状になっており、ひも等を巻き付けておくことも可能です。オンラインでの販売価格は$94.95です。
参照:Blade-Tech Riptide Karambit Folding Knife w/ Emerson Wave Opener

【Firebox】無線LANでコントロールできる湯沸し器?!

キッチンにも様々な形でデジタルガジェットが入り込んでいますが、Fireboxで予約販売されているのはWi-Fi対応のケトル。もっとも、やれることは湯を沸かすことなので、オンオフやタイマー、温度設定等に限定されてしまいますけど。対応しているのはIEEE802.11b/gで、これはスマホやタブレット端末等が採用しているためでしょう。Android/iOSデバイスからの設定が可能で、温度やタイマー等のコントロールが可能です。ケトル部分は、内容量1.8l。バックライト付きコントロールパネルからもコントロールが可能です。フィルタ等も含まれている様で、普通の湯沸かし器として使っても問題はありません。オンラインでの販売価格は$160.79です。英国仕様なので、電圧が220V系ですから、日本では使えません。できれば、国内の魔法瓶メーカーからアイデア溢れる製品を出して欲しいと思うのですが、iPotみたいな。

参照:IKETTLE - THE WORLD'S FIRST WIFI KETTLE -

【上海問屋】USB3.0ハブ付き有線LANアダプタを低価格で

上海問屋から、3ポートのUSB3.0ハブ付きGigabitEthernetアダプタが販売されています。初期にあった製品だと、これの2倍から3倍くらいのサイズだったんですが、だいぶスリムになりました。とは言っても、3ポートのハブがついているので、有線らんポートを持たないMacBookAirやネットブック等には適している様な気がしますけど。対応OSはWindows XP/Vista/7/8,MacOSX 10.6以降なので、AsixTech.社製のチップが採用されているのではないかと。こういう商品はあまり知られていない様で、たまに問い合わせを受けることもありますが、意外と便利です。ただし、バスパワーハブなので、消費電力には注意してください。オンラインでの販売価格は2999円(税込)です。安価になったなぁと言う気がします。
参照:3ポートUSB3.0ハブ&ギガビットLANアダプタ

【リンクスインターナショナル】Corsair社のゲーミングマウス



リンクスインターナショナル社からは、Corsair社のゲーミングマウス「Raptor M40」の国内販売も発表されています。Raptor M40は左右比対称のデザインで、動き検出にはAvago社製のADNS-3090光学センサが採用され、最大分解能は4000dpi。天板のボタンから800dpi/1600dpi/3200dpi/4000dpiを切り替えることができます。まだ珍しいのですが、マウスを持ち上げてしまったことを検知して、動きを止める様な機能がありますから、うっかりとゲームをミスる様なことは減ると思われます。底面には20gのウェイトが取り付けられています。左右クリックスイッチはオムロン製の高耐久タイプ、ボタン数は合計で7個です。設定アプリがあるので、対応OSはWindows XP/Vista/7/8。使い様はあると思いますけどね。
参照:Raptor M40

【リンクスインターナショナル】Corsair社のゲーミングキーボードの国内販売開始

リンクスインターナショナル社から、Corsair社のゲーミングキーボード「K65 Compact」の国内販売のアナウンスがありました。テンキーレスのコンパクトタイプで、キースイッチにはCherryMX赤軸が採用されています。一般的な形状のキーボードを見慣れた目にはかなり異様なデザインで、まるでアルミ合金製の板の上にキースイッチが乗っている様な感じがあります。アルミ部分はヘアライン処理済みで、SF系のFPSに必須なサイバー感溢れるキーボードです。NキーロルオーバーやWindowsキーのロック機能等、最近のゲーミングキーボードに必須な機能もちゃんと有しており、なかなかいい感じです。この種のゲーミングキーボードは長いケーブルを有している製品が多いのですが、このキーボードではケーブルが取り外し可能になっています。簡単に外れない様な構造になっていますので、実質的な問題にはなりませんが。対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、0月19日の販売開始が予定されています。店頭予想価格は11980円前後とのこと。

参照:K65 Compact

【JTT】私はこれとともに生き、これとともに死す!今更何のためらいが…アレ?



JTTから、2台のバッテリユニットを合体させて、大容量を実現するる外部電源ユニット「Energizer Bridge」が発表されています。この製品は2基のバッテリを装着して、最大36000mAhと言う大容量を実現することができる製品で、出力にはUSBバスパワーの5V系と、ノートPCにも使用できる19V系の2系統が用意されています。あ、間違えないで欲しいんですが、この製品はベースユニットと充電用のACアダプタのみで、バッテリは別売なのです。バッテリ装着時のフル充電までの時間は6〜8時間程。装着できるバッテリはXP18000Aで,バッテリ側単独で持っていた12V出力はできません。つか、2個のバッテリを並列に置ける台って感じですかね?
参照:Energizer Bridge

水曜日, 10月 09, 2013

【Kickstarter】電動式輪ゴム連発銃?!

KickStarterで電動式のゴム銃が資金調達しています。従来も輪ゴムを射出するガトリング銃的なゴム銃はありましたが、これは電動式になっているのが特徴です。おかげで、射出時にハンドルを回したりするいつ用は無く、手間がかからないのがいいところです。しかも組み立てキットです。多分、輪ゴムの装填の方に時間がかかるでしょうし、かなり辛い苦行かとも思いますが、絶対に子供は喜ぶでしょうね。期間を3週間程残して、既に目標金額の70%程度を集めていますので、市販されるんじゃないかと思います。う〜ん、これ、欲しいですねぇ。

参照:Rubber Band machine Gun

【Yandy Lingerie】せぇっくしぃ、だいなまいっつ!



あちらではハロウィーンセールが始まっている訳ですが、かなり笑かしてくれるのがYandy Lingerie社のセクシーコスチューム。版権なんかはとってなさそうな感じが溢れているんですが、よくあるセクシーコスチュームの他に、怪しい衣装がごっそりと。「これはアウトだろう!」って言うのが結構あります。ストームトルーパーはまだしも、セクシーな消防士風のコスチュームは胸にLEDが配置され、点灯する様になってますし、グリーンアドベンチャラーに至っては言わずもがなです。その他に、アメリカンヒロイン風からディズニー様怒らせそうな衣装まで、多数が取り揃えられている様です。オンラインでの販売価格も$30足らずからなので、品質もそれなりかと。ちなみに画像のコスチュームは、それぞれ$69.95/$27.95(50%0ff)/$69.95だそうです。
参照:Sexy Halloween Costumes

【DuffyLondon】このコーヒーテーブルがあれば、狼も恐くない?

DuffyLondon社が販売しているコーヒーテーブル「Woodsman Axe Coffee Table」が半端ないです。グリム童話の「赤ずきん」をモチーフにしたテーブルらしいのですが、赤ずきんに出てくるのは猟師であって、木こりではなかったはずですけど?まぁ、このテーブルがあれば、おばあさんも食われることは無かったんじゃないかと言う気にさせるくらい、凶悪なデザインです。凶悪と言っても、ヒャッハーな鋲打と言う訳ではなく、脚部代わりに使われている斧。万が一の際には脚部を外して、本当に普通の斧として反撃に出られると言った恐ろしい代物です、だぁむでぇすとろーい。サイズとしては 125cm(L) x 75cm (W)  x 40cm(H)なので、コーヒーテーブルとしては十分なサイズです。納期は6週間から8週間程かかり、オンラインでの販売価格は£895.00です。これ、日本に輸入できるのかな?
参照:Woodsman Axe Coffee Table

【キングジム】有線LAN/無線LAN対応のテプラ

キングジム社から,ラベルプリンター「テプラPRO(SR5900P)」が発表されています。おおよそ123mm(W) × 153mm(D) × 139mm(H)の小型サイズで、重量は1100g。接続インターフェースは、USBの他に有線LAN/無線LANに対応しているのが特徴です。有線LAN接続しても、ケーブルに引っ張られて簡単に動くものではありません。また、テプラとは言っても入力用のキーボードがある訳ではなく、単独で動作させられる訳ではありませんが、無線LANに対応することでiOSでバイスからの利用もできるのが特徴です。36mm幅のラベルテープの使用が可能で、従来比で1.7倍の印字速度が実現できています。また、新たにカットラベルテープが利用可能になり、幅広い利用が可能になっています。10月25日からの販売が予定されており、オンラインでの販売価格は31290円(税込)です。割りと利用頻度が高いテプラですが、やはり有線LAN/無線LANに対応したのがありがたいところです。いちいち接続し直して使うなんて言う方法をとる必要がありませんから。
参照:ラベルプリンター「テプラ」PRO SR5900P発売

火曜日, 10月 08, 2013

【BladeHQ】スプラッター映画には必須です

BladeHQで,これまた絵に描いた様なアックスが販売されています。Wetterlings Manufaktur社製のアックスで、どうみてもスプラッター映画で殺人鬼が手に持っていそうと言うか、犠牲者の額に刺さっていそうと言うか、そう言う類いのアックスです。とにかくあまりにもそれっぽすぎて、突っ込みにくい商品です。夜の森の中を歩いていたら、ジェイソンでも、レザーフェイスでも、これを握って追いかけてきそうです。もっとも、被害者や主人公が奪い取って、自分の武器にすることもありますのでどちらの側が似合っているのかわかりませんが。全長は476mm程で、刃の部分の長さは約112mm。割りと細めの木を切るのに向いています。オンラインでの販売価格は$99.95です。
参照:Wetterlings Carpenter's Axe Hjärtum (162)

【バッファロー】静音タイプの外付けハードディスク



バッファロー社から、静音タイプの外付けハードディスク「HD-LCU3シリーズ」が発表されています。このシリーズは防振ゴムによりハードディスクからの振動を抑え、外部電源アダプタを採用することでファンレス構造にしたモデルで、ハードディスクの発熱は自然対流で廃熱します。接続インターフェースはUSB3.0。防振ゴム以外はベーシックな構造なのと、USB2.0と互換性を持つので、対応OSは幅広くなっています。Windows XP/Vista/7/8/RT,MacOSX 10.6以降等の他に、各社の液晶TV、ブルーレイレコーダ他に接続して使用することが可能になっています。液晶TVやレコーダで容量不足を感じている方は、これを利用するといいのではないかと。ちなみに、MacOSXでもUSB3.0接続が保証されています。本来色はブラック/ホワイトの2色で、用意される容量はそれぞれに1TB/2TB/3TB、ブラックモデルにのみ4TBが用意されます。オンラインでの販売価格は13125円/16485円/22050円/38850円(各税込)となっています。
参照:外付けHDD「HD-LCU3シリーズ」

【ぺんてる】スマホと連動する蛍光ペン

蛍光マーカーが世に出て、そろそろ40年程になる訳ですが、ついにスマホと連動する製品が出てきました。ぺんてるから販売されるのは「AnkiSnap」と言うシリーズで、暗記用のオレンジと、スクラップ用のブルーの2色が用意されます。両方ともに普通の蛍光ペンとして使用できるのですが、専用のアプリを使用することで、スマホからデータを利用することができます。オレンジの方は暗記用なので、取り込むとその部分が真っ黒に表示されます。その上をタッピングすると隠されていた部分が表示されるので、暗記にはぴったりと言う訳です。専用アプリでは、このデータを他のスマホに転送することができます。スクラップ用のブルーは取り込みたい部分を囲む様にしてマークすると、その内側の部分だけをキャプチャすることができます。こちらは暗記と言うのとは違いますが、それなりに便利に使えそうです。ともにペンに付けられたシリアルコードを入力しないと使えない様になっているので、他のマーカーは使えません。オンラインでの販売価格は525円(税込)です。受験生はこれを使って、もっと勉強する様にってことですね。なお、現在はiOS用のアプリのみがリリースされており、Android用は12月頃とされています。

参照:アンキスナップ

【BATHYS HAWAII WATCH】世界初のセシウム133原子腕時計だ…と…?!

BATHYS HAWAII WATCH社から、世界初となるセシウム133原子腕時計が発表されています。原子時計って言うのは、こう、巨大なビルの一室に据え付けられた、大掛かりなものと言うイメージがあるのですが、それが腕時計になるとは。実は、この会社が米軍とつながっているらしく、その辺りの技術が導入されている様です。セシウム原子時計と言えば、原子時計の中でもかなり初期に開発されたもので、精度は比較的低いとは言っても一次標準品では1億年に1秒程度の誤差程度。この腕時計では、さらに精度は低く、1000年に1秒程度だそうです。つか、そんなに生きてねぇ!画像の製品はプロトタイプで、製品化の暁にはさらに小型化するらしいのですが、確かにこのデザインでは売れないでしょう。製品化の際の予定価格は$12000。製品化は来年の予定だそうです。どこまでの精度が出せるのか、ちょっと楽しみではありますが。間違えない様に書いておきますが、セシウム133はセシウムの同位体の中で唯一天然に存在している安定同位体です。放射線の心配はありません。

参照:World's first true Cesium Atomic Wristwatch

【OleoApps】インテリジェントな水筒とは?

現代は様々な商品がインテリジェント化されていますが、まさか水筒までもインテリジェント化されるとは思ってもみませんでした。OleoApps社が販売を予定しているBlueFitは、スマートフォン等とBluetoothで接続されるインテリジェントな水筒で、この水筒から呑んだ時間や量を記録することができます。データは携帯電話に転送され、さらにクラウドサーバに転送されます。スマホ側のアプリによって、現在の水分補給等の状況を把握することができ、脱水症状になるのを防ぎます。ぶっちゃけ、この辺りを管理しているのは蓋の部分で、下側は単なる水筒でしかありませんが。その状況に応じて、内部からの発光で警告等をしてくれると言う商品です。問題なのは、常にこのボトルから水を飲まなければならないことと、スポーツドリンク等の成分を把握できずに、単純な水分量として判断されることでしょうか?また内容量は950ml程なので、夏等は十分な量とは言いにくいかも知れません。少なくとも、夏コミの地獄では警告が出っぱなしでしょう。IndieGoGoで予約が行われていますが、目標金額が$150000なのでどうなることやらって所です。面白そうではありますけどね。

参照:The smart water bottle , BluFit

【上海問屋】携帯電話用牛革製ケース

上海問屋から、スマホ用のレザーモバイルケースが販売されています。フランス製の牛革を使用しているためか、いい感じのケースで、iPhone5系を初めとした各種のスマホを入れることができます。ちなみに、入れられるスマホのサイズの目安は80mm(W)×140mm(H)×15mm(D)くらい。表面に傷も無く滑らかな感じがいいですね。上から取り出しやすい様に大きく開口部が空いていますが、当然このままでは簡単に落ちてしまいますので、磁石を利用した落下防止用のベルトがついていますのでご安心を。カラビナもついているので、ベルトやバッグの取っ手等に付けることもできます。オンラインでの販売価格も1999円(税込)と安価になっています。フランス製の牛革を使用しているとは言え、縫製等は中国ですのでお間違えの無い様。
参照:上海問屋スタイル 牛革製 レザーモバイルケース

月曜日, 10月 07, 2013

【BladeHQ】絵に描いた様なバトルアックス

BladeHQでMummertKnives社のバトルアックスが販売されています。まさにRPGなんかで出てきそうなバトルアックスで、全長が約554mmとばかでかくなっています。これが鉄なら、両手持ちしか無いところですが、素材はチタン合金で、グリップ部分にはカーボンファイバーが使用されています。流石にブレード部分を覆う革製のカバーが用意されますが、どうみても通常のアックスとしての使用は無理でしょう。何カ所か尖っているし。チタン合金製なこともあって、オンラインでの販売価格も$1000と高額です。う〜ん、コスプレ用の小道具としては高額すぎますし、使いどころがよくわかりません。現代によみがえるバトルアックスなんて言われると、ちょっと欲しくはなりますけど、そのためには西洋甲冑くらいは必要な感じです。
参照:Mummert Knives TBA-1 Titanium Tactical Battle Axe w/ Carbon Fiber

【JoergSprave】鉛筆を射出するシューター

いつものスリングショット親父ことJoergSprave氏の新作が発表されています。今回は鉛筆を弾丸として射出するスリングショットですが、両手でハンドルを回転させて装填と射出を行う構造です。1回転で2発の射出が可能な構造で、弾倉には10発まで装填可能です。ある程度予想はつくと思いますが、この構造は安定性が悪く、集弾については運任せ的なところがあるのはやむを得ない訳で。また巨大なハンドルは強度的な問題が出るだろうな、と思ったら、本当に壊してました。ただ、こういうのはみていて面白いです。

参照:One turn, two shots: Crank operated pencil shooter!

【USB.Brando】トールハンマーだけど使いにくい

USB.Brandoでアヴェンジャーズのトールが持つトールハンマー型のフラッシュメモリが販売されています。割りと忠実に再現した結果、どう考えても使いにくいデザインになってしまっています。コネクタはシールドの無い薄型タイプですが、ハンマーの打突部についているので、取り付けた時に隣のポートを塞いだり、柄の部分が邪魔になったりします。Marvel社の公式ライセンス商品なので、版権の問題はなさそうですが、実用性については疑問になってしまいます。まぁコレクターズアイテムと考えると、実用性なんてどうでもいいのかも知れませんが。容量8GBのモデルのみで、オンラインでの販売価格は$43.00です。
参照:infoThink The Avengers USB Flash Drive - Thor

【Williams-Sonoma】骸骨型のパンケーキの型枠

Williams-Sonoma社で、骸骨型のパンケーキの型枠が販売されています。日本で言えば、黄金バットかワッハマンと言うところかも知れませんが、確かにそれっぽいパンケーキを作ることができそうです。セットは3枚1セットで、サイドビューが1個と、正面が2個の計3個が1セットになっています。ジョークとしては割りとブラックな感じですが、ハローウィーンは向こうでは割りと大きなイベントなので、こういうモノも許されるんだと思います。トリックオアトリートですから。Williams-Sonoma社では他にも同様の骸骨型の製品を扱っていて、日本へも送ってくれるそうなので、興味のある方は是非とも。
参照:Halloween Skull Pancake Molds, Set of 3

日曜日, 10月 06, 2013

【CHAIRMASTER】仕事をしながらエクササイズも…したくない!

CHAIRMASTER社から、同名のエクササイズチェアが販売されています。まぁ何ですな、座りっぱなしの仕事をしていると身体がなまると言うか、腰痛等が気になる訳ですが、トレーニングチェアは大掛かりで置くのが大変です。という方のためのトレーニングチェアが、このオールインワンスタイルのTHE CHAIRMASTERです。普通の椅子の様に見えますが、座面の下側にはペダルが隠されており、必要に応じて引き出して使います。また、椅子のそこかしこにフック等が用意されており、ゴムバンド式のベルトを引っ掛けて運動をすることができると言う訳です。側面にはペットボトルを入れておくためのポケットが用意され、オプションでノートPC等を置く台も取り付けられるので、なんと、仕事をしながらエクササイズもできてしまうと言う便利な品です。もっとも、そんな状況に追い込まれるのはまっぴらごめんですが。スペースファクターも悪くありませんし、ミーティングルーム等に1台あってもいいかも知れません。オンラインでの販売価格は$1395.00です。
参照:THE CHAIRMASTER

【BladeHQ】かっちょいいけど実用性は?

BladeHQで、Benchmade社の178SBKが販売されています。非常にユニークな細身のデザインで、日本で言うとクナイに近いイメージです。ただ、強度的にちょっと不安は残りますね。グリップは左右対称形で、柄尻にはロープを結びつけるためのリングが用意されています。ブレードは刃元に近い部分が波形、刃先の方は普通の形状です。ただし、峰の部分が薄めになっているので、パッと見は小烏丸状ですな。なんだか、長い紐を結びつけて、投げナイフ的な使い方ができそうです。幹や柱に刺さったナイフをピット紐を引くことで手元に戻す絵面って言うのは、ちょっとかっちょいい感じがしますが、現実にそんなことをすれば危険きわまりないので、やめた方が吉でしょう。ナイフをおさめるシースが、またちょっといい感じで、取り出しやすく、おさめやすそうな感じです。オンラインでの販売価格は$93.50です。
参照:Benchmade SOCP Fixed Blade Knife 178SBK (3.22" Serr Black) w/ Black Sheath