web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 8月 05, 2017

【Creation-Cell】衣装の真空圧縮用小型ポンプ

通販番組の定番商品の一つに、真空式布団圧縮袋があります。たいていは掃除機や専用のポンプを使って袋の中の空気を抜き、容積を極端に減らす事ができると言う商品です。ただ、問題はポンプ部分が大きい為、布団圧縮や、家庭での衣服圧縮にはいいのですが、旅行先には持って行けません。勢い、手動での圧縮になりますが、それでは十分に圧縮できませんでした。力も必要ですし。そこで、Creation Cell社で販売しているのが「VAGO」と言う圧縮用のセットで、ポンプ部分が小型の上、現在多く販売されているモバイルバッテリが利用できます。接続口は専用になりますが、圧縮袋の内部から空気を抜く事に代わりは無く、旅先でも利用できると言うメリットがあります。遠征時のコスプレ衣装の持ち運びや、ウ=ス異本で埋まったバッグに服を詰め込まなければならないとき等には便利じゃないかと。 これがまともに流通してくれていればいいんですが、あんまり流通はよくない様です。Kickstarter等で資金調達していたのですが、その辺りが引っかかります。ただ、アイデアは悪くないですね。

参照:VAGO

【オウルテック】ネックバンド式ヘッドセット

オウルテック社からBluetooth接続のネックバンド式ヘッドセット「OWL-BTEP05シリーズ」が発表されています。接続はBluetooth4.1で、サウンドコーデックはSBCにのみ対応します。ネックバンドは先端が太めになった形状なので、軽いジョギング等の際にも安定する事が予想されますが、この形状はあまりスポーツ向けとは言い難いので。それでも防水仕様はIPx4相当なので、汗程度では問題はなさそうです。夏コミの待機列でも、問題はないでしょう。左右のドライバはネックバンドから有線で接続され、マイクはバンド側に内蔵されています。CVC6.0相当のノイズリダクション機能を内蔵しているので、通話等もクリアに行なえます。2.5時間の充電で、連続音楽再生は最大14時間。けっこう持つ印象があります。着信時にはバンドが振動して知らせてくれます。最近の標準となりつつあるマルチペアリングやマルチポイントには対応していない様で、また本体色もちょっと地味な感じがします。
参照:Bluetooth4.1 ネックバンド式 ワイヤレスイヤホン マイク内蔵「OWL-BTEP05 シリーズ」

【オウルテック】タフなモバイルバッテリ

オウルテック社から、タフなモバイルバッテリ「OWL-LIB7801 シリーズ」が販売されます。IP67相当の防塵/防水仕様を満たし、水深1m程度であれば30分程の放置後でも正常に動作します。風呂に落とした程度では、問題ないでしょう。ただし、コネクタ部の蓋を閉じた状態でと言う前提条件がつきますが、この辺りはほとんどの他社製品も同様ですから。内蔵するバッテリ容量は7800mAhと比較的大容量で、かなり余裕を持ってバッテリの充電を行なえます。出力は1ポートながら、5V/2.1Aの出力が可能で、タブレット端末の非常用電源としての利用も可能になっています。バッテリの充電はmicroUSB端子から行ないますが、これには5V/2A程度の電源が必要な様ですが、これは付属しません。また、カラビナが付属していますので、上側の穴に取り付けて、ベルト等にとめておく事が可能です。一日〜二日程度の遠征には十分に使えますので、夏コミ等のイベント合わせで購入されては如何かと。
参照:タフで防水防塵性能が高く水辺や砂地でも安心して持ち運べるモバイルバッテリー「OWL-LIB7801 シリーズ」

【ローランド】和太鼓の電子化…だと?

ローランド社から、太鼓芸能集団「鼓童」と共同開発した電子和太鼓が発表されています。和太鼓とは言ってもいろいろとある訳ですが、巨大な奴では無く、担ぎ太鼓と呼ばれる比較的小型サイズの和太鼓の電子化になります。言われてみれば、打楽器系の電子楽器と言うのはドラムの他はあまり馴染みが無く、世界初と言うのも納得ではあります。もっとも、和太鼓とは言っても形状がそれであると言うだけですが。打面の振動を3カ所に配置されたセンサでピックアップし、これを音源に伝える形式になっています。実際には音源が別にある訳ですから、和太鼓の音だけの再現と言う訳でもなく、打楽器系の音は出せる様ですけれど。なお、打面にはメッシュ素材を採用しているので、練習時の消音性には優れますが、演奏者には違和感があるかも知れません。もっとも、未だ試作レベルなので、今後は改善されて行くとは思います。なお、8月18日〜20日にかけて、新潟県佐渡市で開催される「アース・セレブレーション2017」にて演奏されるそうなので、ご興味のある方はいかれるといいかも知れません。形状からすると、小鼓の電子化も可能なのかも知れませんが。打面の改良等が必要になるでしょう。
参照:太鼓芸能集団「鼓童」と世界初の電子和太鼓を共同開発

金曜日, 8月 04, 2017

【CRKT】医療現場向けの着衣切断ツール

CRKTで、ちょっと変わった形状のナイフ「COMBAT STRIPPING TOOL」が販売されています。いや、カッターと言った方が近いのかも知れませんが。ブレード形状に違いがあれど、一般的なナイフには切っ先があり、刺突武器としても使う事ができます。このツールには切っ先が無く、ブレードもカッターの様に交換式になっています。と言うのは、主たる用途が医療現場で服を切り裂く為の物だからです。特に前線で怪我をした場合、一刻も早く治療をしなければなりませんが、軍服と言うのは割りと頑丈です。これを切り裂く為に、このツールを裾から入れて、切り上げる形式になりますその為、ブレードの消耗が割りと激しめで、その為にブレードの交換ができる様になっています。ちなみに、ブレード長は54mm。片側のカバーを切っ先に向けてスライドさせて本体から外し、ブレードを交換してから戻すと言った具合で、それほど難しくはありません。鐔元にある穴は、酸素ボンベの開閉を行なう為の物で、これも医療現場では必須と言えます。同目的で、鋏状のツールもある様ですが、ブレード交換ができる分だけ、こちらのツールの方が良いのかも知れません。オンラインでの販売価格は$29.99です。

参照:CST COMBAT STRIPPING TOOL

【BladeHQ】使用済み薬莢を使った栓抜き

BladeHQで、.50Calの使用済みの薬莢を用いた栓抜きが販売されています。.50Calですので、使用可能ならば世界最強の銃弾であったでしょう。米軍で使用した薬莢の側面に切り欠きを入れて、そこを栓抜きとして使います。弾頭は装着済みですが、これはダミーです。当然、弾薬は入っていませんから、実銃に装填しても利用はできません。実弾としてはまったく使い物になりませんので、多分、国内への輸入も可能じゃないかと思われます。単なる金属塊ですから。当然、材質は真鍮で、クリーニングされている為か、非常に奇麗に見えます。逆に、奇麗すぎて、使用済みとは思えないくらいです。発砲時の煤等で汚れていた方が、リアル感があって良かったのではないかと思いますが。銃器マニアの方へのプレゼントとか、サバゲ会場で見せびらかすのには十分でしょうか?オンラインでの販売価格は今だけ特価の$12.95です。まぁ、あんまり携帯しない方がいいとは思いますね、職質食らった時に面倒ですし。
参照:5ive Star Gear .50 Cal BMG Bottle Opener

【ロジテック】当社比10倍の高耐久性ケーブルを使用した電源

ロジテック社から、Lightning/USB-A両対応のUSBバスパワー電源「LPA-ACLAW158SWH」が販売されます。電源本体は金属端子を折り畳めるキューブ型で、そこにUSB-A端子が用意されると同時に、Lightningケーブルが直接生えています。ケーブル長は1.5mなので、床近くのコンセントに装着しても、余裕でテーブルの上までケーブルを伸ばせます。このケーブルは外装のナイロンメッシュと内側の補強材、コネクタ近くの蛇腹状に切り込みが入った強化ブッシュのおかげで、折り曲げ耐久回数10倍(当社比)を実現しています。2ポート同時出力が可能で、合計出力5V/2.4A出力が可能になっているので、iPad等への給電も可能名はずですが、何故か動作確認からははずれています。iPhoneならば2台同時か、モバイルバッテリの同時充電も可能です。もちろん、MFi認証済みなので、iOSのバージョンに関わらず、利用ができます。オンラインでの販売価格は5720円(税抜き)です。遠征等の場合には、これとケーブル一本あれば良さそうですね。
参照:AC充電器(Lightning高耐久ケーブル一体型+USBポート)「LPA-ACLAW158SWH」

【サンコー】カードとキーも入れられるiPhone用ケース

サンコーレアモノショップの直販限定で、iPhone7/7Plus用のケースが販売されます。本体はiPhoneを入れるベイと、それ以外の小物を入れるベイの2ルーム式となっています。iPhone収納部は上からスライドインする形式で、外周部のスイッチ等は直接操作できる様に開放されています。小物を入れる方にはカードポケットとキーホルダーが用意されているので近所のコンビニに行く程度の用事であれば、これだけで済みます。カードポケットはそれぞれ3基/4基で、電子マネーカードやポイントカードを入れておくと便利そうです。キーホルダーは6個ずつが用意されます。なお、本体上はベルト通しに引っ掛けられる様にフック状になっています。なお、本体はiPhone7/7Plus用のそれぞれのサイズが用意されますが、装着時には背面カメラが使用できない為、iPhone6/6s,iPhone6Plus/6sPlusでも使えるということです。オンラインでの販売価格は、それぞれ1980円(税込み)です。
参照:鍵もカードも収納できるシザーバッグケース

木曜日, 8月 03, 2017

【JVC】重低音重視のワイヤレスヘッドフォン

JVCから、Bluetooth接続のヘッドセット「HA-FX33XBT」が販売されます。首に書けたネックバンドから、ドライバが有線で伸びている形状ですので、ジョギング程度でも本体が暴れてしまいそうです。もっとも、完全ワイヤレス型と違って、耳からはずれても紛失の心配はありません。また、充電時間は3時間ですが、連続音楽再生時間は14時間。短時間充電&長時間再生ができるのは、完全ワイヤレス型と一線を画する物があります。接続はBluetooth4.2で、サウンドコーデックはSBCにのみ対応。ドライバユニットは10mmφと比較的大型で、ディープエクストリームパスポート呼ぶ音響構造と、内蔵アンプにバスブースト回路を含めた事で、重低音を重視した音質になっています。バスブーストはオン/オフ可能ですので、音楽によってはオフにしておいた方がいいかも知れません。また、ハウジングにはエラストマー製のプロテクターが取り付けられており、ぶつかった際の衝撃を吸収してくれます。ハウジングは金属製なので、傷をつけない効果もありそうです。店頭予想価格は1万円前後だそうです。プラ製ハウジングの下位モデル「HA-FX11XBT」も用意され、こちらの価格は8000円前後。
参照:ワイヤレスステレオヘッドセット「HA-FX33XB」

【Creative】発光するワイヤレススピーカー?!

Creative社から、正面スピーカー回りが派手派手しいワイヤレススピーカー「CREATIVE HALO」が発表されています。接続はBluetoth4.2で、サウンドコーデックはSBCにのみ対応します。正面スピーカー回りにミラーとLEDによるイルミネーションが施されており、ライトショーと呼ばれる発光パターンが選択可能になっています。もちろん、プリセットされているパターンの他、専用アプリによるカスタマイズも可能です。まぁ、カスタマイズとは言っても、まったく自由に設定できると言う訳ではなさそうですけど。ミラー部はテカテカした感じではなく、ちょっと落ち着いた感じです。ドライバ構成はフルレンジx2とパッシブラジエータの構成で、サイズの割りには重低音は出る様になっています。内蔵するバッテリ容量は2200mAhで、最大8時間の連続音楽再生が可能ですが、外部への給電はできなさそうです。なお、バッテリへの充電用にはmicroUSB端子が用意されていますが、充電用アダプタは別に用意する必要があります。オンラインストアでの販売価格は7400円(税抜き)です。
参照:CREATIVE HALO

【mophie】USB-C端子付きモバイルバッテリ

mophie社から、USB-C接続でMaBookにも充電可能なバッテリ「powerstation USB-C XXL」が販売されます。USB-A/-Cの夫々のコネクタを出力端子として持ち、同時出力も可能です。内蔵するバッテリ容量は19500mAhと大容量で、USB-A端子は5V/2.4A出力に対応していますので、タブレット端末等への給電も問題はなさそうです。USB-C側はUSB PDに対応しており、これに対応したノートPCなどへの給電が可能になっています。例えば、MacBook(2015/2016)等が相当します。MacBook の内蔵バッテリ容量が約5600mAhだそうなので、一回分くらいのフル充電が可能ではないかと。一般的にはバッテリ充電用にmicroUSB端子が用意されますが、この製品ではUSB-C端子が充電用としても使用されますので、ちょっとだけすっきりとした端子回りになっています。また、USB-Cから充電しながら、USB-Aで外部給電が可能になっています。バッテリインジケータは4個のLEDで、本体側面にあります。オンラインでの販売価格は$149.95です。ちょっと大きそうですが、MacBookとiPhoneを同時に持ち運ぶ場合には便利じゃないかと思います。

参照:powerstation USB-C XXL

【Steel Series】新型センサ搭載のゲーミングマウス

SteelSeries社から、eSports向けゲーミングマウス「Sensei 310」「Rival 310」が発表されています。両者の違いは左右クリックボタンの形状の他、左右対称デザインの8ボタン式と、右利き専用デザインの6ボタン式と言う機能的な違いがあります。ちなみに、画像はRival 310。最大の特徴は、センサメーカーのPixArt社と共同開発したと言うセンサ「TrueMove3」で、最大12000cpiの分解能を持つ光学センサ。高分解能に設定した場合でも、動き検出時の低遅延と高反応速度を実現しています。このセンサはこの2機種にのみ独占的に使用されると言う事です。
左右クリックボタンは独立しており、スイッチにはオムロン社の打鍵耐久回数5000万回の高耐久性スイッチが採用されています。メーカーロゴと、スクロールホイール回りは内部からイルミネートされており、ドライバソフトから別々に設定が可能になっています。これらをコントロールしているのはARMベースの32bitコントローラで、最近のゲーミングマウスのほとんどがARMベースのコントローラになっている気がします。現在の所、オンラインストアでの販売のみになり、価格はそれぞれ$89.99/$69.99となっています。センサがちょっと凄そうなので、実際に使用してみたい所です。
参照:Sensei 310
参照:Rival 310

水曜日, 8月 02, 2017

【ThinkGeek】サイバーパンクなボトルケース

ThinkGeekで、怪しげな日本語の入った缶容器入れが販売されています。何となく、映画「ブレードランナー」に出て来た、怪しげなサンフランシスコの街に出て来そうな感じの商品です。本体側面の「ドリンクアベイラブル」のカタカナが、妙にそう言う感じを醸し出しています。側面の文字はLEDパネルでイルミネートされ、これの電源は別売の単三乾電池2本で賄います。この電源は外部給電はできず、イルミネート専用の様です。発光は3モード用意され、連続点灯/点滅/高速点滅を切り替える事ができます。この商品はThinkGeekのCyberpunk17のシリーズ商品の一つで、内部には350ml缶を6缶まで入れる事ができます。きっと、その内に軸が光る傘なんかが復活するんじゃないかと。ちょっと残念だったのは、電源が単三乾電池2本だと非力な点で、リチウムバッテリになれば外部給電できる電源として使えた様に思います。全体は76mmφ x 851mmで、スリング付きです。本体は怪しげな素材では無く、ナイロン製ですので、十二分に丈夫です。オンラインでの販売価格は$39.99です。
参照:Cyberpunk 17 "Drinks Available" Can Sling

【キヤノン】スマフォにも対応できる感熱モバイルプリンタ

キヤノン社から、スマートデバイス向けの業務用感熱プリンタ「BP-F600」が発表されています。A6サイズと言う小型版ですが、感熱紙を用いる事でインクを不要にしています。物理サイズは130mm(W) x 205mm(L) x 18.5mm(D)で、重量は490g。キヤノンのプリンタと言うとインクジェットやレーザープリンタ等が思い起こされますので、そう言った意味合いではかなり異色の製品かも知れません。また、対応OSとしてはWindows/iOS/Androidが公表されていますが、その性質上、iOS/AndroidはSDKのみのリリースになり、ユーザー側で専用アプリを開発する必要があります。まぁ、スマフォから印刷すると言う需要は、PCからのそれよりは遥かに少ないので、やむを得ない所かも知れません。接続がBluetoothと言う事もあってか、iOSのAirPrintには対応していない様です。業務用と言う位置付けで、領収書やレシートの発行が想定されている様です。2017年11月の販売が予定され、参考価格は82000円前後との事です。
既に同種の製品がブラザー社等から販売されていますが、業務用と言う事もあって、あまり見かけない気がします。
参照:スマートデバイス対応業務用モバイルプリンター“BP-F600”を発売

【センチュリー】複製機能付きストレージドック

センチュリー社から、USB3.0接続の外付けHDD/SSD用ドック「裸族のお立ち台TWIN (CROS2U3CP6G)」が販売されます。それにしてもこのネーミングセンスは…。天板に2基のHDD/SSDスロットがあり、2.5"/3.5"系の標準SATAコネクタのHDD/SSDをセットする事ができます。各スロットは10TBまでのドライブまで動作確認済みなので、12TBドライブでも使わない限りは特に支障はないかと。セットしたドライブは別々に認識されますので、ソフトRAIDで使う事も可能です。また、ディスクの複製の機能もありますので、メンテナンス等の為に複製をとるのは容易かと。気になるのは、複製の時間の目安が記載されていない事ですかね。もちろん、ドライブに依存する部分が大きいのですが、経験上、かなりの時間を有する事がわかっているので。対応OSはWindows 7/8/10,MacOSX 10.9.5〜,macOS 10.12などです。オンラインストアでの販売価格は6458円(税込み)です。
参照:裸族のお立ち台TWIN (CROS2U3CP6G)

【Belkin】タブレットを書画カメラ的に使うスタンド

Belkin社から、タブレット端末用のスタンド「Tablet Stage™」が販売されています。7"〜11"の画面サイズに対応したスタンドなので、iPadで言えばiPad miniから10.5" iPad Proまでに対応していることになります。スタンドと言うよりも、プレゼン用の機材と言った方がいいのかも知れませんが、スタンド基台部から上に伸びる太い柱と、そこから水平に伸びるアームが特徴的です。アームは柱の任意の位置で固定できますし、アームの先にあるタブレット端末固定部は水平方向に自在に回転します。このまま使ってもいいのですが、この基台部に資料を載せ、専用アプリで撮影しながら自由に画面に書き込む事が可能になっています。その為、学校の授業等で使うOHPや書画カメラ的な使い方が可能になる訳です。もちろん、授業で使うには、外部にプロジェクタが必要になりますけど。柱の根元にはLEDによる照明が用意されており、資料の撮影の為の補助光源になります。学校やプレゼン等の場でないと使い道が無い気もしますが、オンラインでの販売価格は$149.99です。

参照:Tablet Stage™

火曜日, 8月 01, 2017

【Tt eSPORTS】有線/無線マウスの更新です

Tt eSPORTS ブランドで、有線/無線ゲーミングマウスの「Level 10M Hybrid」の更新モデルが発表されていました。このシリーズは、無線接続に5.8GHz帯と言う高周波数帯を使用するため、電波干渉等には強いのが特徴です。バッテリは内蔵式で、先端に飛び出た鼻の部分に専用ケーブルを接続して、充電と有線接続に使用します。従来機との違いは動き検出にAVAGO社の9800レーザーセンサを採用した事で、分解能は実に16000dpi。左右クリックボタンにはオムロン社の高耐久性スイッチが採用されており、打鍵耐久回数は5000万回にもなっています。内部からのイルミネーションは1677万色からの選択が可能で、また、本体天板を左右方向に傾きを変えられる為、持ち易い様に調整ができます。このあたりは、あまり調整ができる製品が無いので、今までのマウスに違和感を覚えていた方は試された方がいいかも知れません。オンラインでの販売価格は、従来製品よりもわずかに安価になり、$89.99です。

参照:Level 10M Hybrid Advanced Gaming Mouse

【Silicon Power】3-in-1の便利なフラッシュメモリ

Silicon Power社から、3-in-1のUSBフラッシュメモリ「Mobile C50」が販売されています。USBフラッシュメモリと言うと、最近はUSB-A端子に加えて、USB-C端子を搭載している機種が増えており、さらにスマフォ等ではmicroUSB端子が採用されている事が多い様です。従来の製品ではUSB-Aのみを装備した製品が多く、いちいち変換アダプタなり、ケーブルなりを用意する必要がありました。この商品ではUSB-A端子を中心にしている事に変わりまりませんが、その反対側にUSB-C端子を装備し、USB-A端子の内側にmicroUSB端子を内蔵した、なんにでも繋がるフラッシュメモリです。Lightningのみ、別に変換アダプタが必要ですが。にも関わらず、全長は41.7mmと小さくなっているのが特徴です。このサイズではフラッシュメモリの容量もそれほどではなかろうと高をくくると、さにあらず。用意される容量は32GB/64GB/128GBと大容量指向の製品です。対応OSはWndows XP/Vista/7/8/8.1/10.MacOSX 10.3以降、Linux kernel 2.6以降等となっています。
参照:Mobile C50

【Vue】ディスプレイを持たないスマートグラス?

Vue社でユニークなメガネ型スマートデバイス「Vue」の予約が始まっています。一般的なメガネ型スマートデバイスと言うと、スマフォを利用したAR/VRディスプレイや網膜に直接画像を投影する小型ディスプレイ付きを想像しますが、いかんせん、巨大になりがちと言う欠点がありました。このVueでは弦にヘッドセットとコントロール系のみを内蔵し、ディスプレイを持ちません。強いて言えば、一般的なスマートウォッチに対する、Wena wrist band的な立ち位置と言った所でしょうか。一見すると、普通のメガネ等と見分けがつきません。操作そのものは右側のタッチパネルで行ない、ヘッドフォンのドライバは骨伝導式。耳を塞がないのと弦の内側に来るので、まったく目立ちませんが、明確に音を伝える事ができます。また、通知等もこのドライバを介して行なうので、わかり易くなります。充電は専用のケースに入れて行なう無線充電式で、完全ワイヤレス型のイヤフォン等と同じ形式を採ります。充電時間は約2時間程で、連続通話時間は5時間。接続はBluetooth4.2で、諸設定は専用アプリを介して行ないます。形状の違いから、Trendy/Classicの2種類が用意されます。現在は予約受付中で、オンラインでの販売価格は本体が$199からとなっています。

参照:Vue: Your Everyday Smart Glasses

月曜日, 7月 31, 2017

【IndieGoGo】nakamichiブランドのノイキャンヘッドフォン

IndieGoGoで、nakamichi USAがAI制御のワイヤレスヘッドフォン「EDGE」の資金調達にあたっています。いや、nakamichiのブランドネームを久々に見た気がします。かつては、高級オーディオメーカーとして名を馳せていた訳ですが、今は米国でオーディオを中心とした製品の販売を行なっている様です。EDGEはAI制御のノイズキャンセラーを搭載したと言うのが売りで、外見はごく普通の密閉型ヘッドフォンの様にも見えます。まぁ、ノイズキャンセラー搭載のモデルの多くが密閉構造をとっており、外部からの音の侵入を減らしている事から、定石通りと言えない事もありません。ただし、中身はかなり変わっており、まず左右のユニットには中低音域用と高域用のデュアルスピーカーが内蔵されています。外部の音の収集には左右のユニットに各2個ずつ用意されたマイクを使用し、外に向けたマイクで高音域のノイズに対応し、内に向けたマイクで低音域のノイズに対応する様にしている様です、最終的にはこれらを連動させて、ノイズキャンセルの効果を高めている様です。AI制御になっているのはこのあたりで、ノイズキャンセルや再生周波数の調整を行ないます。また、再生音量等についても調整や警告を行なってくれる様です。接続そのものはBluetooth4.0で行なわれます。募集金額を3週間半程残した時点で、既に目標金額の3.4倍を集めていますので、一般販売の可能性もあると思います。

参照:EDGE: AI-Enhanced Wireless Headphones

【ロジテック】薄型ポータブルDVDドライブ

ロジテック社から、外付け光学ドライブ「LDR-PVA8UCLシリーズ」「LDR-PVA8UCVシリーズ」が販売されます。各シリーズは本体色ブラックとグレーの2色で構成され、ハードウェアの仕様は同一です。UCVシリーズには動画編集とDVD再生ソフトが付属するのが違いになります。
本体は9.5mm厚のドライブを採用しているので、全体の厚みは14mmしかなく、重量も230gと軽量になっています。このサイズ/重量ならば、スレートPC等と一緒に持ち歩く事も可能になります。接続ケーブルはUSB-A/-Cそれぞれのケーブルが付属するので、いずれの端子を持った製品に対しても接続が可能です。例えば、Surface/Pro/Book/Studioの各機種での利用が可能です。電源はUSBバスパワーで動作しますが、外部電源アダプタは別売になります。共通で付属する書き込みソフトはWindows用ですが、MacOSXでの利用も可能となっており、対応OSはWindows 7/8.1/10,MacOSX 10.5以降となっています。なお、ソフトに関しては、ダウンロードする必要がある様です。オンラインでの販売価格は6400円/7050円(各税抜き)となっています。Windowsではまだまだ光学メディアによるソフトの販売が行なわれているので、こういうドライブが必要なのですが、ドライブに付属するはずのソフトがダウンロードと言うのは、ちょっと皮肉かも知れません。
参照:LDR-PVA8UCL シリーズ
参照:LDR-PVA8UCV シリーズ

日曜日, 7月 30, 2017

【センチュリー】USB-C接続のDisplayPortアダプタ

センチュリー社から、USB-C接続のディスプレイアダプタ「CCA-USDP4K6」が販売されます。PC本体との接続はUSB-Cになり、Displayport経由で外部に4K出力が可能となっています。なお、電源供給を兼ねたUSB-Cポートも用意されており、外部電源アダプタからの給電を受けて、接続されたPCの充電が可能となっています。MacBookの様なUSB-Cポートが少ない機種では、こういう形状でないと困りますので、ありがたい仕様と言えます。現在でも、外部からの給電ポートの無いディスプレイアダプタが販売されていますから。ところで、本機の動作条件としては、Displayport 1.2 Alternateモードに対応している事が必須ですが、では具体的にどの機種が対応しているか、あるいはどの製品が動作確認済みなのかについては、公開されていませんでした。半ば、賭けに近いのかも知れませんが、MacBook(2015/2016)はこの条件を満たしている様です。オンラインストアでの販売価格は3758円(税込み)です。
参照:USB Type-C to DisplayPort変換アダプター (CCA-UCDP4K6)

【サンコー】完全防水型のオーディオプレイヤー

サンコーレアモノショップで、完全防水をうたい文句にするシリコンオーディオプレイヤーが販売されています。通常、完全防水とかIPX8対応なんて言うのがうたい文句になっているプレイヤーでも、接続端子やメモリカードスロットは開いている訳で、これを覆うシリコンラバー製の蓋を閉めていればと言うのが暗黙の了解事項だった訳です。この製品では充電とデータ転送の為の専用端子が露出してはいますが、これ以外はまったく密閉された状態にあります。これにより、ゲリラ豪雨の心配も、落水も、プール等で装着したままの遊泳も思うままです。流石に、機能的な問題が無いとわかっていても、トイレに落としたらすぐに装着するのは躊躇われますが、その際にも水洗いすれば問題は無しです。この端子を専用のクリップで挟む事で、データ転送と充電を行なうため、汎用のケーブルが使えないのが難点と言えば難点になります。一回の充電で、最大10時間の連続再生ができますので、バッテリも十分に持ちます。メモリカードは追加できませんが、8GBのフラッシュメモリを内蔵しているので、実用上は問題ないんじゃないかと。音楽ファイル形式はMP3/WMAに対応します。オンラインでの販売価格は5980円(税込み)です。逆に言えば、修理はしにくい訳で、どうするのだろうか、と。
参照:ヘッドフォン一体型 完全防水MP3プレーヤー8GB

【Audacious Concept】このツールを持つのはオシャレさん?

フィンランドのAudacious Concept社で、変わったマルチツール「COMBOTAC」が販売されています。カード型のマルチツールで、2サイズの櫛が入っているのが特徴です。これらを使用する際に持ち易くする為に、長辺側には凹みが用意されています。その他に六角レンチが2サイズと、酸素ボンベ用のレンチ、短辺側の一方にはルーラの目盛りが刻まれています。ルーラの目盛りは、表裏でインチ/ミリの違いがあります。そして、もう一方の短辺側には、お約束の栓抜き。本体サイズはほぼクレジットカードサイズの85mm (L) x 54mm (W) x 2mm (D)なので、カード入れには収まると思います 。本体はステンレス製なので、厚みの割りに強度があり、通常使用の範囲内ではそう簡単には曲がりません。これさえあれば、酸素ボンベの調整をしている間に髪をとかしたくなっても、用途に応ずる事ができます。いや、どれだけの方がそう言うシチュに遭遇しているかはわかりませんが。市場価格は$14程の様です。ああ、ナイフブレードはついていませんので、携帯しても問題はないです。
参照:COMBOTAC

【eTape16】メジャーがBluetoothでスマフォと繋がった?


eTape16社から、Bluetooth接続のメジャー「eTape16 BT」が販売されています。今時、メジャーなんてモノは100均ショップでも販売されている訳ですが、この商品はひと味違います。まず、本体上面にはLCDが装備され、測定した長さのデジタル表示が可能になっています。メモリも用意されているので、最大二つまでと言う事になりますが、本体に記憶させておく事ができます。本体側面にはコントロール系が用意され、1キーでペアリングやインチ/センチメーターの表示切り替えができます。そして、これは重要な事ですが、Bluetooth経由でスマフォの専用アプリと連動して、測定したデータをまとめる事が可能で、Excelの表等にして出力する事ができます。単純に図って終わりにするのならば必要は無いのですが、複数の計測結果を利用して処理する必要があるのならば、これは非常に有効なツールになります。特に、スマフォとの連動ができると言うのは、出先である程度の処理ができると言う事でもあり、現場での作業が必要な方には必須のメジャーではないかと。オンラインストアでの販売価格は$49.95です。
参照:eTape16 BT