web広告1


ソニーストア
ソニーストア

木曜日, 8月 03, 2017

【Steel Series】新型センサ搭載のゲーミングマウス

SteelSeries社から、eSports向けゲーミングマウス「Sensei 310」「Rival 310」が発表されています。両者の違いは左右クリックボタンの形状の他、左右対称デザインの8ボタン式と、右利き専用デザインの6ボタン式と言う機能的な違いがあります。ちなみに、画像はRival 310。最大の特徴は、センサメーカーのPixArt社と共同開発したと言うセンサ「TrueMove3」で、最大12000cpiの分解能を持つ光学センサ。高分解能に設定した場合でも、動き検出時の低遅延と高反応速度を実現しています。このセンサはこの2機種にのみ独占的に使用されると言う事です。
左右クリックボタンは独立しており、スイッチにはオムロン社の打鍵耐久回数5000万回の高耐久性スイッチが採用されています。メーカーロゴと、スクロールホイール回りは内部からイルミネートされており、ドライバソフトから別々に設定が可能になっています。これらをコントロールしているのはARMベースの32bitコントローラで、最近のゲーミングマウスのほとんどがARMベースのコントローラになっている気がします。現在の所、オンラインストアでの販売のみになり、価格はそれぞれ$89.99/$69.99となっています。センサがちょっと凄そうなので、実際に使用してみたい所です。
参照:Sensei 310
参照:Rival 310
コメントを投稿