web広告1


ソニーストア
ソニーストア

水曜日, 5月 23, 2018

【カシオ】海上保安制度創設70周年記念ダイバーズウォッチ

カシオ社から、海上保安制度創設70周年記念モデルのダイバーズウォッチG-SHOCK FROGMANシリーズのタイアップモデル「GWF-D1000JCG」が発表されています。海上保安協会の全面協力の下、海難救助のスペシャリストである特殊救難隊の意見を取り入れて開発されたモデルと言う事で、パッケージの海保庁の文字がまぶしいです。200m潜水防水仕様で、水深/水温/方位センサを内蔵したモデルをベースとしています。ベルトはイエローですが、バックル部は一孔式ではなく、二孔式で、一方が切れたりした場合でも腕から外れる可能性が低くなっています。また、バックルには海上保安庁の文字が刻まれ、6時側ベルトにはJapan Coast Guardの文字とS字章、文字盤には特殊救難隊のシンボルマークであるイルカの文様があしらわれています。公式ではないにせよ、実質的には海保庁公認モデルな訳で、マニアな方にはうれしい商品ではないかと。7月6日からの販売が予定されており、オンラインでの販売価格は128000円(税抜き)です。
参照:海上保安制度創設70周年を記念した“G-SHOCK FROGMAN”
コメントを投稿