web広告1


ソニーストア
ソニーストア

木曜日, 6月 14, 2018

【サンワサプライ】レーザーセンサを採用したトラックボール

サンワサプライ社から、親指で操作するトラックボール「MA-WTB43Nシリーズ」「MA-TB44Nシリーズ」が販売されます。両者は同一デザインで、ちょっとごつめなのが私の好みと合致します。接続が2.4GHz帯を使用するワイヤレスと、USBによる有線接続が違いになります。上から掴んだ際に、親指の位置にボールが来るデザインで、ボールの動き検出には一般的な光学式センサではなく、レーザーセンサが用いられているので、高精度が期待できます。ただし、分解能は400cpi/800cpi/1200cpi/1600cpiの切り替え式になり、数字の上ではそれ程高くはありません。ボール径は34mmφと大きすぎず、小さすぎず。ボタン数は左右クリックボタンと、チルト対応のホイール。サイドボタンは左クリックボタンの外側に、分解能切り替えボタンと同列に配置されています。左右クリックスイッチには、高耐久性のオムロン社製のスイッチが採用されています。MA-WTB43Nシリーズは専用のレシーバが付属し、電源には単三乾電池が1本。連続使用時間は500時間で、想定使用期間は8ヶ月となっています。天板の色の違いで、ブラックとレッドの2色が用意されます。オンラインでの販売価格は9180円/7776円(各税込)です。
参照:ワイヤレスレーザートラックボール「MA-WTB43Nシリーズ」
参照:有線レーザートラックボール「MA-TB44Nシリーズ」
コメントを投稿