web広告1


ソニーストア
ソニーストア

月曜日, 11月 28, 2016

【バッファロー】大容量DRAMキャッシュ搭載HDDに8TBモデルが追加

バッファロー社から、外付けHDD「HD-GDU3Dシリーズ」に、8TBモデルが追加されたと発表されています。このシリーズはUSB3.0接続の外付けHDDで、インターフェース側に1GBのDRAMキャッシュが搭載されているのが特徴で、これによりファイルのコピー等が高速化できるのが特徴です。一般的に、ハードディスクには8MB〜64MB程度のキャッシュメモリが搭載されていますが、この外側に1GBのDRAMキャッシュを搭載する事で、特にファイルの書き込みを高速化します。公称では、Win環境で3割程、MacOSX環境では4割近くの高速化が図れるとしています。WIn環境では見かけの転送時間を短縮化するターボPC EX2の併用が可能で、転送時間を半減する事も可能です。HDD側にフラッシュメモリを大量に内蔵したHDDもありましたが、こちらはHDDに依存する事が無いため、コスト的に有利になります。8TBモデルが追加された事で、大量のデータを保存するホームサーバーやビデオ編集等にも使い易くなったとも破れます。シリーズには2TB/3TB/4TB/6TB/8TBの製品が用意されており、オンラインでの販売価格は24300円/27700円/32200円/45600円/50100円(各税抜き)となっています。
参照:外付けHDD「 HD-GDU3Dシリーズ」
コメントを投稿