web広告1


ソニーストア
ソニーストア

木曜日, 2月 18, 2016

【ソニー】撮影に特化したエントリーレベルのアクションカムコーダ

ソニーのアクションカムコーダーのシリーズが、久々に更新されています。発表されたのはエントリーレベルの製品で「HDR-AS50」。エントリーレベルとは言っても、画像処理はBIONZ X、センサには裏面照射型のExmor R CMOSセンサ,レンズにはTessarを使用している上、上位モデル並みの手振れ補正機能付きです。エントリーレベルとは言っても、上位の製品並みの機能は有している様です。従来製品よりも30%の小型化を実現したライブビューリモコンも用意されていますが、単独での販売は無く、セット商品としての販売になる様です。本体にはモニタがありませんし、別売もされないと言う事なので、セットされている方をお薦めしますけどね。その代わりに抜かれたのがGPSと本体の防滴仕様。ただし、水深60mにまで対応する防水ケースが同梱されるので、ある程度の代替機能とは言えるかも。ごつくなりますけど。このケースは、耐衝撃性に関してはMIL-STD810F Method 516.5-Shockに準拠した検査をクリアし、−10℃から40℃の温度範囲で動作します。無線LAN経由でのスマフォ等とへの転送や、Bluetoth経由でのコントロールにも対応していますので、ケースのごつさを除けば、けっこう使い勝手は良さそうです。オンラインストアでの販売価格は単独で24880円(税抜き)、リモコンとのセットが39880円(税抜き)になっています。
参照:デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム「HDR-AS50」
ご購入はこちらから iconお願いします
コメントを投稿