web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 6月 03, 2017

【Benchmade】ホルスター付きのナイフとは?

Benchmade社で販売しているナイフ「AZERIA™」がなかなかカッチョイイです。への字型になってはいますが、折り畳み式のナイフでは無く、固定式のナイフになります。ブレード形状はWharncliffeで、ご覧の様にブレード側が峰側よりも長い形状になっています。ブレード素材はオーストリア製のN680で、ロックウェル硬度は57〜59と普通な感じです。このナイフの特徴的な部分は、そのへの字型の全景と、それに対応した専用シースが付属する点です。シースはベルトに固定する事ができ、まるで拳銃のクィックドローの様にナイフを引き出す事ができます。してみると、ブレード形状のWharncliffe も、素早く引き出して、確実に相手に突き出す事を目的としている訳です。通常のDropPoint/Tantoの様だと、切っ先がシースに引っかかる可能性があり、クィックドローには向かないんじゃないかと。真上に引き上げるのであれば、DropPoint/Tantoでまったく問題はないんですが。むしろ、シースと言うよりは、ホルスターと言った方がいいんでしょうね。ちなみにブレード長は74mm程になりますので、携帯すると有無を言わさずに改正銃刀法で逮捕されます。自宅に置いておく位にしておいた方が良さそうです。オンラインでの販売価格は$90です。
ああ、ナイフを引き出したあとに「変身」等とつぶやいても、デルタに変身はできませんので。
参照:Benchmade AZERIA™
コメントを投稿