web広告1


ソニーストア
ソニーストア

木曜日, 6月 01, 2017

【フォーカルポイント】iPhoneでサウンド処理するアンプとは?

フォーカルポイント社から、IK Multimedia社のギターアンプ「iRig Nano Amp」が販売されます。ギリギリ掌サイズと言える程度のサイズですが、76mmφのスピーカーを内蔵し、出力は3w。アナログ入出力を備えるスピーカーで、内蔵するアンプはA/B級のアナログアンプになります。通常のギターアンプ、あるいはヘッドフォンアンプとして使用するAMPモードの他に、iOSデバイスと接続するDeviceモードも備えています。Deviceモードの場合には同梱のTRRSケーブルでiOSデバイスと接続し、専用アプリでサウンド処理することで音質やエフェクトなどを調整する事が可能になります。これは面白いアイデアで、ギターのサウンドをiPhone側で処理をする為、専用アプリによって様々なギターのサウンドが再現できたりする訳です。TRRSケーブルはアナログヘッドセットジャックに接続しますので、iPhone7系の場合にはアナログヘッドセットの変換アダプタを使用します。電源としては単三乾電池を3本使用し、最大4×12インチの外部スピーカー・キャビネットを接続 / 駆動が可能です。オンラインストアでの販売価格は7560円(税込み)です。

参照:IK Multimedia iRig Nano Amp
コメントを投稿