web広告1


ソニーストア
ソニーストア

木曜日, 7月 20, 2017

【アイオーデータ】USB-A/-Cケーブル付属のスタンダードなSSD

アイオーデータ社からUSB3.1Gen.2対応の外付けポータブルSSD「SDPX-USCBシリーズ」が販売されます。2.5"系の薄型ポータブルHDDの中身をSSDに入れ替えたかの様な製品で、ある意味でスタンダード、悪くいえば面白みの少ない製品とも言えます。ただし、接続インターフェースはUSB3.1Gen.2で、実転送速度は未掲載ながらも、理論転送速度が10Gbps。USB-A/-Cのケーブルが付属するので、旧機種/新機種を問わずに接続が可能です。物理サイズは76 mm(W)×114 mm(D)×12 mm(H)で、本体は放熱も考慮したアルミ合金製。電源はUSBバスパワーで動作します。対応OSはWindows 初期出荷時にはNTFSですが、そのままではMacOSXから書き込みができない為、専用ユーティリティのNTFS-3G for Mac I-O DATA が利用可能になっています。もちろん、初期化すればTimeMachineにも対応できますけど。なお、電源はUSBバスパワーのみで、外部電源は不要です。対応システムはWindows 7/8/8.1/10,MacOSX 10.9〜10.11,macOS 10.12となっています。用意される容量は240GB/480GBで、オンラインでの販売価格は25500円/42200円(税別)となっています。
参照:USB 3.1 Gen2 Type-C対応 ポータブルSSD「SDPX-USCBシリーズ」
コメントを投稿