web広告1


ソニーストア
ソニーストア

土曜日, 3月 12, 2016

【サンワサプライ】握り易いワイヤレスマウス

サンワサプライ社から、所謂エルゴノミックデザインに近いワイヤレスマウス「ML-WBL35シリーズ」が発表されています。大きく膨らんだ小指側のエルゴエッジと、小さいながらもサムズレストを装備した本体は、如何にも握り易そうです。マウスサイズも71mm(W) × 104mm(L) × 38mm(H)なので、割りとゆったりと握る事ができます。このサイズならば、小指が操作面に当たって不快にならずに済みます。動き検出にはデュアルレンズ方式のブルーLEDセンサが採用され、分解能は800cpi/1200cpi/1600cpiの切り替え式。切り替えは、天板の専用ボタンで行ないます。ボタン数は分解能切り替えボタンを除いて計5個で、サイドボタンは天板の曲面に沿って配置されています。電源は単三乾電池が1本で、連続動作は192時間。レシーバは超小型サイズのものが付属し、装着時に外部にはみ出す部分は8mm程なので、装着したままケースに入れることも可能です。本体色としてブラック/レッド/ホワイトの3色が用意され、天板縁にはブラックとレッドには黒、ホワイトにはシルバーが採用されているんですが、ちょっとホワイトモデルが似合わない様に見えるのは気のせいでしょうか?対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10,MacOSX 10.3以降と幅広く、オンラインでの販売価格は3500円(税抜き)です。
参照:エルゴエッジ採用で握りやすく操作しやすいワイヤレスブルーLEDマウス「MA-WBL35シリーズ」
コメントを投稿