web広告1


ソニーストア
ソニーストア

月曜日, 3月 20, 2017

【Kickstarter】便利だけど所有できない包丁とは?

Kickstarterで資金調達にあたっているキッチンナイフ「Doppio」が面白そうです。両刃のキッチンナイフですが、ブレード長や形状からして、銃刀法で所持が禁止されている短剣に該当する可能性がありますけど。包丁としてみると、片側が汎用のストレート刃で、根菜類を含む野菜のカットに向いており、日本でいう文化包丁とか万能包丁とか言った類いに分類されるかと思います。反対側の刃は波刃形式になっているので、パン等の比較的柔らかい素材を切るのに適しています。フランスパン等の表面が固めで、内部が柔らかなパンを切るのには波形刃は欠かせませんしね。ブレード素材は、日本製のステンレスが採用されている様です。例えばサンドイッチ等を作るのに、こういう包丁の一本でほとんどの素材のカットができるので、便利じゃないかと思うのですが。それぞれに専用の包丁を用意するのも大変ですし、複数の包丁があるとどれがどれやらと。ただ、まぁ、見かけが明らかに槍の穂先とか、短剣ですから、知らない方には驚かれると思いますけど。あちらでは需要は多そうです。実際、募集期間を5週間程残した時点で、既に目標金額の1.5倍を集めているので、商品化の可能性は高いかと。ただ、外見が外見だけに、日本の様に所有に制限がかかる可能性は高いかと。
参照:Doppio: Double-Sided Kitchen Knife
コメントを投稿