web広告1


ソニーストア
ソニーストア

火曜日, 12月 20, 2016

【Kickstarter】切り替え可能なレーザープロジェクション方式のキーボード

Kickstarterで、レーザープロジェクション方式のキーボード「iKebo」が資金調達にあたっています。レーザープロジェクション方式のキーボードと言うとCelluon車の製品が有名ですが、設置面にキーボードをレーザー光で照射して、どの位置を指が叩いたかをセンサで読み取る方式のキーボードです。キーの押し下げ感はありませんが、ちょっと未来的なキーボードと言う感じです。このiKeboでは従来の製品には見られなかった、キーボードの切り替えを可能にしています。 レーザープロジェクション方式ではレーザー光でキーを描いているので、認識が正しく行なえるのであれば、かなり自由度の高いレイアウトも可能なはずです。コストや実用の面から、従来は英語版のキーボードに限定されてきましたが。このiKeboでは英語の他にアラビア語/中国語/スペイン語のキー配列と、ピアノの鍵盤を切り替えて使用する事が可能になっています。メールの入力には普通のキーボードで、音楽ソフトを使用する際にはピアノ鍵盤を投影して使用する事が可能です。スマフォはキーボードの上におく形式にした為、従来製品にありがちなキーボードが入力正面に来ないと言う問題にも対処した事になります。接続はBluetoothで、バッテリでの使用は10時間にも及びます。募集期間を1月程のこした時点で、既に目標金額の2倍を集めているので、商品化の可能性は高いかと。まぁ、押し下げ感はまったくないのが難点ではありますが。

参照:iKeybo: World's Most Advanced Projection Keyboard and Piano

コメントを投稿