web広告1


ソニーストア
ソニーストア

月曜日, 7月 24, 2017

【バッファロー】赤外線センサ搭載の省電力型マウス

バッファロー社から、省電力型のワイヤレスマウス「BSMRW100シリーズ」が発表されています。2.4GHz帯を使用する小型マウスで、電源は単三乾電池一本。動き検出に省電力型の赤外線センサを採用して、理論上の最長使用期間が2.5年と言うなかなかとんでもない代物になっています。Bluetoothの様な汎用規格ではないので、専用の超小型レシーバが付属します。センサの分解能は1200dpi。左右対称のデザインなので、左右いずれの手に持っても使い勝手が変わらないと言うメリットがあります。また、ボタン数は3個とスタンダードで、サイドボタンはありません。その為、誤操作の可能性は極めて低い上、ほとんどのシステムでの利用が可能になっています。もっとも、公式な対応はWindows 7/8/10,MacOSX10.9以降ですが。また、レシーバの接続端子はUSB-Aなので、USB-C端子しか無い機種の場合にはちょっと工夫が必要です。本体は天板と下側でカラーが異なり、用意されるのはブラック+ブラック、ブラック+ブルー、ブラック+イエロー、ホワイト+ホワイト、ホワイト+ピンク、ホワイト+グリーンの6種類となります。オンラインストアでの販売価格は1598円(税込み)です。
参照:無線(2.4GHz)IR LED光学式マウス 3ボタンタイ「BSMRW100シリーズ」
コメントを投稿