web広告1


ソニーストア
ソニーストア

月曜日, 10月 31, 2016

【Buffalo】高速転送と大容量を両立させる小型のポータブルSSD

バッファロー社からは、USB3.1Gen.2対応の外付けSSD「SSD-PUSU3シリーズ」が発表されています。とは言っても、SSD側コネクタはmicroUSB-Bで、USB-A/Cそれぞれのケーブルが付属しますので、従来型のPCでも使えますし、USB-C対応のPCでも利用できます。SSDを内蔵する事で、最大転送速度は実測で503MB/Sec(リード時)、480MB/Sec(ライト時)と高速転送が可能になっています。転送速度はThunderbolt3対応機には劣りますが、十分に高速です。本体サイズも79mm(W) × 115mm(L) × 8.8mm(D)程なので、一般的な2.5"HDD内蔵の外付けドライブよりも一回り程は小型になります。外装はアルミ合金製で、長時間の使用による発熱にも十分に対処できます。用意される容量は240GB/480GB960GBになり、同時に発表されたSSD-PMU3シリーズのおよそ倍。960GBモデルはこちらにしか有りませんので、大容量を求めるのならばこちらのシリーズと言う事になります。対応OSはWindows 7/8.1/10,MacOSX 10.9以降となっていますが、暗号化等の付属ソフトはWindwosのみに対応です。11月中旬からの販売が予定され、オンラインでの販売価格は18700円/27700円/57900円(各税抜き)です。
参照:SSD-PUSU3シリーズ
コメントを投稿