web広告1


ソニーストア
ソニーストア

金曜日, 11月 04, 2016

【CMRA】AppleWatchをビデオシーバーにするベルト


CMRA社から、AppleWatchにカメラを追加するベルトの予約販売が開始されています。世界初?かも知れませんがベルト自体にカメラを2基組み込んだ製品で、AppleWatchでビデオチャットや静止画動画の撮影が可能になります。正面側が200万画素、向こう側にある背面カメラに相当するのが800万画素のソニー製センサを採用しています。ベルトはシリコンラバー製で、内部に独立したバッテリを内蔵しています。1回の充電あたりで100枚の静止画撮影か、30分のHD動画撮影が可能としていますので、よほどの事でもない限りは1日1回の充電で間に合うんじゃないかと。なお、このベルトからAppleWatchへの充電は行なえません。これがあると何ができるかと言うに、ウルトラセブンのビデオシーバーが再現できる訳ですよ。ちょっと謎なのは、どうやってデータを転送しているのかってことで、隠しメンテナンスコネクタかBluetoothかと言う事かも知れません。専用充電スタンドは純正の充電パッドを取り付ける事で、ベルトの充電とAppleWatchの充電を同時に行なう事ができます。本体色は4色が用意され、38mm/42mmのそれぞれに対応した製品が用意されます。現在の予約価格は$149で、実際の販売は$249になります。

参照:CMRA: The Camera for Apple Watch
コメントを投稿