web広告1


ソニーストア
ソニーストア

水曜日, 2月 15, 2017

【IndieGoGo】バッテリを内蔵したタッチペンとは?

IndieGoGoで、スマフォ用の汎用デバイスとして「ChargeWrite」「ChargeWrite+」が資金調達にあたっています。ちょっと太めのペン軸を持ったボールペンと言う外見ですが、その内部にはバッテリを有しており、スマフォに対して給電を行なう事ができます。スマフォ等への接続コネクタはLightning/microUSB兼用のコネクタが採用されており、一つのコネクタでiOSデバイス/Android端末の両方に対応できます。最近、この種のコネクタを装備したケーブルもある様ですので、技術的な問題はなさそうです。ペンクリップ側にはUSB-Aのコネクタが内蔵されており、ペン側バッテリへの充電はここから行ないます。バッテリへの充電時間はおおよそ1時間程度。また、導電ゴム製のペン先を有したタッチペンとしても、普通にボールペンとしても使う事が可能です。両者の違いはChargeWrite+側に16GBのフラッシュメモリが内蔵されている事で、内部スペースが減らされた分だけバッテリ容量が少なくなっています。そのため、ChargeWrite側の内蔵バッテリは1000mAhですが、ChargeWrite+側は650mAhです。あくまでも非常用と言うレベルですが、それでもあるだけましと言う感じでもあります。ChargeWrite+側の内蔵フラッシュメモリも16GBで、容量としてはそれほど大きくはありません。とは言うものの、募集期間を2ヶ月程残した時点で、既に目標金額の4倍近い金額を集めていますので、市販される可能性は高いかと。


参照:ChargeWrite - The World's Coolest Pen
コメントを投稿