web広告1


ソニーストア
ソニーストア

金曜日, 5月 12, 2017

【ハル研】1/4スケールのレトロPC稼働モデル?

初期の8bitパソコンはマイコンとも呼ばれたりもしましたが、今とは比較にならない性能で、ストレージや周辺機器も遅くて使いにくく、金額も桁違いに高価でした。それ故に、ユーザーの思い入れは強く、コレクションしている方がいらっしゃったりする訳ですが。ハル研からその時代を思い浮かばせるシリーズ「PasokomMini」のシリーズが発表されています。発表されているのは1/4スケールのPC-8001,FM-7,MZ-80Cで、とりあえずMZ-80Cが販売される様です。小さくなっているとは言え、中身はRasberryPieなので、それなりに動作するモデルの様です。内蔵するSmileBASICで各種のプログラミングができる他、エミュレーションモードも搭載しており、旧来のアプリも動作するとしています。いくつかのアプリについては同梱されるそうです。残念ながら、カセットは使えませんが、RasberryPieのメモリカード経由でのデータ転送等も行なえるので、利用は楽かも知れません。何よりもこの形状はあの頃のままなので、懐かしさと新ハードを使っている感が同時に味わえると言う訳です。エミュレーションについてはいろいろと問題があるのですが、PC-8001/FM-7が遅れているのは、そのあたりがあるのかも知れません。案外、X68000あたりの方が先に商品化されたりして。6月からの予約開始、10月中旬の販売が予定されており、予価は19800円(税抜き)です。それにしても、最初の公開が「第56回 静岡ホビーショー」っって?
参照:PasocomMini
コメントを投稿