web広告1


ソニーストア
ソニーストア

火曜日, 5月 09, 2017

【Schrade】グリップに空いた空間は多機能の証し?

Schradeブランドの固定ナイフ「Schrade Full Tang Fixed Blade Neck/Belt Knife」がなかなか便利そうです。ただし、特定分野に特化していますけども。ブレード素材にAUS-8高炭素鋼を採用しており、ブレード長は約59mm。首にかけるネックチェーンがついた、ナイロン繊維製の専用のネック/ベルトシースが付属します。機能特化と言うのは、グリップ部等についているレンチ等の機能で、グリップの中央部分には5サイズの六角レンチが用意されています。この程度であれば普通ですが、グリップの縁には2サイズの自転車のスポーク調整用レンチ、そのすぐ近くに配置されているのは、酸素ボンベの開閉用のレンチです。もちろん、栓抜きの機能も付いていますが、ちょっと謎なのは物差しの機能がついている事ですかね?ちょっと便利なのは確かですが、自転車のスポーク調整やら、ナットの開閉にはあまり使わない様な気もします。つか、使うシチュが思い浮かびませんでした。ブレードの中央は大きく開いていますが、ここは特に何かの機能がついていると言う事ではなく、デザイン上の者の様です。流石に、ここまで開いていると、強度的な不安に駆られたりもしますが。親指と人差し指が当たる部分には滑り止めの凹凸が付いているので、力を加え易い様になっています。オンラインでの販売価格は$33.86となっています。
参照:Schrade Full Tang Fixed Blade Neck/Belt Knife
コメントを投稿