web広告1


ソニーストア
ソニーストア

火曜日, 1月 31, 2017

【バッファロー】学校案件向けのアクセスポイント

バッファロー社から、学校案件向けの11ac対応無線LANルータ「WAPM-2133TR」が販売されます。2.4GHz/5.2GHz/5.6GHzの3周波数帯を同時に用いて、最大通信速度は300Mbps/866Mbps/866Mbpsにもなるというのが売りの一つですが、実は通信速度をある程度犠牲にしても構わないっていうのが学校案件。月間の接続デバイス数が数万台っていうのがざらなのが現在の一般的な大学のキャンパス単位の無線LAN環境な訳で、ある程度はスピードには眼をつむろうっていうのが共通認識ではあると思います。はいに濾した事はありませんが、それよりも重要視すべき点があるというレベルです。むしろ、大学のセキュリティ基準への適合と同時接続数の方が重要なんじゃないでしょうか?その点でいえば、各周波数帯で128台までの接続が行なえるこのルータは、割りとアピールする事ができます。また、認証もMAC-RADIUS認証に対応しますので、大学内のアカウントによるアクセス制御にも対応ができるというのはメリットでしょう。通信も干渉波自動回避や公平通信機能等により、安定した通信が確保できそうです。電源も別に配線する必要のないPOE対応なので、配線を減らす事ができるのもメリットの一つです。万が一のメンテナンスに苦労しますから。学校案件では当たり前ですが、最大5年のメーカー保証というのも重要です。一応、単価として99800円(税抜き)がでていますが、これは見積もり次第でしょう。
参照:WAPM-2133TR
コメントを投稿