web広告1


ソニーストア
ソニーストア

木曜日, 11月 19, 2015

【Sennheiser】無駄にギミックの多いアンプのヘッドフォンセット

Sennheiser社から、静電型ヘッドフォン「Orpheus」のリニューアルが発表されています。巨大なヘッドフォンと専用アンプ/電源ユニットのセットな訳で、1セットで€50000ですから、現在のレートだと660万円程になります。巨大なヘッドフォンは静電スピーカーが採用されている事により、物理的に振動板のサイズが大きくなる為です。何か、もう巨大過ぎて、女性では装着そのものが難しいだろうと言う感じがします。ただ、この電源/アンプユニットに付いてはちょっと別で、パワーオンと同時に飛び出して来る各種つまみとか、競り上がって来る8個の真空管とか、間を置いて開かれるヘッドフォン収納庫の蓋とか、無駄に技術力高ーとか思ってしまうギミックが満載です。この辺りは、動画でお楽しみください。真空管を使ったアンプは数あれど、こういうギミックは初めてかも知れません。多分、サンダーバード等のメカメカしい表現が好きな方ならば、お気に召すかと思います。動画はSennheiser社のものではありませんが、もっとも需要な部分だけを抜き出しており、わかった奴が担当したのかと。台座はイタリア製の大理石で、余計な振動を起こさない重厚な作りです。
正直、静電ヘッドフォンの雄であるSennheiser社のハイエンドのヘッドフォンセットなので、音質に付いては悪かろうはずもありません。あとは好みの問題でしょう。 ただ、年間生産台数が250台程とのことなので、入手できるにしても、相当の時間がかかるでしょう。

参照:Orpheus
コメントを投稿