web広告1


ソニーストア
ソニーストア

月曜日, 1月 23, 2017

【サンワダイレクト】ごろ寝トラックボールでないのは何故か?

サンワダイレクトで、いわゆるごろ寝マウスの新版が販売されています。ごろ寝マウスとは言っても、実際にポインティング操作するのはトラックボールで、エアーマウスの様な操作はできません。接続は有線ですが、ケーブル長は1.9mと長い為、煩わしさもそれほどではないかと。ボタン数は6個ですが、その内1個はダブルクリック、もう一つは分解能切り替えスイッチになるため、実質的には4ボタンと言う事になります。また、ボタンの配置もトラックボールの手前と奥側に分かれている為、ちょっと使いづらい感じがします。この辺り、サイドボタンで対応してくれないっすかね?ダブルクリックボタンはトリガーガード内部に配置されていますので、これは意外と使い易いです。もう少しグリップが長くてもいいのかも知れませんが。トラックボールの分解能は400cpi/600cpi/800cpi/1200cpiへの切り替えが可能になっており、稼働中でも変更が可能です。トラックボールの動き検出は光学式になっており、機械式に比べると耐久性が高くなっています。機能的にはそれほど変わる所がないんで、リニューアルと言うよりは、再販と言った感じが強いです。オンラインでの販売価格は3480円(税込み)になります。マウスの機能がないのに、「ごろ寝マウス」と言うのは如何なものかと思う今日この頃です。
参照:ごろ寝マウス(寝たままマウス・トラックボールマウス・DPI切替・左利き右利き両対応・ロケーションフリー)「400-MA083」
コメントを投稿